« エイヴェント『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか』 | Main | 稲葉振一郎『新自由主義の妖怪』(亜紀書房、2018) »

ベイザーマン&ムーア『行動意思決定論:バイアスの罠』

ベイザーマン&ムーア『行動意思決定論:バイアスの罠』(白桃書房、2011年)
原題はJudgement in Managerial Decision Making
この本は、典型的な授業テキストであり、膨大な文献を読みながら、お話を聞く(そして議論する)ことを想定されて作られている。もちろん、本書はその膨大な文献のエッセンスを抽出している。
「Dawes(1988)は、知識を得るにあたって経験に依存することには難点があると強く主張している。そして、ベンジャミン・フランクリンの有名な引用句の「経験は高価な(dear)教師である」は、しばしば「経験は最良の教師である」を意味すると誤解されていると指摘する。実はフランクリンは「高価な(dear)」を「高くつく(expensive)」の同意語として使っていた。しかもその引用句は「ところが愚か者はそれからしか学ぼうとしない」と続くのである。」(p.310)
「必要なのは、自己の意思決定プロセスを自覚し絶え間なく監視することである」(p.310)
と言っている。
類比的推論(analogical reasoning)がバイアス削減に効果がある(p.316)。同じふたつの演習を課して、そのふたつがどのように関連しているかを説明させると、バイアスの補正が格段に進む。比較をすることで複数の実例の類似性が浮かび上がり、またそれらの実例に共通した構造が見えやすくなる。
analogical training rather than case-based trainingがキーワードですね。
「外部者の視点のほうが過去の意思決定から得られた関連データをよく取り込んでいるのに、依然として私達は内部者の視点を信じ、それに沿って行動する傾向がある。」(p.320)

|

« エイヴェント『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか』 | Main | 稲葉振一郎『新自由主義の妖怪』(亜紀書房、2018) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エイヴェント『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか』 | Main | 稲葉振一郎『新自由主義の妖怪』(亜紀書房、2018) »