« January 2011 | Main | March 2011 »

エジプトとリビアの違い

The Friday Podcast: The Difference Between Egypt And Libya

NPR Planet Money

とても良い。

| | Comments (0)

政権が次々とアラブ世界で倒れるにつれ、アルカイダは歴史が脇を飛んで行くのを傍観する

As Regimes Fall in Arab World, Al Qaeda Sees History Fly By
By SCOTT SHANE (NYT)
Published: February 27, 2011

| | Comments (0)

タハリール広場のデザインと歴史

Design and History of Tahrir Square
Nezar AlSayyad is a Cairo-born professor of Architecture, Planning and Urban History and the chair of Center for Middle Eastern Studies at the University of California at Berkeley. He's also a lucid thinker and the author of the forthcoming book Cairo: Histories of a City from Harvard University Press. I've spoken with Nezar a couple times before, but with the magnificent success of the recent Egyptian protests and with Tahrir Square entering the popular American lexicon I wanted to put a few questions about the design, history, and spirit of the place to the professor. I was fascinated by what he had to say.

| | Comments (0)

財テクと中国における一月のインフレ率

Zaiteku and China’s January inflation
Feb 24th, 2011 by Michael Pettis

前川レポート(1986)を言われている時に、日本列島改造論(1972)も同時にやっている感覚。

| | Comments (0)

各国共同しての対策にも関わらず、海賊たちは横暴を続ける

Despite international efforts, pirates continue to steal the show -- and more

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。会議。I先生とgrilled chicken over drink, thanks。帰宅。

| | Comments (0)

グループ・ディスカッション(GD)への対策案

 時々聞くのが「グループ・ディスカッション(GD)」への対処法がわからないという感想である。勝手な妄想で三つの案を考えてみた。

 第一案(最低限度):「自分を知り、他人を知る」。これはよくマニュアル本に書いてあるやり方。役割を押さえ、全体の中で自分の「役割」をきちんとこなす。

 第二案(中程度):点数のつけ方は「加点法」と仮定する。なぜなら、減点法なら、一度も発言しない人が残ってしまうからだ。とすれば、ポイントがつくのは「効果的な行動」だとわきまえること。例えば、第一案の中で、自分の「役割」がリーダー的になることを感じておきながら、後からリーダー風に振る舞うと、それは「非効果的な行動」だとして点がつかない。自分がリーダーになっちゃうのだと覚悟したら、最初からリーダーになったほうがいいということになる。要は、自分がGDの中で「効果的な行動」を採れたかをチェックすればよい。

 第三案(上等):GDを評価する採用担当の基準・模範を想像する。それは、当該企業の会議である。当該企業の会議に参加できる人というのが、GDで採りたい人であろうと仮説を立てる。とすれば、その会社の「社風」を思いっきり想像して、その会社の会議だと妄想してGDに取り組むということになろうか。

 社風は業界の中でも異なるので、ここはなかなか難しい。OB/OG訪問などでさりげなくそういう所がつかめるかという感受性が大事かもしれない。妄想でございました。

| | Comments (0)

【記者会見】日本航空の稲盛和夫会長

【記者会見】日本航空の稲盛和夫会長(2011.2.8)

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 天丼定食。雑務。『ネクスト・マーケット』60冊到着。Y先生に40冊進呈(送料の応分ご負担ありがとうございました)。雑務。情報交換会最終日。帰宅。

| | Comments (0)

Brazil may be heading for a subprime crisis

Brazil may be heading for a subprime crisis
By Paul Marshall
Published: February 21 2011 15:02

| | Comments (0)

魔法使いの弟子

魔法使いの弟子」の元はゲーテだった、その元もあるのだけど。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。学内会社説明会後の情報交換会参加(4日目)。A先生とちょっと話して帰宅。

| | Comments (0)

February Kabuki Program at Le Theatre Ginza

Matinee:
OSOME HISAMATSU UKINA NO YOMIURI 
The story of the love suicide of Osome, the daughter of a wealthy shop and Hisamatsu, an apprentice in the store, is one of the most famous in the traditional theater. In the 19th century, famous playwright Tsuruya Namboku set it so that seven of the major roles could be performed by a single actor. Namboku also added his own special touch, a gruesome story of petty criminals from the lowest levels of society.

Evening Show : 
ONNA GOROSHI ABURA NO JIGOKU [The Woman Killer and the Hell of Oil] 
This play has become phenomenally popular in modern times for its hard-boiled sensibility and sensuous killing scene with the protagonists slipping and struggling through puddles of spilled oil, but was virtually ignored at the time it was written. Written by Chikamatsu, it shows the wastrel son of a well-to-do merchant who constantly tries to borrow money from the wife of a neighboring oil merchant. Pressed for funds, he tries to blackmail her, but ends up killing her in the long, dream-like scene that gives this play its title.

| | Comments (0)

岩田 一政『デフレとの闘い―勝利への展望』

研究会「2011 年経済見通し」③ デフレとの闘い ―勝利への展望岩田 一政日本経済研究センター理事長<パワポ資料><会見詳録

| | Comments (0)

エリアス・カネッティ『群衆と権力』

The revolutionaries’ fervour is also their weakness
By Ayaan Hirsi Ali
Published: February 8 2011 23:36

The problem with political Islam was something identified by Elias Canetti in his classic Crowds and Power. “Believers,” he says, “yearn for God’s force; His power alone does not satisfy them; it is too distant and leaves them too free. The state of continuous expectation of command, to which, early in life, they surrender themselves for good and all, marks them deeply and also has a momentous effect on their attitude to other people.”

それで、エリアス・カネッティ『群衆と権力』をブラウズしてみた。ドイツ語は読めないので、本当にわかろうとしたら、私は文学者ではないので、最低、英語版は読まないと駄目だということがわかった。例えば、エピローグに出てくる「増大」(下p.306)という訳語だが、「成長」ならよくわかる。このようなことがたくさんあるとしたら、困るからだ。それはともかく、

上p.7: 群衆の内部でのもっとも重要な出来事は解放である。

p.278: 正義は分配の必要性を認めることから始まる。

下p.78: 顛覆群衆は、個人の力では取りのぞく見込みのない命令の棘から、多数の人々をいっしょに解放するために生じる。

| | Comments (7)

マーティン・ウルフ:なぜ世界の若者は反抗精神でいるのか

http://tinyurl.com/38bjbd7 #FT Why the world's youth is in a revolting state of mind

| | Comments (0)

Albert Hirschman's papers

The on-and-off connection between political and economic progress

An alternative explanation of contemporary harriednes
AO Hirschman - The Quarterly Journal of Economics, 1973 - JSTOR

On Hegel, imperialism, and structural stagnation
AO Hirschman - Journal of Development Economics, 1976 - Elsevier
The essentials of the economic theory of imperialism à la
Hobson-Luxemburg are anticipated
in two paragraphs of Hegel's Philosophy of Right. Marx did not pay
attention to this aspect of
Hegel's thought, perhaps because it implied a longer survival
probability for capitalism ...
Cited by 10 - Related articles - All 5 versions

Models of Reformmongering
AO Hirschman - The Quarterly Journal of Economics, 1963 - JSTOR
MODELS OF REFORMMONGERING * Albert 0. Hirschman Introduction, 236. —
Model I: Engineering
reform with the help of the perspective of revolution, 237. — Model
II- Engineering reform through
log- rolling and shifting alliances, 245. — Comment, 250. — Majority
formation through ...
Cited by 10 - Related articles

| | Comments (0)

映画メモ: "Which way home" and "El secreto de sus ojos"

"Which Way Home": 地図(中米、米国、Piedras Negras)、GDP per capita、smuggler (coyote/coyota)解説、wetback (mojados)解説。

"El secreto de sus ojos": アルゼンチン軍政66、73年フアン・ペロン、76年BA。A Ud. que le importa. (None of your business)

"Diarios de motocicleta" (South American landscape), "Cidade de Deus" (Brazil, development, slum, drug, violence, rule of law), "Amores perros" (city life, social classes, Mexico).

Other films: "Born Into Brothels" (ソナガチ), "Darwin's Nightmare" (review), "Blue Gold".

テレビ番組「日本のタクシー大冒険Ⅱ…地球縦断26000キロ南米最南端~ニューヨーク100日間奇跡の旅」(CMを除くと3時間10分)(解説)日系移民はペルーは取り上げていない。

PS. more films:

End of Poverty (John Christensen, et al), Sins of My Father (Sebastian Marroquin, Nicolas Entel), Freakonomics (Steven Levitt, et al)

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 昼は餃子定食。雑務。紙の片づけ。読書。会社説明会情報交換会第三日目。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。会議。昼はI先生、N先生と。Tさんと遭遇。雑務、整理。Nさんと懇談。会社説明会後情報交流会参加二日目。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。昼は定食。A先生、S先生と懇談。Oさんと面談。S先生と懇談。交流会のようなもの。A先生のゼミ飲みにお邪魔。帰宅。

| | Comments (0)

Gapminder

Gapminder for a fact-based world view.

| | Comments (0)

The Harptones - I'm So In Love With You

| | Comments (0)

Does he want to become the finance minister of his country?

The road from Tahrir Square to democracy
By Mohamed El-Erian
Published: February 14 2011 22:26

| | Comments (0)

Esperanza Spalding: Little Fly

| | Comments (0)

マリオ・バルガス・ジョサが書いたop-ed、『自由とアラブ人』。

マリオ・バルガス・ジョサが書いたop-ed、『自由とアラブ人』。

| | Comments (0)

Does Egypt's "Revolution" Affect Terrorism?

Here is a question: Does Egypt's "Revolution" in Feb 2011 affect terrorism?  The terrorism includes both domestic terrorism and international terrorism.  Using the argument of his book: "What Makes a Terrorist?", Alan Krueger said in 2007: "As a group, terrorists are better educated and from wealthier families than the typical person in the same age group in the societies from which they originate". 

Suppression of civil liberties and political rights, Mr. Krueger hypothesizes. "When nonviolent means of protest are curtailed," he says, "malcontents appear to be more likely to turn to terrorist tactics."

And, in fact, the middle class people participated in the protest.  Yasmine El Rashidi notes in the blog:

The national anthem streamed in from a passing car and from handheld radios, and people and children were yelling “freedom.” Around me were many people I knew—writers, doctors, researchers, filmmakers—among the many more I didn’t, but who still smiled in mutual recognition of the revolt we had taken part in for the past eighteen days.

The writers, doctors, researchers and filmmakers who represent the typical middle class participated in the protest.  Their voices were heard, at least for now.  Does more liberty mean less domestic terrorism?  Then, we'll see less domestic terrorism in MiddleEast, if things goes along this line.

As for the international terrorism, the picture is more compricated.  In a different research, Krueger and his colleague found that "a greater incidence of international terrorism when people of one country disapprove of the leadership of another country".  So, it depends on the perception of the people of one country towards the leadership of the other country.  Everyone outside should behave oneself.

This paper published in Science has a podcast and trascript.

| | Comments (0)

Information technology and economic change: The impact of the printing press

Information technology and economic change: The impact of the printing press

Jeremiah Dittmar
11 February 2011

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。昼はおにぎり。Iさん訪問、good luck!  Nさん訪問。Nさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

mere curiosity: 世界の携帯電話の数

 2011年2月10日日本経済新聞夕刊には、米国調査会社ガートナーが9日まとめたものとして、携帯電話の2010年世界販売台数が、前年比32%増の15億9680万台であると報じた。さて、世界の携帯電話の数はだいたい何台だろうか。

 1人が2台もつというのはやはり例外的なので、世界の人口である68億台や70億台はないだろうと推測できる。世銀のWDIにはMobile cellular subscriptionsというデータが計上されている。2005年22億、2006年27億、2008年33億、2009年40億である。毎年6億ぐらい増加するとすると、2010年には52億程度になっていることが予想される。

 では、2010年に16億台売れたとして、新規購入者が6億人だと仮定しよう。すると、残り10億台は更新(買い替え)である。33億を10億で割ると3.3。つまり、3.3年で更新するということになる。これもまぁ勝手な実感と離れていない。

 このペースで行くと、2011年はどうなるだろうか。新規購入者が6億人(保守的)。40億を3.3で割って、12億。合わせて、18億台ぐらいだろうか。世界の携帯電話の数は58億ということになる。翌年は64億で、販売台数は25億台ということになるが、さすがに頭打ちするに違いない。すると、19億台というのが更新目的での販売台数になるはずだ。

| | Comments (0)

ハッフィントンが現金を選ぶのは正しい

Huffington is right to take the cash
By John Gapper
Published: February 9 2011 21:27

 メディア業界は、投資業界と同じく二極化しており、一方には一般のブログやミニブログ、SNS、他方にはWSJやFTがいる。ハッフィントン・ポストは真ん中で両方から絞り込まれる運命になるので、ハッフィントン氏がAOL株ではなく、現金を選ぶのは正しい。plausible.

| | Comments (0)

なぜエジプトは中国を心配させることになるのか。

 Why Egypt Should Worry China.  Barry Eichengreen

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。仕事。昼は定食。Tさんと懇談、good luck!  雑務、仕事。帰宅。

| | Comments (0)

『英雄と呼ばれることを拒む英雄の感情が抵抗者達を生き返らせる』NYT

Emotions of a Reluctant Hero Galvanize Protesters (NYT)  Please watch this page, too.

読売新聞は、このように報じている。

ネットカリスマきっかけ?…カイロデモ最大級に
【カイロ=田尾茂樹】エジプトの首都カイロのタハリール広場で続いているムバラク大統領の辞任要求デモは8日、参加者が数十万人に達し、AFP通信によると、1月25日のデモ開始以来、最大規模になった。
 スレイマン副大統領は8日、「早急に危機を終わらせねばならない」と述べ、デモの長期化は認めない姿勢を示した。
 8日の規模は、「決別の金曜日」と銘打って20万人が集まった4日を上回った模様。インターネット上では毎週火、金曜日のデモ実施の呼びかけが広がっていた。ネット上で当局を批判し、拘束されていたネット検索グーグル社の地域幹部ワエル・ゴニム氏が7日に釈放され、テレビに登場したのを見た支持者が集まったこともデモ拡大につながった。
 一方、政権側と野党勢力との合意に基づき、8日に憲法改正委が発足した。憲法裁判所判事や憲法の専門家ら11人で構成、2月末までに勧告をまとめるという。
(2011年2月9日12時13分  読売新聞)

「ネットカリスマ」以外のもう少し尊厳のある呼び方はないものだろうかと思う。朝日新聞は、このように報じている。

カイロの広場に20万人 改革うたう政権に不信感
【カイロ=貫洞欣寛】エジプトの首都カイロ中心部のタハリール広場は8日、ムバラク大統領の即時退陣を求める多数の市民で埋まり、AFP通信などは「これまでで最多の参加者」と報じた。ムバラク大統領は同日、憲法改正案を検討する委員会の発足を命じるなど「改革」姿勢を打ち出したが、政権への不信感は高まっている。
 同広場には8日午後、家族連れや若い女性らも多数集まり、夕方には満員の通勤電車並みの混雑となった。夜更けとともに減ったものの、最盛時は少なくとも20万人はいたと見られる。北部アレクサンドリア、東部スエズなど各地で多数の市民が集まった。
 ムバラク政権は8日、(1)与党以外からの大統領選への立候補が事実上不可能な憲法の改正案の検討(2)大統領支持派によるデモ隊襲撃事件の調査(3)野党勢力との合意事項の履行状況のチェック――の3委員会の設置を命じる大統領令を出した。
 だが、会社員カリーム・マムドゥーフさん(30)は「政権側が時間稼ぎをしているとしか思えないから、初めてデモに加わることにした。今まで何度も政府の『改革』にだまされてきた」と話した。
 市民を動かしたもう一つの要因は、治安当局に10日間余り拘束され7日に釈放されたインターネット検索大手グーグル幹部のワエル・ゴニム氏のテレビインタビューとみられる。ゴニム氏は、自分がネット上で呼びかけたデモで死亡した若者たちの写真を見て「悪いのは権力にしがみつくやつらだ」と号泣。8日には広場で「みなさんこそが英雄だ。体制を追放するまで要求を続けよう」と訴えると大きな拍手がわいた。
 野党勢力はイスラム教金曜礼拝がある11日、さらなる大規模デモを呼びかけている。
 「平和的なデモは市民の権利」としていたスレイマン副大統領は8日、「この状況を長く続けるわけにはいかない。できるだけ早く危機を収束する必要がある」と述べた。AP通信が報じた。
(2011年2月9日11時16分)

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。公務。昼は弁当。数字を分析。A先生と懇談。帰宅。

| | Comments (0)

昨日は月曜日。

 H先生に感謝のお菓子配達。雑務。超長文メールを書く。昼は定食。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

昨日は金曜日。

 仕事。昼は定食。仕事。Tさんと個人面談、シリーズ終了、お疲れ様。H先生とドリンク。帰宅。

| | Comments (0)

『ムバラク、ムバラク、お前は何をしたの?』

‘Mubarak, Mubarak, What Have You Done?’
Yasmine El Rashidi (NYRB)

| | Comments (0)

Principes de l'économie : Adaptation européenne

Principes de l'économie : Adaptation européenne [Broché]
Gregory N. Mankiw (Auteur), Mark P. Taylor (Auteur), Pierre Dehez (Préface), Elise Tosi (Traduction)

| | Comments (0)

himaginary 逆依存人口比率と経済

逆依存人口比率と経済 by himaginary.

| | Comments (0)

エジプト軍はムバラク後を見据えている

Egypt’s army looks beyond Mubarak
By Yezid Sayigh
Published: February 2 2011 21:00

たぶん地域研究者の重要なop-ed。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。インフォーマル追試。昼はおにぎりとうどん。Tさん面談。雑務。仕事。帰宅はH先生と遭遇。

| | Comments (0)

Costa Rica: La Encuesta de Hogares de Propósitos Múltiples (EHPM)

Costa Rica: La Encuesta de Hogares de Propósitos Múltiples (EHPM) at INEC.

| | Comments (0)

エジプトの経済差別政策

FEBRUARY 3, 2011.
Egypt's Economic Apartheid
More than 90% of Egyptians hold their property without legal title. No wonder they can't build wealth and have lost hope.
By HERNANDO DE SOTO

| | Comments (0)

Sumo: Gambling, Booze and Drugs

Sumo: Gambling, Booze and Drugs (JAPAN REALTIME)

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。Kさんと個人面談。昼は定食。仕事。Iさんと面談、Kさん訪問懇談。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

危機は我々を未来に押し出した

How the crisis catapulted us into the future
By Martin Wolf
Published: February 1 2011 21:57

| | Comments (0)

アジアは西欧を許すのにもう飽きた

Asia has had enough of excusing the west
By Kishore Mahbubani
Published: January 25 2011 20:47

| | Comments (0)

Al Jazeera in Egypt, press under duress

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

| | Comments (0)

ヨーロッパは救えるか?

 Paul Krugman, Can Europe Be Saved?  (NYT Magazine, Jan. 12, 2011).  見落としていた。Pointer to himaginary.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 Yさんと面談、昼の定食も継続。雑務。会議。雑務。帰宅はTさんと遭遇、L先生が久しぶりに公演に立つと聞く。

| | Comments (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »