« May 2012 | Main | July 2012 »

Rachel Maddow Show: Ezra Klein and Paul Krugman on European Economic Crisis

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

|

"Harriett Jones" by Eric Benét

"Harriett Jones" by Eric Benét

|

イースタリー&レヴィン『経済発展の欧州起源』(欧州に起源をもつ経済発展)

The European origins of economic development (William Easterly and Ross Levine)

|

Thinking, Fast and Slow

Thinking, Fast and Slow
by Daniel Kahneman

"Life satisfaction is not a flawed measure of their experienced well-being, as I thought some years ago.  It is something else entirely."

|

中北 徹『通貨を考える』

中北 徹『通貨を考える』(ちくま新書)

p.39, 119: ケインズ案(バンコール)をEU内に応用する。

p.120: 世界大のインフレを計算してみる。90年代半ば以降、世界的にデフレ?

p.125: トリレンマの簡便な説明。

共通通貨2期2国モデルにおいて予算制約を考えれば、第1期のA国(ドイツ)からB国(スペイン)への移転収支における贈与(ドイツが黒字を出したことによる赤字国への贈与、つまりケインズ案での黒字国への課税)は、第2期におけるA国からB国への財政移転に同等である。すなわち、A国からみると第1期に贈与により経常黒字を小さくして第2期に返してもらうのと、第1期の大きな貿易黒字を、第2期に財政移転によって小さくしてあげて返してもらうかである。なぜこれが必要になるかであるが、物価や賃金の下方硬直性によるinternal devaluationの困難さに起因する失業問題であろう。

すなわち、財政が通貨圏において関わってくるのは貯蓄・投資バランスにおいてであり、物価の決定プロセスだとは思われない。

|

June Kabuki Program at Shimbashi Enbujo Theatre

June Kabuki Program at Shimbashi Enbujo Theatre
Evening Show (from 4:00 PM):
Super Kabuki YAMATO TAKERU 
First performed in 1986, Yamato Takeru was the first "Super Kabuki" play that Ichikawa Ennosuke created. "Super Kabuki" combines the acting techniques of kabuki with modern stage technology and techniques borrowed from other genres of theatre. With gorgeous costumes and sets, exciting fight scenes and a final flight through the air as Yamato Takeru is transformed into a great white bird, this is the most famous and spectacular of all the creations of "Super Kabuki." The script is by philosopher Umehara Takeshi and describes Yamato Takeru, the legendary hero from the historical chronicles of early Japan.
Yamato Takeru is sent by his father the emperor to go and conquer the outlying territories of Japan, first the fierce fighters of Kyushu. Takeru vanquishes them by disguising himself as a seductive woman. Then he goes to the eastern provinces and fights fire and water and only succeeds when his wife sacrifices herself. Finally Takeru tries to return to the imperial capital, but fights with the god of Mt. Ibuki in the form of a gigantic boar. Takeru is punished for this hubris and falls sick and dies, but bursts out of his grave in the form of a giant white bird.
As the centerpiece of this program to celebrate the nametaking of the new Ennosuke, this performance marks the new Ennosuke taking on the most famous of his uncle's spectacular creations of "Super Kabuki."

|

『商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道』

商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書) [新書]
新 雅史 (著)

【寸評】

好著だし、すぐに読めるのでmust-read bookだと思うので、尚更こうしてくれたほうが良かったという気持ちも湧いてくる。四点。

 第一、商店街の通時的な数のグラフが欲しかった。数字の上で、いつ公式「商店街」が増え、減りという数字は大事だと思う。特に、1930年代ごろからの発生という、野口 悠紀雄氏のいう『1940年体制』とも繋がる商店街の「公式」承認との関係は数字と合うのかという疑問が残る。

 第二、商店街の地域的な変遷が大事だと思う。pp.73-81の自生的な商店街の発生の資料が関西エリアに限定されているのは、商店街は関西に発生したのか、それとも資料がたまたま関西エリアに限られているのかという疑問を生じさせる。前者は、その後のダイエーが関西に起源をもつように、商業先進地としての関西エリアを示唆するし、後者でも構わない。agglomeration economyを米国について広く執筆したEdward Glaeser (Triumph of the City: How Our Greatest Invention Makes Us Richer, Smarter, Greener, Healthier, and Happier)を考えても、やはり地域的なvariationに触れてほしかった。

 第三、解釈としての経済白書に頼り過ぎの感があるので、そこがなんとかならなかったのだろうか。p.131の昭和45年経済白書のインフレの解釈として、『消費者物価の上昇は、第一次産業と第三次産業の所得を補填するために起きていたのだというのが当時の経済白書の解釈だった』と書いているが、この解釈は文面上読む(まだ原資料に当たっていない、ゴメン)と、一般価格水準を部門間バランスで説明する、かなり政治経済的・構造主義的なインフレの解釈に読める。

 第四、交通インフラとしての都市間道路の発達により商店街が影響を受けたというのは慧眼だが、商店街の勃興・隆盛との交通インフラつまり鉄道との関係を書かないと、交通インフラの転換・変換との関係の全体像が見えなくなると思う。ここは、第二点とも関係するので、agglomeration economyという軸を設定しておいたほうが良かったように思う。

|

« May 2012 | Main | July 2012 »