« September 2019 | Main | November 2019 »

2019中南米大抗議: 感受性の無さが愚行を引き起こした

2019中南米大抗議: 感受性の無さが愚行を引き起こした

2019年秋、中南米の各地域で政治運動が起きている。エクアドルでは市民向けの燃料費補助が打ち切られたことへの暴動やスト、ボリビアでは大統領選挙での現政権への抗議運動、チリでは地下鉄料金値上げに端を発する抗議運動は、暴動に発展し、政府は夜間外出禁止令を出し、百万人をも超えるデモが首都で起きるに至り、ピニェラ大統領は内閣を総辞職させるまでに至った。これを総称して「大抗議」とも呼べるだろう。付け加えるならば、コロンビア・ボゴタ市での市長選挙に女性候補が勝利したことも「大抗議」の一端に加えることができよう。

「大不平等」を書いたブランコ・ミラノビッチ(LSE)は香港やレバノンの運動とまとめて1968年にも匹敵する運動かもと指摘しているが、本稿では中南米地域に枠を限定して、共通要因を考えてみたい。その下敷きとなるのは、Forgotten Continent: A History of the new Latin America (2017増補)を書いた英エコノミスト誌編集者マイケル・リード氏がチリのタ・テルセラ誌に寄せたインタビューである。

リード氏はこれらの抗議運動の中心は中間層であると述べながら、共通要因として三点を指摘する。第一に、各国での所得不平等を背景とした近年の経済不振である。第二に、政治家層での腐敗である。第三にソーシャル・メディアによる情報の拡散と伝染である。経済的な不満と政治家層への不信が、ソーシャル・メディアによる連帯運動に繋がったという診断である。

もう一点、ここでは指摘したい。なぜこのタイミングで大抗議が起きたのかという疑問への答えである。それは、所得不平等を背景とした社会層の分断と、それを背景とした上層の「感受性の欠如(insensitive)」による「愚行(insensatez)」が引き起こしたというのが私の回答である。抗議運動のきっかけはボリビアとコロンビアでの選挙を除けば、中間層にとって重要な燃料(エクアドル)や地下鉄の価格引き上げ(チリ)である。それを強行した社会上層(統治層)の間の「感受性の欠如」が中間層の抗議に火をつけたのである。中間層からすればそれは愚行であり、抗議をする動機になった。

この「感受性の欠如」による「愚行」は、長年の所得不平等を背景とした社会層の亀裂を表している。上層は中間層の痛みを感じることができなくなっているのである。そして、公共料金の引き上げtという愚行に至ったのだ。これはパンが食べれないならお菓子を食べればいいじゃないと言ったとされる「マリ・アントワネット症候群」と言ってもよいかもしれない。統治層である社会上層の蛸壺化がきっかけとなった愚行と言えよう。

注:
アントニオ・カルロス・ジョビンが1963年に出したInsesatez(愚行)のポルトガル語歌詞はヴィシニウス・ダ・モラエスであったが、英語化される時にノーマン・ジンベルがHow insensitive(感受性の無さ)として英語歌詞をつけた。そのことによって、「愚行」の歌詞が「感受性の無さ」に置き換えられたのである。

| | Comments (0)

Shock Ana Tijoux

メモ。FM東京で日曜朝にかかっていた。

Shock Ana Tijoux

https://youtu.be/177-s44MSVQ

| | Comments (0)

『AI時代の労働の哲学』

良い本だと思うんですが、なかなか勧めにくい。本書は『銀河帝国は必要か?ロボットと人類の未来』という著作と同時に書かれ、この後にいずれは『資本主義の哲学(仮)』という著作が書かれる位置づけの『AI時代の労働の哲学』という本なのです。つまり、(AI時代の)「労働の哲学」という本です。「労働の哲学」とは「どう働くか」という労働についてのhow to 本や自己啓発本ではなくて、「労働というものをどう考えるか」という本なんです。つまり、『資本主義の哲学(仮)』のprecursersが本書と『銀河帝国は必要か?ロボットと人類の未来』という位置づけになります。それでお勧めにはなりそうにもない。

そう、本書にでも出てくるのですが、中岡哲郎『工場の哲学―組織と人間ー』という本があり、この中岡本のミクロ・スコープをマクロにして、年代を2000年代に持ってくると本書の課題に近づくっていう気もします。もちろん、中岡本を誰が読んでいるか知らないので、これもあまりお勧めにならない。

そうそう、ロナルド・ドーアというもう亡くなった、昔は日本論の人としてよく読まれた書き手がいました。この人はIndustrial Relationsという鬼子のような学問の人で、それは産業社会論とミクロ=マクロ関係を成しているのだと思うのですが、ドーア2.0みたいなものを想定して、その視点を今に伸ばすとこういう本が書かれるのかなという気もします。

Industrial Relationsと産業社会論はミクロ・マクロで対になっている、これはあんまり言われてないことかもしれない。本書を読んで思った事の一つですね。

著者は社会学が凄くできて、哲学もよくできて、経済学もかなりできる人なので、そういう博識の人が何を言いいたいかを知るという意味でも面白い本だと思いました。それから、進化論と経済学を両方考えるためには、2万年と2千年と2百年の人類史を総掴みにする必要があるので、こういう本を読んでおくとよいのだろうと思いました。隔靴掻痒のメモ書きですみません。

| | Comments (0)

インサイドセールスという名の。

インサイドセールスという名の「自己啓発*テレアポ」(たぶん)。オレオ〇詐〇と方法論は似ているかも。行動経済学の応用。

| | Comments (0)

自己愛から隣人愛

『猿之助:(略)最初は自己愛しかなかったオグリが、試練を経て隣人愛に目覚める。そして、それが自分自身の歓喜へとつながっていく。』
演劇界2019年11月号、p.11

| | Comments (0)

現役性、表現、再現、型・魂、パッション、懐メロ

備忘録。

『何度も言っているけど、パッションなんだよね。演奏に対するパッションがあれば、古いも新しいもへったくれもないわけ。』

『(前略)そういう中で何をもって現役になるかというと、結局、基本的に演奏のポテンシャルなんだよね。
 あと、音楽というのは、特にコマーシャル・ミュージックは生活の対象化だから、それを聴いていた時に彼女と海辺を歩いていたとか、そういう記憶と不可分なの。審美的な音楽というのは、それよりちょっと先へ行くというか、生活の対象化の中に現代的な今の自分の視点がオーバーラップすることによって、普遍性というものが生まれるんだ。』

『現役性とは何か。』

『この時のライブも、自分のなかで過去と現在を重層的にフォーカスして、という発想でやっているから。』
(Tatsuromania no.111, 2019 Autumn, p.15)

コメント:

 ある瞬間、瞬間には型があって、その型を魂を入れるか、魂(性根)を入れながら型を演じることができるか、ということが重要になる。しかし、時間幅を伸ばして、企画立案、計画準備、実演(表現、representatation)という経過を考える時には、懐メロにならない現役性を意識する必要がある。そこでの魂がパッションなのだ。戦略的には、現代的な今の自分の視点がオーバーラップするかということだ。古典においては、古典がもっているテーマを大事にしながら、現代的な今の自分の視点がオーバーラップするか、ということ。すなわち、過去と現在を重層的にフォーカスしてという発想でやっているかどうか。

| | Comments (0)

« September 2019 | Main | November 2019 »