June Kabuki Program at Shimbashi Enbujo Theatre

June Kabuki Program at Shimbashi Enbujo Theatre
Evening Show (from 4:00 PM):
Super Kabuki YAMATO TAKERU 
First performed in 1986, Yamato Takeru was the first "Super Kabuki" play that Ichikawa Ennosuke created. "Super Kabuki" combines the acting techniques of kabuki with modern stage technology and techniques borrowed from other genres of theatre. With gorgeous costumes and sets, exciting fight scenes and a final flight through the air as Yamato Takeru is transformed into a great white bird, this is the most famous and spectacular of all the creations of "Super Kabuki." The script is by philosopher Umehara Takeshi and describes Yamato Takeru, the legendary hero from the historical chronicles of early Japan.
Yamato Takeru is sent by his father the emperor to go and conquer the outlying territories of Japan, first the fierce fighters of Kyushu. Takeru vanquishes them by disguising himself as a seductive woman. Then he goes to the eastern provinces and fights fire and water and only succeeds when his wife sacrifices herself. Finally Takeru tries to return to the imperial capital, but fights with the god of Mt. Ibuki in the form of a gigantic boar. Takeru is punished for this hubris and falls sick and dies, but bursts out of his grave in the form of a giant white bird.
As the centerpiece of this program to celebrate the nametaking of the new Ennosuke, this performance marks the new Ennosuke taking on the most famous of his uncle's spectacular creations of "Super Kabuki."

|

ハーバーマスへのFTの珍しいインタビュー

A rare interview with Jürgen Habermas
By Stuart Jeffries
Published: April 30 2010 12:04

| | Comments (0)

三浦佑之『古事記講義』

4167725037_01__aa240_sclzzzzzzz_v4389438  三浦佑之『古事記講義』文春文庫。この手の話には皆目無知なので、興味深く読んだ。

 memo to self。p.12: 8世紀初頭に古事記は筆録で成立。p.15: 7世紀半ばの語り部の末裔=阿礼をイメージ。p.64: 三柱の女神と、出雲の三柱。p.76: アマテラスの入り込み⇒日御碕神社の配置。p.93: ワラフ、エム、エラクという三つの「笑い」(See Paul Seabright, The Company of Strangers)。p.164: スサノオ伝説と水田稲作の起源(出雲)。p.170: 肥の河=斐伊川の流路変更と灌漑。p.190: ヤマトタケルは4世紀半ば頃。p.225: ヤマトタケル、走水の海(浦賀水道)を渡ろうとする⇒オトタチバナヒメ。p.255: 歌舞伎へのおそらくはprejudice。p.263: 5世紀末の河内(難波)王朝の断絶。p.272: 『出雲は新墾(にひはり)』⇒その後の「あしひきの…」と同様に考えれば、稲や酒の枕詞かも?pp.287-『出雲神話と出雲世界』。p.309: 『推古朝あるいは6世紀末から7世紀初頭という時代は、日本列島において、国家が自覚され、内部的な統一がめざされ、隋や朝鮮半島と向き合うことになった最初の時代だといえるでしょう』。p.313: 出雲国風土記の空間認識。p.329: 国引きの出所(新羅、隠岐が二つ、能登半島)。p.344: 高志=越。p.347: 新潟県姫川、ヒスイ、加工地の変遷。p.359: 『海人系氏族である安曇氏の拠点が筑紫の志賀島にあり、その痕跡が遠く信州の安曇野にまで及んでいるのも、彼ら一族が日本海ルートを北上し、信濃川を遡上したからだと言われています』。

 なお、巨木遺跡で有名な三内丸山遺跡は「今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落」のもの。また、幻の中世都市十三湊は、鎌倉時代から室町期にかけて港町として栄え、数々の貿易を行っていたと伝えられる。

| | Comments (2)

Reformers have a hard life!

Peanuts20070101047217

| | Comments (0)

Young Yayoi and the Spirit of the Lion etc.

 1) Pleasure Quarters Sambaso (Takataro and Kaishun were great), 2) The Golden Pavilion (Yamatoya was truely superb), 3) Young Yayoi and the Spirit of the Lion (very well done), and 4) Scarfaced Otomi (funny). 

| | Comments (0)

MIDE: Museo Interactive de Economia

 MIDE: Museo Interactivo de Economia。メキシコ中央銀行の経済を知るための博物館。Mining Palaceの横あたり。最寄り駅はAllende駅のよう。

| | Comments (0)

浮世絵画像コレクション

 早稲田大学演劇博物館デジタル・アーカイブ・コレクション、浮世絵画像はここから。

| | Comments (0)

初の文楽体験

1298_1 初の文楽体験。仮名手本忠臣蔵の第一部だった。オペラのように、義太夫が劇場内にテロップで表示され、それを見ながら、人形・義太夫・三味線を堪能することができた。

 ドラマというものを表現するのに、非常に安定感のある表現法だと思う。歌舞伎では、聴衆はどうしても役だけでなく役者を見てしまい、ドラマは役者それぞれの表現方法(心理主義、リアリズム、等々)によって表されることになり、必ずしも安定的にドラマは表現されないはずだ。

 ということで、また文楽に行ってドラマを味わおう!

| | Comments (0)

Dilbert.com

 米国で人気の漫画、ディルバートを見るにはこれ

| | Comments (0)

日本の墓

このサイト。こんなものもあるのね~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧