« August 2010 | Main | October 2010 »

今日は木曜日。

 授業準備。昼はオムライス。Hさんと面談、good luck。会議。授業準備。B京区役所での会議へ、そして帰宅。

| | Comments (86)

中国の開発業者は日本の不安に乗じている

September 29, 2010
Chinese Developers Tap Into Japanese Insecurity
By HIROKO TABUCHI

  One thing which comes to my mind is that China lacks property right.  Naturally, Chinese rich want to buy properties in Japan where property right is much more safer.  Then, I wonder if Japanese can use wisely the money from foreign investment.  That is the key to the future.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は焼肉定食。2年ゼミ説明会。3年ゼミ初回。ドリンク。お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 1時限は開発経済論、お疲れ様。授業準備。昼はチキン丼。授業準備。Kさんと卒論面談。Aさん他、来訪。整理整頓。帰宅。ナポリタン作る。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。授業準備。昼は鉄鍋定食。雑務。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

Tema de debate [Sumo]

Tema de detabe: Sumo
[Tarea de la semana pasada: el artículo de WSJ con el ejercicio de “fill-in” muy fácil]
Una pagina del mismo formato de “Essay PowerPoint”
Se escribe “pro” o “con” sobre cada pagina.  Así se puede manipular la formación de grupo.
Ejercicio individual: pensar tres razones de PRO o CON
Ejercicio de grupo: (selección del líder por “janken”)

---por continuacion---

| | Comments (0)

2009 初場所千秋楽優勝決定戦横綱対決 [Sumo]

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。2時限は卒論ゼミ。昼はオムライス。3時限はミクロ第一回。5時限はJapanese Economy第一回。帰宅。

| | Comments (0)

麻生幾『奪還』

麻生幾『奪還』。Hさんのお勧め。エンターテイメント小説でもあるが、何を「義」とするか考える本でもある。

| | Comments (1)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は定食。授業準備。Sさんと面談。Tさんと面談。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

中国首相が成長を心配するのはもっともだ

Wen is right to worry about China’s growth
By Martin Wolf
Published: September 21 2010 20:40

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼はN先生と定食、F先生も。会議。授業準備。Aさんと接近遭遇。帰宅。

| | Comments (0)

大村敬一『ファイナンス論』

大村敬一『ファイナンス論』(有斐閣、2010年)。学部中級から上級の良い教科書だと思う。多少誤植がある。

| | Comments (1515)

September Kabuki Program at Shimbashi Enbujo Theatre: Matinee

TSUKI NO UTAGE MOMIJI NO IRODORI [Narihira and Komachi]

An elegant dance evoking the atmosphere of the imperial court in the Heian Period with the two most famous lovers of the time, Narihira and Komachi, two poets who were the handsomest man and most beautiful woman of the time.
from IGAGOE DOCHU SUGOROKU [The Road to the IGAGOE Vendetta]
NUMAZU

A dramatization of one of the most famous historical vendettas of the Edo period. Numazu is one act that tells of the sacrifices of those not directly involved in the vendetta itself but members of the same family who are indebted to the two opposing sides. The kimono merchant Jubei meets a porter Heisaku at Numazu as he travels west on business. They find that not only are they long-separated father and son, but that they also lie on opposite sides of the vendetta. Their loyalties prevent them from openly acknowledging their relationship. Heisaku sacrifices his life to get information from his son essential to his side's cause.
ARAKAWA NO SAKICHI

A modern classic by Mayama Seika, this play set in the late Edo period combines tears and laughter as it focuses on a gang member caught between the bitter territorial battles of the people around him, and his fierce determination to raise his child.
KOTOBUKI UMEBACHI MANZAI

Featuring Living National Treasure Sakata

| | Comments (0)

そば 萬月 (まんげつ)

そば 萬月 (まんげつ)

| | Comments (0)

『庭の湯』

庭の湯

| | Comments (0)

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ(The Borrowers)

| | Comments (0)

元の為替規制の教訓を得るには、円の経験を参考に

For currency control lessons read yen for renminbi
By Gillian Tett
Published: September 16 2010 19:56

  Gillian Tett reads Taggart Murphy.  Economist's Free Exchange reviews Tett's input and says too late, referring to inputs from M. Pettis and M. Chinn.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事、雑務。Y先生と昼食、海外研修の苦労話を伺う。仕事。帰宅途中に講演会へ。帰ったら、吉報が届き、満面笑み。おめでとう、Yさん。

| | Comments (0)

Carneiro and Heckman, Human Capital Policy

Carneiro and Heckman, Human Capital Policy, in James J. Heckman and Alan B. Krueger, inequality in America: What Role for Human Capital Policies? (MIT, 2005)

  "IQ is fairly well set by age 8.  Motivation and self-discipline are more malleable at later ages." (p.147)

  Non-congnitive skills include persistence, reliablity, self-discipline, perseverance, dependability, consistency, self-esteem, optism, future orientedness. (pp. 137-139)

河合塾編(2010)の視点Aの半分と、視点Bは、non-cognitive skillsに繋がると言ってよいだろう。そういう意味で、Best practiceにはそれなりの意味があるのだろう。

| | Comments (0)

河合塾編『初年次教育でなぜ学生がせいちょうするのか』

河合塾編『初年次教育でなぜ学生が成長するのか

 視点A(能動的な学び):①問題発見・解決型の取り組み、②グループワーク、③活用知の促進(縦と横の関連性・連続性)

 視点B(自律・自立化):①振り返りシート、②目標設定→レビュー→高次の目標設定、③プロセスへの教員の関わり

 視点C(全学生への保証):①マニュアル、ガイドライン、②共通テキスト、③FDもしくはコーディネータ制度、④新任研修、⑤全学出勤への積極性

| | Comments (0)

International Journal of Central Bankingコンファレンス

Monetary Policy Lessons from the Global Crisis
International Journal of Central Banking
Hosted by the Bank of Japan
16 and 17 September 2010
Preliminary Programme (as of 14 September)

| | Comments (0)

『中国のことは心配するな、日本が米国の財政赤字をファイナンスしてくれる』

September 15, 2010, 12:47 PM ET.

Don’t Worry About China, Japan Will Finance U.S. Debt

| | Comments (0)

経済学教育におけるゲームを集めたサイト

 経済学教育におけるゲームを集めたサイト。Pointer to Mankiw.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。B京区役所他と会合。昼は定食、Tさんと遭遇。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

ネット・バカ:インターネットがわたしたちの脳にしていること

ニコラス・G・カー
ネット・バカ:インターネットがわたしたちの脳にしていること

 記憶には短期記憶と長期記憶があり、「長期記憶は事実だけではなく、複雑ない概念、すなわち「体系的図式(schema)」をも保管している」(p.175)。ハイパーテクストは決定(問題解決作業)を必要とするために、読者の認知的付加を増大させる(p.179)。リンクを散らばめられテクストを読む人より、直線的なテクストを読む人のほうが、より多く理解し、記憶し、学習していることが、示されている(p.179)。

 短期記憶に対して、「長期記憶には解剖学的変化が必要とされる」(p.256)。内耳的記憶には自転車に乗ったりするときに使う(p.259)。外示的記憶には「シナプス固定化」だけでなく「システム固定化」が必要とされる(p.260)。

 電卓は、作動記憶にかかる圧力をなくてしてくれるものであったから、我々は短期記憶の貯蔵場所を、もっと抽象的な思考に活用することができた。生徒たちの数学学習での経験が示しているとおり、電卓は、脳が思考を作動記憶から長期記憶へと移すことを、そしてその思考を、知の形成にとって重要な概念スキーマへと符号化することを容易にする。だがウェブの効果はまったく違う。これはわれわれの高度な論理的思考能力のリソースを奪うだけでなく、長期記憶の固定化およびスキーマの発達をさまたげることで、作動記憶にいっそう多くの圧力をかける(p.266)。

  [memo] Learning material should be different, due to the attitudes of learners.  When they are proactive, certain interactive materials should be effective.  When they are passive, straightforward talks such as movies should be more effective.  The goal of learning is not at the level of short memory, but at the level of long memory.   Then, the meaning of "on-line education" should be redefined.  On the one hand, providing learning materials through web is a very effective measures.  On the other hand, providing on-hand education at internet should be a subtle matter.  It might not be a "lerning experience", after all.  As long as one works at "enclosuring" institutions, straightforward learning materials should be used.  Internet use should be effective mainly at delivery of learning materials.  The focus should be NOT on creating too fancy interactive materials.  If you want attract learners' attentions, you should use story-telling movies. 

| | Comments (3)

いつ、どこで、なぜ:1870-1940の貧しい辺境における早期の工業化

When, Where, and Why? Early Industrialization in the Poor Periphery 1870-1940
by Jeffrey G. Williamson #16344 (DAE)
http://papers.nber.org/papers/W16344

| | Comments (0)

不平等はもたない

Inequality Is Untenable
Finance & Development, September 2010, Vol. 47, No. 3
Rodney Ramcharan

| | Comments (0)

岸宣仁『財務官僚の出世と人事』

岸宣仁『財務官僚の出世と人事』(文春文庫)。『税の攻防』、『ゲノム敗北』は面白く読んだが、これは△。編集部が「彼らの本質は変わっていないし、今こそ、その素顔を広く伝えるべきです」と説得したとのこと。そんなこと何故わかるのだろうか。

| | Comments (0)

影の将軍が、日本に最適な男だ

The shadow shogun is the man for Japan
By Peter Tasker
Published: September 12 2010 20:11

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。読書。Y先生と会う。昼は定食。Yさんと遭遇。Kさんと面談。帰宅時にSさんと遭遇。

| | Comments (0)

ネット評判社会

ネット評判社会 (NTT出版ライブラリーレゾナント057)
山岸 俊男 (著), 吉開 範章 (著)

 著者の一人の持論である「日本は安心社会だったが、いまそれが崩れている」という仮説にネットでの評判を入れて、テクノロジーが超安心社会の再構築を可能にするとの仮説を提示した。『現在の日本は、「安心、安全」の大合唱に代表されるように、また若者たちの間で流行っているKY(空気が読めない)を非難する風潮に代表されるように、これまでの集団主義的な秩序に即した社会的知性からの転換を示す兆候はあまり見られないように思われる。』(p.197)という現状認識がその背景にあるようだ。

 若者の間で集団主義的な秩序が再構成されているのはよく知られている。秀逸なルポルタージュである原田『近頃の若者はなぜダメなのか:携帯世代と「新村社会」』(本当にこの題は本の内容を表しておらず、ダメだと思う)に書かれているように、若者の間には携帯とネットを通して、集団主義的な秩序が時間軸を通じて浸透しつつあることが明確になっている。いわば、「田舎」から「都会」に出てきても、「田舎」では友人が携帯を通じて常に待っている。都市の空気は人を相対的に自由にしなくなってきている。

 これを理解する一つのキーワードは梅田/飯吉『ウェブで学ぶ』で飯吉が言及した「囲い込み」もしくは「閉じ込め」だろう。これと対照的なのは「自分をさらす」および「匿名性に沈む」ことだろう。都市の空気が人を相対的に自由にしなくなっているということは、「匿名性に沈む」ことのメリットも低下している恐れがある。ネットで「囲い込み」や「閉じ込め」が難しくなっているとすれば「自分をさらす」ことに集中しなければならないのかもしれない。「自分をさらす」にもいろんなやり方がある。

 どうもネットには三種類の交流があるようだ。1)匿名の交流、2)有名の交流(例、Facebook)、そして3)有名かつ集団主義的秩序の交流だ。1)と3)の組み合わせが集団的秩序においては主流になっていそうだ。個人主義的な秩序のもとでは「名前を明かして自分をさらす」ことが自然状態だろうから2)が前提になるのだろう。

 交流の教育効果にも自発性が大事だということが梅田/飯吉に記されている。自発性の高い姿勢にはネットは有効だが、受け身の姿勢なら映画やテレビのほうが教育効果が高いという。

 補助線を引くために、斎藤修『江戸と大坂』を再読しなければならないかもしれない。

| | Comments (1)

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書) [新書]
梅田望夫 (著), 飯吉透 (著)

オープン・エデュケーション=オープン・コンテンツ+オープン・ナレッジ+オープン・テクノロジー。

 そうねぇ、あんまりやってないけど、マンキュー・パワポを訳して、ゼミ・シラバスを公開して、自分の講義ビデオを試しにオープンにしてみて、ESLとCritical Thinkingの応用として英語での日本経済論の授業を創ってみてるかな。

 「閉じ込め」と「囲い込み」ではなく、「自らをさらす」のがキーワード。

| | Comments (0)

英語学習サイト smart.fm

英語学習サイト smart.fm

| | Comments (0)

まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠

まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠
マイケル・J・モーブッサン

 読みやすい良い本だと思う。30~40代の勉強会に最適かな。

| | Comments (0)

『東京の悪』

Tokyo Vice
Review by James Urquhart
Published: August 16 2010 08:03

| | Comments (0)

ヘテロドックス・エコノミクス

23 Things They Don’t Tell You About Capitalism by Ha-Joon Chang, Allen Lane
Review by James Crabtree
Published: September 5 2010 20:45

| | Comments (0)

FT: 小説家ジョナサン・フランゼンについてのレビュー

Man in the News: Jonathan Franzen
By Peter Aspden
Published: September 10 2010 22:52

His book is taken on holiday by a US president who manages to blag a pre-publication copy, setting off a minor panic among scrupulous observers of the publishing embargo. It is said to encapsulate the state of the nation, and draws comparisons with Tolstoy.

| | Comments (0)

書評:'The Lady Matador’s Hotel'

Book Review | 'The Lady Matador’s Hotel'
Rooms With a View

By JOHN VERNON
Published: September 8, 2010

The hotel in “The Lady Matador’s Hotel,” by Cristina García, located in the capital city of an unnamed Central American country, is the luxurious Miraflor.

| | Comments (0)

2010 seminar-study camp

よく○び、よく○べ。

2010semi_summer_small 2010semi_summer_topriver 2010semi_summer_river

| | Comments (32)

ラジャン、ルービニ、クーのレビュー

The Slump Goes On: Why?
September 30, 2010
Robin Wells and Paul Krugman

Now that I've read Rajan, I should read this. 

There is a sequal: The Way Out of the Slump.

| | Comments (0)

竹中平蔵『No.3としての日本』

Japan As Number Three
Heizo Takenaka

Wow, he compares Japan with Argentina.  Is it getting real?

Task: First, summarize.  Second, after some introduction of "critical thinking" and "debate", specify "issue" and "reason (or support)".  Third, how do you respond, if you are asked by a foreigner the reason why Japanese economy is so stagnant?  Answer in English.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼は定食。4年と会合。配布資料づくり。帰宅。

| | Comments (0)

心でっかちな日本人―集団主義文化という幻想

山岸 俊男
心でっかちな日本人―集団主義文化という幻想

Originally published in 2002 and published in BUNKO-format in 2010.

| | Comments (0)

誰が強い円を怖がるのか?

SEPTEMBER 6, 2010, 4:35 P.M. ET.
Who's Afraid of a Stronger Yen?
The biggest effects may be felt by Japanese companies selling into the domestic market, bureaucrats and politicians.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼は定食。雑務。I先生と懇談。帰宅。

| | Comments (0)

『適応的期待から適応的学習へ』

 『適応的期待から適応的学習へ

| | Comments (0)

1年生と読む本

 マンキューの選書、クリングの選書

I just casually hope that in some universities of this country freshmen read such a bunch of books in one semester with discussion.  I remember, even though I did not participate, Seizaburo's seminar offers this type of training to the freshmen, except that he does not select economics book.  My first encouter of this type of seminar was at sophomore level.  It was a political economy seminar.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 財務レポート印刷。昼食はうどんでTさんと遭遇。そのまま会計整理。Sさん参入。Oさん参入。微調整。読書。帰宅しようとするとSさんとSさん。K祥寺経由。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 財務レポート整理。会議、会議。昼は定食。会議。整理。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。Hさんと会合。昼は定食。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

観光PRへキャンペーンスタッフ決定 3人に委嘱状 佐野

観光PRへキャンペーンスタッフ決定 3人に委嘱状 佐野

| | Comments (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »