« January 2017 | Main | March 2017 »

TFP

TFP, TFPR (revenue TFP: revenue productivity), TFPQ (quantity TFP: quantity productivity)。普通はrevenueを測っていることが多い。

| | Comments (0)

MOOCで発展途上国の公共政策

MOOCで発展途上国の公共政策

| | Comments (0)

「Pokemon GO」が第2段階へ--Ingressの経験活かし地方自治体と連携

「Pokemon GO」が第2段階へ--Ingressの経験活かし地方自治体と連携

| | Comments (0)

Miguel Székelyのやっているシンクタンク

Miguel Székelyのやっているシンクタンク。
ちなみに、彼の最近のペーパーのサマリー


The 2000s decade represented a turning point in the increasing inequality trend that had been observed in Latin America during the second half of the twentieth century. This paper offers an analysis of the association between these shifts and short-, medium- and long-term factors. For our exploration we assemble a database on income distribution indicators systematically calculated directly from household surveys with emphasis on within-country consistency, methodology, definitions and coverage for the 1980-2013 years. This database allows observing clearly that the increases in inequality throughout the 1980s and 1990s decades have been counteracted by the improvements in the 2000s and the initial years of the 2010 decades. From our econometric exploration we find that (a) while there are short-term forces that are associated with underlying improvements in the distribution--including human capital accumulation and declines in the population dependency rate, (b) medium-term factors that could have been inequality-increasing in the past ameliorated their effect in the 2000s years--namely, the effect of the trade reforms of the 1980s which faded away toward the end of the past century and (c) there are two short-term forces that might have played an important progressive role during the 2000s years, but that could shift in the opposite direction in the near future--namely, the improvement in terms of trade and the declining returns to schooling. Thus, we conclude that the improvement in income distribution in the region could be only a temporary phenomenon.

こういうペーパーもある。
An Overview of Trends, Causes, Consequences,
and Promising Interventions
Melissa Adelman
Miguel Székel

| | Comments (0)

ニカラグアの2014年の家計調査の報告

ニカラグアの2014年の家計調査の報告はこれです。

| | Comments (0)

Systematic Country Diagnostic in Central America

Systematic Country Diagnostic
El Salvador
http://elibrary.worldbank.org/doi/abs/10.1596/K8331
Breaking the vicious circles identified will require a “big push.”(p.7)
Costa Rica
http://documents.worldbank.org/curated/en/215521468196163103/Costa-Rica-Systematic-country-diagnostic
Progress in all the priority
areas discussed above hinges on improving
the capacity of the public sector to plan and
implement policies, execute public investment
projects, deliver services, and increase
accountability. (p.13)
Panama
http://documents.worldbank.org/curated/en/183431467986298985/Panama-Systematic-country-diagnostic-locking-in-success
Panama’s growth has been inclusive
along many dimensions. (p.2)
Guatemala
http://documents.worldbank.org/curated/en/425151468327849352/Guatemala-Closing-gaps-to-generate-more-inclusive-growth-systematic-country-diagnostic
Land concentration in
Guatemala is among the highest in Latin
America: the Gini coefficient for land in
Guatemala is 0.84. In 2014, the combined wealth
of Guatemalan millionaires amounted to 65
percent of GDP.

| | Comments (0)

所得効果

エルサルバドルのSystematic Country Diagnostic (El Salvador: Building on Strengths for a New Generation)より、
Remittances sent by Salvadoran migrants have been found to reduce both the labor participation rates (by about 10 percentage points) and the number of hours worked (between 5 and 12 hours per week) by those at the receiving end due to the income effect generated by remittances. (p.5)
合理的でございます。

| | Comments (0)

ステファン・ミラー(Stephen Miller )のサンタ・モニカ高校時代

ステファン・ミラー(Stephen Miller )のサンタ・モニカ高校時代はこれ

| | Comments (0)

マイケル・アントン(Michael Anton)というイデオローグ

マイケル・アントン(Michael Anton)というマキャベリ好き・スーツ付き・ビーチボーイズ好きの右翼イデオローグ。

最初は「America’s Leading Authoritarian Intellectual Is Working for Trump」という記事が目に留まった。米国の権威主義とは珍しい。保守派エスタブリシュッメントとも対決する点でバノンともミラーとも一致する「The Flight 93 Election」をローマ人偽名で執筆。その後、「The Anonymous Pro-Trump 'Decius' Now Works Inside The White House」でマイケル・アントンと明かされる。Weekly Standardsは保守系の雑誌。
さて、こういう人がどうやって生まれるかというのが興味関心。「The enigmatic writer's real name is Michael Anton, and he's a fast-talking 47-year-old intellectual who, unlike most of his colleagues, can readily quote Roman histories and Renaissance thinkers.」と紹介されているので1970年生まれ。Linkedinで見ると、UCLA, St. John's College, Claremont Graduate Universityを卒業している。何を勉強していたかは、彼がスーツについて偽名で書いた本に関するこのインタビューでわかる。完全な人文系である。どうもカリフォルニア出身らしい。それはインタビュー「The Dandy」を見るとカリフォルニア出身であることが想像できる。そして、Linkedinのプロフィールには載っていないが、インタビューには、彼が米国州知事Governor Pete Wilsonのもとでspeech writerをしていることがわかる。たしかに、人文系が政治で上がっていくにはspeech writerというキャリアが米国ではよくある。ステファン・ミラーもcommunicationsだった。
1970年のカリフォルニア生まれというと、要はメキシコ移民が大量に入って来はじめるころである。50年代、60年代のカリフォルニアの「黄金時代」への憧憬がマイケル・アントンにあってもおかしくない。それを象徴するのが、ビーチ・ボーイズのsmileについて彼が書いたこの文章である。この他、Claremont Review of Booksには面白そうな文章が載っている。
ピート・ウィルソンと言えば移民排斥である。
ということで、過ぎ去ったカリフォルニアの黄金時代を戻したい若者が本を読んで大きくなり、若いころにはピート・ウィルソンで失敗し、その後にニューヨークのジュリアーニで成功し、ホワイト・ハウスの国家安全保障会議に入り、イデオローグとしてキャリアを積んだということだろう。ステファン・ミラーとも呼応する。ネオ・コンより内向きの人文系の人々である。こういうdie-hardな人々がホワイト・ハウスに集団でいるのだろう。彼らが、必死に取り込もうとしているのが中西部(ウィスコンシン、オハイオなど)のトランプ・デモクラットであることは興味深い。それが、ペギー・ヌーナンの言う別の政党なのだ。
久しぶりに米国政治思想史の専門家が面白くなってくるかもしれない。

| | Comments (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »