« July 2012 | Main | September 2012 »

The World Values Survey

The World Values Survey

|

The Pew Research Center’s Global Attitudes Project

The Pew Research Center’s Global Attitudes Project conducts public opinion surveys around the world on a broad array of subjects ranging from people’s assessments of their own lives to their views about the current state of the world and important issues of the day.  Nearly 300,000 interviews in 59 countries have been conducted as part  of the project’s work.

|

Just a memo to self: 生活改善研究会のブログ

Just a memo to self: 生活改善研究会のブログ

|

Personal MBA――学び続けるプロフェッショナルの必携書

Personal MBA――学び続けるプロフェッショナルの必携書

 「ビジネス経験」があまり無い(と思っている)人は、7章から読み始めると良い。WorkとBusinessは違うと思ったほうがいい。ちゃんと読もうと考える人は、英語版と合わせて読むと良い。英語版はKindleでも提供されているのでKindleで読むこともお勧めする。ほとんど図表がないこの本はKindle向きだと思う。

|

「カタリバ」という授業――社会起業家と学生が生み出す “つながりづくり”の場としくみ

『「カタリバ」という授業――社会起業家と学生が生み出す “つながりづくり”の場としくみ』

嘉悦大学でのカタリバのプログラムは、大学が既にもつ施策を機能させることを目的としている。入学した新入生全員に向けて、4週間かけて4回にわたるプログラムを行う。「1回目で自分のことを洗い出し、2回目では、高校企画における”サンプリング”のようなものを行い、改めて自分のことを考えます。3回目には小さくな目標設定をして、1週間、何かにチャレンジすることを決めます。そして4回目にはそのチャレンジを振り返りながら話し合いをして、大学生活でこんなことをしてみたいという自身のストーリーをつくり、皆の前でプレゼンテーションします。自分を認め、同時に誰かに憧れさせることで、ポジティブなスタンスに変わっていきます。また、プログラム自体が学生同士をつなぐ役割ももっています」(p.204)

中退率は前年の30%から、ほぼゼロにまで落ちたとのこと。「『ここは自分のやりたいことを応援してくれる学校だ』ということを学生が理解」することが大切とのこと。私の1年ゼミ・モデルで言えば、『家族のなかの私』エッセイが1回目になり、2回目は他人の『家族のなかの私』+『自己紹介』が代わりになる。3回目は各課題になる。4回目はグループ課題の副産物であることを期待している。『ここは自分のやりたいことを応援してくれる学校だ』という体制+雰囲気をつくるのは一授業だけでは困難。

『ナナメの関係』の時系列かつ数量的な分析が欲しい。昔はあったのか?昔より減ったのか?それはなぜなのか?

|

ダークナイト・ライジング(Original Title: The Dark Night Rises)

ダークナイト・ライジング(Original Title: The Dark Night Rises)。面白くて楽しんだのだが、なにか平板。それで楽しませるとしたら、平板と共に何かがあるような気もする。

|

3 Simple Techniques to Optimize Your Reading Comprehension and Retention

3 Simple Techniques to Optimize Your Reading Comprehension and Retention

|

Estado de la Nación en desarrollo humano sostenible

Estado de la Nación en desarrollo humano sostenible

|

Personal de la Sede Académica de la FLACSO Costa Rica

Personal de la Sede Académica de la FLACSO Costa Rica

|

« July 2012 | Main | September 2012 »