« December 2009 | Main | February 2010 »

NYTによる「東京のラーメン」についての記事

NYTによる「東京のラーメン」についての記事

One Noodle at a Time in Tokyo (NYT)

Still unclear? Well, combine New Yorkers’ love of pizza, hot dogs and hamburgers, throw in some Southern barbecue mania, and you’ve still only begun to approximate Tokyo’s obsession with ramen.

Tokyo's Brave New Noodle World

The writer, Mat Gross, writes in his blog that his trip was a dream-comes-true event since his college days when he came across the movie "Tampopo".  The late Juzo Itami would have been delighted to know that.

| | Comments (0)

Motohisa Furukawa in Davos (Who hosted the discussion, anyway?)

The Great Shift East in the Global Agenda
Nearly 3 billion people residing in the 21 economies of the Asia-Pacific Economic Community (APEC) account for more than one-half of the world's GDP.
What are the implications of the West to East power shift on the global agenda?
In partnership with the World Economic Forum, NHK hosted this debate focusing on the global implications of the West to East power shift.

Session Panellists
Cheng Siwei, Chairman, International Finance Forum (IFF), People's Republic of China; Global Agenda Council on the Future of China
Motohisa Furukawa, Senior Vice-Minister, Cabinet Office of Japan, Japan; Young Global Leader; Global Agenda Council on the Future of Japan
John Lipsky, First Deputy Managing Director, International Monetary Fund (IMF), Washington DC; Global Agenda Council on the International Monetary System
Kamal Nath, Minister of Road Transport and Highways of India
Peter Sands, Group Chief Executive, Standard Chartered Bank, United Kingdom; Co-Chair of the World Economic Forum Annual Meeting 2010
Abhisit Vejjajiva, Prime Minister of Thailand

Moderated by
Aiko Doden, Senior Commentator, NHK (Japan Broadcasting Corporation), Japan

| | Comments (0)

テディー・ペンダーグラス追悼 ノン・ストップ・テディペン

<01月31日プレイリスト>
  [テディー・ペンダーグラス追悼   ノン・ストップ・テディペン]
IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW/
HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES '72
THE LOVE I LOST/HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES '73
WAKE UP EVERYBODY/
HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES '75
CLOSE THE DOOR/TEDDY PENDERGRASS '78
IF YOU KNOW LIKE I KNOW/TEDDY PENDERGRASS '79
LOVE TKO/TEDDY PENDERGRASS '80
TWO HEARTS/STEPHANIE MILLS & TEDDY PENDERGRASS '81
I CAN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE/
TEDDY PENDERGRASS '80
DON'T LEAVE ME THIS WAY/
HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES '75
TURN OFF THE LIGHTS/TEDDY PENDERGRASS '79
WHEN SOMEBODY LOVES YOU BACK/TEDDY PENDERGRASS '78
IT'S TIME FOR LOVE/TEDDY PENDERGRASS '81

| | Comments (0)

Peter Temin(2010), “The Great Recession and the Great Depression”の翻訳

 ほぼ5分で速読できるPeter Temin(2010), “The Great Recession and the Great Depression”の翻訳。こういう試みを見るたび、世の中は進歩したと考えます。

| | Comments (0)

発展には長い記憶が関わる:1573年の奴隷制のおかげで今日の子供たちが発達障害に

Development has a long memory: Children stunted today because of slavery in 1573
(AidWatch)

| | Comments (0)

チリがOECDに加盟

Chile in OECD
Published: January 10 2010 18:30 (FT)

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 仕事。おにぎり。仕事。N先生から依頼。帰宅。

| | Comments (0)

ギリアン・テット:新ブレトン・ウッズを呼び掛けるのはおもろい

Calls for a new Bretton Woods not so mad
By Gillian Tett in Davos
Published: January 28 2010 13:42

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 仕事。昼はそば、Y先生と遭遇。ミクロ試験、皆さんお疲れさまでした。Have a nice spring vacation!  仕事。Hさん、Nさん訪問、Good luck。I先生と雑談。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。昼は定食。コンファレンス。戻り。Mさんとお話。帰宅。

| | Comments (0)

預金総額が一定額を超える銀行には、預金保険をやめたらどう。by Raghuram Rajan

A better way to reduce financial sector risk
By Raghuram Rajan
Published: January 25 2010 22:12 (FT)

insightful.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。帰宅。

| | Comments (0)

中国の貿易弾力性

Econbrowser

January 25, 2010
Chinese Trade Elasticities, Updated

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 試験監督。雑務。昼はカレー。マクロ試験、お疲れ様。整理。Kさん訪問、続いてYさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼はN先生と定食。Nさん訪問。Sさん訪問、Good luck!  SさんLong面談、途中、Mさん、Tさん乱入質問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 散髪(理髪店とは言うが、散髪店とは言わない。散髪したとは言うが、理髪したとは言わない)。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

バーナンケ氏の再任市場 by Intrade

Price for Will Ben Bernanke win Senate confirmation for a second term as Fed Chairman? at intrade.com Pointer to Mankiw.

| | Comments (0)

The Beautiful Autumn Leaves and the Sweat on the Face of the Star Actors

The Beautiful Autumn Leaves and the Sweat on the Face of the Star Actors: The Ten Roles of the Date Clan (Date no Juyaku). 

  This revival was produced as a vehicle for Ennosuke, and this month's production marks the passing on of Ennosuke's repertory to the next generation, in this case having the popular young star Ichikawa Ebizo taking on the challenge of this play first created by his ancestor Danjuro VII, a play that has found its modern incarnation through the efforts of Ennosuke. (from the official brochure)

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 説明会。昼はラーメン。M先生、N先生の最終講義。OさんのES面談。学生質問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 今日は斎戒沐浴して数か月ぶりにスーツ。研究室訪問、Kさん、Mさん、Hさん。昼は定食、Oさん。Mさん。3時限、選考会。(;´・д・)皆さま、お疲れさまでした。仕事。A先生、I先生、N先生と飲み。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 研究室訪問、約10名。昼食はカップヌードル。会議。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 卒論発表会。ゼミコンパ。Time flies.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。Mさん、Mさん、Oさん、それぞれ研究室訪問。T銀行セミナー出席。Hさん研究室訪問。Kさん面談。帰宅。

| | Comments (0)

『インド洋での給油活動、中国が引き継ぎ検討』(読売)

  『インド洋での給油活動、中国が引き継ぎ検討』(読売)。英文はこちら。Economist's Free Exchange comments here.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。キウィ・クラブM氏の訪問を受ける。昼はおにぎり。Sさん、Kさん、Mさん、Tさん、それぞれ個人面談。SさんとTさん、面談。Sさん、Mさん、Kさん面談。Wさん面談。Kさんと発表練習。Mさん、他二人と面談。Iさんと面談。雑務。帰宅。学校に向かうK先生とすれ違う。

| | Comments (0)

試験監督

 センター試験。疲労困憊。

| | Comments (0)

Brad de LongのIntroduction to Economic Historyのシラバス

 Brad de LongのIntroduction to Economic Historyのシラバス。ソ連の成長と米国の教科書についての文献が紹介してあるのは素敵。

| | Comments (0)

『いま、大臣記者会見が面白い。』らしい

週刊上杉隆『ネット時代の大臣記者会見は、客を呼べるコンテンツになった

| | Comments (0)

徒然なるままに。

徒然なるままに、日ぐらし、一片(ひとひら)の紙もて、 心にうつりゆくよしなしごとを象(かたど)れば、 さまざまな形あらわれ、風に流るる雲のごと移り変わりゆく あやしうこそものぐるほしけれ。

民主、可視化法案は通常国会に 新政権提出で検討
- 09/09/14 | 共同通信配信NEWS | 27 view
 民主党は14日、自白強要による冤罪を防止するため、警察や検察に容疑者取り調べの録音・録画(可視化)を義務付ける刑事訴訟法改正法案(可視化法案)を、来年の通常国会に政府から提出する方向で検討に入った。
 足利事件で無期懲役が確定した菅家利和さんの無実が明らかになるなど、冤罪事件が相次いで発覚したことを受け、民主党は可視化法案の早期成立を重視し、衆院選のマニフェスト(政権公約)に盛り込んでいた。ただ、可視化の拡大には捜査当局が強く反対しており、調整に時間がかかるとして、秋の臨時国会での提出は難しいとの認識が広がった。
 民主、社民両党は4月、すべての取り調べの様子を映像と音声で記録することの義務化を柱としていた可視化法案を議員立法として提出。参院では可決されたが、衆院解散で廃案となった。
 検察、警察は、5月に始まった裁判員制度で自白の任意性を立証するため、一部に限り録音・録画を試行しているが、可視化の対象拡大については、供述をためらわせ捜査に支障があるとして一貫して反対姿勢を示している。
 16日の民主、社民、国民新3党の連立政権発足後、新法相を中心に政府案を作成するが、可視化を義務付ける犯罪の範囲や捜査の過程をめぐり調整は難航しそうだ。
共同通信社

可視化に対しては多少、組織をかけて戦う意義づけもありそうな感じもする。例えば、こういう手法はとれないだろう。

彼の取調室からはいつもすごい怒鳴り声が漏れていたと証言している[8]。(Wikipedia

鈴木宗男国会議員はまめに「ムネオ日記」をつけている。

 石川代議士を調べている検事は、おそらく次のように脅かし、すかし、ささやきをしていることだろう。「『政治資金規正法違反を意図的にやりました』と言え」と。そして大きな声で「小沢が守ってくれるのか?小沢は守ってくれないぞ。お前が良く知っているだろう」、「人生やり直した方が良い」、「否認し、聴取に応じないのなら、ガサかけるぞ」、「今からやるぞ」、「明日、また聴取を約束するか」と。石川代議士は、おそらくこの様に検事から言われていることだろう。
 単純な記載ミスを意図的にやったと言わせるやり方は、誤導、誘導である。それを経験した者として、私はそれなりに検察のやり方が想像できる。読者の皆さんも是非考えてほしい。
 密室での検事とのやり取りは、一般の人にとって大変な精神的負担になる。だから取調の全面的な可視化が必要なのだ。被疑者は勿論、将来証人、参考人になりうる人に対する聴取も全面可視化すべきだ。そうすれば、冤罪はなくせる。改めて、取調の全面可視化を訴えて行きたい。

 おそらくムネオ氏は本気である。そのことを対峙した組織は身にしみて感じているはずであろう。とすると、彼を押さえられる人とバーターするしかない。盛大なメディア戦略の背後の関心と、落とし所について勝手に妄想を広げるとしたら、そういうことしかない。

 idea and interestについては、ideaとinterestが合致しないと難しいのではないかというのが私の直感。このようなポストをみると、ideaもinterestも書かれていないのが不思議。最後に、今回の邪推を伸ばしておくと、O氏はつかまらず、法案はひどくwater downされ、さらに審議未了で廃案になり、既得報道権層の望むとおりM党はJ党と同じと巷間から思われる。世の中が変わらないと世間に思わせることこそが、既得権層の利益・関心とまさに合致することになる。

 【後記】ムネオ氏の本気度は最高潮。1月16日のムネオ日記を参照。民主党党大会の配信はこちららしい。

| | Comments (0)

中国の外貨準備が膨れ上がる

JANUARY 15, 2010, 6:03 A.M. ET.
China's Currency Reserves Swell (WSJ)

 預金準備率を引き上げたのもこのせいかしら。だいたいこの手の対処療法はうまくいかないのが普通。不動産バブル大丈夫かしら。さらに、元高観測が広まると資金流入はさらに高まる。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 研究室訪問。昼はオムライス。3・4時限はミクロ補講。研究室訪問3名。Oさん、Sさん訪問。Kさん、Nさん、Tさんと遭遇。One's Driveを経て帰宅。

| | Comments (0)

もう片方の不均衡と金融危機

The “other” imbalance and the financial crisis
Ricardo Caballero
14 January 2010 (VoxEU)

基軸通貨に疑問ってこと?

| | Comments (0)

ソニーの電子リーダーはキンドルに勝負を挑む

JANUARY 14, 2010.
Sony's E-Reader Opens New Chapter in Kindle Rivalry (WSJ)

| | Comments (0)

日本の数十年にわたる苦闘から我々が学べること

What we can learn from Japan’s decades of trouble
By Martin Wolf (FT)
Published: January 12 2010 20:04 FT100112MartinWolf.pdf

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。雑務。昼はオムライス、H先生やIさんと歓談。研究室訪問2名。研究室訪問Tさん、Nさん。会議。帰宅。

| | Comments (0)

日本経済入門二冊

脇田成『ナビゲート!日本経済』(ちくま新書、2010年)。ひもは押せない派。

土居丈朗『アリとキリギリスの日本経済入門』(ちくま文庫、2010年)。労作。作られた寓話の問題は、本当に初心者に読みやすいか事前にはわからないこと。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。Hさん研究室訪問。仕事。昼は定食。3時限2年ゼミフィナーレ。4・5時限3年ゼミフィナーレ。Oさん、Rさん研究室訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼はラーメン。研究室訪問5名。3時限マクロ経済学。研究室訪問2+1名。Kさん、Hさん面談。研究室訪問3+1名。

| | Comments (0)

January Kabuki at National Theatre

The Golden Shachihoko Ornaments Glittering in the Rising Sun.

A very well-made entertainment.  I'd love to see Sagi-musume by Baishi, and Fuji-musume by Ukon in a very near future.

| | Comments (0)

Web Pageの英単語を頻出順に視覚的に見せる頁

 Web Pageの英単語を頻出順に視覚的に見せる頁はTagCrowd。Pointer to Freakonomics.

| | Comments (0)

経済学者の商売の秘訣:まず貯金箱を買いましょう。

WSJ, JANUARY 2, 2010. Secrets of the Economist's Trade: First, Purchase a Piggy Bank

 そういえば、一度も宝くじを買ったことがない。競馬は自転車で自宅から行けたときに、馬を見に行ったついでに一回買った。ダイヤモンドは、、、、。それはともかく、この引用が一番いいかな。

"The economics students seem to be born guilty, and the other students seem to lose their innocence when they take an economics class," says Mr. Bauman, who has a stand-up comedy act he'll be doing at the economists' Atlanta conference Sunday night. Among his one-liners: "You might be an economist if you refuse to sell your children because they might be worth more later."

こういうone-linerがlisteningで一発でわかるようになったらいいんだけどなぁ。

| | Comments (0)

雇用、雇用、雇用。

 米国労働省が8日発表した2009年12月の雇用統計は悪かった。いろんな反応があるが、Mankiwは、民主党政権の経済チームのintegrityを問うている。不況の程度が当初の予測より悪いものだったとしたら、経済刺激策が効いているという議論は必ずしも成り立たず、議論組み立てを一からやりなおさなければならないという至極ごもっともな意見。これに対して、Krugmanは自説およびラインハート=ロゴフを利用して、雇用増加なき回復という悲観主義が正しいと自説が実地に証明されつつあるとコメントしている。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。雑務。昼はうどん。3時限はミクロ。Mさんと懇談。5時限は日本経済論exam。Sさんと面談。帰宅。

| | Comments (0)

読んだ本いろいろ

読んだ本いろいろ、それぞれ勉強になる。

海老原嗣生『学歴の耐えられない軽さ:やばくないか、その大学、その会社、その常識』(朝日新聞出版、2009年)

河本敏浩『誰がバカをつくるのか?「学力低下」の真相を探る』(ブックマン社、2007年)

河本敏浩『名ばかり大学生:日本型教育制度の終焉』(光文社新書、2009年)

田中秀臣『偏差値40から良い会社に入る方法』(東洋経済新報社、2009年)

| | Comments (0)

キンドル最新版発売。

Kindle DX Wireless Reading Device (9.7" Display, Global Wireless, Latest Generation)

| | Comments (0)

ポール・コリアー新作

ポール・コリアー『民主主義がアフリカ経済を殺す 最底辺の10億人の国で起きている真実』2010年1月14日発売予定。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。雑務。昼は定食。3時限は2年ゼミ。4時限~は4年卒論発表、お疲れ様、それからThanks a million. 帰宅。

| | Comments (0)

Free Exchange: 米国は韓国か、日本か?

Free Exchange: 米国は韓国か、日本か? PK Paperの解説。

| | Comments (0)

アメリカ経済学会においてWSJ RTE Blogが報道した諸点。

アメリカ経済学会においてWSJ RTE Blogが報道した諸点を五月雨式に紹介。

多くの経済学者の今年予想。注目されるのは、カシャップ氏のこの発言:『The Democratic Party of Japan will be in a shambles. The economic program in Japan will be a complete mess by December.』 

Paul Krugman、暗い経済歌を唄う。Reinhart and Rogoff、債務は経済成長を阻害と実証研究(ちゃんとcausalityは検討してるんだろうなぁ)。Simon Johnson、政治と金融の対決が今後の米国経済を決めると(Rajan and Zingales風Political Economy分析。日本の場合、金融の寡占化は自粛ムードを進めたような気がするが)。Goldin、米国女性はどうして獣医になるのかを説明(これが白眉かな)。最後は、Feldstein、経済刺激策が悪いので米国経済ガス切れ予測。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼は定食、T先生と遭遇。3時限はマクロ。Yさん、Yさん研究室訪問。Kさんと面談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。昼は定食、Tさんと遭遇。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

January Grand Kabuki, Evening Show

HARU NO KOTOBUKI 【A Celebration of the New Year】
Traditionally in Japan, the New Year’s season is the most sacred and festive time of the whole year. This short dance will feature the most senior kabuki actor who is active on stage today to commemorate the holiday and to launch the final few months of performances at Kabuki-za before it closes for rebuilding.
SUGAWARA DENJU TENARAI KAGAMI 【Sugawara and the Secrets of Calligraphy】
- Kurumabiki 【The Fight Over the Carriage】-
This short scene is a classic spectacle of the bombastic aragoto style of acting and features the younger stars of the company. Umeomaru and Sakuramaru lament the turn of events that have sent their lord Michizane into exile. They hear that the carriage of the villain Shihei is coming and go to confront it, but though they smash the carriage, they are stopped by their brother Matsuomaru, who is a retainer of the villain, and the fierce magical power of Shihei drives them back. They agree to wait until after their father's seventieth birthday celebration to resolve the dispute. 
KYOKANOKO MUSUME DOJOJI 【The Girl at Dojoji Temple】
One of the greatest showpieces of the skills of an onnagata female role specialist, a series of dances unfolds in a temple full of cherry blossoms as a young girl expresses her feelings of love in all its many aspects. But she is actually the ghost of a woman who has been transformed into a serpent through jealousy. This performance features the rarely performed epilogue where a larger-than-life aragoto hero vanquishes the spirit.
YOWA NASAKE UKINA NO YOKOGUSHI 【Scarfaced Yosaburo】
Yosaburo is the pampered son of a wealthy family who falls in love with Otomi, the mistress of a gang boss after a chance encounter on the beach. They are discovered, Yosaburo's body is covered with wounds and the two are dumped into the sea. But Yosaburo lives and becomes a petty thief and embezzler under the name "Scarfaced Yosa."
Yosaburo and his mentor Yasu, the Bat, go to blackmail the mistress of a wealthy merchant only to discover that it is Otomi, alive as well. In one of the most famous scenes in kabuki, Yosaburo pours out his resentment at the woman and fate that have destroyed his life. But scarred and disreputable as he is, Yosaburo still has stunning good looks, creating the decadent charm of this play.

| | Comments (0)

危機についてポール・クルーグマン

Paul Krugman: Crises.

| | Comments (0)

今年もよろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願いいたします。皆さまのご多幸をお祈りいたします。

| | Comments (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »