James Fallows on Wikileaks

James Fallows on Wikileaks.  Quite educational to me.  Especially, "The Google Maps controversy" teaches me what the authorities really are.  This makes me nuts.

| | Comments (0)

朝日新聞:閉店の決断、太郎との別れ……「くいだおれ」女将に聞く

閉店の決断、太郎との別れ……「くいだおれ」女将に聞く
2008年04月19日08時18分
 7月に閉店する大阪・道頓堀の飲食店「くいだおれ」の女将(おかみ)、柿木(かきのき)道子会長が16日、朝日新聞のインタビューに応じ、60年続いた「大阪名物」の店を閉めることを決めた心境を語った。看板人形「くいだおれ太郎」に人格を持たせた経緯などにも触れ、今後の活用法に思いをはせた。
 「10年以上前から、閉店について考えていました」。道頓堀かいわいが徐々に姿を変え、ピーク時の90年から年々業績が下がる状況に、「売り上げが落ち続けることは、くいだおれが道頓堀での役目を終えたということ。寂しいけど、時代の流れを受け入れよう」と決意したという。閉店発表後、来店客が従来の2倍に増え、「もっと続けて」との声も絶えない。「ありがたい。でも、区切りはつけなあきまへん」と言い切る。
 くいだおれが広く認知された理由について、柿木会長は「出来た時から『ほんまもん』を安く売ってきたから」とみる。創業した1949年当時は食料が少なく、酒に水を混ぜて売る店も多かった。そんな中、創業者で先代の山田六郎氏は酒の名所、神戸市灘区から直接買いつけ、客の目の前でたるからグラスに入れる作業を見せて、「本物」をアピールしていたという。
 先代の次女の柿木会長が店に入ったのは83年。それまでは普通の主婦だった。「猫の手も借りたいほど忙しく、父に懇願された」。以降、すしとうどんをセットにした「大阪ロマン」をはじめ、ユニークなメニューを考案するなどして店を支え続けた。
 94年、店頭の人形を「くいだおれ太郎」と命名。大イベントなどでメッセージを発する「なにわっ子」を演出した。テレビで「あの古くさい人形は大阪の恥」と言われたのを見て発奮したという。阪神タイガースが優勝争いをした際は、興奮したファンに道頓堀川に投げ込まれるのを警戒して、「わて泳げまへんねん」のセリフを掲げて話題になった。「第一に、公序良俗を大切にする性格にしたいという信念でやってきました」
 太郎を含めた「くいだおれ」の商標には現在、100件を超す買収希望が寄せられており、同店は16日、ホームページで受付窓口を設けた。「売却先には斬新なアイデアで活用してほしい。親離れしても、どこかで活躍する姿を見守りたい」(後藤洋平)

期間限定『くいだおれブログ』、(上方風)すき焼きの焼き方など丁寧に紹介されてあって面白いです。

| | Comments (0)

FT on PRI

FTによる"Mexico’s PRI to vote for new leader"と題された記事を読むためには、「FFT070216PRI.pdf」をダウンロード 。良い記事だと思う。GamboaとBeltronesかぁ。

| | Comments (0)

FT on book on princess

 "Japan royals ban book on princess"と題されたFTの記事を読むためには、「FT070217JapnRoyals.pdf」をダウンロード 。Amazon.co.jpの洋書部門で一位なんだってさ。

| | Comments (0)

Natto Data Cooked

KTV used doctored natto data / Show hailing beans for diets made up findings, may be terminated

OSAKA--A TV program that aired on Jan. 7 and claimed that natto fermented soybeans can help people lose weight--and sparked a run on natto at stores around the country--was based on incorrect information, the show's producer said Saturday.

Speaking at a press conference, Kansai Telecasting Corp. (KTV) President Soichiro Chigusa apologized and said the program would be taken off the air indefinitely.

The show "Hakkutsu! Aru Aru Daijiten II" (Encyclopedia of Living) is produced by Osaka-based KTV and broadcast nationwide on the Fuji TV network.

Many stores across the nation sold out of natto after the program, which claimed that some people could lose weight by eating a serving of natto for breakfast and dinner everyday for two weeks, had been aired.

According to KTV, the Jan. 7 show showcased an experiment, involving eight people, based on research on dieting conducted by an American researcher in the United States. However, three pictures shown to indicate the effect of natto on dieting were not of the subjects taking part in the experiment.

On the show, comments attributed to the American researcher were later found to have been fictitious.

No data on the eight people's cholesterol, neutral fat and blood sugar levels was collected in the experiment. Figures for levels of isoflavone in their blood, which the show claimed to have collected after the subjects began to eat natto regularly, and blood tests conducted on the eight also were fabricated. Most of the findings on the show were made up, KTV said.

KTV admitted these wrongdoings when a weekly magazine inquired on Jan. 12 and confirmed after a series of interviews with subcontractor Japan Television Workshop Co., a Tokyo-based firm that helped make the show.

KTV said the subcontracted firm resorted to embellishing the data because an interview with the American researcher had not gone as well as had been expected. KTV will set up an investigation committee to examine the case and determine measures to prevent a recurrence.

"We are extremely sorry that we damaged viewers' trust by producing and broadcasting a program containing content that was not based on facts," Chigusa said. He added the firm also will discuss canceling the show.

The Jan. 7 program had an audience rating of 17.4 percent in the Kansai region and 14.5 percent in the Kanto region, according to Video Research Co. The show originally started in October 1996 as "Hakkutsu! Aru Aru Daijiten." In April 2004, the program changed its Japanese title and cast lineup.

(Jan. 21, 2007)

| | Comments (0)

納豆ダイエット捏造の顛末

【NIKKEI NET 2007/01/21】

納豆ダイエット効果誇張、関西テレビ「あるある大事典」

 関西テレビ放送(大阪市)は20日、納豆のダイエット効果を取り上げた7日放送の情報番組「発掘!あるある大事典2」で、実験データを捏造(ねつぞう) して効果を誇張し、放送していたと発表した。同番組はフジテレビ系列で放送され、直後から全国で納豆の品切れが相次いでいた。同社は調査委員会を立ち上 げ、原因究明を急ぐ。21日の番組放送は休止し、次回以降の放送は今後検討するとしている。

 千草宗一郎社長は記者会見で「データの捏造で番組全体の信頼感をなくした」と不正行為を認め、「視聴者の皆さまの信頼を裏切ることとなり誠に申し訳ない。2度とないよう対策を講じる所存です」と謝罪した。

 同社によると、「中性脂肪値が正常値になった」などと放送した被験者の数値測定は実際にはしておらず、朝に納豆を2パックまとめて食べた場合と、朝晩に分けて食べた場合の血液比較検査結果も架空だった。〔共同〕(19:41)

【Memo to myself】総務省家計調査には「品目分類による日別支出」がある。

| | Comments (0)

板倉コスモスまつり

Img061  コスモスまつり  10月7日(土) ~ 29日(日) JA群馬板倉カントリーエレベーター(板倉町大字板倉3146)周辺(左は9月30日時点での写真とのこと)。

| | Comments (0)