« February 2012 | Main | April 2012 »

佐々木 俊尚 (著) 「当事者」の時代 (光文社新書)

佐々木 俊尚 (著) 『「当事者」の時代』(光文社新書)。

書き方は「サスペンス調」。日本(のマスメディア)は、ホンネ(ハイコンテクスト)とタテマエ(マイノリティ憑依に支えられた市民視点)という構造があるが、時代が変わり、メディアが変わったので「当事者」視点が重要との論旨。

しかし終章に書かれた当事者記事は職業ジャーナリストには簡単には続けられない。そこで、牧野『官報複合体』の第11章に詳述されたフィーチャー記事が、当事者視点の記事形式の可能性を示唆していると思われる。

使われている材料のほとんどは15年前までのものがほとんどなので、この著者によるものではないにしても、なぜこの本が15年前に書かれなかったのか、という点が個人的には興味深い。この世代が呪縛から覚めましたという本なのだろうか。

|

Kyoya 〜Cucina・Italiana〜

Kyoya 〜Cucina・Italiana〜

サイトぐるなび。未見。

|

『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』

上杉氏のこれまでの作業の要約本。p.62の図は正しいとすればよくできている。

一点(おそらくの)間違い。『一つの問題に対し、正反対の論説を並べる記事を「オプ=エド」(オポジット・エディトリアル)と言う』(p.177)と書いているが、このWikipedia記事にあるように、opposite the editorial pageの略であり、新聞を見開いた時に社説がある面の向かい側の面に乗せられた意見記事のことである。記事の中身が正反対であるかには関わりないはずである。

|

2011年3月21日NHK報道局『放射線量についての考え方』

2011年3月21日NHK報道局『放射線量についての考え方』。これの9頁。

|

『がれき処理とひ弱な「官僚知事」』

『がれき処理とひ弱な「官僚知事」』 "Debris Disposal and Ex-bureaucrat Governors" (by 谷隆徳 Takanori TANI, Nikkei morning ed. 2012/03/26, p. 26)  The author claims that ex-bureaucrat governors didn't accept the work of debris disposal, while ex-politician (or ex-statesman) governors accepted debris.  Three notes of mine follow.  First, it’s an interesting piece of work.  This is why I buy newspapers.  Second, suppose... the assertion is true, it's counterintuitive at first sight.  Bureaucrats are supposed to be shielded from popular pressure, while politicians are supposed to be more sensitive to it.  Third, my tentative hunch is that the issue is not only the voices of the residents (as the author claimed in the article) but also the voices within the city hall (Ex-bureaucrats might respond sensitively to local bureaucrats).  This will be a good paper on comparative local politics.  Somebody, please do it.

|

一般職、総合職並み仕事へ――女子学生は勘違いしないで(生活)

一般職、総合職並み仕事へ――女子学生は勘違いしないで(生活)
2012/03/21  日本経済新聞 夕刊  9ページ  2333文字

|

石野卓球氏、2012年3月18日@NHKホールの山下達郎氏のコンサートに行ってTweet

石野卓球氏、2012年3月18日@NHKホールの山下達郎氏のコンサートに行ってTweet:

『3時間半のライヴ(59歳!)後半のアトムの子とかHappy MondaysのW.F.L.のノリ。面白かった!(顔以外も)』

次のTweet:

『終演後初対面で挨拶時に「石野卓球が僕のライブに来る時代か!」と言われ「僕も(十代の頃に)来るとは思いませんでした」とにかく凄まじかった。』

ということでメモ。

|

東日本大震災一周年追悼式について勝手なまとめ

東日本大震災一周年追悼式について六点。

第一、内閣総理大臣式辞。(英語版、中国語版が存在する)

第二、天皇陛下のおことば。(英語版が存在する)

第三、内閣総理大臣式辞についてのブログポスト

第四、ニュース番組やニュースショーが天皇陛下のおことばを編集して放送する上で、放射能の件を削除したこと(例えばこれ)。

第五、公と私、官と民というtwo fine linesを上手に切り盛りできなかった事務方と政治

第六、皇后陛下の喪服

つまり、杓子定規な運営の中で、空虚な言葉が流れたり、魂をこめた言葉は後に削除されたりするなかで、何も言葉を発しない立居振舞いがとても強かったということ。

|

LOS LOBOS

LOS LOBOS
"HEARTS OF STONE"

|

Suicide in Japan, 2011.

There was a news report that "Suicides in Japan spiked after March 11 disaster."  So, I wonder what happened.  Here is the result of my quick inquiry.  A report named "平成23年中における自殺の概況" is very useful.

First of all, the number of suicide in Japan decreased in 2011 from 2010.

Second, the monthly pattern is different in 2011 (click the figure to make it big).

Fig1_3


Third, the sucide decreased in the quake-stricken area (Iwate, Miyagi, and Fukushima).   (click the table to make it big).

Table1_2

|

浦長瀬 隆『中近世日本貨幣流通史』(勁草書房、2001年)

浦長瀬 隆『中近世日本貨幣流通史』(勁草書房、2001年)

pp.171-2: 16世紀後半における銭の使用から米の使用への変化の原因は、悪銭の流通、撰銭の横行とそれに対する領主による撰銭禁令の施行に求めることができる。

|

桜井英治『日本中世の経済構造』(岩波書店、1996年)

桜井英治『日本中世の経済構造』(岩波書店、1996年)

「第8章 割符に関する考察」は重要。

「第9章 所質考」も、最終段落に言うように、違割符との並行関係において重要。別問題は、なぜ都市に債権が貯まるのかという理解も必要。

問題は、所質がある種の懲罰メカニズムとして成立する、信用経済=流通経済の勃興と凋落にある。私は人口集積と大きく関係していると思うが、もう少し詰めないといけない。

「終章 中世の経済思想」も超重要。

p.359: 16世紀末に来日した宣教師ヴァリニャーノは盗みを極端に嫌う日本人の性質に触れて「戦争、借用者、海賊の名目をもってなされる場合を除けば、盗みは行われず、(窃盗)行為はひどく憎悪され、厳罰に処せられる」と述べている。

p.361: 商人が割符と引換えに生産物を買い取るケースが多かったのであろう。

⇒これで都市が債権、地方が債務をもつことと整合的になる。

|

IA Spectrum

IA Spectrum
情報アーキテクチャの過去・現在・未来

|

貴方は『決められたことを正確に実行することに達成感を感じる人』ですか?

Modeless and Modal by Manabu Ueno

以下は全て引用。

モードレスかモーダルか

モードレスな人というのは、仕事のモチベーションは自己満足にあります。だから楽観主義者でないとやっていけません。デザイナー、つまりモードレスな人の癖は、ソリューションの創出に際して、既成概念をどこまで遡って崩せるかという脳内チャレンジを繰り返すことです。

モーダルな人というのは、事前に綿密な計画を立てて、それを正確に実行することに価値を見出します。失敗の想定が不十分な状態でプロジェクトが開始されると、不安で眠れません。基本的に、悲観主義者なのです。

選択肢セットの中で特定項目を強調する時には、「変化させる属性はひとつだけにする」という鉄則があるからです。

|

Facebook Developers

Facebook Developers. You can create "Like" button here.  Go to "Documentation," "Core concepts," to "Social plugin," and to "Like button".

|

Male R&B Music Selection (March 9th, 2012)

Treat Her Like A Lady, The Temptations

High Hopes, S.O.S. Band

Shine on (Album Version), George Duke

Midnight Lady, Marvin Gaye

Too High, Stevie Wonder

Can't Give You Anything (But My Love), The Stylistics

Sweet Baby (Album Version), George Duke

Let's Get It On (Da Producers MPG Groove Mix), Marvin Gaye

Tell Me If You Still Care, S.O.S. Band

Between The Sheets, The Isley Brothers

Daylight & Darkness, Smokey Robinson

Quiet Storm, Smokey Robinson

What It Comes Down To, The Isley Brothers

|

The Marketing over "The Hunger Games"

WSJ article and the book itself.  Amazon.com.

|

InterFM, March 9th around 10:37 AM

2012/03/09   10:37   THE TEMPTATIONS / TREAT HER LIKE A LDAY
2012/03/09   10:42   DEBARGE / I LIKE IT
2012/03/09   10:46   STANLEY CLARKE & GEORGE DUKE / SWEET BABY
2012/03/09   10:50   CAMEO / SPARKLE
2012/03/09   10:55   THE STYLISTICS / CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT MY LOVE

|

世界のチーズ専門店:オーダーチーズ

世界のチーズ専門店:オーダーチーズ

採用サイト、好印象。ブログを書く採用プロセスあるという話。

|

Lecture note on International Macroeconomics

Lecture note on International Macroeconomics

デューク大学の国際マクロのテキスト。大元はマイケル・ウッドフォードのシカゴでの講義録だという。学部上級レベルなので、経常収支の調整における為替レートの動きなど、「常識」(覚えていること)としてもいいし、「教養」(自分でゼロから考えてわかること)としてでもお勧めです。TNTモデルはとても有用です。大昔、W. Max CordenはSAISで、図を描いてTNTモデルしか教えてなかったという噂を聞いたような気がするけど、短期から中期の問題については、すご~く使えるっていうことの傍証だと思います。最終章になって初めて、名目変数が出てきます。

|

¿Quién es quién en las encuestas?

01/03/2012
Leo Zuckermann 
Nexos.

|

Female (except one) R&B Music Selection (March 5th, 2012)

Love On Top, Beyoncé

If You Love Me, Brownstone

Interlude: Let's Dance, Janet Jackson

Miss You Much, Janet Jackson

Alright, Janet Jackson

Escapade, Janet Jackson

Romantic, Karyn White

I'm Every Woman, Chaka Khan

"For The Love Of You,  Parts 1 & 2", Joss Stone

Saving All My Love for You, Whitney Houston

Free, Deniece Williams

Rock With You, Brandy & Heavy D

All Around The World, Boyz II Men

|

AL WILSON "SHOW AND TELL"

|

「ナナメの関係」

Not all buzzwords are buzz. 

2 学校は、地域の人材を活用して「ナナメの関係」をつくろう!(文部科学省)

『「ナナメの関係」と「対話型コミュニケーション」による”動機づけ” + 継続的な関わりによるエンパワーメント』『~いま、本当に必要な教育コンテンツは「コミュニケーション」と「憧れられる人の存在」である~ 』(NPOカタリバ

|

応仁・文明の乱 (戦争の日本史 9) 石田 晴男

えらく細かくて年表作りながら読むと面白い。

|

« February 2012 | Main | April 2012 »