« October 2009 | Main | December 2009 »

日本の貿易はなぜひどく打撃をうけたか?

Why was Japan’s trade hit so much harder?
Ruyhei Wakasugi, 27 November 2009 (VoxEU)

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務、授業準備。昼はオムライス、Tさんと面白い話。3時限はミクロ、弾力性。授業準備。5時限は日本経済論、「円高・金利高・株安」を検証。Carry Tradeの解消、マーケットは政府・日銀をテスト中。お疲れ様。帰宅。
 空想による対策は、ソヴリン・環境・ファンド(日銀のお金で環境ファンドを作って、外貨を買って、それを使って世界の資源を買い、世界の環境を良くして、cap and tradeで温暖化目標達成!)。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。大使リレー講義、今日はタンザニア。昼は弁当。授業準備。英語スピーチ・コンテスト、パーティ。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は定食。3時限は2年ゼミ、お疲れ様。4時限~は3年ゼミ、お疲れ様。ドリンクして帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。卒論会合。昼はおにぎり。3時限はマクロ中間テスト。採点。整理。帰宅。

| | Comments (0)

メキシコ経済:違う種類の景気後退

Mexico's economy
A different kind of recession
Nov 19th 2009 | MEXICO CITY
From The Economist print edition

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。昼は定食。授業準備。Tさんと会合。帰宅。

| | Comments (0)

November Grand Kabuki, Evening Show

"KANADEHON CHUSHINGURA -The Treasure of 47 Loyal Retainers,-"

Acts 5 and 6: The Yamazaki Highway and Kampei's Suicide
Kampei lives a poor life with Okaru at her parents' rural home. Kampei desperately wants to take part in the vendetta against Moronao, but must come up with the money necessary to finance his part in it. Secretly, Okaru and her family decide that the only way to raise the money is to sell her to the pleasure quarters. On a lonely highway, a highway thief named Sadakuro kills her father while he is on the way home from sealing the deal and the money is stolen. In a bizarre twist of events, Kampei kills the robber while hunting on a dark night and finds the money. The fabric of the wallet, though, seems to prove that he has murdered his father-in-law. Kampei commits ritual suicide to take responsibility, not only for the death of this father-in-law, but also for being absent when his lord needed him most.
Act 7: The Ichiriki Teahouse
Yuranosuke spends his days and nights in the pleasure quarters of Kyoto in an effort to make Moronao believe he is not planning a vendetta. His acting is so good that even men in his own group believe he has given his life up to pleasure. Moronao is not so easily convinced, though, and has sent spies, including a former retainer of Enya Hangan, to find Yuranosuke's true intentions. Yuranosuke finds himself tested to the limits by the spy, and is even forced to eat meat on the anniversary of Hangan's death, a strong taboo. Okaru, now a courtesan, is also at the Ichiriki Teahouse. She catches a glimpse of a letter to Yuranosuke detailing plans for the vendetta, but he sees her and offers to buy out her contract, knowing he must kill her to keep the vendetta a secret. Okaru's brother Heiemon, a servant in the Hangan household, has also come to the teahouse and when he hears that Yuranosuke is to buy out her contract, he realizes his true intentions. Heiemon tries to convince Okaru to let him kill her as such an act may allow him to take part in the vendetta as well. Hearing that Kampei is now dead, Okaru agrees, but observing their loyal actions, Yuranosuke spares Okaru and allows Heiemon to join the vendetta.
Act 11: The Attack on Moronao's Mansion
Disguised as firemen, Enya Hangan's retainers attack Moronao's mansion on a snowy night. After a fierce fight, they find Moronao hiding in a charcoal shed and take revenge for their lord's wrongful death.

| | Comments (2)

International Regions Benchmarking Consortium

International Regions Benchmarking Consortiumのサイト。  あってもよさそうなものはやはりある。

| | Comments (0)

ダロン・アセモグルによる「豊かな経済になるための処方箋」

November 18, 2009, 9:00 AM
What Makes a Nation Rich? One Economist's Big Answer

Say you're a world leader and you want your country's economy to prosper. According to this Clark Medal winner from MIT, there's a simple solution: start with free elections.

By Daron Acemoglu
(from Mankiw's blog post)

| | Comments (0)

『画竜点睛を欠く』を英語で言うと...

画竜点睛を欠く 《the work》 lacks the finishing touch(es)

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 インターゼミ(合同ゼミ)。関係者の皆さんに感謝感激感謝。K崎ゼミの皆さん、感謝感謝。我がゼミの方々にも感謝。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。昼は定食、Tさんと。3時限ミクロ、後半も元気にいこう。授業準備。5時限は日本経済論。帰宅、というか、This is it! 二回目 at a gorgeous theater.

| | Comments (0)

厚生労働省『平成21年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査』

平成21年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(平成21年10月1日現在)について
~大学等卒業予定者の就職環境は厳しい状況に~

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。会議。会議。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は定食、I先生と遭遇。3時限は2年ゼミ、お疲れ様。4時限~は3年ゼミ。ドリンク。Tさん、Sさん、Nさん、Oさん、Kさん、Sさん、KさんとM屋。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。卒論会合。昼はおにぎり1個。3時限はマクロ。仕事。Oさん、Sさんと懇談。Sさん訪問。帰宅途中H先生と遭遇。

| | Comments (0)

Did the speed limit effect work?

Did the speed limit effect work?

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。Kさんと面談。昼は定食。授業準備。会議。雑務。帰宅はNさんと遭遇。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 仕事。参加した皆さんお疲れ様。昼は弁当。解散。

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 採点。昼はラーメン。採点。帰宅。

| | Comments (0)

資源の呪いは民主主義国にはあてはまらない

 Must natural resources be a curse? (VoxEU)

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。昼はおにぎり。3時限、ミクロ中間テスト、お疲れ様。授業準備。5時限、日本経済論。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。会議。昼はサンドウィッチ。就活テストゼミ対抗大会、お疲れ様。会議。パーティ。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼はカツカレー、I先生と一緒。3時限は2年ゼミ。4時限~は3年ゼミ。その後、リクエストに乗って金融講義、皆様と私へお疲れ様。帰宅はS先生と遭遇。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。昼はうどん。3時限はマクロ。授業準備。Sさん、Tさん訪問。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

Shimbashi Kabuki, Program B

Three Thieves Named Kichisa
The Demoness of Mt. Togakushi

Onoe Ukon was good, as always.

| | Comments (0)

Pat Metheny & Anna Maria Jopek, Upojenie

41gtkymnsjl_sl500_aa240_  Pat Metheny & Anna Maria Jopek, Upojenie.  骨のあるヒーリング音楽かしら。Upojenieというのは辞書を引いたらintoxicationと出てきたが、曲名としてはecstasyの翻訳だった。

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 仕事。昼はおにぎりとスープ。学部移転記念シンポジウム。Oさん、Tさん、Nさんと伊太利亜飯、ノベッロ体験。楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

原田 泰『日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学』(新潮選書)

41emmhb0pwl__sl500_aa240_  原田 泰『日本はなぜ貧しい人が多いのか 「意外な事実」の経済学』(新潮選書)。とにかく、データを見てみようという好著。このevidence-basedな姿勢が新しい日本の基礎だろう。

  そういえば先日の予算委員会もpp.60-64によって証拠がないことが示された仮説を朗々と述べていた議員がいた。そうか、そういうときにTwitterで書き込みをすればいいんだ。evidence-basedで悠々自適な生活をされている方がいらっしゃたら是非ともお願いします。とっても愛国的な活動だと思う。

| | Comments (0)

流動性の罠では、名目で考えると間違えまっせ[PK]

November 6, 2009, 10:20 am
Nominally misguided (wonkish)
by Paul Krugman
 一期間しかないドマクロではダメで、異時点間で考えてねとのいましめ。

| | Comments (670)

マック、上場以来最高の営業利益

マック、無料コーヒー大当たり 上場以来最高の営業利益叩き出す
MONEYzine

2009年11月6日(金)10時0分配信

今週2日に日本マクドナルドが発表した2009年1~9月期の連結決算は、「無料コーヒー」キャンペーンなどの効果で営業利益が上場以来最高を記録した。

 今週2日に日本マクドナルドホールディングスが発表した2009年1~9月期の連結決算は、経常利益が前年同期比25%増の169億円、営業利益は同23.9%増の176億円と、01年の上場以来最高になった。

 好調の要因は、業界の常識を打ち破った「無料コーヒー」キャンペーンだった。朝の時間帯にコーヒー1杯を無料で提供するキャンペーンを開始し話題を集めると、全国約2200店で実施を拡大させ、キャンペーンの時間帯を地域によって午後6~7時に変更するなど利用者の拡大を図った。

 このキャンペーンが節約志向の消費者を囲い込むことに成功すると、店を訪れた客に対し「ビッグマック」など定番商品の購入を促進し、販売増につながった。また期間限定で日本のオリジナル商品を次々に投入するキャンペーンや昨年末に発売した巨大ハンバーガーなどの効果もあり、全店売上高が同3.3%増と好調に推移した。

 営業利益が01年の上場以来最高になったのは売上高の増加もあるが、前期に行ったようなテレビ番組協賛など費用のかさむ販促を抑えたことで、販管費が減少したのが大きい。また商品提供までの時間短縮の訓練など、店員教育も地道に強化を続けていることが売上高人件費率の改善にもつながっている。

 同社はエスプレッソをベースにしたカフェラテなどコーヒーの新商品7種類を21日から順次発売するが、無料コーヒーキャンペーンの成功を受けて、カフェラテを無料で配布する新キャンペーンなども実施予定だという。この新キャンペーンはスターバックスコーヒージャパンなどコーヒーチェーンにとっては脅威となりそうだ。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務。Kさん訪問。昼は定食。3時限はミクロ、皆さん、mid-term examに向けてよく準備してください、お願いします。Nさん発見、long time no seeing you、お茶。5時限、日本経済論。

 GDPデフレータの所得面での分解から、今後のデフレがおそらく更なる失業と共存することを直感的に議論。pY=wL+rKなる三面等価による恒等式(因果関係は論じられない)の両辺をYで割って、p=wL/Y+rK/Y。デフレ状況では過去データより、Unit Labor CostもUnit Profitもマイナスになることが通常。ここでwL/Y=w*(1/(Y/L))を考えるとwL/Yの低下は、名目賃金の低下and/or労働生産性の上昇により起きる。09年上半期の特徴は、名目賃金は低下したものの、労働生産性は大きく下降したためUnit Labor Costが上がってしまったこと。名目賃金の(今後の)下方硬直性より、今後、デフレの進捗に伴って予想されるUnit Labor Costの下降は(更なる)名目賃金の減少だけでカバーされない。すなわち、下がった労働生産性の上昇が必要。Yは多少は回復しているが、それだけでは(おそらくは)不足。そのため、恒等式を満たすためにはLの減少が可能性高い。7月以降の失業率上昇は以上と整合的だが、今後も上がる可能性も。以上は、恒等式に過去のデータから方向を当てはめただけなので、理由を説明する議論ではなく、単なる整合性のチェック。

[postscript to self]たしかケインズの『貨幣論』に似たような議論があって、恒等式をいろいろとひねるなぁと思ったような気がしたことを思い出した。白昼夢かもしれないので、調べてみよう。これからoptimalな条件式を片々引いて価格で割って、右辺と左辺を入れ替えたりすると、Taylor-rule-likeな式になるはず。オーカンの法則を使ってUnit Labor CostのところをGDP gapにしたり、Y/Kのところをどう考えるかはY/Lにしてkを出して技術を見るのだろうかなぁ。

 ストーリーは総需要不足による生産の減少と、それに伴う雇用の減少。これを当然視すると、「しごき経済」になる。中期的には、ICT進歩と整合的な超フラット組織によるY/Lの上昇(「ニュー・エコノミー」)が必要になるが、それが実現するには時間がかかるし、50代の中間管理職の政治社会的な抵抗は馬鹿にならない。望むらくは言い訳を許さないPrice-level targetでしょうか。

 デフレ退治につき勝間先生大活躍は報じられているところだが、本当に自発的にカツマーになるべきは40代、50代であろう。おおまかに言って若者には他に道が無い。

| | Comments (0)

カルデロン大統領:『メキシコの景気後退は終わった』

México pone fin a la recesión: Calderón
El presidente de México adelantó que la economía creció 2.7% en el tercer trimestre del año.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。Ambassador Lecture Seriesに参加、オーストリア大使の環境問題についての講演、All the questions from the students were good.  I'm really impressed.  昼はおにぎりとスープ。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

小島 寛之『使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理』

41p3tth3bl_sl500_aa240_小島 寛之『使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理』(ちくま新書 807)。厚生経済学のイントロダクション。政治家に読んでもらいたい。

| | Comments (0)

歴史的な危機からの教訓についてカロミリス先生から学ぶ

Calomiris on historical crisis lessons
Richard Baldwin
4 November 2009

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼はおにぎりと春雨スープ。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

エドガー・H・シャイン『人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則』

513h4y5e8vl__sl500_aa240_ エドガー・H・シャイン『人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則』(英治出版)。良著。原題の副題どおり、How to Offer, Give, and Receive Helpという本。こういう本は、とにもかくにも、わかってもわからなくても速読で読了することが大事だと思う。

| | Comments (0)

日本の改革は郵便のなかに紛れてしまった

OCTOBER 29, 2009
Japanese Reform Gets Lost in the Mail
Taxpayers can't afford not to privatize the postal system.
by Heizo TAKENAKA

| | Comments (0)

November Grand Kabuki, Matinee

"KANADEHON CHUSHINGURA -The Treasure of 47 Loyal Retainers-"

Acts 1 and 3: The Helmet Appraisal and the Sword Incident
Daimyo lords from around the country gather for an important ceremony in the presence of Tadayoshi, the younger brother of the shogun. Under the watchful eye of the official Moronao, lords Enya Hangan and Wakasanosuke have been charged with making sure everything goes according to protocol. Enya Hangan's wife Kaoyo is asked to identify a helmet to be used in the ceremony. Moronao is in love with Kaoyo and tries to woo her, but Wakasanosuke stops him. In return, Moronao uses his position of authority to berate the young lord and Wakasanosuke decides to kill Moronao.
But the next morning at the shogun's mansion, Wakasanosuke's head retainer bribes Moronao to keep his master from causing an incident and although Wakasanosuke is about to attack Moronao, the aged official's groveling stops him. As a result, though, Moronao is frustrated and angry and vents his feelings on Enya Hangan, especially after Hangan innocently brings him a letter in which Kaoyo refuses Moronao's love. Moronao steadily insults Hangan, who tries to ignore the pressure, but finally draws his sword and attacks. Drawing a sword in the shogun's palace is a crime punishable by death, but Moronao himself escapes with only a slight wound as others within the mansion hurry in to stop Hangan.
Act 4: Enya Hangan's Suicide
Emissaries from the shogun arrive at Enya Hangan's mansion to announce that he has received the strictest penalty for his actions. He is ordered to commit ritual suicide and his household is to be disbanded. Hangan's hate for Moronao grows when he hears that Moronao has received no punishment. Hangan waits and waits for his head retainer, but he does not arrive. Finally, Hangan plunges in the blade. At that moment, his head retainer Yuranosuke arrives from their home province. With his last breaths, Hangan gives Yuranosuke the knife he used to commit suicide and tells him to take revenge. Now that the clan has been disbanded, Hangan's men become masterless samurai. Though some urge an immediate attack on Moronao, Yuranosuke bids them not to do anything rash. When alone in front of the closed mansion gates, though, he secretly reveals his determination that his lord will not have died in vain.
Travel Dance: The Fujitives
After the death of his lord, the retainer Kampei and his lover, the lady-in-waiting Okaru flee to Okaru's home, a farmer's house in the country. Kampei feels responsible for the events since he was having a romantic tryst and was not at his master's side at the crucial moment. He tries to commit suicide, but Okaru stops him and convinces him that they should go to her home as husband and wife and wait for the right moment for him to be reinstated.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 Sound Garden, The First Live.  They look a little nervous, but at the last song, "Sing, Sing, Sing" I sensed their groove vividly.  Congratulations!  雑務。帰宅。

| | Comments (0)

Movie: "This is it!"

Michaeljacksonthisisit_wallpaper_80  Movie: "This is it!"  What MJ and his company wanted to create was not a mere concert, but a gorgeous show.  We could enjoy watching the process through it was just about to come into being.  This documentary film is a must-see movie of our time.  I enjoyed all the performances of music players, singers and dancers, especially the drum of Jonathan Moffett.

Postscript: This site offers valuable information.

| | Comments (0)

土曜なのに客が少なくて、広くていいです。

091031nakamuraza 平成中村座に行っていると、さらにイメージ湧きます。

| | Comments (0)

日経朝刊2009年11月2日16面

 日経朝刊2009年11月2日16面、景気指標、09年度経済財政白書は相対的貧困率と失業率の関係を分析しているとのこと。

| | Comments (0)

日経朝刊2009年11月2日17面

 日経朝刊2009年11月2日17面。若田部昌澄『「温暖化」で経済学的議論』。「環境クズネッツ曲線」と「ポーター仮説」について。

| | Comments (0)

堀井憲一郎『落語論』

31ks65fkdzl_sl500_aa240_ 堀井憲一郎『落語論』(講談社現代新書)。Nさんのお薦め。恒常的に、数百名の前で一人で喋る職業についている者は誰でも自分の仕事ぶりと比較して読むべき本。リズムとテンポ、音程など参考になることは多い。

| | Comments (0)

米国最高の行き止まり職、それはニューヨーク市長(WSJ)

米国最高の行き止まり職、それはニューヨーク市長(WSJ)

| | Comments (0)

第2の大学就職課へ…パソナ、就活支援に進出(2009年11月1日08時18分 読売新聞)

第2の大学就職課へ…パソナ、就活支援に進出(2009年11月1日08時18分  読売新聞

第2の大学就職課へ…パソナ、就活支援に進出

 人材派遣大手のパソナグループは、全国の大学から学生の就職支援を請け負うサービスを11月から本格的に始める。

 東京・表参道と大阪・梅田に開設した就職活動向け拠点を契約先の大学の学生に無料で開放し、求人情報の提供や、パソナのスタッフによる模擬面接などを行い、「第2の就職課」の機能を担う。

 パソナは、女子大生に対しては、本番の面接で企業側から好印象を得られるようなメークの指導など、大学の就職課が手を付けていないサービスも提供する。7月に明治学院大(東京)、西武文理大(埼玉)と試験的に契約して反応を探った。

 すると、大学に寄せられる求人情報が少なく、学生が上京しても都心部で最新の就職情報を収集する拠点がないなど、ハンデを抱える地方の大学から問い合わせが相次いだため、全国の大学を対象に事業を展開することにした。
(2009年11月1日08時18分  読売新聞)

 「就活コンサルの利用」から、「就職課」へと大学の就職活動サポートにおけるアウトソーシングが次の段階へ移ったと言われるかもしれない。この就職課『アウトソーシング』が上手く働くかは三つの論点がある。結論から言うと、純粋なアウトソーシングとして考えると良くないだろうと思う。
 まず、この外部就職課によって、企業が求める人間が作れるかというと、森氏の本に書いてることが正しいとすれば、たぶん作れない。三年間にわたる作りこみが必要な作業を数ヶ月でできる可能性は極度に低い。つまり、森氏が書くレベルで採用活動に時間と金を傾注している企業にはほぼ対応は効かない可能性が高い。もし大学側の思惑がそういうところにあれば、外れる可能性がある。もちろん、それほど採用活動に時間と金を使っていない企業については対応できる部分もある。
 次に、アウトソーシングした場合に、この表参道オフィス(別に、銀座でも新宿でもテナントは空いているのでどこでも開けるはずだが)に行く3年生(及び4年生)は限られる。そもそも、就活イベント参加の問題は、参加が必要な人ほど参加しないという点にある。そして、この層が「それほど採用活動に時間と金を使っていない企業」に志望を定める可能性が高い。しかし、自分の生活圏に近い学校のイベントでさえ参加しない人が、わざわざ表参道オフィスに行くのかという点である。そういう人もいるだろうが、逆の場合のほうが多いだろう。すなわち、代替財として考えると(アウトソーシングならそういうことだ)、底上げ努力が低下し、かえって厳しくなる可能性がある。ということは、補完財として考えたほうがよいということになる。
 最後に、補完財として考えるとするのなら、これはアウトソーシングではなく、選抜塾のようなものだろう。就活「上位」層は学校主催の就活イベントが「誰でもできる・一般的なこと」を教えると、イベントから離れることになる。学内での就活イベントの問題は、就活コンサルには「参加者の誰でもできること」を教えようというインセンティブがあるにも関わらず、就活「上位」層は、当然のことだが「誰でもできること」では満足しないということにある。この「上位」層を、自己選択で自ずとオフィス環境に押し込むという戦略である。さて、ここでの課題は、パソナに代表されるような人材企業が、この層に対応できるだけのノウハウを持っているかということである。提供されるサービスが、求人紹介、化粧指導であれば、この層は結局は本サービスを見放すことになり、表参道好き学生の待ち合わせ場所と化す可能性がある。

 以上の意味で、費用対効果はなかなか厳しいように思う。もう一つ、実は「地方」の大学については、副次効果がありえて、これが重要な気がする。

| | Comments (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »