« 小林信彦6:『大統領の密使』(1971年) | Main | 小林信彦8:『合言葉はオヨヨ』(1973年) »

小林信彦7:『大統領の晩餐』(1972年)

小林信彦7:『大統領の晩餐』(1972年)

 名作だと思う。評価については稲葉明雄氏による文庫版解説が正確無比だと思う。求道小説でありそのパロディであり、その道が料理だというのが秀逸である。プヴァールとペキシュを持ち出すまでもなく料理は道であり、そして道のパロディになる。おそらくその理由は衣食住という本源的活動だから、道を求めること自体が笑いになってしまうことにあるのだと思う。そして、食については後に『ドジリーヌ姫の優雅な冒険』という快作にも繋がっていく。求道小説としては『唐獅子株式会社』にも繋がっていく。なお、『ハヤカワ・ミステリ・マガジン』に連載されていたというホーム・ゲーム・アドバンテージがあるような気がしました。

次は、小林信彦8:『合言葉はオヨヨ』(1973年)、です。 

|

« 小林信彦6:『大統領の密使』(1971年) | Main | 小林信彦8:『合言葉はオヨヨ』(1973年) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小林信彦6:『大統領の密使』(1971年) | Main | 小林信彦8:『合言葉はオヨヨ』(1973年) »