« 米国最高の行き止まり職、それはニューヨーク市長(WSJ) | Main | 日経朝刊2009年11月2日17面 »

堀井憲一郎『落語論』

31ks65fkdzl_sl500_aa240_ 堀井憲一郎『落語論』(講談社現代新書)。Nさんのお薦め。恒常的に、数百名の前で一人で喋る職業についている者は誰でも自分の仕事ぶりと比較して読むべき本。リズムとテンポ、音程など参考になることは多い。

|

« 米国最高の行き止まり職、それはニューヨーク市長(WSJ) | Main | 日経朝刊2009年11月2日17面 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 米国最高の行き止まり職、それはニューヨーク市長(WSJ) | Main | 日経朝刊2009年11月2日17面 »