« August 2011 | Main | October 2011 »

戸堂 康之『途上国化する日本』(日経プレミアシリーズ)

戸堂 康之『途上国化する日本』(日経プレミアシリーズ)。貿易などの国際経済活動と経済成長のサーベイ。筆致が明るいのが何よりの強み。

| | Comments (0)

Economist's Special report: The world economy

Economist's Special report: The world economy.  The section "One-track bind" talks about Brazil.

The section "Gurgaon grief" talks about jobs.

But for the immediate future skilled workers in the rich world still seem to have the best prospects. College-educated workers are more likely to be able to switch jobs in response to outsourcing than those with little education. And the rewards for those with jobs that compete in the global market for tradable services are likely to be higher than for those in low-skill personal services—though the risks of losing their jobs are also greater.

Can Japanese college-educated workers switch jobs flexibly?  That's the question.

| | Comments (0)

When Fast Growing Economies Slow Down: International Evidence and Implications for China

When Fast Growing Economies Slow Down: International Evidence and Implications for China
Barry Eichengreen, Donghyun Park, Kwanho Shin
NBER Working Paper No. 16919
Issued in March 2011

This reminds me of Paul Krugman's piece at Foreign Affairs.

The Myth of Asia's Miracle
By Paul Krugman
November/December 1994

| | Comments (0)

北岡 伸一『日本政治史 -- 外交と権力』

北岡 伸一『日本政治史 -- 外交と権力』(有斐閣、2011)。大人の読書会教材に最適な本。理由その1、大人は私も含めて近代日本史を知らない。その2、この本はコンパクトで読みやすい。その3、政治外交史というのはhigh politicsの王道で、経済史と補完関係にある。

| | Comments (70)

maglev 磁気浮上式高速鉄道

maglev 磁気浮上式高速鉄道 = magnetic levitation

| | Comments (0)

2012 World Development Report on Gender Equality and Development

2012 World Development Report on Gender Equality and Development's site.

| | Comments (5)

戸堂康之『日本経済の底力』

戸堂康之『日本経済の底力』(中公新書)。サーベイでありながら具体例もあり、政策提言がある本。なによりもネアカなのが良い。

| | Comments (0)

海をつくる会

InterFMで聞いた『海をつくる会』の活動。明るい人。

| | Comments (0)

奄美黒糖焼酎 まんこい 30度

奄美黒糖焼酎 まんこい 30度。要は国産ラム、美味。

| | Comments (4)

As for Greece

Greece needs real devaluation, the increase of tradable-good price relative to non-tradable-good price, in order to recover trade balance.  Exchange rate depreciation does it, sometimes up to 25% and more.  I'm skeptical that deflation can take over the role.  The deflation of 25%?  How long does it take?  Certainly, the Euro itself has devalued.  But, it was not enough, as Greek current balance still is in red.

| | Comments (0)

new balance NB M1400

new balance NB M1400

| | Comments (0)

八代 尚宏『新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか』(中公新書)

八代 尚宏『新自由主義の復権 - 日本経済はなぜ停滞しているのか』(中公新書)。

論争の書、clear-cut thinkingの書、こういう本を読んでいらだつ(=議論が嫌いな)人を分ける書。知的エンターテイメントの書。細かい事実関係で間違いがあったとしても、それはminorな間違いでしかない書。或る立場を決めて議論する書。

| | Comments (0)

蓼沼宏一『幸せのための経済学』

蓼沼宏一『幸せのための経済学』(岩波ジュニア新書)。厚生経済学のもっとも優れた入門書。A. K. Senの「機能」をきちんと位置付け、「効率性」と「衡平性」の関係をわかりやすく説明している。

個人の特性と社会的環境に差異がある場合には、モノ・サービスの消費量や労働量に注目するだけでは福祉の評価として不十分であり、各個人の機能の水準を比較する必要があります。

| | Comments (0)

Skipping Rope

Skipping Rope 10m

| | Comments (0)

Rachelle Ferrell I know you love me(live)

| | Comments (0)

Lyrico(露崎春女)  A NATURAL WOMAN with 吉田美奈子

| | Comments (0)

"WALKING IN RHYTHM" BLACKBYRDS 1975

"WALKING IN RHYTHM" BLACKBYRDS 1975 on InterFM

| | Comments (0)

Everyone is a trader.

My work/play-place condition at home is dual display: iiyama PLE2710HDS フルHD 27型ワイド液晶ディスプレイ 【1920x1080/ワイド/HDCP対応/応答速度2ms/コントラスト比20,000:1(最大)】(iiyama-ple2710hds--w1-50406) カラー:ピュアホワイト and notebook display.

On 27-inch diplay, which is my main one, I usually run two softwares for internet.  The first one is Microsoft Internet Explorer 9, on which I set up 5 windows (nifty, mail, fb, and so on).  The second one is Google Chrome on which I set up iGoogle.  On iGoogle, I put several information mini-windows (gadgets): mail, RSS reader, Twitter, and fb, among others.  On the display of small notebook, I set up iTunes and file window.

So, this is like a "trader" work-place environment.  I believe millions of people set up like this.  Thus, everyone is a information-trader.  That's all.

| | Comments (2)

メロウな夜

Matsuo0921

| | Comments (0)

ゲーム・チェンジ(Make the game, Change the world)

ゲーム・チェンジ(Make the game, Change the world

frequency and reach, and petti-activeness (you have to have "consumers" click).

| | Comments (0)

武道館ライブ [DVD] 出演 くるり

ワンダーフォーゲル、鹿児島おはら節、魔法のじゅうたん、飴色の部屋、青い空、Morning Paper、東京レレレのレ、ロックンロール、ハイウェイ、キャメル、ばらの色、奇跡

| | Comments (1)

『データを未来に活かす』

『データを未来に活かす』。副題にあるように統計数理研究所の広報・宣伝の本。それでも、中身は面白い。

| | Comments (0)

Difference between job and work

Here is the answer I found.  Nice work.

ということで、遠野VCで「まごころネット」代表に朝礼で言われた『ボランティアは仕事じゃありません。』ということは、Volunteer work is not a job.という当たり前の表現になります。こういう一時的接近でいいのかな。

| | Comments (0)

大学の競争と大学の見えざる資産

Educational “Goodwill”: Measuring the Intangible Assets at Highly Selective Private Colleges and Universities

Peter Nurnberg, Morton Schapiro, David Zimmerman

NBER Working Paper No. 17412
Issued in September 2011
NBER Program(s):   ED

In this paper we utilize data on the head-to-head loss rate for students accepted at Williams College, but who opt to enroll elsewhere. For example, we employ data that measure the fraction of students admitted to Williams and to Amherst (or Harvard or Yale, etc.) but who opt to attend Amherst (or Harvard or Yale, etc.) instead of Williams. We then model this head-to-head loss rate using data from a variety of sources. A better understanding of the head-to-head loss rate can assist an institution in the competition for high quality students. Importantly, it can also shed light on the degree to which some part of the loss rate might be due to “intangible” differences between the schools being compared. These intangibles (positive or negative) might grant a school greater success (or failure) in the market for students than an objective accounting of its characteristics might suggest. Such an advantage (or disadvantage) is closely aligned with the business concept of “goodwill.” We present preliminary evidence on how a quantitative measure of educational goodwill can be computed.

| | Comments (0)

鬼頭宏『文明としての江戸システム』

鬼頭宏『文明としての江戸システム』(講談社)。

p.104: 江戸、出身地による居住地に違いがある。北陸・長野・山梨の人は浅草・本所・深川に居住する傾向が強かった。赤坂ほか十一カ町に西日本出身者、とくに近畿出身者が少なからずあった。理由その1は、出身地へ向かう街道の近辺。その2は職業との関連。その3、大名屋敷の近隣に出入りの商人や奉公人が集まる傾向があった。高度経済成長の頃でも、出身地による都市内部の居住地選好は明瞭に残っていた。

p.108: 1820年代以降、(出生率は)徐々に上昇していった。この時期の人口成長は、文政期に始まる幕末の経済成長と関連して起きたもの。

p.110: 幕末期の人口増加とインフレーションとの関係。食料をはじめとする生活物資への需要の拡大は相対価格の問題。絶対価格のインフレーションはマネタリーな問題とするのが一次接近か。

pp.128-9: 推計された実収石高は幕府の把握した全国石高を元禄期で19%、天保期で22%、明治初期では45%も上回る結果となった。⇒とすると、幕末に米はあったのか?やはりインフレーションはマネタリーな問題とするのがよい気がしてきた。

p228: 米価の地域相関。

p.236: 1818年に始まる貨幣改鋳は、江戸時代最後の50年間における経済変動の引き金になるものであった。

p.237: 米価と一般物価指数の相対価格。1820年ごろから米価の高騰のほうが大きくなった。

pp.264-268: 三浦梅園は『価原』で経済に対する鋭い観察をおこなっている。米の豊凶と賃金との関係について指摘。観察=豊作の年に労賃が上昇する。凶作⇒労働供給が増大⇒賃金減少。豊作⇒①借入に雇用労働者を必要とする⇒賃金上昇。豊作⇒②農民は食べるものに事欠かないので、労働供給減少⇒賃金上昇。

pp.307: 寺子屋は1830年代以後は爆発的といってもよいほどの勢いで増加している。

参考文献が多く、やや随筆風の概説書なので、読みやすい。幕末の人口構成はどうだったのだろうか。識字のある若者が多くなっていたのではないだろうか。これが、明治維新の背景を支えるのかもしれない。

| | Comments (0)

根本祐二『朽ちるインフラ』

根本祐二『朽ちるインフラ』(日本経済新聞出版社)。公共インフラの効率的・選択的な更新投資が急務だという本。実例もデータも計測方法も住民参加も書いてある。コンパクトだが内容が充実した本。

| | Comments (1)

安田雪『「つながり」を突き止めろ:入門!ネットワーク・サイエンス』

安田雪『「つながり」を突き止めろ:入門!ネットワーク・サイエンス』(光文社新書)。いろいろなソーシャル・ネットワークの実態と論理がわかる。実態と認知の判断も重要。

| | Comments (0)

Introduction to Mathematical Sociology

Link to Introduction to Mathematical Sociology

| | Comments (0)

月は無慈悲な夜の女王

ロバート・A・ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』(早川文庫)。原題は、The Moon is a Harsh Mistress。1966年の発表だが、全く古さがない。ということは、やはり、私があまり進化していないのだ。『夏の扉』も名作だが、ハインラインには甘味があって、そこも魅力。独立と経済を考える上で、とても面白い。国際貿易論と経済開発論からすると、いろいろ考えられそうだが、45年も経っているのだから、まぁそれは誰かやってくれているだろう。

| | Comments (0)

スティーヴン オッペンハイマー『人類の足跡10万年全史』(

スティーヴン オッペンハイマー『人類の足跡10万年全史』(草思社、2007) 。人類史として良書だと思う。これから氷河期に向かうとか、いろいろ知らないことが書いてある。

| | Comments (0)

吉見俊哉『大学とは何か』

吉見俊哉『大学とは何か』(岩波新書)。コンパクトに大学の歴史がまとめられている。今後として提示される「第三の道」みたいなものは夢の想像に近い。サービス産業としてどこまで徹底できるかということと、米国系の大学=大学院を徹底することにチャンスはあると思われる。

| | Comments (0)

浜島裕英『F1 戦略の方程式』

浜島裕英『F1 戦略の方程式』(角川oneテーマ21)。F1のタイヤのあれこれ苦労をブリジストンでF1を指揮したトップが語る。戦略といっても、軍事用語の戦略かな。informative。

| | Comments (0)

日経 やさしい経済学 新卒採用 問題解決の方法

日経 やさしい経済学 新卒採用 問題解決の方法 2011年9月8日に最終回。

| | Comments (0)

memo on tasa de cambio

Dicen en los medios populares que tasa de interes real afecta tasa de cambio.  Masaharu TAKENAKA (ex-empleado de Banco de Tokio, actualmente el profesor en Ryukoku) en Nikkei (8 de septiembre, clase de economia) demostrO la evidencia. 

Teoricamente, tasa de cambio es determinado por la tasa de interes nominal (paridad de interes) y los precios (poder adquisitivo).  Por lo tanto, me parece que los dos estan infuenciando la tasa de interes.  Lo importante is el rol que desempeNan los precios (deflacion).  Me da impresion de que recientemente el poder explicatorio de tasa de interes NOMINAL esta bajando.  Por lo tanto, los comentaristas acuden a tasa de interes REAL.  Sin embargo, lo que ellos estan deciendo es el rol que desempeNa deflacion. 

Tres asuntos estan interesantes.  Primero, me pregunto porque los precios afectan tan a corto plazo la tasa de cambio.  Es una question positiva y teorica.  Segundo, politicamente, la discusion de tasa de interes real is equivocada.  Es porque el Banco de JapOn tiene responsabilidad.  Tercero, me pregunto porque los expertos de finaza internacional (o macroeconomia internacional) no trantan de explicar bien.

Survey the empirical literature.  Focus should be on the sensibility of exchange rate to price movement, after the zero interest policy was implemented.

| | Comments (0)

鬼頭宏『人口で見る日本史』

鬼頭宏『人口で見る日本史』

プロト工業化→都市人口を停滞または減少させ、農村人口(在郷村)を増大。

p.112 大阪の衰退がその顕著な例を示してくれる。天下の台所として成長した大阪は、1765年におよそ42万人のピークに到達したのち、急速に人口を減らした。

江戸の人口は衰退しなった。

明治以降は産業化にともなって都市化がすすんだのであるが、その際都市では人口転換が起こった(p.126)。

男性が異常に多かった江戸・東京(p.130)

| | Comments (0)

John Quiggin, Zombie Economics

John Quiggin, Zombie Economics: How Dead Idea Still Walk Among Us.  The book criticizes the ideas such as “the great moderation”, “the efficient market hypothesis”, and “dynamic stochastic general equilibrium”. 

| | Comments (0)

朝日新聞 仕事力

朝日新聞 仕事力

| | Comments (0)

Mr. Keynes and the "Classics"; A Suggested Interpretation

I think I read "Mr. Keynes and the "Classics"; A Suggested Interpretation" a long time ago.  I browsed it today, and I enjoyed it.  I totally forgot he mentioned Wicksell.

| | Comments (0)

eastern youth 荒野に針路を取れ

この夏の収穫。

| | Comments (0)

"DAT DERE"

THE BOBBY TIMMONS TRIOがオリジナルらしい。
"DAT DERE"

| | Comments (0)

Textbooks (TA version)

2.MGMT120:Introduction to Business
   Textbook    Business: A changing World, O.C.Ferrel, Geoffrey Hirt, Linda Ferrell, 8e ,McGraw-Hill Irwin, 2011

3.ECON212:Principle of Microeconomics
   Text             Introduction to Microeconomics. 4th ed, Edwin Dolan, BVT publishers, 2010.

4.ECON211:Principle of Macroeconomics
   Text             Introduction to Macroeconomics. 4th ed, Edwin Dolan

5.ACTG251:Financial Accounting
   Text             Financial Accounting, Custom Edition for Clarion Universty(8th ed),
                       Walter T. Harrison, Jr., Cahrles T. Horngren
                       and Charles W. Thomas,(Pearson Prentice Hall, 2010.)

| | Comments (1)

« August 2011 | Main | October 2011 »