« January 2010 | Main | March 2010 »

キンドル用新書の文書設定(MS-Word版)

 縦書きでキンドルDX用新書の文書設定を試行錯誤で作ってみた。用紙はB5判。余白は「普通」。縦40字、横15行、フォントは12ポイント。当面MS明朝体フォントを使うが、より縦書きに適したフォントを探す。ページ番号は、余白で下から12mmを指定し、真ん中に挿入。ヘッダーは章タイトルを入れたほうが見栄えもいいだろう。勝手な見本ファイルは「test.pdf」

| | Comments (12)

今日再認識した名曲:Isley Brothers, What It Comes Down To

Isley Brothers
What It Comes Down To (from "3+3")

冒頭から、"Here I am loving you"って歌えるのはIsley Brothersかサンボマスターかな。そう、サンボマスターにカバーしてもらいたいなぁ。

Here I am loving you, you're like a dream comes true
For so long I've waited for this time
Girl what you mean to me, in reality, is more than I ever hoped for
You will always be, more than right for me, each day I love you more

Well what it comes down to, this is all I want from you
Girl, same as you want from me, that can only be
Love and understanding
For what we have at stake, a little give and take
It's better than demanding

Why do we stay together, talkin' 'bout you and me,
You got your reason, I got mine
Oh, if it had to be, one and only me, sure would be a drag now,
Need somebody who, needs somebody to, keep from being sad now

Well what it comes down to, this is all I want from you
Same as you want from me; that can only be
Love and understanding
For what we have at stake, a little give and take
It's better than demanding

Repeat:
Ah, what it comes down to, this is all I want from you
Same as you want from me; that can only be
Love and understanding
For what we have at stake, a little give and take
It's better than demanding

(Chorus)
Girl what it comes down to
That's all I want baby,
What it comes down to
That's all I want Woah woah
(What it comes down to)
That's all I want baby
(What it comes down to)
That's all I want baby
(What it comes down to)
That's all I want
Woah woah
(What it comes down to)
That's all I want baby
(What it comes down to)
That's all I want from you
(What it comes down to)

| | Comments (1)

採用面接における10分間自己紹介の作り方

 採用面接における10分間自己紹介の作り方の王道版をメモする。たまたま昼食をとったときに1年ぶりに遭遇した学生が、コンサル会社で社長相手に10分自己紹介をするのだと言っていた。就職資○室からは、「長く喋りすぎないように」という中途半端なアドバイスしかもらっていなかったようなので、以下のことをアドバイスした。ネタ出しと、整理ボックスの作成、そして整理の三段階である。

 第一、ネタ出しである。ご自分の経験を5つA4×1枚に箇条書きで書きだしてもらった。次に、自分の経験で他人が笑える経験を一つか二つ書きだしてもらった。前者と後者は重複していてもよい。そして、これらの経験について、1)時期・時間、2)この経験のbefore and afterの自分の変化を短く書きだしてもらった。最後に、これらの経験で、publicな(privateでない)自分の八割が表現できているかをチェックして、出来ていない場合には八割を表現するための別のネタを追加してもらった。

 第二、整理ボックスの作成である。A4用紙別紙を用意して、上から四等分して、目次と(1)、(2)、(3)と左端に書き込んでもらう。ネタを三つ選んで、喋ることにする。世の中、10分も喋ると「1、2、3、多い」みたいな世界になるので、四つ以上喋る場合は細心の注意が必要。だから、当面ネタは三つに限定しておく。三つの順番は、自分表現(=自己紹介)の重要な順番にする。但し、スピーチは笑いが大事なので、笑いをどこでもってくるかが大事。一般には、(1)か(3)だろう。次に、それぞれのネタの伸ばし方をボックスで表現する。まず、(1)、(2)、(3)のそれぞれ横に、『私は、「___」。』という文章を書く。つまり、結論頭出し。その下には、空欄を自分で作って、今、選んだ「___」のelaborationを行う。例は、『私は犬に好かれます。』『私が通りを歩くと、私を見る全ての犬が、私を見てウィンクします。』第二文が第一文を広げて説明していることがわかるだろうか。次に、supportをしなければならない。Support should be safer.つまり、SAFERを利用する。Statistics, Annecdote, Fact, Example, and Reasoningである。日本語で言えば、統計(数字)、エピソード、事実、例、理由づけである。Rule of Thumbとしての順番は、「理由づけ」→「エピソード、事実、例」→統計だが、これはネタによって異なる。

 第三、以上のような二枚のA4用紙ができたら、ネタ紙から整理ボックス紙に、ネタを移していけばよい。ここで大事なのは、ネタ紙に書かれた経験は、一般にはSAFERのAFEに使うことになるということだ。つまり、その経験が導かれた「私ってだれ?」が、先頭にこなければならない。あとは練習。目次では、私の名前、所属を述べ、(1)、(2)、(3)の目次を述べます。固く言えば、「私は、犬に好かれ、ときどき眼に見えないものが想像でき、人と喋るのが好きです。」と言う。目安は、目次で1分、(1)、(2)、(3)がそれぞれ3分、時間が余ったら、結論でもう一度、「私は、犬に好かれ、ときどき眼に見えないものが想像でき、人と喋るのが好きです。」と言う。

 以上を20分で作業してもらいました。繰り返し言ったのは、以上の作業でできた自己紹介は、誰でも作ることのできる王道版であって、本当の真の作りこみは、そこから始まるということ。IQと愛嬌と愛情をどこまで自分風に織り込めるかが勝負。Good luck!

| | Comments (91)

不平等批判

EconLog | Library of Economics and Liberty Arnold Kling
The Case Against Inequality

| | Comments (0)

The New YorkerによるPaul Krugmanについての記事

The New YorkerによるPaul Krugmanについての記事。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 仕事。昼は定食、Kさんと再会。仕事。Yさん、Kさん、Tさん訪問、Oさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。仕事。会議。昼はそば。会議。Oさん、Sさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼は丼。仕事。Nさん、Oさん、Yさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

農業生産法人トップリバー

『新規就農、独立を目指す人のための農業研修、そして新鮮で安心なレタスなど野菜の生産・販売を中心に、農家育成支援事業を行う農業生産法人、それがトップリバーです。』

| | Comments (0)

ラテンアメリカ諸国の債務はどのくらい安全か?

How safe is Latin American debt?
VoxEU
Eduardo Cavallo, 24 February 2010

| | Comments (0)

トヨタのために基本に戻る

FEBRUARY 22, 2010, 9:20 P.M. ET. WSJ

Back to Basics for Toyota
A new 'Smart Pedal' braking system will cut engine power when the accelerator and brake pedals are both engaged. (By AKIO TOYODA)

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。Kさん訪問、Kさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。学外会議へ。帰宅。

| | Comments (2)

技術進歩の反貿易バイアス(?)

PK, Globalization Puzzle.

| | Comments (0)

February Bunraku performance

Hanakurabe Shiki no Kotobuki / Musume Kagekiyo Yashima Nikki.

I enjoyed the performance very much.

| | Comments (1)

ボン・テンポ

ボン・テンポ
セルジオ・メンデス
発売予定日は2010年3月24日。

| | Comments (0)

Abrazos Rotos (Broken Embraces) (2009)

Abrazosrotos  Abrazos Rotos (Broken Embraces) (2009).  Superb hyper-melodrama by Pedro Almodóvar.  New York Times reviews here

El País review is Los_Abrazos_Rotos_ELPAiS.com.pdf.  I have to read it carefully.

Losabrazosrotos

| | Comments (2)

文京区国際フェスタ見学

文京区国際フェスタ見学。

| | Comments (5)

今日は金曜日。

 雑務。昼は定食、H先生と。雑務。Kさんと懇談。会合。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。Nさん、Oさんと瞬間面談。会議。Nさんと懇談。雑務。学外会議。

| | Comments (0)

ギリシャにユーロ一時離脱をさせよう

Martin Feldstein: Let Greece take a eurozone ‘holiday’. (FT)

| | Comments (0)

マクロ経済政策を再考する必要があるのかないのか?

Mark Thoma: Do We Need to Rethink Macroeconomic Policy?

| | Comments (0)

Econ Journal Watch

Econ Journal Watch brings incisive criticism to major economic research. However, its contributions go beyond that. First, due to the Internet medium, the universe of scholars is watching the economic criticism, which makes it difficult to ignore. Econ Journal Watch brings economists into the debate. Second, Econ Journal Watch develops its own investigations of professional practice and institutions, exploring the purpose and character of professional economics, as well as developing the character represented by Smith, Hayek, Coase, Buchanan, and similar economists. No other scholarly economics journal does so much in these ways.

| | Comments (0)

Joel Mokyr on living standards during the Industrial Revolution

Joel Mokyr on living standards during the Industrial Revolution

Marginal Revolution Tyler Cowen

| | Comments (0)

『Kindle DXを使ってみる』

岩本康志『Kindle DXを使ってみる

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。昼はたまたまI先生、Y先生と。学外会議。もどって、学内企業説明会の懇親会(面白かった)。帰宅。

| | Comments (0)

『海辺のカフカ』(上・下)

 村上春樹『海辺のカフカ』(上・下)(新潮文庫)。2002年9月発売。I would say I was illuminated by the book.  ちなみに、illuminateの例文: a teacher gifted to illuminate young students (若い学生を啓蒙する才能のある教師 by Random House)。Several excerpts follow:

中学校の授業で教えられる知識やら技術やらが、現実生活でなにかの役にたつとはあまり思えないよ、たしかに。教師だって、ほとんどはろくでもない連中だ。それはわかる。でもいいかい、君は家出をするんだ。そうなれば、これから先学校に行く機会といってもたぶんないだろうし、教室で教わることは好きも嫌いもなくひとつ残らず、しっかりと頭の中に吸収しておいたほうがいいぜ。君はただの吸い取り紙になるんだ。なにを残してなにを捨てるかは、あとになってきめればいいんだからさ。(上、p.20)

すべては想像力の問題なのだ。僕らの責任は想像力の中から始まる。イェーツが書いている。In dreams begin the responsiblities --- まさにそのとおり。(上、p.277)

僕がなにを想像するかは、この世界にあっておそらくとても大事なことなんだ。(上、p.280)

ただね、僕がそれよりも更にうんざりさせられるのは、想像力を欠いた人々だ。T・S・エリオットの言う<うつろな人間たち>だ。その想像力の欠如した部分を、うつろな部分を、無感覚な藁くずで埋めて塞いでいるくせに、自分ではそのことに気づかないで表を歩きまわっている人間だ。(上、p.385)

空っぽということは、空き家と同じなのです。鍵のかかっていない空き家と同じなのです。入るつもりになれば、なんだって誰だって、自由にそこに入ってこられます。ナカタはそれがとても恐ろしいのです。たとえばナカタには空からものを降らせることができます。しかし次にナカタが何を空から降らせるのか、それはだいたいの場合ナカタにもさっぱりわかりません。(下、pp.173-174)

そういう意味では私は偏見のない人間だ。歴史や気象と同じで、偏見というものがないんだよ。偏見がないからこそ、私はひとつのシステムになることができる。(下、p.450)

今の私を抹殺することができるのは、それだけの資格をもったものだけだ。残念ながら君にはその資格がない。君はなんといってもただの未成熟な、寸足らずの幻想にすぎないわけだからね。(下、p.451)

圧倒的な偏見をもって強固に抹殺するんだ。(下、p.486)

Please let me be integral and sophisticated.  And, if I could, smart and charming, too.  Thanks.

| | Comments (0)

三浦 しをん、あと二冊

『まほろ駅前多田便利軒』
『まほろ駅前番外地 三浦 しをん』

| | Comments (5)

今日は金曜日。

 仕事。K先生来訪、会議。昼は定食。Nさんと懇談、楽しみ。仕事。Sさん、Kさん、Oさん、Sさん、Tさん、Yさんと会合、お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

『星間商事株式会社社史編纂室』

三浦しをん『星間商事株式会社社史編纂室』(筑摩書房)。まったりした年齢度外視の女性ジュビナイル小説っていうのかな。

| | Comments (0)

『神去なあなあ日常』

三浦しをん『神去なあなあ日常』(徳間書店)。林業を文字で綴るという稀な勲。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。昼は、偶然のAさんと定食。仕事。I先生訪問。Tさん訪問、のど自慢DVD視聴。帰宅。

| | Comments (0)

Krugman on Spain

  Paul Krugman: Anatomy of a Euromess.

| | Comments (0)

『レコーディング・スタジオの伝説』

51nieyhzyul__sl500_aa240_  ジム・コーガン&ウィリアム・クラーク『レコーディング・スタジオの伝説』(P-Vine Books)。とても面白い本。ジャズ、ポップス、ソウルを含め米国音楽を愛する者には必読本。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼はOさんと。雑務。Oさん、Sさん来訪、懇談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼は定食。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

「脳文化人」とか「芸脳人」

脳文化人」とか「芸脳人」。

| | Comments (0)

Invictus by Morgan Freeman, Clint Eastwood, and Matt Damon

Invictus_buddy_icon_3_96x96 Invictus by Morgan Freeman, Clint Eastwood, and Matt Damon.  Well-done.  I learned one expression: exceed one's own expectation.  The script was based on the book: Playing the Enemy, which I should read.  Movie review by New York Times is worth a look.

| | Comments (412)

時間封鎖〈上〉〈下〉

41hgakko6rl__sl500_aa240_ 時間封鎖〈上〉〈下〉 (創元SF文庫)。Though I am not maniac on scientific fiction, I read sometimes this kind of books as well as fantasy genre.  It is just because I would like to explore the possibilities of human behaviors given the fundamental change in our environment and/or technological advance.  From this point of view, I like this book very much.

| | Comments (0)

"Colour Me Free" by Joss Stone

51tx5zk4bl__sl500_aa280_  "Colour Me Free" by Joss Stone.  I like it very much.

| | Comments (0)

February Grand Kabuki, Evening Show

TSUBOSAKA REIGENKI (The Miracle at Tsubosaka)
This Meiji period play captures the flavor of medieval theater with a miracle tale of the history of a temple, in this case, the Tsubosaka temple outside Nara. It is also famous for its spectacular Takemoto shamisen music. Sawaichi, a blind masseur laments being a burden on his loving wife and tries to commit suicide, but is saved by the miraculous help of the merciful Kannon.

TAKATSUKI (The Raised Tray)
A light comical dance based on the style of classical Kyogen farce. In Kyogen, there are many plays where a master sends out a servant to get something, only for the servant to come back with something totally different. This is a modern play written in the early 20th century to introduce tap dancing into kabuki. While they are viewing the cherry blossoms, a master sends his servant for a “takatsuki,” which is a kind of tray on a stand. Instead, the servant meets an unscrupulous clog peddler who sells him a clog or “takaashi.” The servant gets drunk and finally, as he tries to explain to his master how the clogs are exactly right, he wears them and starts to dance, ending the play with an exuberant kabuki version of a tap dance.

KAGOTSURUBE SATO NO EIZAME (The Courtesan Yatsuhashi and Sano Jirozaemon)
The play shows a humble, pockmarked merchant from the country named Jirozaemon. He is wealthy, but because of the way he looks, has never thought that it would be possible to have a woman. He and his servant go sightseeing in the Yoshiwara pleasure quarters and a chance look at top courtesan Yatsuhashi who smiles at him, makes Jirozaemon fall in love. However, the pleasure quarters are full of intrigue, and on the eve of the day that Jirozaemon is to buy up Yatsuhashi's contract, her true love Einojo forces her to reject and humiliate Jirozaemon in the middle of the celebratory banquet. Jirozaemon seems to forgive her, but returns with the sword Kagotsurube to exact his revenge.

| | Comments (0)

中国貯蓄の謎

The mystery of Chinese savings
VoxEU Shang-Jin Wei,
6 February 2010
What is the connection between China’s one-child policy and its savings glut? This column provides a pioneering explanation. China’s surplus of men has produced a highly competitive marriage market, driving up China’s savings rate and, therefore, global imbalances.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務。昼はA先生と定食。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

大卒求人倍率の山勘予測

 こちらの推定で、12月の求人倍率(新卒とアルバイトを除く)0.46倍を入れますと、大卒求人倍率の予想値は1.38倍になりました。2005年3月卒なみの数値になるでしょう。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。会議。昼は定食、I先生、I先生と。会議。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼は定食。仕事。A先生と懇談。ゼミ内定生オリエンテーション、ドリンク。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。昼は定食、N先生と。仕事。S先生と雑談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼は弁当。ゼミ・ハンドブック改訂。帰宅。

| | Comments (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »