« June 2014 | Main | September 2014 »

映画 Hecho en Mexicoのラジオ記事

映画 Hecho en Mexicoのラジオ記事

| | Comments (262)

映画 I Will Be Murdered

映画 I Will Be Murdered

| | Comments (12)

映画Living on one dollar

映画Living on one dollar

| | Comments (0)

Building Social Capital Through MicroFinance

Building Social Capital Through MicroFinance
Benjamin Feigenberg, Erica M. Field, Rohini Pande
NBER Working Paper No. 16018
Issued in May 2010

| | Comments (0)

Estado Social-Liberal

UMA NOVA GESTÃO PARA UM NOVO ESTADO: LIBERAL, SOCIAL E REPUBLICANO
Luiz Carlos Bresser-Pereira

| | Comments (0)

Embeddedness

"Economic Action and Social Structure: The Problem of Embeddedness" by Mark Granovetter

| | Comments (0)

private military company

International Stability Operations Association

  • Stability Operations Magazine (19670113yh)

Academi

| | Comments (0)

デザイン思考家が知っておくべき39のメソッド

【無料】デザイン思考家が知っておくべき39のメソッド -the d.school bootcamp bootleg-

12月15日 本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考 入門クラスのスライド

| | Comments (529)

THE VIRTUAL CRASH COURSE IN DESIGN THINKING

THE VIRTUAL CRASH COURSE IN DESIGN THINKING at d.school

勉強したのでメモ

| | Comments (0)

Design学部

Design学部

| | Comments (0)

Smart decline

shrinking cities

| | Comments (0)

Moving Out of Poverty

Moving Out of Poverty

| | Comments (0)

課題:GE式ワークアウトと日産驚異の会議を比較して議論せよ。

課題:GE式ワークアウトと日産驚異の会議を比較して議論せよ。

| | Comments (0)

The Politics of Crime in Mexico: Democratic Governance in a Security Trap

The Politics of Crime in Mexico: Democratic Governance in a Security Trap
April 16, 2014 // 9:00am — 10:30am

| | Comments (0)

競争政策で使う経済分析ハンドブック

競争政策で使う経済分析ハンドブック

| | Comments (0)

Collier on Farmer

Haiti’s Rise From the Rubble
The Quest to Recover From Disaster
By Paul Collier
From our September/October 2011 Issue

Related:

Clintons’ Interim Haiti Recovery Commission Huge Failure

HAITI RECONSTRUCTION:
USAID Infrastructure Projects Have Had Mixed Results and Face Sustainability Challenges
GAO-14-47T: Published: Oct 9, 2013. Publicly Released: Oct 9, 2013.

Haiti Reconstruction Fund

Setting the Record Straight on Haiti's Recovery
Posted: 05/21/2014 3:35 pm EDT Updated: 07/21/2014 5:59 am EDT

SAE-A & HAITI

Haiti Continues to Struggle Three Years After the Earthquake, January 18, 2013 · by COHA · in COHA Research, Front Page, Haiti, Press Releases

Crisis mapping in Haiti

| | Comments (0)

安渕 聖司 『GE 世界基準の仕事術』雑感

安渕 聖司 『GE 世界基準の仕事術』雑感

『リーダーが一人いて、それについていく、というリーダーシップではなく、至るところにリーダーがいて、全体を巻き込んでいく。』(p. 78)

Box 1~3 by Vijay Govindarajan (pp.124-125) 自分発見分析にも使えそう。

GE式ワークアウト(p.158) 財務分析報告会に使えるか。

delegation = empowerment (p.186)

著作権は会社に帰属(p.191)

五つの質問:Who are you?  What are you interested in?  What do you think?  How do you come up with ideas?  Why don't you speak up? (p.219)

| | Comments (0)

経済学の対象

川越敏司編著『経済学に脳と心は必要か?』(河出書房新社、2013年)で川越が議論するように『経済学が対象としているのは、あくまで市場レベルの集合的現象であって、個々人の行動ではない。そして、何らかのバイアスの影響を受けた個々人(ノイズ・トレーダー)がいるために市場全体に悪影響が及ぼされるとするなら、経済学がなすべきことは、こうした人々の存在を前提として、市場の結果を改善するような組織や制度をデザインすることなのである。つまり、変えるべきなのは個人ではなく、組織や制度なのである。』(p.4)

このようなスタンスがもっとも明確に表れているのは、ミルトン・フリードマンの為替レートの使い方におけるサマータイムの比喩だと思う。個人の行動を変えるのではなく、組織や制度を変えることによって何らかの改善(目的の達成)を図るという思考法である。

さて、このような経済学の思考法は、それ自体、テクノクラティックな傾向を生むのだろうかというのが疑問である。どうもその可能性が高い。もちろん、ハイエクなどのようにこれを戒める考え方も経済学は内在させている。では、ハイエクの政策論はどのようなものだろうか。

以上は、イースタリーのThe Tyranny of ExpertsのOne day in Bogotaを読んで思ったことである。ここにはハーシュマンがイースタリーの議論を補強する存在として出てくる。

| | Comments (0)

« June 2014 | Main | September 2014 »