« 海外送金と為替レート制度の関係 | Main | Dani Rodrik: 世界経済へのギリシャからの教訓 »

Belated News: 大卒求人倍率は前年の1.62倍から1.28倍に低下

 2010年4月21日の発表で私のフォローが遅かったのですが、気づいていなかったので載せます。ワークス研究所による2011年卒業大学生の大卒求人倍率は1.28倍でした。2月4日に掲載した私の推計では1.38倍と予測しましたので、0.1だけ外れました。自分ではまずまずの成績かなと思います。10月ごろからこの程度の数字を予想して、いろいろと行動をしてみました。その結果は、範囲をどう取るかによって、出ているともあまり出ていない(笛吹けど…)とも言えるのですが、今後も励んでみようと思います。なお、3月の有効求人倍率は0.49倍なので、このまま進んでいくと、やはり今年の三年生の就職活動状況も現在の四年生とほぼ同じでしょう。

|

« 海外送金と為替レート制度の関係 | Main | Dani Rodrik: 世界経済へのギリシャからの教訓 »

大学生の就職活動」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 海外送金と為替レート制度の関係 | Main | Dani Rodrik: 世界経済へのギリシャからの教訓 »