« April 2012 | Main | June 2012 »

Fiscal Devaluations(財政による為替レート切り下げ同等政策)

Fiscal Devaluations by Emmanuel Farhi et. al.

|

『無原罪移転理論』と『「壁と卵」の現代中国論: リスク社会化する超大国とどう向き合うか』

そう言えば。備忘録の一つ。p. 107 「補論 貯蓄投資ギャップと貿易不均衡」において、以下の表現あり。『(3)式より、一国の経常収支額は、国内の貯蓄と投資の差額(貯蓄投資バランス)によって決まり、為替レートなどの影響を受けない。』

そこでジョン・ウィリアムソンによる(ものとクルーグマンが言う)『無原罪移転理論』(原文はこれ、翻訳はこれ、関連してこれ)。

And the key point is that individuals in general neither know nor care about aggregate accounting identities. Take the doctrine of immaculate transfer: if you want to claim that a rise in savings translates directly into a fall in the trade deficit, without any depreciation of the currency, you have to tell me how that rise in savings induces domestic consumers to buy fewer foreign goods, or foreign consumers to buy more domestic goods. Don’t tell me about how the identity must hold, tell me about the mechanism that induces the individual decisions that make it hold.

|

『空飛ぶ中国』

読了。今が旬。

1968年について言えば、東京オリンピックの4年後、美濃部都知事の2年目であることが大事だと思うし、その枠組みは、公害問題・都市問題を契機とした地方自治の問題だと思う。そして、革新地方自治とポピュリスト保守政治(KT1972)がセットで共存の70年代が出現。経済成長すれば、負の外部性、特に公害が発生する。さすれば、公共面は大事になる。しかし、それは地方自治において強く振動し、一億人の国でさえ国民政治は「革新」に至らず、逆に保守ポピュリストと共鳴しうる。

革新地方自治とポピュリスト保守政治はセットで出現する。つまり、革新地方自治とポピュリスト保守政治はセットで抑えられる。

|

『脱皮を始めた都市住民たち』

脱皮を始めた都市住民たち

If this is correct in a wide scale, this shoud be interesting.

|

【エッセイ問題】中国に関するアセモグル=ロビンソン仮説をファローズ著『空飛ぶ中国』で検証しなさい

【エッセイ問題】中国に関するアセモグル=ロビンソン仮説をファローズ著『空飛ぶ中国』で検証しなさい。

Essay: Argue whether the Acemoglu=Robinson hypothesis on China is right or not by examining China Airborne written by James Fallows.  (Two pages)

|

R.KELLY SHARE MY LOVE

|

Scorecasting: The Hidden Influences Behind How Sports Are Played and Games Are Won

読了。home-game biasは説得的で秀逸。最後のCubsの直面するインセンティブは昔の阪神タイガースにも共通した点があるように感じた。スポーツの経済学の一つの到達点か。

|

『この不況をいますぐ止めよう』(End This Depression Now!)

読了。Clear-cut and spear-headed.

|

Conjunction fallacy

Conjunction fallacy

|

Paul Krugman appeared in TRM on May 1st.

Paul Krugman appeared in TRM on May 1st.

|

« April 2012 | Main | June 2012 »