« December 2015 | Main | February 2016 »

You Don't Have To Be A Tower Of Strength

You Don't Have To Be A Tower Of Strength by Gloria Lynne Oh you don't have to be a tower of strength To have me in your power 'Cause I'll do everything you say If you'll only say that you love me Can't you see that you don't have to be a hero A strong Napoleon or a Nero 'Cause I'll do anything I'm told If you'll only just hold me close to you this way Hold me in your arms And never let me go Just press your lips to mine And tell me that you love me so Oh you don't have to be a tower of strength To have me in your power 'Cause I'll do anything you say If you'll only say that you love me Whoa Hold me in your arms And never let me go Just press your lips to mine And tell me that you love me so Oh you don't have to be a tower of strength To have me in your power 'Cause I'll do anything you say If you'll only say that you love me

| | Comments (0)

アルテ・イ・ソレラ

鍵田真由美・佐藤浩希

アルテ・イ・ソレラ

フラメンコ

| | Comments (1)

三島由紀夫『レター教室』ちくま文庫

三島由紀夫『レター教室』ちくま文庫

作者から読者への手紙(末尾にある)

手紙の第一要件:あて名をまちがいなく書くこと。

『手紙を書くときには、相手はまったくこちらに関心がない、という前提で書きはじめなければいけません。これがいちばん大切なところです。

世の中を知る、ということは、他人は決して他人に深い関心を持ちえない、もし持ち得るとすれば自分の利害にからんだ時だけだ、というニガいニガい哲学を、腹の底からよる知ることです。

もちろん、この利害という言葉には、お金だけがからまっているわけではない。名誉もあろうし、性欲もあろう。それにしても、手紙の受け取り人が、受け取った手紙を重要視する理由は、

一、大金

二、名誉

三、性欲

四、感情

以外には、一つもないと考えてよろしい。

(中略)

ですから、第一、第二、第三、までの手紙なら、文例もお手本もまったく不要、どんな悪文でも目的を達することができます。

ところが、第四の手紙は、ピンからキリまであって、それぞれ用途や目的がちがって大変です。

(中略)

世の中の人間は、みんな自分勝手の目的へ向かって邁進しており、他人に関心を持つのはよほど例外的だ、とわかったときに、はじめてあなたの書く手紙にはいきいきとした力がそなわり、人の心をゆすぶる手紙が書けるようになるのです。』

| | Comments (1)

細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた

細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた 単行本 – 2015/12/12
鈴木 惣一朗 (著), 細野 晴臣 (その他), 吉野 金次 (その他), & 6 その他

| | Comments (3)

« December 2015 | Main | February 2016 »