« JAPEX, Malaysian Partner Win Southern Iraq Oil Field Deal (Nikkei.com) | Main | 雇用調整助成金等… »

日本経済2009-2010【内閣府】

日本経済2009-2010
-デフレ下の景気持ち直し:「低水準」経済の総点検-
平成21年12月
内閣府政策統括官(経済財政分析担当)

 日経朝刊12月12日では、財政悪化が長期金利の上昇に寄与しているとの記事によって本レポートが紹介されていたが、その点よりも、景気と雇用の関係や、物価についてのざっくりとした分析が読みやすい。また、日本についてのテーラー・ルール試算は、日本銀行の「金融緩和出し惜しみ」を印象付ける効果をもっている。雇用調整助成金等を受けた人々が10月時点で197万人もいたとは私の無知蒙昧であった。同月時点での完全失業者が344万人であったことを考えると、この制度の意味の大きさを感じる。資源再配分への影響もあるだろう。
 「流動性の罠」状態と整合的な垂直総需要曲線を考えると、「その他の日用品」の効果は、AD曲線の左シフトにより物価下落、電気機器の能力向上はAS曲線の右シフトで(激烈な)物価下落ということか。3-1-5図の最終財価格と素原材料・中間財価格との乖離は、日本以外の国のそれらがAS曲線のシフトによって行なわれており生産性の改善がacross-the-boardに起きている一方、日本はAD曲線のシフトが大きく、また生産性の改善が部門内にとどまっていることを示唆するのか。産業組織論を復習しないと、、、。

追記、新卒求人倍率と有効求人倍率の相関も掲載されている。

|

« JAPEX, Malaysian Partner Win Southern Iraq Oil Field Deal (Nikkei.com) | Main | 雇用調整助成金等… »

Economics」カテゴリの記事

Memo to myself」カテゴリの記事

【日本経済論】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« JAPEX, Malaysian Partner Win Southern Iraq Oil Field Deal (Nikkei.com) | Main | 雇用調整助成金等… »