« May 2019 | Main | July 2019 »

やっぱり60年代末が岐路か。

マーク・ロスコをウォーホールが壊した
1970

デリダ
1966

| | Comments (0)

「今日の料理」が日本の料理の水準を上げた?

「今日の料理」が日本の料理の水準を上げた?もしくはなんらかの統一化を促進した?

大正・昭和初期の各地の食生活は『日本の食生活全集』でとれるらしい。つまり、これが一点?のクロス・セクション。

『きょうの料理』を鏡として料理の変遷(食生活の変遷)を辿ることはできそうだ。

他の雑誌もあるので、なかなか『きょうの料理』だけの影響を取り出すのは難しいかもしれない。

食費のところで何かできないか?新しい食材の使用?

飯田深雪・土井勝・江原由美子・長山節子『NHK「きょうの料理」きのう・あす』(有斐閣、1988年)という本があって江原由美子「料理番組から見る「主婦」の戦後史」という論文があるらしい。

https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=hobby001

ハンバーグ

『「家庭の味」の戦後民俗誌ー主婦と団欒の時代』という本がある。

| | Comments (0)

On Jamaica’s economy, a Dominican model?

https://amp.miamiherald.com/news/nation-world/world/americas/article231234653.html?__twitter_impression=true

***

While per capita income remains low, at about $5,144, according to the World Bank, so too is economic growth, which has averaged annually around 1 percent since 2013. The Fund estimated that the economy expanded by 1.8 percent in 2018, which is far less than the Dominican Republic’s 7 percent, which was the highest in the hemisphere last year.

“While the growth rates may not be where we all are wanting it to be, they are headed in that direction,” Ramakrishnan said, adding that Jamaica has had 16 quarters of consecutive growth. 

***

Jaevion Nelson, a human rights, social and justice advocate, said Jamaica needs to address income inequality across the island.

“Yes, we have high rates of employment now, and so many people who are being employed in business processes outsourcing sectors, for example, and the tourism sector, which are both huge,” he said. “But when you go to these facilities a number of workers complain about the challenges they are having.

***

Still, job creation in the country is strong and continuing at an unprecedented, steady rate, said Wynter, the head of the central bank, which released a reggae-tinged campaign about its efforts to hold the annual inflation rate steady at between 4 and 6 percent.

“These jobs that are being created are private sector jobs. They are being created across multiple sectors — tourism, construction, the business processing outsourcing, hotels and restaurants, manufacturing — and I think what’s critical is to keep going,” Wynter said. “Can we go faster? We think so.”

Late last month, the bank cut interest rates to make mortgages and domestic business loans more accessible in hopes of stimulating the economy. Lloyd Distant Jr., president of the Jamaica Chamber of Commerce, said it’s another step in the right direction.

| | Comments (0)

小林信彦5:『オヨヨ城の秘密』(1974年)

『オヨヨ城の秘密』(1974年)。

ルミちゃんは大きくなっちゃったし、小林信彦氏にも次女が生まれたので、リサが登場した。また、パリとアムステルダムを舞台にして、ドラキュラ伝説との絡みも使ってみたということになる。あとはコロンボなど探偵の重要どころも出してみました。さらに、1971年の『大統領の密使』にも繋げるという役割もある。

リサの件は『パパは神様じゃない』と関係するような気がするので、これは宿題だったのだが、やはり、『パパは神様じゃない』は1972年8月号から73年12月号に「ミステリ・マガジン」に連載されたことが『パパは神様じゃない』の文庫本あとがきに書いてある。そして、72年12月号はは海外に行っていたため休載と書いてあるので、これがパリとアムステルダムなら完璧である。

『オヨヨ城の秘密』と『パパは神様じゃない』との比較研究については後に『パパは神様じゃない』のところでやるかもしれません。すみません。

次は小林信彦6:『大統領の密使』(1971年)である。

| | Comments (0)

小林信彦4:『怪人オヨヨ大統領』

『怪人オヨヨ大統領』(1970年)。

シリーズものは2作目が肝心である。Star WarsもEpisode 5つまり、「帝国の逆襲」が重要だったのだ。オヨヨ・シリーズの2作目は『怪人オヨヨ大統領』である。ここで小林信彦氏はマルクス兄弟を出してきました。サム・グルニヨン氏はグルーチョ・マルクスである。グルニヨン氏をしっかり書きこんだので、主人公ルミちゃんの出る幕がすこし少なくなっているような気がする。このタイトルは江戸川乱歩と関連しているのではないかと思うのでこれは宿題。

次は小林信彦5:『オヨヨ城の秘密』(1974年)である。

| | Comments (0)

« May 2019 | Main | July 2019 »