« August 2017 | Main

Lecturing with an iPad Pro

Lecturing with an iPad Pro

| | Comments (20)

逆櫓メモ

2017年秀山祭九月大歌舞伎、昼夜。

夜の部の一番目が逆櫓だった。 筋書によれば1739年四月竹本座で初演されたとある。なぜこれが秀山祭で取り上げられるかというのは、三つに分けられる。第一、なぜ大阪でこの演劇は受けたのか。第二、なぜこの演劇は東京で受けたのか。第三、この演劇と初代中村吉右衛門との関係は?

第一、当時の大阪は商人の町であった。支配階級は武士、侍であったけれども。つまり、町人の論理・感情に、武士・侍の論理と感情が入ってきたらどうなるか?という試みが逆櫓なのだ。船頭とは商人であり、農民でも漁民でもない。おそらく、町人の世界では子供の取り違いというのも時々はあったのだろう。そういうなかで、取り違えられた子供が武士の子供であったというところから、武士・侍の論理と感情が入ってくる。そこに、樋口の見表しがあり、義経、梶原。主人の子供は殺せないということになる。そして、樋口は武士・侍でありながら、町人の論理・感情もわかるのだ。そこに共感がある。

元々は町人の「情」 vs. 武士の「論理」と思っていたが、上記のように当面は書いておきます。

第二、上方芝居がどのように江戸で受け入られたかについては、2017年10月演劇界p.10に出てくる古井戸秀夫『江戸の並木五瓶』を参考に、いつか勉強することにする。ここでは、江戸が東京になった時に、ある程度は東京は大阪になったのだということを指摘したい。つまり、侍の町ではなくなったのだ。近江商人も入ってくるし、江戸は大阪化して東京になったのだ。ここにおそらく9代目團十郎から初代吉右衛門に繋がる人気の系譜が見えてくる。吉右衛門は9代目の芸を受け継いだと言われるが、おそらく逆櫓は9代目の芸ではなく、吉右衛門の芸であると思う。お父さんが上方役者であった歌六である吉右衛門は上方風味を出しながら、この上方芝居を大阪化した東京に持ってこれたのだ。

つまり、松井今朝子『歌舞伎の中の日本』で言えば、第3章寺子屋になるのだが、松井を広げるとすれば、それぞれの章で表された演目が当時をどのように表したかだけでなく、なぜ以後にも支持されるという意味で残ってきたのかが大事だ。それは、家の中での代表芸という供給要因もあるが、需要要因も大事だろう、ということだ。

第三、初代の芸は技巧が重んじられるが、おそらく初代の得意とした題目の昭和初期までの東京との関係性も大事だと思う。現在の東京において、逆櫓の町人の論理・感情にも、侍の論理・感情にも観客は同化しない。それを私のものとして感じることが難しい。

2代目吉右衛門の逆櫓は素晴らしい。それは町人の論理・感情を構築し、そして侍の論理・感情も構築し、その上で芸を発揮するという構成になっている。

| | Comments (0)

『附属学校の本来の使命・役割』

先輩が下記の記事についてコメントをしていた。
『真剣に文科省の解体・再編を検討すべきではないかと思っている。』
https://mainichi.jp/articles/20170915/ddm/008/070/079000c
そこで報告書を探して、ざっくり読んでみた。
***
教員需要の減少期における教員養成・研修機能の強化に向けて―国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議報告書―
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/077/gaiyou/1394996.htm
p.25
(7)国立大学附属学校についての対応策
②多様な選考方法
○非教員養成系の大学に置かれている学校、あるいはいわゆるエリート校と呼ばれる学校についても同様に、すべての国立大学附属学校は、附属学校の本来の使命・役割に立ち返り、多様な入学者選考の方法を実施すべきである。選考にあたっては、例えば、学力テスト等を課さず、抽選と教育実習の実施校かつ研究・実験校であることに賛同する保護者の事前同意の組み合わせのみで選考する方法や、学力テスト等を課す場合であっても、選考に占める学力テスト等の割合を下げることなど、各学校の特色に応じつつ、多様性の確保に配慮し、そのために必要な教育環境の整備も検討されるべきである。
○併せて、同一の国立大学の附属学校間で、無試験ないしそれに近い形で進学が可能となる、いわゆる連絡進学あるいは内部進学と呼ばれる仕組みについても、各大学及び附属学校において、多様性及び公平性等の観点からの見直しが検討されるべきである。
***
そこで、『附属学校の本来の使命・役割』というものが重要になる。これについて、文部科学省は法令を引用して説明している。
http://www.u-gakugei.ac.jp/~soumuren/22.12.11/07monbu.pdf
p.24
国立大学法人法第23条
大学設置基準第39条
旧国立学校設置法施行規則第27条
つまり、「学部又は学科の教育研究に必要な施設」というのが役割である。
これを変えるしかないのではないでしょうか?学部又は学科の教育研究に必要な施設というのがエリート校というのはたぶん正当化できないような気がする。

| | Comments (6)

"Ikigai" exercise 生きがい

2017/09/04 FB post around 08:40.

https://www.weforum.org/agenda/2017/08/is-this-japanese-concept-the-secret-to-a-long-life/
https://www.thestar.com/life/relationships/2016/09/06/why-north-americans-should-consider-dumping-age-old-retirement-pasricha.html
https://www.dreamstime.com/stock-illustration-ikigai-meaning-life-concept-vector-illustration-self-realisation-minimalistic-style-image67962160
Show them four keywords: What you LOVE, What you are GOOD AT, What you can be PAID FOR, and What the world NEEDS.
Let them sort the keywords, making pairs.  Antagonism.
[Love - Paid for]
[Good at - Needs]
Give them the figure of four circles (Ikigai Chart), with Love, Good at, Paid for and Needs, and let them put Mission, Vocation, Passion, and Profession.
Then, give them 4 situation-description phrases (Satisfaction, Delight, Comfortable, and Excitment), and let them insert those phrases into the vacant spaces.
Let them choose individually your current starting point among the four keywords, and move on.
Finally, let them choose individually his/her preferable starting point, and move on.
Show them what the exercise is like.  Then, the real exercise starts.  They have to do create their own exercise.

| | Comments (4)

劇場文化というエコシステム

劇場文化というエコシステム
以下は【参考1】の引用である。「劇場文化とは、劇場・観客・アーティストで構成される生態系」のことと定義されている。ビジネスでもエコシステムという言葉が使われているが、エコシステムというニュアンスを知るためにも、こういうところから入るのも悪くはないかもしれない。村歌舞伎のようなものをイメージしてもいいのかもしれない。
経済学では市場と需要と供給という。観客が需要、アーティストがサービス供給であるとして、エコシステムが市場?劇場は制度・組織?Institutional EnvironmentとInstitutional Arrangementの区別も面白くなってくるかもしれない。
***
岡田 ロームシアター京都は「京都に劇場文化をつくる」と謳ってるでしょう。どうってことない言葉に思えますけど、じつはすごいこと言ってる。大事なのは、まさに観客なんです。劇場とアーティストがいい関係をつくるのは、そんなに難しいことじゃないですよ。
──距離も近いですしね。
岡田 観客との関係を考えるときに、アーティスト本人のモチベーションは必ずしも優先されない。どちらにしろ、アーティストは好き勝手にやってしまうところが大いにあるし(笑)。
要は劇場文化って、劇場・観客・アーティストで構成される生態系ってことですからね。作品が、その評判の是非云々という以上に、劇場文化っていう循環的システムの一部として捉えられるようになったらすごいですよね。劇場がレパートリーシステムを掲げるって、そこを目指していくことなんだと、僕は解釈してます。そうなると劇場は、演出家や劇団に作品の責任を押し付けるような感覚には、当然、ならなくなる。
木ノ下 本当にそうです。劇場は、お客さんに直接は触れられないわけでしょ。接客とかホスピタリティを通しての交流はあるけど、本質的に作品を通してしか観客とつながることはできない。もちろんね、さっき岡田さんがおっしゃったように、アーティストは究極的には自分のための作品をつくっているのであって、観客や劇場のことなんて知ったこっちゃない、って思う瞬間は当然あります。
***
さて、このエコシステムが破綻している状況を見たければ、歌舞伎鑑賞教室に行くと良いと思う。劇場とアーティンストとは「頑張っている」が、一階席から劇場の大部分を占める生徒たちはまったくエコシステムに入っていない。すると二階席後方の「歌舞伎ファン」たちが熱心に見たとしても、結果として劇場で行われる演劇はエコシステムを欠いたものとなる。
八月歌舞伎でおこなわれた『野田版 桜の森の満開の下』にも同様の問題があったように思う。これまでの『桜の森の満開の下』の支持者からは総じて好意的に捉えられたように思う。一部には熱狂的な支持者もいたであろう。しかし、歌舞伎見巧者や評論家たちからは、一部に疑問が呈されたとも思う。
歌舞伎座には固定の観客がいる。若いアーティスト(=歌舞伎役者達)達は、外に開いて新しい要素を取り入れようとする。猿之助然り、菊之助然り、中村屋然りだ。歌舞伎座の観客達は多少はうろたえながら、それについて行こうとしているようだ。その感じがほほえましい。
【参考1】
アーティストと劇場と観客の「ただならぬ」関係。レパートリー作品が拓く未来とは?(前編)
http://rohmtheatrekyoto.jp/features/6892/
【参考2】
アーティストと劇場と観客の「ただならぬ」関係。レパートリー作品が拓く未来とは?(後編)
http://rohmtheatrekyoto.jp/features/6969/
【参考3】
国境を越える舞台芸術――移動するアーティストと変化する舞台表現
日米現代演劇・パフォーマンス研究、内野儀氏インタビュー
http://synodos.jp/culture/20186

| | Comments (0)

« August 2017 | Main