« 今日は金曜日。 | Main | 固定為替レートにすると次善の策として保護主義になる »

9月の失業率5.3%、求人倍率0.43倍 いずれもわずかに改善

9月の失業率5.3%、求人倍率0.43倍 いずれもわずかに改善(Nikkei Net

 総務省が30日発表した9月の完全失業率(季節調整値)は5.3%と、前月比で0.2ポイント改善した。厚生労働省が同日発表した9月の有効求人倍率(同)も前月比0.01ポイント高い0.43倍に上昇した。失業率の改善は2カ月連続で、生産の持ち直しで製造業就業者数の減少幅が8カ月ぶりに縮小したことが影響した。ただ水準自体は依然悪く、年末に向けて厳しい雇用情勢が続くとの見方が引き続き優勢だ。

 完全失業率は15歳以上の働く意欲がある人のうち、職に就いていない人の割合を示す。失業率が2カ月連続で改善したのは2008年10月以来になる。男女別にみると、男性が5.6%、女性は4.9%だった。

 9月の就業者数は前年同月比で98万人減の6295万人。一方、完全失業者数は92万人増の363万人と11カ月連続で増えた。業種別では、製造業が81万人減り、減少幅が3カ月ぶりに100万人を割った。自動車などの一部業種で生産が持ち直していることを反映した。政府が雇用創出を期待する医療・福祉も37万人増え、5カ月連続でプラスを維持した。

 厚生労働省サイトによれば、パートタイムを除く常用職業紹介状況における有効求人倍率は8月の0.32より0.03上昇して、9月は0.35。この緩慢なペースで一ヶ月に0.03のペースで増加していくと仮定すると、12月は0.44。これを元に以前に計算した推定式で試算しなおすと、2011年卒の大卒求人倍率は1.3。

|

« 今日は金曜日。 | Main | 固定為替レートにすると次善の策として保護主義になる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は金曜日。 | Main | 固定為替レートにすると次善の策として保護主義になる »