« 新コロナウイルスとコミュニケーションのあり方と高齢者支配の日本への意味 | Main | 休校措置、英語として大事。 »

Yen surge toward ¥100 sparks talk of ‘stealth’ intervention

Yen surge toward ¥100 sparks talk of ‘stealth’ intervention
Leo Lewis (FT)

large number of stop-loss yen-buying trades by Japan’s army of leveraged retail investors trading foreign exchange.

The yen’s surge against the dollar involved a stampede from risk by Japanese investors and an unwinding of yen borrowing related to the carry trade — a flow of yen-buying often described as a “safe haven” trade. 

日経

 武市佳史・マネーパートナーズ・チーフアナリスト 9日午前の東京外国為替市場で円相場が急伸したのは、外国為替証拠金(FX)取引の個人投資家の買い戻しが増えたのも一因だ。これまで相場の流れに逆らう「逆張り」を仕掛けていた彼らも、急激な相場変動により損失覚悟での円の買い戻しを迫られている。

 新型コロナウイルスによる感染拡大への不安で日経平均株価が急落するなか、「低リスク通貨」とされる円への買いが強まっている。世界的に株安が連鎖し、円相場もここにきて変動が大きくなっている。個人はFX取引でも神経質になっている。


小林浩一・三菱UFJ信託銀行資金為替部・マーケット営業課長 外国為替市場で円高に歯止めがかからず、9日の東京市場で円相場は一時1ドル=101円台半ばと約3年4カ月ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場参加者のリスク回避志向が「低リスク通貨」の円買いを誘っているだけではない。為替変動リスクを回避(ヘッジ)している外国人投資家が日本株の持ち高を急速に減らし、かつて含み益などにかけられていた先物の円売りヘッジの持ち高解消を急いでいるのも円買いに拍車をかけている。

 このところ機械取引の存在感が薄れていることも、円の変動が大きくなっている要因との見方もできる。これまで高頻度取引「HFT」をはじめとする機械取引は市場に流動性(厚み)をもたらしていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で相場が急変動したため、取引を一時的に停止している公算が大きい。商いが薄いため、取引が重なると相場が振れやすい。

 市場全体で株などのリスク性資産から資金を引きあげる動きが続いており、円相場は一段と上昇してもおかしくない。1ドル=100円を超えるほど円高が進めば、日本政府も何らかの手を打たざるを得ないだろうが、それでも高官発言などでけん制する「口先介入」にとどまるのではないか。

International Monetary Market of Chicago Mercantile Exchange

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物取引

|

« 新コロナウイルスとコミュニケーションのあり方と高齢者支配の日本への意味 | Main | 休校措置、英語として大事。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新コロナウイルスとコミュニケーションのあり方と高齢者支配の日本への意味 | Main | 休校措置、英語として大事。 »