« December 2011 | Main | February 2012 »

What's Wrong With the Teenage Mind?

THE SATURDAY ESSAYJANUARY 28, 2012.What's Wrong With the Teenage Mind?
Children today reach puberty earlier and adulthood later. The result: A lot of teenage weirdness. Alison Gopnik on how we might readjust adolescence.

|

The Friday Podcast: Katy Perry's Perfect Year

The Friday Podcast: Katy Perry's Perfect Year (Planet Money)

The comment attached was interesting, too.

|

Measured Aggregate Gains from International Trade

Measured Aggregate Gains from International Trade

Ariel Burstein, Javier Cravino

NBER Working Paper No. 17767 Issued in January 2012

|

『未解決事件』

面白い本だった。第53章のへリックスは凄い。正しい本。

|

Career Decision-Making Steps

Clarion University Career Services Center

Career Decision-Making Steps

|

Clarion University Career Services Center

|

Ohio State University

Ohio State University

Career Services

Guides & Tip Sheets

Resumes

|

Cornell Career Services

Cornell University
Cornell Career Services

|

Search result: Costa Rica middle class

The emerging middle class in developing countries

Latin American Middle Classes: The Distance between Perception and Reality

Vulnerability and Resilience of the Middle Class in Latin America

cf.

The Middle Class Consensus and Economic Development

Stuck In The Tunnel: Is Globalization Muddling The Middle Class?

Structure:

Use Banerjee and Duflo (2008) for the 3 arguments of the importance of middle class.

Use Lora and Fajardo (2011) for the categories of objective criteria of middle class.

Adopt the absolute measure as the first approach (overlapping with the subjective measure).

Apply the absolute method to Costarican data (Latinobarometro).

Then, check the descriptive data, contrasting against the poor and the rich.

|

スラヴォイ・ジジェク『給料ブルジョアの反乱』LRB

The Revolt of the Salaried Bourgeoisie
Slavoj Žižek

こういうものは15年ぶりに読んだような気がする。リナックスが普通で、マイクロソフトが例外だというのは面白い。企業間の競争の理解がちょっと弱いような気がする。日本でデモが弱いのは、すでに非正規就業が広がっているが、まだ高等教育生の八割程度が正規就業できるからなのだと言うのかもしれない。ジジェク→ライシュ→デロングもしくはクルーグマンという理解かな。

|

Debt crisis or currency crisis

Memo to self.  Debt crisis in the 80s was long.  It took a decade to solve it.  Currency crisis in the 90s was relatively short.  It took a few years to settle.  I just wonder if Euro crisis is debt crisis or currency crisis.  Or, is it a relevant question?

I don't know for sure.  It's a speculation.  But, in the case of 80s, the region-wide crisis seemed to have done much harm on one front: export.  In general, international trade takes place more between neighbor countries.  The closer you get, the more you trade.  When the crisis hits not one country but the entire region, they cannot escape the crisis through exports because the country next door is in trouble, too. 

|

2012米国大統領選挙のもう一つの意味:資本主義の変容

Romney the revolutionary
Mitt Romney’s career says a lot about how American business has changed
Jan 14th 2012 | from the print edition

|

李鴻章――東アジアの近代 (岩波新書)

Informative.  This book, I believe, makes you think.  For example, the current Chinese concerns about Korean peninsula.

|

The Black Keys: Lonely Boy (SNL)

|

London Review of Books

London Review of Books

|

『こうして世界は誤解する』

I've long wanted to read this book, but somehow I did not try.  But, fortunately the editor in charge happened to be a friend of mine, who casually sent it to me.  So, I’ve just finished it (without doing what I should have done).  I can assure you that it is a very serious book full of jokes and humors.  I don’t know much about media literacy, but I feel very lucky to have this book as the first encounter. 

【付け足し】
訳者が最後に書いているように、こういう内容を
自分の名前を出して本にする著者の勇気に感嘆します。

本書はmedia literacyについての興味深い教科書にも
なるのではないかと思います。そういう視点から
薦められると思います。こういう本を読むと
どうしてもcynicalになってしまうものですが、
著者の精力的な活動こそが、そういうcynisismへの
抵抗だと思いますので、そういう点にも共感します。

p.275の『本書は、個々のジャーナリストがコントロール
できる範囲を超えたところにある要因―それでいて
報道の内容や方法に影響を与える要因―について
書いたものである。』という説明にも納得がいきました。

日本の報道について、平行的な活動をしているのが
上杉隆だと思いますが、上杉氏は明確な組織(記者クラブ)を
相手にしていて、ライエンダイク氏は「構造」について
書いているという点が違うようです。

翻訳の質も高いのではないかと思います。
中東専門の学者や、新聞記者に訳してもらわずとも
こういう訳がでてくるというのは非常に有難いです。

|

PHO24を試そう!

ベトナムのファミレス、PHO24を試してみよう!市ヶ谷、池袋、大森に店舗があるそうだ。

|

The editorials for the Coming-of-Age day (Yomiuri vs. Asahi)

The Yomiuri's editorial for the Coming-of-Age day could be regarded mediocre, but is much better than Asahi's.  I find the Asahi's editorial very awkward.

|

『究極のドラッカー』

 名著『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』の著者が書いた経営本。ある種の経営論はpositive analysisがあってからnormative analysisがあるというより、当為論から始まるのでよくわからないが、この本の「ドラッカー経営学」はとにかく単純明快。当然、この本で漏れることはいくらでもあるのだろうが、この本だけ理解しておけばよいという人もいるはず。私は『非営利組織の経営―原理と実践』しか読んだことがないのだが、同書は名著だと思った。こういう当為論の最良のものと、Thinking, Fast and SlowそしてFoundations of Neuroeconomic Analysis、更にはFreakonomicsがうまく繋がってくれると有り難い。

|

チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』

 チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』。解説より『ベジェルとウル・コーマのあいだに物理的な壁は存在しない。にもかかわらず、ふたつの街のあいだには厳然とした区別があり、両国の国民はたがいに相手の国が存在しないものとしてふるまわなければならない』という歴史(設定もしくは仮定)を背負った両都市が「ブリーチ」というNGO (?)の力を借りて、どのように生き延びていくのかという都市小説。世界が滅亡したりせず、それなりに大きな事故がシステムの中できちんと小さな問題として解決されていく様が描かれている。

|

[水戸の徳川邸屋敷跡地]-[ ]-...[NTT社宅]-[代官山T-SITE]

たまたま、この番組のおかげで代官山T-SITEのことを知ることになり(宣伝された)、サイトを見てみると、こう書いてありました。

代官山T-SITEは、水戸の徳川邸屋敷跡地にあります。

水戸の徳川邸屋敷跡地から、すぐ代官山T-SITEになるわけがありません。もの好きで調べてみると、NTT猿楽町社宅とノースウェスト航空の社宅の跡地であったらしいとのこと。この卒論要旨が詳しい(エライ!)。その前は朝倉家の所有地だったとのこと。社宅当時は、こんな感じだったらしい。

さて、水戸藩の上屋敷はここ。中屋敷はここ。下屋敷はここというので、代官山はどういう屋敷跡だったのだろうか。鷹狩のための屋敷跡?

|

連邦準備は今後の金利の予想について報告する

JANUARY 4, 2012.
Fed Will Detail Rate Plans, Easing Market Guesswork

WSJ

長期金利が下がるかもね。

|

« December 2011 | Main | February 2012 »