« 東京での再会 | Main | 東北関東大震災下で働く医療関係者の皆様へ »

Who was the boss bw. 17 and 19? Not from Nuclear and Industrial Safety Agency

★安全性に問題…保安院検査官、原発から一時撤退

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に絡み、経済産業省原子力安全・保安院の検査官が 事故発生後に約1週間、同原発を離れていたことが分かった。

 西山英彦審議官は22日の記者会見で、一時撤退した理由について「安全性に問題があり、人間が暮らすには不便が多かった」と述べた。

 検査官は各地の原発に赴いて、原発の運営を監督している。保安院によると、今回の事故では 検査官7人が同原発で業務に当たっていたが、15日に現地本部が福島県庁に移った際、ともに県庁へ移動。22日に、検査官2人が同原発内の施設に戻った。

 西山審議官は、「食料をどう運ぶかという問題もある。組織的な後方支援体制が取れなかった」と説明。 「最前線で実態を見ずに東電側にアドバイスできるのか」と問われると、 「そこは選択の問題。色んな困難を考えて当時は出たが、再配置した」と答えた。

(2011年3月23日01時34分 読売新聞)

|

« 東京での再会 | Main | 東北関東大震災下で働く医療関係者の皆様へ »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東京での再会 | Main | 東北関東大震災下で働く医療関係者の皆様へ »