« September 2009 | Main | November 2009 »

渡辺 保『黙阿弥の明治維新』

51mn3zvb77l_sl500_aa240_ 渡辺 保『黙阿弥の明治維新』。演劇、それも大衆演劇を通して明治維新という近代を読もうとする好著。これ以上は評する資格をもたないので、博覧強記の【松岡正剛の千夜千冊『黙阿弥の明治維新』渡辺保】にリンクを貼っておく。

| | Comments (0)

固定為替レートにすると次善の策として保護主義になる

 Fixed rates and protectionism, 2009 edition (Paul Krugman blog)  さて、我が邦の財務大臣は、為替レートを下げないのは保護主義競争を避けるためとか、そんな趣旨のことを言っていなかったかしら。為替レートを下げないことこそが、次善の策として保護主義が出てくるという主張を聞いたらどういう顔をするだろうか。

| | Comments (0)

9月の失業率5.3%、求人倍率0.43倍 いずれもわずかに改善

9月の失業率5.3%、求人倍率0.43倍 いずれもわずかに改善(Nikkei Net

 総務省が30日発表した9月の完全失業率(季節調整値)は5.3%と、前月比で0.2ポイント改善した。厚生労働省が同日発表した9月の有効求人倍率(同)も前月比0.01ポイント高い0.43倍に上昇した。失業率の改善は2カ月連続で、生産の持ち直しで製造業就業者数の減少幅が8カ月ぶりに縮小したことが影響した。ただ水準自体は依然悪く、年末に向けて厳しい雇用情勢が続くとの見方が引き続き優勢だ。

 完全失業率は15歳以上の働く意欲がある人のうち、職に就いていない人の割合を示す。失業率が2カ月連続で改善したのは2008年10月以来になる。男女別にみると、男性が5.6%、女性は4.9%だった。

 9月の就業者数は前年同月比で98万人減の6295万人。一方、完全失業者数は92万人増の363万人と11カ月連続で増えた。業種別では、製造業が81万人減り、減少幅が3カ月ぶりに100万人を割った。自動車などの一部業種で生産が持ち直していることを反映した。政府が雇用創出を期待する医療・福祉も37万人増え、5カ月連続でプラスを維持した。

 厚生労働省サイトによれば、パートタイムを除く常用職業紹介状況における有効求人倍率は8月の0.32より0.03上昇して、9月は0.35。この緩慢なペースで一ヶ月に0.03のペースで増加していくと仮定すると、12月は0.44。これを元に以前に計算した推定式で試算しなおすと、2011年卒の大卒求人倍率は1.3。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。昼はオムライス。3時限はミクロ。雑務。5時限は日本経済論。帰宅。

| | Comments (0)

吉川徹『学歴分断社会』・森 健『就活って何だ―人事部長から学生へ』

41ocvitfqhl_sl500_aa240_ 吉川徹『学歴分断社会』(ちくま新書)。Big pictureを得るための好書。高校の偏差値と大学の偏差値の対応関係を考えたりするときにも、こういうBig pictureは重要だと思う。【統計学の問題】偏差値60の高校が偏差値50強の大学の合格者ランキングのトップに来ることを大学進学率が約50%であるという事実を使って説明せよ。次に、偏差値40の大学に入るためには高校の偏差値が幾つ程度になるかを説得的に説明せよ。更に、受験業界において時々『偏差値40未満の大学偏差値はあまり意味が無い』というようなことが言われるとすると、それはなぜか説明せよ。

 高校卒業者100万人強、大学進学者50万人強、学生の民間企業就職希望者数は44万人程度、全国の民間企業の求人総数は、2010年卒業予定生について72.5万人(リクルート調べ)、日経新聞の主要会社内定数は文理合せて9万人強。

9784166607150  森 健『就活って何だ―人事部長から学生へ』(文春新書)。ということで、こちらは最終的には9万人用と考えるのか、44万人用と考えるのかは心の持ちよう。この手の本は、3年生が読んでも役立ち度はプラスだが小さい。1年生か2年生には大きなプラスになる可能性がある。しかし、書いてあることを実行する(私に言わせれば『飼い馴らされた野獣になる』)のはなかなか大変である。紳士・淑女になれ、ということかなぁ。

| | Comments (194)

ウッドフォード氏が連邦準備と金利期待について語る。(RTE)

Q&A: Economist Woodford on Fed and Rate Expectations.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。昼はおにぎり。授業準備。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

カルボ:外貨準備と金融緩和が危機を起こしたという理論

VoxEU: A theory of how international reserves and easy money caused the crisis by Guillermo Calvo.

| | Comments (0)

世界の貧困、下がり続けて40年。Four decades of declining world poverty

The Economist Free Exchange: Four decades of declining world poverty.

| | Comments (1)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は丼。3時限は2年ゼミ、お疲れ様。4・5時限は3年ゼミ、お疲れ。超軽ドリンク。帰宅。

| | Comments (37)

今日は火曜日。

 授業準備。卒論ゼミ。昼はおにぎり。3時限はマクロ。授業準備。Kさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雨。授業準備。会議。昼は定食。授業準備。Nさんと面談。授業準備。Mさん、Nさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

2009年10月26日日経朝刊『最低賃金 もろ刃の剣』

2009年10月26日日経朝刊『最低賃金 もろ刃の剣』

| | Comments (0)

October Kabuki, Matinee

KENUKI (The Whiskers Tweezers)
In this play, which retains the light, festive atmosphere of early-period kabuki, a princess has a mysterious ailment that makes her hair stand on end, an ailment that prevents her from carrying out her long-awaited marriage. Kumedera Danjo comes from the groom's household to investigate and finds a plot to take over the household when his tweezers float in mid-air.
This is one of the "Eighteen Favorite Plays of the Ichikawa Danjuro Family." This collection mostly features plays with the bombastic aragoto style of acting, but "Kenuki" is different. Kumedera Danjo resolves all the problems with his wits, rather than with a display of superhuman strength. This urbane, witty detective story unfolds in a world of fantasy, showing the spirit of early kabuki.
KUMO NO HYOSHIMAI (The Dance of the Spider-Woman)
One of the favorite themes for the gala performances that would open a theatre year was the general Yorimitsu and his work in vanquishing ghosts and mysterious creatures. This particular dance is one of the oldest classics in the repertory, but only the music remains and what is presented today is a spectacular modern staging.
The general Yorimitsu and his retainers Sadamitsu and Kintoki are keeping guard over the palace over the Kazan retired emperor and are astonished to find a mysterious woman in the mansion. She wants to see Yorimitsu's precious sword and they dance rhythmically to the names of famous sword makers, and with beautiful branches of cherry blossoms. But she is actually the spirit of the earth spider who is trying to capture Yorimitsu and make him her retainer and the dance ends with revealing her true form and fighting with magical spider webs.
KAWASHO (The Kawasho Teahouse)
This late love suicide play by Chikamatsu Monzaemon is considered by many to be his masterpiece. The paper seller Jihei is in love with the courtesan Koharu and all those around them are afraid that they will commit love suicide. Jihei's wife Osan urgently pleads with Koharu to pretend that she does not love Jihei any more, in order to save his life.
In the first and most famous scene in the Kawasho teahouse, Jihei's brother Magoemon masquerades as a samurai to find out Koharus true feelings. Jihei listens in from the outside and is astonished to hear her say that she does not want to commit love suicide. In a rage, Jihei breaks off all relations with her, while Magoemon is moved to learn that she has done this out of consideration for Osans feelings. This play is a classic example of the Osaka style of acting.
OTOWA-GA-DAKE DAMMARI (The Dammari at Mt. Otowa)
A dammari is a fight in the dark where all the characters grope in the dark over some key object. When it occurs in a play, it showcases the different characters, while the movement of objects creates plot complications that motivate the rest of the play. When a dammari is an independent play, it has some central characters and some special plot twist and each time it is performed, the rest of the cast is filled out with typical kabuki characters to fit the actors who will appear. "Otowa-ga-dake Dammari" was first performed in 1935 in memory of Kikugoro V. It is a special play for actors with the yago or "house name" of Otowaya and this month celebrates the first appearance on stage of little Fujima Taiga, the son of Shoroku.

| | Comments (3)

今日は土曜日。

 雑務。シンポ。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

ICT Innovation and Jobs [very shaky]

My wild imagination is not special. Economic recovery, if any, would be of jobless nature because of ICT innovation. First of all, some news: "U.S. Heads For Third Straight Jobless Recovery" from NPR.  Let me quote some.

The idea of a jobless recovery seemed strange to economists at first.

After most every modern recession, once the economy began expanding and gross domestic product rose again, employers began adding jobs a few months later.

Then came the recession of 1990-91. As that downturn ended, says economist Erica Groshen, statistics from the labor market didn't make sense. The economy was growing, but the jobs weren't coming back. "The real question was, 'Well, is some of the data wrong in some way?' " remembers Groshen, who works at the Federal Reserve Bank of New York.

Sure enough, the data back then were correct. Unemployment continued to rise for another year after the economy stopped shrinking. The same pattern appeared after the recession of 2001.

Groshen asked the library to research the phenomenon. That led to an unsettling find: The first documented use of "jobless recovery" appears in The New York Times in the mid-1930s, in the Great Depression.

A Shifting Landscape

Faced with recessions in decades past, Groshen says, employers typically waited for better times and then called people back to work. In the two recessions after 1990, the labor market seems to have undergone a structural shift.

"In the more recent recessions, it seems that we have more employers using this as an opportunity to change what they are doing in a more basic way," she says. "They are closing inefficient facilities. They are culling their workforce. They are changing their production process."

That meant businesses became more efficient, which explained the economic growth. It also meant the workers had to find different jobs, a process that takes time. Those two factors combine for a jobless recovery.

Well, so there is some pararell going on.  In the Great Depression, there is communication innovation like mail and telegraph.  Some even called it the Victorian internet.  Now, there is communication innovation called internet. 

The revolution in communication technology could have a mixed result, as Garicano argued in a number of papers.  Garicano and others argue that there is a distinct difference in information technology and communication technology.  The examples of the former are CAM/CAD and economic planning tools.  I would say MS-Excel fairly represents this type of technology.  Garicano and others argue that this type of technology "empower" the holders of the technology, and push for decentralization. 

In the case of communication technology, the story is different.  This technology is represented by internet, email, (and MS-Word, I would say).  This type of technology facilitates centralization, Garicano and others argue.  Garicano and others argue that this type of techonology helped to create big corporations in early 20 centuries. 

Let me simplify this argument.  MS-Word is a tool for employment, while MS-Excel is a tool for self-employment.  If you want to be your own boss, you should have some analytical capability.  If you want to be employed, you need to be fluent in communication tools.  We all know that cellular phones are "part-time employment tools" for employers.  If you want to employ others or yourself, you need an analytical skill.

Garicano and Rossi-Hansberg argue that progress in communication technology give some extra life to big corporations.  However, the big corporations don't grow much, so less job opportunities for the whole society. 

Gondo in Ohtsuka and Kurosaki eds. found there is a substantial gap between progress in education and economic growth.  He attributed it to "threshold" effect.  You need a critical mass to make a change.  However, casual reading of the life of bureaucrats in Edo period reminds us that communication skills are very high among Edo bureaucrats.  Perhaps, the important message is that literacy is the aggregate of both information technology (numeracy and chart/graph analysis) and communication technology (reading and writing).  The holder of information technology survives Edo period into Meigji era, as vividly Isoda described.  As Garicano and others argued, what matters for development is not how many units of labor are used, but how these units are organized, and how this changes over time.  ICT matters a lot to economic growth in a peculiar way.

"Girls and boys, learn MS-Word and other internet tools to be employed, and learn MS-Excel and other analytical tools to employ yourself."

If you are analytical already, what would be the next step in self-training?  Perhaps, your next goal is adequate multitasking.  Current information technology which is "asynchronous" allows you to do multitask.  Excessive multitasking do harm on you, so you have to control yourself.  But, your productivity goes up relying on others for routine or soon-to-be-routine work.

PISA 2009 study is shocking regarding the graph-plotting skill.  The analytical skill of future Japanese could be very low.

| | Comments (0)

『“人事担当者に聞く”2011年新卒採用に関する調査』(出典元:楽天リサーチ)

 『“人事担当者に聞く”2011年新卒採用に関する調査』(出典元:楽天リサーチ)。不幸なことに私の山勘予測はまだ合っているようだ。My question is whether companies count the use of personnels of other departments as cost, as they should do theoretically.  It's an opportunity cost.  I wonder where they would carry out the cost reduction they are now pursuing.  If they reduce the contracts with job-hunting navigation sites, the survival of the sites would be more intensive.

| | Comments (0)

地頭トレーニングが必要な人々

<新型インフルエンザ>医療従事者、ワクチン希望230万人 事務員加わり想定の倍超す毎日新聞2009年10月23日(金)13:00

| | Comments (0)

『緊急雇用対策』

 10月23日に緊急雇用対策本部が決めた『緊急雇用対策』はこちら。新卒についてのみ触れる。ハローワークの数は、二〇〇七年度末には576カ所と言われているが、おそらく大学生が少ないところにもハローワークがあり、ミスマッチが発生しそうだ。逆にたくさんの大学がある都市にはハローワークの数は少ないので、これもミスマッチだろう。
 そもそも、有効求人倍率0.42(パート・新卒を除くと0.34だっけ)という厳しい雰囲気のハローワークに、新卒学生が入ると、非常に圧迫感を感じてしまうのではないだろうか。なぜ、より慣れているであろう大学にしないのか、「優しくない」と言われても不思議はないだろう。大学の数は現在700校強なので、ハローワークとはそれほど数は変わらない。ミスマッチの問題はほとんどない。多くの大学がすでに就職支援の専門職を置いているはずなので、これを支援する方策のほうが費用の意味でも、効率の意味でもよいだろう。それぞれの大学で、力を入れるところは違うはずだからだ。それは、ハローワークでは汲み取れない。
 おそらく、大学が一つもない土地のジョブ・サポーター職は格好のテレビの取材相手になり、そのジョブ・サポーターは汗をかきながら『学生が地元に帰ってきたときに来て欲しい。』などとコメントをするのだろうか。笑劇的である。
 実際は、現在、秋採用を企業は実施しているが、このような緊急雇用対策に絡まないで人材を取りたいというのが企業の本音であろう。やはり、自主的にエントリーをした学生と、そうでない学生にはモティベーションに違いがあるというのがしばしば観察される実際であるし、すぐにやめられてはかなわないからだ。とここまで書いたところで、ようやく具体的なプランを見ることにした。

①新卒者の就職支援態勢の強化
(ア)「高卒・大卒就職ジョブサポーター」の緊急配備

支援態勢強化のため、就職支援の専門職をハローワークに緊急配備(高卒・大卒就職ジョブサポーターを各都道府県1名以上追加配置)
(イ)大学等の就職支援の充実

就職相談窓口の充実(キャリアカウンセラーの配置など)
―「大学教育・学生支援推進事業」を実施中の大学等に対する事業達成目標の到達度の確認や、取組事例についての周知

女子学生等を対象とした「ライフプランニング支援」の推進
―「女性のライフプランニング支援総合推進事業」において、特に就職前の女子学生を対象としたきめ細やかな取組を要請

大学における職業指導(キャリアガイダンス)の制度化
―中教審大学分科会「中長期的な大学教育の在り方に関する第二次報告」を踏まえ、法令上、職業指導(キャリアガイダンス)の大学教育への位置づけを明記

内定取消し防止に向けた企業指導の徹底
―平成21年1月に施行された企業名公表制度や「新規学校卒業者の採用に関する指針」等の一層の周知及び採用内定取消しを行おうとする事業主に対する回避等についての指導等の徹底

さて、(ア)については、都道府県で一人追加して何か効果があるだろうか?たぶんないだろう。本当に能力がある人を雇うには5百万から一千万円が必要かもしれない。それが都道府県分あれば、2億円分はかかるのだろう。これを仮に700で割ると三十万円弱になる。これでも結構たすかるところは助かるはずだ。たとえば就活支援の嘱託に土曜出勤をしてもらうのに3ヶ月分ぐらいにはなるのではなかろうか。(イ)大学等の就職支援の充実の各項目は、ほとんどしごきとポーズ以外の何ものでもないだろう。ヤレヤレ。本部員は全ての国務大臣なので、内閣全体の責任で、誰にもセンスが無かったということになる。これは素人主義(アマチュアリズム)ではない。健全なアマチュアでいて欲しい。いやはや。

| | Comments (0)

The Chinese Disconnect

The Chinese Disconnect
By PAUL KRUGMAN
Published: October 22, 2009

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。仕事。昼は定食。3時限はミクロ、Paul Simon@SNL skitを見せるが、ほぼ無反応、反省(やはり世代ギャップには勝てないか)。雑務。5時限は日本経済論、どうもひどくかんだらしい。帰宅。

| | Comments (0)

自動車救済

The auto bailout: How we did it
The man who led the effort gives an inside look at the bankruptcies that shook America.

面白い読み物だった。

| | Comments (0)

新しい音楽ソフトウェアはヒット曲を予測する

New Music Software Predicts The Hits [NPR]

| | Comments (0)

情報技術と通信技術は企業組織に対してそれぞれ異なる影響を与える

The distinct effects of Information Technology and Communication Technology on firm organization [NBER Working paper 14975]  an insightful paper.

関連して、Information, Technology and Information Worker Productivity: Task Level Evidence [NBER Working paper 13172]

| | Comments (0)

兵庫県金融経済懇談会における挨拶 日本銀行副総裁 西村 清彦 2009年10月21日

兵庫県金融経済懇談会における挨拶 日本銀行副総裁 西村 清彦 2009年10月21日。

 こうした中で、世界的に部門間や地域間で、ばらつきや二極化が鮮明になってきています。この傾向は、実体経済と金融の両面で広範に観察されますが、ここでは4点だけ申し上げますと、第1には、生産が在庫調整の進捗から比較的早い回復を示す一方、雇用情勢の回復は極めて緩慢なものに止まっている傾向がみられます。第2には、財政政策の波及が及びやすい部門と及びにくい部門との間で、生産や消費の動向が大きく異なっています。第3には、資産「バブル」崩壊後のバランスシート調整に直面し、人口高齢化の影響も見込まれる先進国と、バランスシート調整がなく、高齢化の影響もまだない新興国との間に、景気回復のペースに顕著な差が現れてきています。第4に金融面では、短期金融市場で回復が鮮明となっている一方で、より長めの市場では、銀行間金利のばらつきが大きいなど市場流動性が十分回復したとは言い難い状況です。

この赤字表現が世界経済について語られたものであることに注意。とすると日本の雇用問題への記述が期待されるが、

 次にわが国の景気動向に目を転じたいと思います。
 近年わが国の景気は、世界経済の動向に大きく依存する形になっています。今回の金融危機以前の、戦後最長の景気拡大期においても、景気の牽引役は輸出でした。個人消費については、高齢化の進展による消費構造の変化や、生産のグローバル化を反映した国内雇用の伸びの低さと雇用者所得の伸び悩みから、弱いままでした。こうした個人消費の弱さは、これをターゲットとする部門の設備投資の伸び悩みにつながり、結果として、国内民間需要は、弱めの状況が続いていました。そして、金融危機に伴う急性症状的な世界経済の悪化により、世界貿易が急速に収縮し、輸出が激減する下で、わが国の景気は、過去に余り例をみない程、急速に落ち込んだのです。
 もっとも、本年春以降は、世界経済が下げ止まりに向かう中で、わが国の景気にも前向きの動きがみられており、現在は「持ち直しつつある」と判断しています。すなわち、公共投資や輸出・生産は増加が続いています。他方、厳しい所得・収益状況の下で、個人消費や設備投資は弱めの動きとなっています。
 景気の先行きは、当面は世界経済の動向に大きく依存する展開となりますが、先ほど申し上げました通り、これについては緩やかながらも持ち直していくと考えています。輸出や生産は増加傾向を続けるとみられますし、公共投資についても、既往の経済対策の進捗から、当面は増加を続けると見込まれます。こうした需要・生産両面の改善を受けた企業収益の回復や各種景気刺激策の効果などが、足もと弱めで推移している設備投資や個人消費にも徐々に波及していく姿が展望されます。このように、わが国の景気は緩やかな持ち直し基調を続けるというのが今後の中心的見通しです。
 もっとも、景気見通しを巡る不確実性は、依然高いとみています。最大のリスク要因は、やはり世界経済の動向です。これには、先に申し上げた通り、上下両方向のリスクが存在します。また、国内固有のリスク要因としては、国内外で従来と比べ成長率が低下する下で、企業の中長期的な成長期待が下振れるリスクが存在します。このように景気の先行きを巡っては、上下双方に様々なリスク要因が存在しますが、リスク要因全体でみますと、現時点ではなお下振れリスクの方が高い状況が続いているのではないかと判断しています。いずれにしましても、こうした様々なリスク要因に十分注意しながら、引き続き、経済情勢を丹念に点検していく所存です。

ということで、唯一ある雇用への記述は、世界大不況以前についてのものでした。I wonder why.  その後に発表された記者会見でも誰も失業や雇用については尋ねませんでした。I also wonder why.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。昼は定食。授業準備。Mさん、Sさん訪問。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

Inflation/Deflation Expectation

Exp_inflation_sep  I didn't know this severe. 「Exp_inflation_sep.jpg」をダウンロード。PK's blog post: Is Japan on the fiscal brink?  財務省サイトでのブレーク・イーブン・インフレ率(デフレ率)の推移はこれ

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼は定食。3時限は2年ゼミ、いい感じです。3年ゼミ、これもいい感じ。Oさん、Kさん、Sさん、Kさんとdrink、あぁ楽し。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。卒論ゼミ。昼はおにぎり。3時限はマクロ。仕事。Sさん、Yさんと面談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。Kさん訪問。昼はおにぎり。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

ケネス・ロゴフ『中国のドル問題』

China’s Dollar Problem
Kenneth Rogoff

| | Comments (0)

Labor Market Guesstimate (very shaky)

  In 1980s the natural unemployment could be around 2.5%.  In 1990s the rate could be around 4.0%.  If equilibrium employment entry and exit rates are 2%, the average unemployment period could be about 2 months.  Since November 2008, the accumulated gap of exit rate over entry rate is 1.44%.  As this rate should be adjusted in terms of labor force, it would be 1.6% or so.  If we add this to 4%, which is unemployment rate in November 2008, the result is 5.6% which is close enough to 5.7%, the current unemployment rate.  Tentative conclusion is that the increase in unemployment rate has not been caused by some structural change so far, but output gap (demand minus supply).  In other words, 1.7%, which is 5.7% minus 4.0%, is the consequence of output gap.  Assuming Okun's Law in Japan is 1 to 3, the current output gap would be 5.1%.  The BOJ estimate of GDP gap is around 9% on a semester basis.  If continued in a year, it would derive unemployment rate of 7%.  If GDP gap in a year is around 6%, the unemployment rate is 6%.  So, the on-going "recovery" could be consistent with this scenario.  My scenario rests on the assumption that the GDP gap of the second half of this year would be 4% or so.

  Then, what would be the next "equilibrium conditions" in labor market?  My casual hunch is as follows.  The equilibrium entry and exit rates are both 2% (or 2.25%).  The both should be the same in equilibrium.  The average unemployment period could be about 2.8 months (or 2.5 months).  The equilibrium entry and exit rates are related to fluidity in labor market.  DPJ's policy direction is in general against the fluidity.  The average unemployment period is related to the increase in unemployment benefit and training, as well as the direction of employment change on a sector basis.  Since DPJ's policy stance is in general for resource reallocation, the consequent increase in unemployment period could be a likely event.  The unemployment rate consistent with this scenario is 6%.  In the transition period, Effective Ratio of Job Offers to Applicants would go up, while the unemployment rate would stay around.  [091018I172.xls]

  We have not considered the effect of technological change so far.  That would be a long-term consideration.  However, the technological trend is labor-saving, not labor intensive.  Thus, it would push unemployment rate up.

| | Comments (0)

大卒内定10年春28%減

We knew it! (日経朝刊091018)

大卒内定10年春28%減 減少率最大、電機・金融絞る 日経調査

 日本経済新聞社が17日まとめた2010年度採用状況調査によると、主要企業の大卒の採用内定者数(10年春入社予定)は今春入社した人数に比べ 28.6%減の約7万4000人となった。2年連続のマイナスで、減少率は1995年度の調査開始以来最大だった。景気後退を受け、製造業や金融機関が軒並み採用を減らす。11年春の採用計画については8割の企業が「未定だが10年春と同水準」と回答しており、厳しい雇用情勢が続きそうだ。

 調査は主要1001社を対象に10月1日時点の内定者数を聞き、910社から回答を得た。 (07:00)

| | Comments (0)

メキシコの麻薬戦争では、捜査側は怖がっている。

In Mexican Drug War, Investigators Are Fearful
By MARC LACEY
Published: October 16, 2009

| | Comments (7)

Isley Brothers, 3 + 3

5181boqnpnl_sl500_aa240_  The Isley Brothers, 3 + 3 [Original recording remastered].  名盤。

| | Comments (0)

Perspectiva económica heterodoxa

La política económica del partido demócrata del Japón elevará la taza natural del desempleo. Al mismo tiempo, la expansión fiscal del partido gobernante elevará la presión a la tasa de interés del bono de gobierno. La decelación económica forzará el Banco del Japón a comprar el bono y monetizar, consecuentemente.  Estos dos efectos empujará inflación y la devaluación.  La expectative inflacionaria consecuenete estimulará la demanda interna, al mismo tiempo que la devaluación empujará la demanda externa. El resultado sera la combinación del desempleo alto y reactivación económica con la inflación moderada.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。昼は丼。瞬間、Tさん訪問。3時限ミクロ。宿題お疲れ様。授業準備。5時限日本経済論、お疲れ様。疲れて帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。Uさんと昼飯。会議。会議。授業準備。I先生とdrink。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。昼はN先生と定食。3時限は2年ゼミ、welcome。4・5時限は3年ゼミ、Kさん、Oさんお疲れ様。Hさん、Tさん、Yさんとドリンク、楽しかった。雨中帰宅。

| | Comments (0)

ノーベル経済学賞:エリノア・オストロムとオリバー・ウィリアムソン

ノーベル経済学賞、米の2氏が受賞 市場外の「統治」研究
 【ロンドン=吉田ありさ】スウェーデン王立科学アカデミーは12日、2009年のノーベル経済学賞を米国のエリノア・オストロム・インディアナ大教授(76)とオリバー・ウィリアムソン・カリフォルニア大バークレー校名誉教授(77)の2人に授与すると発表した。両氏はそれぞれ市場以外で行われる経済活動の「統治」に関する研究が評価された。
 オストロム氏は経済学賞では初の女性受賞者で、今年のノーベル賞全体では過去最多となる5人の女性が受賞した。
 オストロム氏は共有地の研究で知られる。従来は利用者が共有地を管理しようとしても利害が対立し、政府が管理するか私有地にする必要があるとされていた。同氏は牧場や森林などの実証研究を通じ、利用者自ら対立を調整する統治方法があることを理論化した。(11:51)
 この他、WSJ Economics Blogとか、The Economistとか。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。Mさん訪問。Gさん、Mさん、Tさん訪問。昼はおにぎり。Sさん訪問、Congratulations。3時限はマクロ。雑務。Kさんと面談。Kさんと懇談。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

Where were we?

Ts3k0068

| | Comments (0)

Paul Krugman: Fedは最低2年間はゼロ金利を続けないと。

When should the Fed raise rates? (Some back-of-the-envelope scribblings)。NYT op-edはこれ

 【問題】どうような「封筒の裏」試算を日本経済についてもおこなってみなさい。日本のテーラー・ルールについてのハンディな解説はこれ。09年8月の消費者物価指数変化率(y-to-y)は、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合について-0.9%。日銀審議委員たちが望ましいと考えているインフレ率は1%(これ)。オークン法則は失業率1%下げるのにGDP成長率は3%必要(これ)。09年8月の失業率は5.5%。自然利子率のサーベイはこれ。日本経済の実質GDP成長率は3%台だったらかなりimpressiveだろう。

 【関連メモ】09年4~6月期のGDPギャップはマイナス7.4%(朝日新聞)。民主党政権にマクロ経済政策への感度が低いことに関する識者による傍証はこれ

 【関連妄想】現財務大臣が「既にできてしまった期待」を介入をして裏切らない限りは、円高基調は続き、国内相対価格へのインパクトがある。貿易財に対する非貿易財価格が上昇し、まずは貿易財産業企業内の正規社員内の分化(コア正社員 vs. 非コア正社員)が更に進むことが予想される(そうしないと賃金が落ちないので、非貿易財産業と均衡傾向にならない)。参加率の低い労働組合はそれに対してあまり効果的な対抗力とはならないだろう(たぶん雇用の「安定」と引き換えにcooptされる)。望むらくは短期的現象であろうと思うが、多くの産業でアクセルを踏みながらブレーキをかける(例1:製造業下請けにとっては円高は資金繰りを大変にさせ、返済猶予申請へと押し込む、例2:派遣業 規制強化によって人材流動化が進まず、摩擦的失業も高まり、雇用対策が円滑に進まない)ことは別に、基調としては「しごき経済」(=角を矯めて牛を殺しそうな経済運営)が続く。相対価格効果は経常収支については赤字効果だが、同時に総需要が落ちるのは黒字要因なので、キャンセルアウトするかな。

 【一応の関連】いわゆる大企業の新卒採用はこれ。これが中堅にも広がる。

| | Comments (733)

October Grand Kabuki, Evening Show

YOSHITSUNE SENBON ZAKURA(Yoshitsune and the Thousand Cherry Trees)
This play was first performed in the Bunraku puppet theatre and is an epic story about the famous 12th century general Yoshitsune. After the end of the war between the Genji and Heike clans, the Genji clan was victorious, making its leader Yoritomo the ruler. But even though his brother Yoshitsune’s brilliant strategies were responsible for the victory, Yoritomo came to suspect Yoshitsune of treason and made him a fugitive. Although Yoshitsune is the title character, the main characters of the play are actually different and this month features the acts of the play about the Heike warrior Tomomori and the acts about the magical fox Tadanobu.
-Tokaiya and Daimotsu-no-ura (Tokaiya Inn and Daimotsu Bay)-
Yoshitsune books passage on a boat to Kyushu, but the captain is actually Taira no Tomomori, a general of the Heike clan that Yoshitsune helped to defeat. Tomomori was supposedly killed by Yoshitsune in the final battle of the war between their clans, but in this play, he is shown as surviving, living in disguise with the child emperor Antoku and his nursemaid. Tomomori uses the opportunity to try to take his revenge on Yoshitsune, but is defeated again. Holding a giant anchor, Tomomori plunges to a watery death.
-Yoshinoyama (Mt. Yoshino)-
This is a musical travel scene. Hearing that Yoshitsune has taken refuge in the mountains of Yoshino, Yoshitsune’s loyal retainer Tadanobu and his lover Shizuka go to try to meet him there. Although Tadanobu keeps disappearing, he always appears when Shizuka plays the precious drum that she received from Yoshitsune. In dance Tadanobu recounts episodes from the Gempei war, including the battle in which his brother died to save Yoshitsune's life.
-Kawatsura Hogen Yakata (The Mansion of the Priest Kawatsura)-
Yoshitsune has taken refuge in the mountains of Yoshino at the mansion of an old ally. Tadanobu arrives but has no recollection of Shizuka being placed under his care. Shizuka herself soon arrives with the other Tadanobu and after an investigation they discover that he is actually a fox. In a touching story, the fox tells how he took on human form to be close to the hand drum, which is made from the skins of his fox parents. Moved, Yoshitsune gives the fox the drum and he flies away joyously.

| | Comments (0)

世界貿易が減少するのは by Menzie Chinn

世界貿易が減少するのは by Menzie Chinn.  "(T)he IMF in its most recent World Economic Outlook (Box 1.1) attribute the sharp drop-off in world trade to high income elasticities, in part associated with the high degree of vertical integration that characterizes the globalized world economy."

| | Comments (0)

オブストフェルト=ロゴフ・ペーパー

from Mark Thoma.

| | Comments (0)

日本は本当の銀行を欲しいのか、欲しくないのか?

OCTOBER 8, 2009, 2:48 P.M. ET
Does Japan Want Real Banks or Not?
The world's second-largest economy needs competitive credit allocation.
By MARY KISSEL
Tokyo

| | Comments (0)

サイロ思考の危険

Insight: Dangers of silo thinking
By Gillian Tett (FT)
Published: October 8 2009 17:21
 そういうことを防止するために、高給を経営陣に払っているのではないか。

| | Comments (10)

政府の緊急雇用対策

 政府の緊急雇用対策について、朝日新聞。コメントは石川和男氏。

| | Comments (0)

オバマのノーベル平和賞に対する皮肉っぽいブログ・ポスト

Greg Mankiw's Blog. ヤレヤレ、very cynical。

| | Comments (0)

土岐麻子『Voice: Works Best』

51xefpxnvjl_sl500_aa240_ 土岐麻子『Voice: Works Best』。一曲目のFlamingoはきらびやかで快適なドライブ・ミュージックと言ったところ。『ねぇ~、ど, こぉにいるぅのぉ~~』というサビの声の振れ具合は絶妙。なお、土岐麻子の正しい発音も学べる。

| | Comments (48)

米国の雇用の4分の1は海外移転可能

Alan S. Blinder, 9 October 2009.
Twenty-five percent of US jobs are offshorable.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。昼は定食。3時限ミクロ。授業準備。5時限日本経済論。帰宅。

| | Comments (0)

神門善久『教育と経済的キャッチアップ:日韓米の長期比較』

神門善久『教育と経済的キャッチアップ:日韓米の長期比較』、大塚・黒崎編著『教育と経済発展』。Jamison and Lauが提唱する臨界点仮説については、Jamison, D. T. and L. J. Lau (1982), Farmer Education and Farm Efficiency, Johns Hopkins University Press.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。授業準備。台風でいろいろお休み。昼は偶々I先生、S先生、H先生。授業準備。Nさんと懇談。帰宅。

| | Comments (0)

George Benson, Songs and Stories

41mjtvkytal_sl500_aa240_  George Benson, Songs and Stories. 恐るべし1943年生まれの現役。とにもかくにもWikipediaの『3歳よりプロの道を目指す。』ってのはなんなのでしょうね。James Taylorの名曲、Don't let me be lonely tonightと、スティーブ・ルカサー(!)の参加したShow Me the Loveはとても良い。Donny Hathawayの名曲、Someday We'll All Be Freeもやっているが、結局は自分のターフに持っていってしまうところも楽しい。ドラムのJohn "JR" Robinsonという人、なんかスゴイ。John BurkとMarcus Millerのプロデュース。

| | Comments (2)

今日は水曜日。

 雑務。授業準備。昼はN先生、R先生と、定食。3時限2年ゼミ選択、後悔先に立たず。4・5時限3年ゼミ初回、Good start、お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 授業準備。Kさんと面談。昼はおにぎり。マクロⅠ。Oさんとひさしぶり。コピー作業。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。卒論演習第一回、皆さんお久しぶり。昼は丼、Aさんとお久しぶり、Suerte。Mさん、Tさん出現、それぞれメキシコ本と仏料理店本を貸す。ちょっとサブゼミ第一回をのぞく。4年生+αのKさん、Kさん出現して、雑談。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

IMF, World Economic Outlook

IMF, World Economic Outlook (WEO)
Sustaining the Recovery
October 2009

| | Comments (0)

資本を増やすだけでは次の危機をとめられない

More capital will not stop the next crisis
By Raghuram Rajan (FT)
Published: October 1 2009 22:37
A very insightful market-oriented article.

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 雑務。帰宅。

| | Comments (0)

Guesstimate on jobs-to-applicants ratio for new college graduates

 Guesstimate on jobs-to-applicants ratio for new college graduates.  突っ込みどころ満載ですが、目安がないとやっていけない性質なので、大卒求人倍率を山勘予測してみました。「091003guesstimate.pdf」

| | Comments (0)

失業率、米国は10%目前、日本は6%目前。

 WSJ EconBlog: "Broader Unemployment Rate Hits 17% in September", "The September Jobs Report: A Scorecard", "A History of Disappointments During Labor Market Recoveries", "Early Job Cuts Worse Than First Thought, as More Companies Go Belly Up", "Economists React: Job Market the ‘Achilles Heel’ of Recovery", "Journal on Jobs: Latest Numbers Shed Light on Previous Articles".  日経ネット:『(10/2)失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず』。GDPギャップとオーカンの法則を利用したスタンダードな失業率予測(2009年3月25日経済財政諮問会議における岩田一政議員、「003_shimon-s.pdf」)とその政策目標設定に対する批判
 Paul Krugman's op-ed "Mission not accomplished". Cristina Romer's paper: "Back from the Brink".  日経ネット:『菅副総理らが民間エコノミストと初の会合』、詳しくはロイター電が良い。

「マーケット・アイ・ミーティング」が初会合、緊急雇用対策などに関心
2009年 10月 2日 18:21 JST
[東京 2日 ロイター] 内閣府は2日、初の「マーケット・アイ・ミーティング」を開き、マーケットエコノミストらから、長期金利・株・為替動向やマクロ経済政策、雇用政策についてヒアリングした。会議に出席した菅直人・副総理兼国家戦略担当・経済財政政策担当相など政務3役はもっぱら聞き役に徹し、実効性ある緊急雇用対策の具体策や補正予算執行停止による経済への影響、金融政策の評価などに質問が及んだ。
 冒頭、菅経済財政政策担当相は「今の時期、何を言っても危ないので、しゃべらないようにと言われた」とし「忌憚のない話を伺いたい」と挨拶。ヒアリング後の質疑応答では、政府として緊急雇用対策検討の必要性に言及し、具体策の助言を求めた。出席者からは、当面厳しい雇用環境が続くことから、「雇用調整助成金を活用した雇用維持策を緩めないことが重要。求人が回復しないなかでの失業対策では、職業訓練が有効で、特にサービス業への労働移動に現在の職業訓練メニューが十分対応していないことから、さらなる強化・拡大が必要」(大久保幸夫・リクルートワークス研究所所長)との指摘があった。
 また、津村啓介・内閣府大臣政務官が金融政策の評価を質したのに対して、日銀の政策は適切との評価が相次いだ後、「様々なリスク要因があり次の一歩を踏み出せる状況ではない」(末澤豪謙・元大和証券SMBCチーフエコノミスト)、「踊り場であれば追加的な政策を取る必要はない」(河野龍太郎・BNPパリバ証券チーフエコノミスト)との指摘が上がった。
 会議には、政務3役の菅直人経済財政担当相、古川元久内閣府副大臣、津村啓介内閣府大臣政務官が出席。末澤豪謙・元大和証券SMBCチーフエコノミスト(現日興コーディアル証券国際市場分析部)、河野龍太郎・BNPパリバ証券チーフエコノミスト、北野一・JPモルガン証券チーフストラテジスト、大久保幸夫・リクルートワークス研究所所長、芳賀沼千里・野村証券金融経済研究所ストラテジストから意見を求めた。
 「マーケット・アイ・ミーティング」は、新政権が打ち出した「市場対話重視」の経済運営を行うためのヒアリングの場として、30日の政務3役会議で決まった。民間エコノミストは特定せず、今後も週1回のペースで開催する予定。

 学界エコノミストを一人も呼ばず、大久保氏以外はいわゆる「マーケット・エコノミスト」で固めたのが特色(であり限界)。そもそも『「マーケット・アイ・ミーティング」は、新政権が打ち出した「市場対話重視」の経済運営を行うためのヒアリングの場』なのだから、マーケット・エコノミスト+シンクタンクしか呼ばないつもりですね。唯一シンクタンク代表と言ってよい大久保氏が、河野氏と並んで多く発言したという日経記事(10月3日本紙)は、民主党マクロ政策立案過程の今後を予想させる。マーケット・エコノミストとしては、注目される民主党主催第一回のミーティングで、ニュースになるようなことを言ってマーケットを騒がせたくないよね。
 山勘・直感コメント。ハコモノ建設という企業視点から、「子ども手当て」など家計視点へと、ややマーケット度が低い部門に視点をシフトしている民主党にとって「マーケット・エコノミスト」より広い範囲(scope)での視点をもっている専門家を呼ぶことは大事だと思うが、そこをできない(しない)のが非常に興味深い。環境とか友愛とか、マーケット度の低いシンボルを持つ民主党政権のマクロ経済政策が、マーケット度の高い部分にのみ集中するという組み合わせはマニフェスト発表時から予想されていただけに既視感があって興味深い。将来、macro political economy (ideas vs. interests)流のliteratureの中で分析されることになるだろう。政局環境としては、『構造改革なくして景気回復なし』と標榜し、総じて景気回復局面に出くわした小泉政権のミラー・イメージ(『マニフェストなくして景気回復なし』と誰か言うかな?)なので、景気回復局面が来るかどうか天頼みなのがとても辛い。失業率など雇用データがさらに悪化したときに、参議院選挙を睨んで場当たり政策に出てくるか。マクロ度の低い管氏が経済財政担当だというのが、年度末に民主党選挙担当との戦いを予感させる。それなしで持っていけるほど『民主党の構造改革』はアピール度が強いとは思えないが、強引にマンデートでもっていくのか…。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。雑務。昼は定食、たまたまI先生と。ミクロ、お疲れ様。雑務。日本経済論、お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

地域共創ネットワーク株式会社

坂本忠弘氏の地域共創ネットワーク株式会社。ふた昔前に、アルゼンチンに行かれるということだった。地方銀行のコンサルはニッチかどうか、わからん。Good luck!

| | Comments (1)

乗数効果について

 Mark Thomaの再掲と、VoxEUの実証。PK's comment on VoxEU. Economist's Economic Focus.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 授業準備。Iさんと面談。Kさんと昼食面談、オムライス。3時間微分DVD講義。本当にお疲れ様でした。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »