« May 2010 | Main | July 2010 »

今日は水曜日。

 授業準備。2時限はマクロ。昼は定食、たまたまI先生と。4時限は3年ゼミ。5時限は1年ゼミ、お疲れ様。ドリンク with 3・4年ゼミ生。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。授業準備。昼はカツ丼弁当。Sさん質問。Mさん質問。ECZ。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。仕事。昼は定食。Sさん質問、いいんじゃない。仕事。帰宅へ。

| | Comments (0)

アカデミー外国語映画賞

2009年(第82回) 『瞳の奥の秘密』ファン・ホセ・カンパネラ ( アルゼンチン代表)公開。

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 シンポジウム傍聴。う~む。お疲れ様でした。帰宅。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務。2時限は4年ゼミ、お疲れ様。昼はおにぎり。5分スピーチしてから、3時限はミクロ、5分狂う。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。仕事。昼は定食、たまたまI先生と。Hさんと懇談。授業準備。6時限は1年ゼミ。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。2時限はマクロ。昼はおにぎり。3時限は仕事。4時限は3年ゼミ。5時限は1年ゼミ、プレゼン良かった。OさんとYさんからポケモン講義、thanks。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。授業準備。昼はチキン丼、たまたまTさんと歓談。雑務、授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼は卒業生Tさんとランチ。仕事。授業準備。Nさん、Nさん来訪。帰宅へ。

| | Comments (0)

辻太一朗『就活革命』

辻太一朗『就活革命』NHK出版 生活人新書。

 大学も学生も企業も損をしているという議論は、「囚人のジレンマ」になる。

| | Comments (0)

ブラジル戦で北朝鮮の応援をしていたのは北朝鮮政府により雇われた中国人俳優であったとの記事

ブラジル戦で北朝鮮の応援をしていたのは北朝鮮政府により雇われた中国人俳優であったとの記事

Markets For Everything: North Korean Edition

| | Comments (0)

土岐麻子『乱反射ガール』

51rifwg7fwl__sl500_aa300_ 土岐麻子『乱反射ガール』 。タイトル曲のほか、『鎌倉』も良い。他も悪くはございません。夏向き。

| | Comments (0)

『競争の作法』評

『競争の作法』齊藤誠著(ちくま新書) by 大竹文雄

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 午前と午後と2回、「学びライブ」で講義、Iさん、Sさん、Yさん御出演、thanks。これで、怒涛の5月後半から6月中盤までが一応終了。数えてみると、土曜講義4回、高校模擬講義1回、二つの中間テスト実施・採点・返却、そしてこの「学びライブ」。この間、歌舞伎は2回、コンサートは1回、映画は1本、講演会は1回、コンパは1回とお楽しみも満載。感謝、感謝 a mi esposa。

| | Comments (0)

Memo to self on China

Memo to self on China.

「内巻化(involution)」する第二世代の農民工

学歴社会。社会階層上、大学卒の重石。農業部門労働市場には移動せず。異時点間のトンネル効果。政治的な代表なし。テロルではなくストライキ。外資と内資についての当初のdivide and ruleの限界。

World Bank China Quarterly Economic Update

Figure 4. Labor market conditions have improved

| | Comments (0)

中国はサービス部門革命が必要

China Needs a Service-Sector Revolution
Barry Eichengreen

Project Syndicate

Good article.  But, we need more analysis.  First, I wonder what's going on inside the labor market in the framework of tradable-nontradable model.  Second, at first look, it is certain that currency appreciation and salary raise at tradable sector seems equivalent.  But, is it?  Third, why don't workers move to other factories instead of building picketlines?  Why do they resort to voice instead of exit?  Are they loyal to the companies?  Are they betrayed?  Fourth, what role does the expectation play?  Do workers expect more raise?  Is this expectation of salary raise equivalent to bonus promise?

Primero, los obreros trabajan esperando el incremento de su salario en el futuro.  Probablmente, esta esperanza furon realizado previo al crisis de 2008.  Por lo tanto, esta esperanza fue firme.  Los obreros esperaban la vida mejor.  Sin embargo, despues del crisis de 2008, el incremento de salario prometido no fue realizado.  Los obreros sintieron frustorado.  Pero, no pudieron salir de trabajo porque tuvo que reclamar su derecho.  La huelga fue la unica medida para su salida.  Es un reclamo por el salario perdido.  (Probablmente, justicado por el incremento de productividad)  Este analysis concluye que los obreros se van a quedar en las fabricas.  Es grave.

Segundo, en lo general los empresarios dan el incremento.  Sobre todo, los empresarios extranjeros.  Logicamente, este incremento en las fabricas extranjeros afecta otras fabricas domesticas.  Por lo tanto, el gobierno central de china va a preocuparse.  Por si acaso el incremento del salario se hace nacional, la inflacion por el coste sigue.  Por consecuencia, la apreciacion real ocurre.  Yo temo que el gobierno chino trata de evitar el incremento de salario nacional.  Es muy dificil resolverlo.  La justicia social sera en crisis.

Tercero, la apreciacion oficial de tasa de cambio es equivalente al incremento de salario?  Por cierto, la desinflacion resulta en el incremento de salario real.  Pero, esto compensa el todo?  No creo. 

Cuarto, hay salida?  el incremento de la productividad en el sector no-transable es una respuesta.  Pero, como dice el autor, es bastante dificil.  Hay que agregar como dijo Rodrik sobre el sector transable.  La liberalizacion de capital quizas conduce a la depreciacion de tasa de cambio.  La apreciacion de tasa de cambio afecta la economia total, por lo tanto el gobierno no lo quiere.  Pero, es una salida en el sentido de que incremente el poder aquisitivo.  El conflicto por fabrica es la resolucion parcial.  Por lo tanto, la combinacion de todo es deseable.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。2時限は4年ゼミ。昼はおにぎり。3時限はミクロ、Kさん授業参観。Yさん、Kさん、Kさん、Hさん面談、お疲れ様。Tさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。昼はオムライス、偶々I先生、I先生と。Aさん訪問。仕事。会議。授業。帰宅へ。HさんとS駅で遭遇。

| | Comments (0)

The Decline of Latin American Economies: Growth, Institutions, and Crises

The Decline of Latin American Economies: Growth, Institutions, and Crises
Sebastian Edwards, Gerardo Esquivel and Graciela Márquez, editors

NBER site

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。2時限はマクロ。昼はおにぎり。3時限はサブゼミを授業参観。4時限は3年ゼミ、発表開始。5時限は1年ゼミ、お疲れ様。ドリンク。帰宅。

| | Comments (0)

団地の時代

原武史・重松清『団地の時代』新潮選書、2010年。

 ないものねだりを一言。1962年生まれという5つ上で、四谷大塚から慶応の中高を経て早稲田に行った原さん。1963年生まれで、大学から東京に入り早稲田の重松さん。東京近郊の重荷である暴走族、校内暴力、いじめ、学級崩壊には全くふれることができません。全くかすりません。どれか一つでも接触していれば、残りの全ては想像力で補えると思うけど、全くかすりもしません。致命的に無視。

 ある時期、団地が先端だったという原さんの意見もわかるし、少子化で団地の西武線沿線がまた注目されるかもという卓見もわかるけど、たぶん大学紛争、暴走族、校内暴力、いじめ、学級崩壊に目配りしないと社会経済観は偏ってしまうと思う。そこでは、私小説風政治学は成立するが、少なくとも統治の学問(政治学)は成立しないと思う。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼は定食、偶々Y先生と。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。昼は定食。授業準備。5時限はCD、Sさん、Sさんご参加ありがとう。一緒に夕食。帰宅。

| | Comments (0)

#183 Planet Money (June 5th, '10)

#183 Planet Money (June 5th, '10)

India's Economy

| | Comments (0)

韓国には教育し過ぎの問題がある

S Korea faces problem of ‘over-education’
By Christian Oliver and Kang Buseong in Seoul
Published: June 11 2010 03:27 | Last updated: June 11 2010 03:27
FT

| | Comments (0)

FT on Ebizo

Superstar scion points to future
By Gerald Dowler
Published: June 8 2010 03:00
FT

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 授業準備。2時限は基礎B。皆さん、お疲れ様。帰宅へ。

| | Comments (0)

Pat Methny "orchestrion"

Pat Methny "orchestrion" at Sumida Triphony Hall.  Great.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 2時限は4年ゼミ。昼はおにぎり。3時限はミクロ、中間の返却。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。昼はオムライス、N先生、Y先生、I先生と遭遇。授業準備。会議。6時限ゼミ。戻ったら、サークル帰りの一年生Aさん、Nさんと遭遇、お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。2時限はマクロ中間。昼はおにぎり。授業準備。4時限は3年ゼミ。5時限は1年ゼミ。会議、帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼はそば。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。昼は定食。採点。Tさん訪問。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

I Put A Spell On You

Shane Macgowan and Friends - I Put A Spell On You (JOHNNY DEPP PLAYING THE GUITAR!!!!!!)

| | Comments (0)

The 11th Shibuya Cocoon Kabuki Show

The 11th Shibuya Cocoon Kabuki Show
Sakura Giminden
Director/ stage art: Kazuyoshi Kushida
Cast: Kanzaburo Nakamura, Senjaku Nakamura,
Hashinosuke Nakamura, Yajuro Bando, Shichinosuke Nakamura,
Kamezo Kataoka, Takashi Sasano

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 授業準備。2時限は基礎B。昼は定食。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。2時限は4年ゼミ。昼はおにぎり。3時限はミクロ中間。Tさん訪問、お久しぶり。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 模擬授業。戻って6時限ゼミ。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。2時限はマクロ。昼はおにぎり。授業準備。4時限は3年ゼミ。5時限は1年ゼミ。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼はIさんの留学体験懇話会、Yさん、Nさん、Nさん、Nさん、Hさん、参加どうも。昼はIさんと伊太利亜。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »