« 『空飛ぶ中国』 | Main | Fiscal Devaluations(財政による為替レート切り下げ同等政策) »

『無原罪移転理論』と『「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか』

そう言えば。備忘録の一つ。p. 107 「補論 貯蓄投資ギャップと貿易不均衡」において、以下の表現あり。『(3)式より、一国の経常収支額は、国内の貯蓄と投資の差額(貯蓄投資バランス)によって決まり、為替レートなどの影響を受けない。』

そこでジョン・ウィリアムソンによる(ものとクルーグマンが言う)『無原罪移転理論』(原文はこれ、翻訳はこれ、関連してこれ)。

And the key point is that individuals in general neither know nor care about aggregate accounting identities. Take the doctrine of immaculate transfer: if you want to claim that a rise in savings translates directly into a fall in the trade deficit, without any depreciation of the currency, you have to tell me how that rise in savings induces domestic consumers to buy fewer foreign goods, or foreign consumers to buy more domestic goods. Don’t tell me about how the identity must hold, tell me about the mechanism that induces the individual decisions that make it hold.

|

« 『空飛ぶ中国』 | Main | Fiscal Devaluations(財政による為替レート切り下げ同等政策) »

Economics and Politics」カテゴリの記事