« 行為主体性(agency)、行為主体的自由 | Main | 数値と客観性 »

型と心(魂)、仮名手本忠臣蔵、勘三郎18から勘九郎へ

型と心(魂)、仮名手本忠臣蔵、勘三郎18から勘九郎へ。

映画「中村勘三郎」だいたい43分ごろ。勘九郎が塩谷判官をやっていて、弥十郎演じるXXにいじめられるところ。勘三郎が怒り、楽屋で諭すシーン。
気持ちなくてできるんだよ。気持ち作って映画スタートじゃない。なにも考えないでできなきゃいけない。一生懸命にやって伝わってこない。こうやって今日はハンバーグ食べようかって、極論だよ。
そして、無着セイキョウの型のはなしに行く。

|

« 行為主体性(agency)、行為主体的自由 | Main | 数値と客観性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 行為主体性(agency)、行為主体的自由 | Main | 数値と客観性 »