« February 2020 | Main | April 2020 »

自殺した近畿財務局職員の手記

自殺した近畿財務局職員の手記

|

Coronavirus and 東京大学

  1. 総長スピーチ
  2. オンライン授業・Web会議 ポータルサイト@ 東京大学
  3.  

|

Thoughts on coronavirus: 1) FTによる日本コメント 2) global and local, ...

1) FT(日経が親会社)がCoronavirusの特設ページにCountry by country: how coronavirus case trajectories compareという図を出している。縦軸がlog scaleになっているので直線が成長率一定になり、今回のようなexponentialな動きをあらわるのによくなっている。そこでは感染者100人が出てから各国の累積感染者数の経過が表示されている。

奇妙な動きをするのは、日本、シンガポール、香港である。同じアジアでも中国、韓国は33%増加率を上回った時があるので、わかりやすい。

シンガポールについては「strict quarantine & contact tracing」と国家(state)の行動が記されている。香港については「school closures, quarantine, community response」と前者二つが国家、三つ目が社会の動きである。

日本については三つの記述があったのだ。まず、最近までは「there is debate over whether the spread has slowed or there are simply not enough tests being done」であった。これが18日に二回変わる。まず、「isolation of the elderly」に変わり、その後、現在は「strong social norms around hygine」に変わっている。つまり、社会要因による説明なのだ。

なぜ、こんなに日本は国家(state)が弱いのだろうか。

【追加】さらに、18日中にstrong social norms around obedience and mask-wearingに変わっていた。ほとんどギャグだ。

 

2) global and local.

学科はThink globally, act locallyというマントラで教育をやっている。私はどちらかというとthink globallyのほうに比重をつけているのだが、それでも"hands on experience"(現場で手に入れる経験)を重視した教育は重要だと思っている。

さて、今回のCOVID-19では、諸国が入国制限をおこなっている。人の移動が圧倒的に抑えられている。そもそもの感染からして人の移動から発生したはずなので、人の移動という面でのグローバリゼーションに対して、厳しい抑圧がかかっている。

しかし、この病気に対しての対策は外国に行くなということではなくて、以下の三条件(「換気の悪い密閉空間」「人が密集していた」「近距離での会話や発声が行われた」)を避けるということなのだ。つまり、密集での会話が感染の原因になるという。これはグローバルというより、どちらかと言えばローカルな感染なのだ。

感染に対する対策としてのテレワークも物理的に言えば反ローカルな活動だ。そして、留学でいろいろ手に入れる貴重な"hands on experience"も相手が外国人であってもローカルな活動の成果なのだ。

本を読めばglobalな場所でのglobal experienceは想像できる。こういう意味で、globalな場所でのlocal experienceが阻害されるのが痛い。

 

3)NHK日曜討論【20200317】
2月9日のNHK日曜討論は【出演】加藤勝信,猪狩英俊,岡部信彦,尾身茂,角野文彦,中谷内一也でおこなわれ、私の印象では、尾身茂氏はすでに「封じ込め」がうまくいかなえれば次の期に行くのだと予見していたような発言をしていた。その「次の期」が現在までダラダラと続いている。これは凄いことで、おそらくこういう専門家達に実質は支えられている。それを上手にコミュニケーションできないのはなぜなのだろうか。

4)ダイヤモンド・プリンセス【20200318】

「ダイヤモンド・プリンセス」、食事担当の乗員がウイルス拡散-報告

ブルームバーグの記事。以前に「おもてなし」が災いしたとFBで書いたのだが、だいたいそういうことだった。

5)日本で感染が低い理由

ブルームバーグ A Coronavirus Explosion Was Expected in Japan. Where Is It?

Kenji Shibuya, a professor at King’s College London and a former chief of health policy at the World Health Organization, sees two possibilities: that Japan has contained the spread by focusing on outbreak clusters, or that there are outbreaks yet to be found.

“Both are reasonable, but my guess is that Japan is about to see the explosion and will inevitably shift from containment to delay-the-peak phase very soon,” he said. “The number of tests is increasing, but not enough.”

6)インフルエンザ関連死亡迅速把握システムによる2019/20シーズン21大都市インフルエンザ・肺炎死亡報告(2020年3月23日)
実は、東京は2月末まで通常より多かった。

7)日本で感染が低い理由

This is a standard narrative in Japan.  英語での50 tweets.  ニューヨーカーで日本人というのが興味深い。

|

FBポストとコメントの避難

下記は20200318にFBからスパムだろと言われて削除したポストとコメントです。やれやれ。

***

Very practical tips. +++ Online meetings (2–25 participants) I. Designate a facilitator. II. The key to a good video call is the audio. III. Raise your hand/use a speaker queue. IV. Don’t stress about the tech. Most videoconferencing tools are fine. We generally recommend Google Hangouts for groups of up to ~8 people, and Zoom for larger groups. V. Shared note-taking is great. VII. The small but important details. Use a wired internet connection if at all possible (not WiFi or Cell). Close tabs or applications you don’t need during the call Don’t sit in front of a bright window with the camera facing you VIII. Set expectations https://medium.com/mit-media-lab/a-few-simple-tips-for-better-online-meetings-covid-19-edition-385af7bec538


A few simple tips for better online meetings (COVID-19 edition)
One of the implications of the COVID-19 virus (Coronavirus Disease) has been that many in-person events and meetings are getting cancelled…

https://medium.com/mit-media-lab/a-few-simple-tips-for-better-online-meetings-covid-19-edition-385af7bec538


韓国とイタリアの感染者と総人口の年齢分布を比べたブログ・ポストに刺激を受けて日本版を作ってみました。日本の感染者の特徴は1)50代と60代の感染者がover-representative、70代も少しover-representative、2)10代はunder-representative、3)20代、30代、40代、80代、90代は人口分布のシェアとだいたい似ている。ということで、宗教関係者の20代を除いて人口分布と似ている韓国とは日本は50代60代のover-representativenessの程度で異なるが、70代や80代以上において人口シェアと二倍も違うイタリアとも日本はかなり異なる。よく言われるように50代以上により多く発症するというのがこの病気の特徴なのだ。韓国も20代から宗教関係者を除くと、50代以上のover-representativenessがより見えてくるように思われる。 本来ならば発症者ではなく検査をした人の年齢分布で見たほうが良いのだろうが、データの制約と比較先の韓国とイタリアのデータが感染者を使っているので、同じようにしてみました。ご関心あれば、下記の「韓国とイタリアの感染者と総人口の年齢分布を比べたポスト」を読んでから見てみてください。 出所: 【韓国とイタリアの感染者と総人口の年齢分布を比べたポスト】 https://medium.com/@andreasbackhausab/coronavirus-why-its-so-deadly-in-italy-c4200a15a7bf 【データ出所】 感染者数 https://gis.jag-japan.com/covid19jp/ 人口動態 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei18/index.html

By_age_jpn

 

1年から1年半。 “Even if initial safety tests go well, “you’re talking about a year to a year and a half” before any vaccine could be ready for widespread use, according to Dr. Anthony Fauci, director of NIH’s National Institute of Allergy and Infectious Diseases.” https://apnews.com/8089a3d0ec8f9fde971bddd7b3aa2ba1

|

Coronavirus, university, and social distancing

  • Coronavirus

中澤 港%人類生態学者@神戸大学 @MinatoNakazawa のブログ

毎日新聞
クローズアップ:専門家会議 増える感染経路不明 コロナ拡大、東京注視 自粛判断、地域任せ
2020.03.20 東京朝刊 3頁 三面 (全3,141字) 

専門家は、人の往来が多い大都市を特に注視する。例えば東京都内で18日までに確認された感染者は北海道、愛知、大阪に次ぐ111人。人口比で突出してはいないが、2月29日~3月13日に感染が確認された41人の半数以上が誰からうつったか分からない事例で、7~13日の1週間ではこうした感染者が全国最多だった。都内の帰国者・接触者外来を担当する医師は「これまで外来で患者が見つかることはほとんどなかったが、3月に入ってからポツポツと陽性者が見つかるようになった」と語る。

  • Coronavirus and university

Colleges Face Challenge of Bringing Home Study-Abroad Students
Posted March 16, 2020
By Andrew Kreighbaum

神戸大学は3月17日、全世界に滞在中のすべての神戸大学生に帰国指示を発令することを決定いたしました。また今後、当面の期間、日本からの海外渡航を中止とします。

  • Coronavirus and social distancing

Coronavirus reality check: 7 myths about social distancing, busted
Due to the lack of testing availability to date, we don’t know who has coronavirus. So for now, we assume we all might, and maintain social distancing
Marc Lipsitch and Joseph Allen

| | Comments (0)

The Post-Trump Agenda

The Post-Trump Agenda
Mar 16, 2020 DARON ACEMOGLU

三つの前線。第一は経済。good jobに始まる。第二は政治。"Status politics"をやめること。第三は信頼。官僚制と司法の独立。

バイデンには不可能と諦めるのはどうか。バイデンは高齢で、1960年代に大学生、72年には上院議員になっている。つまり、黄金時代の記憶を持っている。

| | Comments (0)

Some excellent tweets on pandemics

Francois Balloux
@BallouxFrancois
午後11:39 · 2020年3月14日
(1) We don't know to what extent covid-19 transmission will be seasonal. (2) We don’t know if covid-19 infection induces long-lasting immunity.

I believe that the covid-19 pandemic is the most serious global public health threat humanity faced since the 1918/19 influenza pandemic. There are major differences between the two events but I suspect there will also be similarities that may emerge once we look back.

Nicholas A. Christakis
@NAChristakis
午前1:21 · 2020年3月7日

An assessment of where COVID-19 falls with respect to the pandemics that periodically afflict our species, and an argument that, in terms of scale and mortality, it may resemble the 1957 pandemic


There were 3 different waves of illness during the pandemic, starting in March 1918 and subsiding by summer of 1919.


午後11:59 · 2020年3月15日

| | Comments (0)

新型コロナウイルス感染症のデータまとめ

新型コロナウイルス感染症まとめ

日本
ヤフー
奥村氏

@kenmo_economics

ジャッグジャパン株式会社

世界
WHO)
(Johns Hopkins University)
(FT)

米国
(CDC)
カリフォルニア州

Stanislaus Countyの位置

カリフォルニア州の郡の地図

ドイツ
(Wikipedia)

マールブルク大学の位置

メキシコ

@antonioandrades

| | Comments (0)

Can Chile reinvent itself?

Remodelling the model
Can Chile reinvent itself?
Why the country’s citizens are so angry

The Economist誌の良い記事。This is written by Michael Reid.

These mean that being “middle-class” in Chile often means receiving second-class services. 年金、保健、教育。

 In the capital nearly 200,000 neither work nor study.

以前に、ここの記事で出ていたAlexis de Tocqueville仮説と整合的だろうか?

https://www.economist.com/the-americas/2020/03/12/can-chile-reinvent-itself

| | Comments (0)

【ユヴァル・ノア・ハラリを読む】 ハラリの「虚構」概念をめぐって ―─ヘーゲルとガブリエルを参照しつつ

【ユヴァル・ノア・ハラリを読む】 ハラリの「虚構」概念をめぐって ―─ヘーゲルとガブリエルを参照しつつ

 

http://web.kawade.co.jp/bungei/3217/

| | Comments (0)

休校措置、英語として大事。

休校措置、英語として大事。


Universities in Washington, California and New York cancel in-person classes due to coronavirus


ボローニャ大学休校措置

| | Comments (0)

Yen surge toward ¥100 sparks talk of ‘stealth’ intervention

Yen surge toward ¥100 sparks talk of ‘stealth’ intervention
Leo Lewis (FT)

large number of stop-loss yen-buying trades by Japan’s army of leveraged retail investors trading foreign exchange.

The yen’s surge against the dollar involved a stampede from risk by Japanese investors and an unwinding of yen borrowing related to the carry trade — a flow of yen-buying often described as a “safe haven” trade. 

日経

 武市佳史・マネーパートナーズ・チーフアナリスト 9日午前の東京外国為替市場で円相場が急伸したのは、外国為替証拠金(FX)取引の個人投資家の買い戻しが増えたのも一因だ。これまで相場の流れに逆らう「逆張り」を仕掛けていた彼らも、急激な相場変動により損失覚悟での円の買い戻しを迫られている。

 新型コロナウイルスによる感染拡大への不安で日経平均株価が急落するなか、「低リスク通貨」とされる円への買いが強まっている。世界的に株安が連鎖し、円相場もここにきて変動が大きくなっている。個人はFX取引でも神経質になっている。


小林浩一・三菱UFJ信託銀行資金為替部・マーケット営業課長 外国為替市場で円高に歯止めがかからず、9日の東京市場で円相場は一時1ドル=101円台半ばと約3年4カ月ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場参加者のリスク回避志向が「低リスク通貨」の円買いを誘っているだけではない。為替変動リスクを回避(ヘッジ)している外国人投資家が日本株の持ち高を急速に減らし、かつて含み益などにかけられていた先物の円売りヘッジの持ち高解消を急いでいるのも円買いに拍車をかけている。

 このところ機械取引の存在感が薄れていることも、円の変動が大きくなっている要因との見方もできる。これまで高頻度取引「HFT」をはじめとする機械取引は市場に流動性(厚み)をもたらしていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で相場が急変動したため、取引を一時的に停止している公算が大きい。商いが薄いため、取引が重なると相場が振れやすい。

 市場全体で株などのリスク性資産から資金を引きあげる動きが続いており、円相場は一段と上昇してもおかしくない。1ドル=100円を超えるほど円高が進めば、日本政府も何らかの手を打たざるを得ないだろうが、それでも高官発言などでけん制する「口先介入」にとどまるのではないか。

International Monetary Market of Chicago Mercantile Exchange

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物取引

| | Comments (0)

« February 2020 | Main | April 2020 »