« August 2009 | Main | October 2009 »

今日は水曜日。

 雑務。Sさん訪問。昼は定食。雑務。SPIテストに取り組む。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼はカツカレー。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。会議。昼は定食。Tさん訪問。雑務。『東大を出ると社長になれない』読了、良書。

| | Comments (0)

趙紫陽の回想録

梶ピエールの備忘録。『趙紫陽の回想録』。そうそう、英語版、まだ買ってない。

| | Comments (0)

中村 雄祐『生きるための読み書き――発展途上国のリテラシー問題』

41civ2vapl_sl500_aa240_ 中村 雄祐『生きるための読み書き――発展途上国のリテラシー問題』(みすず書房、2009年)
 本書は、第Ⅰ部「読み書きと社会の発展」で、読み書きの重要性と、読み書きを従来分析してきたリテラシー・アプローチの射程の狭さを描き出すところから始まる。となれば、第Ⅱ部「文書と人間の歴史」は、読み書きに関わる諸事をより広いまな板に載せる作業になる。いわば、仕切り直しをすることによって読み書きを根本的に捉えなおすことになる。第Ⅲ部は、そうした広いまな板の上でボリビアの編み物教室を事例とした「途上国の読み書き問題」を考えている。実証の第Ⅲ部に対して、本稿では理論の第Ⅱ部を取り上げる。
 第Ⅱ部にはいくつか鍵となる言葉/文/表現が出てくる。例えば、『「良い場所」に生まれる』というハーバート・サイモンの名著からの引用であり、『「個人が上手に文書を使いながら暮らしていくこと」と「社会が文書を介してうまくまわっていくこと」は、同じ出来事の両面をなしている』という文であり、文書は「心の道具」であるという表現である。この三つの鍵表現を、読者それぞれが自ずと生きる文脈の中で位置づけることがそれなりに適度にできれば、本書を読んで得ることはとても大きいと言えよう。この三つの表現を統合して自分の文脈の中で検討することは今後の課題とし、本稿では別々に検討する。
 第一に、『「良い場所」に生まれる』ことは、経済学の中の移民研究では、移民が先進国(例えば、米国)に移動すると労働生産性が上がるという「典型的な事実」発見と関わっていると思う。すなわち、「良い場所」に生まれることが、ある特権的な影響を生むとすれば、「良い場所」に移動することも何らかの影響を与えることが期待できる。そのことが、生産性上昇に繋がるとおおまかに考えることができる。すなわち、サイモン=中村流の視点から、移民研究を見直す必要があるだろう。
 第二、『「個人が上手に文書を使いながら暮らしていくこと」と「社会が文書を介してうまくまわっていくこと」は、同じ出来事の両面をなしている』という文は、範囲としてのミクロとマクロのレンズの入れ替えを全ての研究者/実践者に要求していると思われる。新しい道具(例、IT)を導入したときに、道具の新奇さ、卓抜さに目をとらわれ、社会が本当にまわっていくのかという視点から検討しない限り、道具の導入はうまく行かないということだろう。この点で興味深いのは、20世紀初頭の電気の導入である。電気の生産性への向上には時間がかかったことが知られており、それは20世紀末から21世紀初頭のITや、今後の環境技術についても示唆を与えていることはしばしば指摘されている。おそらく、読み書きの道具の導入は、その古典的な例として考えることができよう。とはいえ、新技術への闇雲の悲観主義の必要もない。
 第三に、文書は「心の道具」であるという表現を踏まえながら、広義のknowledge engineeringを構想するのが面白いのではないだろうか。knowledge engineeringとは通常、人工知能をどのように作っていくかについての研究方法と理解されている。しかし、脳神経の作用が徐々に明らかになるにつれて、人工知能だけでなく、人間の文書活動総体について、上意下達組織を前提としたknowledge management流の考え方だけなく、全体をまとめて考えるknowledge engineering流の考え方も必要となっていくと思われる。経済史をそのような実験例として考えることは一つの課題となろう。

| | Comments (3)

Take me out to the ball game ...

Ts3k0065  Lions 6 - 10 Golden Eagles.

| | Comments (0)

発展途上国における通信事情、特に携帯電話事情。

A special report on telecoms in emerging markets
Mobile marvels
Sep 24th 2009
From The Economist print edition
Poor countries have already benefited hugely from mobile phones. Now get ready for a second round, says Tom Standage (interviewed here)

| | Comments (0)

経済危機の長期効果

The long-lasting effects of the economic crisis
Paola Giuliano   Antonio Spilimbergo (VoxEU)
25 September 2009
Economic events can have long-lasting non-economic effects. This column shows how economic circumstances affect individuals’ life-long beliefs. Individuals growing up during recessions tend to believe that success in life depends more on luck than on effort and support more government redistribution, but they are less confident in public institutions. The current severe recession may be forming a generation that is more risk-averse and believes more in redistribution.

| | Comments (0)

共感の源泉を求めて

SCIENCE JOURNAL
SEPTEMBER 25, 2009
Tracing the Origins of Human Empathy
Chimpanzees' Caring Behavior Toward Others Hints at the Emotion's Antiquity; the Mystery of the Contagious Yawn

| | Comments (0)

Ricoh Black Rams 6 - 23 Kobelco Steelers

Ts3k0064  Ricoh Black Rams 6 - 23 Kobelco Steelers.  The game started at 7:30 PM, and it costed only 1,500 yen.  I enjoyed the night game very much.  Next night match will be on Oct. 9 with Suntory vs. Honda.  All the rugby fans should go!

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務。Tさん訪問、おめでとうランチはパスタ。Yさん訪問、Thanks。Nさん訪問、本整理。N先生、赤きつねを食べていく。Tさん訪問、Cheer up!  帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。昼はN先生と定食。雑務。Kさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

ホンジュラスについて

 WSJのop-ed

| | Comments (0)

銀行救済の実質効果:日本の事例

The real effects of bank bailouts: Evidence from Japan (VoxEU).

| | Comments (0)

ロバート・エンゲル、メキシコの増税策を批判。

 Nobel critica más impuestos en México (CNNexpansion). なお、ムーディーズはブラジルに投資適格を出したとのこと。

| | Comments (0)

リチャード・G・ウィルキンソン『格差社会の衝撃』

31neievccl_sl500_aa240_ リチャード・G・ウィルキンソン『格差社会の衝撃』(書籍工房早山、2009年)。原題は、The Impact of Inequality。直訳すれば、「不平等の影響」であり、まさしく社会の不平等が何をもたらすかを取り扱った本。「不平等」を「格差社会」と意訳し、「影響」を「衝撃」と意訳すると邦題になる。
 本書の貢献は、狭義の経済事象を理解している著者が、疫学および心理にまで範囲を広げて、「社会の不平等」の影響を議論していること。
 本書であるかは別にして、不平等や公正の問題を取り扱う社会科学者は、本書の範囲である疫学や心理学的な影響を議論しないわけにはいかないだろう。格差問題が喧伝される日本との関係でも、非常に興味深い。例えば、『驚くべきことに、自殺は国際的にみて不平等が大きいほど低くなる傾向のある数少ない死因のひとつである』(p.168)という指摘は、毎年三万人以上の自殺者が記録される日本において、自殺と格差社会との関係を考えさせる指摘であろう。もちろん、経済苦は重要との日本の自殺についての(通常なされる)指摘は、不平等が問題である可能性も秘めている。ここで重要なのは、データを取り扱う社会科学従事者には、p.130以降の『不平等が計測される地域の大きさの影響』である。すなわち、個人単位のデータの中に不平等変数が潜む可能性がある。これとは別に、不平等と暴力の正相関の指摘は、「草食系男子」などの日本の若者を象徴する表現についても考えさせる。
 残された検討課題として、法の問題、武器の問題、社会科学におけるマクロとミクロの問題をmemo to selfとしてあげておく。政府にとってやれること(p.309)についてももう少し考えられることがあるはずだろう。あとは、規模の問題(ダンバーの数字)、ナショナリズム(一応、B.A.)、戦後アジアの度重なる『経済的奇跡』、The Rise of the Rest (A. Amsden)、National Dream and National Hero、Born Losersなどかしら。

| | Comments (418)

スキデルスキー新著の書評

 スキデルスキー新著書評

| | Comments (0)

Blue Sky, Blue

BlueskyCow   三日間、青空と満天の星を楽しみました。

| | Comments (0)

中央省庁高級官僚天下り代替案

 一定期間高級官僚として働いた人の中の希望者に、国家試験を課して、「ロビースト免許」を付与するというもの。「限定的な弁護士資格」みたいなものか。すると、優秀な人は実力で企業顧問になれる。みんな勉強するし、優秀な人がロビーストとして残るかな。それなりの生活保障にもなるか。sunset条項がいるかな。これだけで中央省庁高級官僚のキャリア問題を解決はできないが、その要素の一つにはなるかも。

| | Comments (0)

『経済学者が信じていること』

 "What economists believe" by Greg Mankiw.

| | Comments (0)

マクロ経済学小史

 "Memories of the Carter Administration" by Paul Krugman.

| | Comments (0)

ゼミ合宿三日目最終日。

2009semi_summer_fujimi2  朝飯。打ち合わせ。ほうとう打ち体験、食事、美味。レクリエーション。帰宅。充実した三日間でした。お疲れ様。

| | Comments (0)

ゼミ合宿二日目。

2009semi_summer_fujimi  朝飯、発表、昼飯、発表、夜飯、発表。

| | Comments (0)

ゼミ合宿一日目。

2009semi_summer_fujimi0  ゼミ合宿一日目。快晴。良好。BBQ美味。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

トビアス・ハリスの日本観察ブログ

Observing Japan by Tobias Harris.  WSJで紹介。

| | Comments (0)

生活の質を測る良い指標を求めて(スティグリッツ@FT)

Towards a better measure of well-being
By Joseph Stiglitz (FT)
Published: September 13 2009 19:59
International Commission on the Measurement of Economic Performance and Social Progressにおいて、いわゆる「スティグリッツ=セン=フィトゥシ・レポート」と呼ばれるものが見れる。

| | Comments (0)

Finance & Development

Finance & Development, 2009年9月号。ブランシャール、フランケルの論考。カーネマンのインタビュー。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。Nさん訪問、Thanks a million. 帰宅。

| | Comments (0)

Analogia entre microeconomia y cooperacion internacional

 ル・シャトリエの原理:超短期だと弾力性が低くなる⇒期間が短くなれば、より多くの変数を外生と考えたほうが一時的接近としてはOKのはず。包絡線定理:短期の最小費用は長期の最小費用ではない可能性が高い(ヴァイナーの誤り)。⇒短期では、同時に長期の最小費用を追わない。「貨幣1単位当りの限界効用の均等」and/or「marginal productivity per dollar spent should be the same for all inputs used.  In other words, the ratio of marginal benefit to marginal cost should be the same for all inputs (Nicholson).」。⇒予算の振り替えにより、目的関数の値が変化するのであれば、最適化していない。

| | Comments (0)

Windows 起動音 wavファイルの仕様

 Windows 起動音 wavファイルの仕様: 22050 Hz, Stereo, 16 Bits.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 仕事。昼はカツカレー。K先生、N先生、Sさんと勉強会。途中、Kさん、Nさん、訪問。Thank you for coming.  小料理屋。帰宅。

| | Comments (0)

September Grand Kabuki, Matinee

RYOMA GA YUKU -Saigo no Ichinichi (Sakamoto Ryoma's Final Day)-
This is a dramatization of the last section of the tremendously popular historical novel by Shiba Ryotaro (1923 - 1996) about Sakamoto Ryoma (1836 - 1867), a visionary revolutionary at the end of the Tokugawa Period who brought various rival factions together to battle the shogunate and would have led Japan boldly, if he had not been assassinated in a bloody battle.
TOKI WA IMA KIKYO NO HATA AGE(Mitsuhide's Rebellion)
Based on the true historical story of Akechi Mitsuhide who betrayed his lord Oda Nobunaga and ruled Japan for a few short days before being defeated by Toyotomi Hideyoshi, this play focuses on Mitsuhide and his tortured relationship with the arrogant and unreasonable lord Nobunaga. It is one of the few period plays by Tsuruya Namboku still performed today and brings the same sharp psychological insight and eye for the attractiveness of evil characters that make his ghost plays and plays about commoners so powerful.
OMATSURI(The Festival)
A special gala version of the favorite dance showing people at a festival. This month, the top stars in kabuki will appear as gallant firemen bosses, geisha and dancers at a festival to say farewell to Kabuki-za.
KOCHIYAMA
The tea priest Kochiyama is a skilled thief and extortionist, but cannot turn down a request to help those in need. He disguises himself as a high-ranking priest to try to gain the freedom of a girl held by a powerful samurai lord because she will not become his mistress. Using the famous poetic cadences of the late 19th century playwright Mokuami, Kochiyama not only succeeds in his mission to rescue the girl, but he manages to extort a fair amount for himself.

| | Comments (0)

国際金融で「熱い」トピック by Jeff Frankel

What’s “Hot” and What’s Not, in International Money (Jeff Frankel's blog).

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 光ファイバー中継器を交換。昼は蕎麦。仕事。帰宅。煮干そばという名前の煮干味ラーメン。

| | Comments (0)

Football: Japan 4 - 3 Ghana

  Columns (this and that) by Tetsuichi Utsunomiya are good.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。昼は定食。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

The Foundation of Modern Macroeconomics

Heijdra and van der Ploeg, 2002, The Foundation of Modern Macroeconomics, Oxford.  中級本。13.1.1 A static model with monopolistic competition  pp. 362-4.  Intermezzo: Two-stage budgeting.  Dixit and Stiglitz (1977)モデルのマクロ応用に関する基礎的な計算についての簡明な解説。親切だと思う。Two-stage budgetingそのものについては詳しくはDeaton and Muellbauer (1980, pp. 123-137)とのこと。

| | Comments (0)

「世間」で話題の英国財務省レポート

 「世間」で話題の英国財務省レポート。「英国体験を振り返って:日本は何を学べるか」というのもある。日経ネット記事はこちら

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼はNさんと、学食で3年ゼミ生と遭遇。仕事。Kさん訪問。虎ノ門へセミナーを聞きに行く。

| | Comments (0)

岩田 規久男 (著) 日本銀行は信用できるか

岩田 規久男 (著) 日本銀行は信用できるか (講談社現代新書) (新書)

pp.166-169: エネルギー価格と輸入物価指数乖離率と、消費者物価指数乖離率(除くエネルギー)が英米ユーロ地域では逆相関する。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 Hさんと昼飯。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。昼は定食。授業準備。しばしK先生と立ち話。帰宅。

| | Comments (0)

財務官はどうなる?

SEPTEMBER 7, 2009 DPJ Starts to List Key Policy Makers
By TAKESHI TAKEUCHI and TAKASHI NAKAMICHI (WSJ)

Mr. Fujii's potential appointment raises the possibility that a new international financial ministerial post would be created, focused on dealing with overseas governments on matters such as foreign exchange. Mr. Fujii has said such a job would be necessary because the regular finance minister would be busy trying to push through the DPJ's promised domestic policies, leaving little time for international matters.

"It's important to ask someone versed in international finance to enter our potential cabinet ... a person who can engage in debate on an equal footing with central players [of other major countries] in international finance," said Mr. Fujii, a veteran member of Parliament's Lower House, in an interview last month.

For many decades in Japan, foreign-exchange and other cross-border financial policies have been largely designed and handled not by politicians, but by bureaucrats in the finance ministry. Several government officials have said an international finance minister with no mandate over domestic fiscal policy would be too powerless to arrange global macroeconomic policy with Japan's Group of Seven or Group of 20 counterparts.

Another official noted that Mr. Fujii's plan could succeed if the new politically appointed minister simply takes over the responsibility of the vice finance minister for international affairs, a top bureaucratic post, and participates in key global meetings with the main finance minister. That system would be similar to the U.S.'s, where a political appointee often becomes Treasury undersecretary for international affairs.

副大臣はたしかdeputy ministerだったけ。つまり、財務官はそのままおいて、副大臣の一人をdeputy finance minister for international affairsとして財務官の仕事を肩代わりさせればいいんだよね。問題は人材。すぐにできるのはMr. Yenぐらいのようなものだが、さぁ受けるかなぁ。もしくは、民主党に日銀副総裁を拒否されたお方?興味津々。

| | Comments (0)

Lito Vitale

Lito Vitale, Bernardo Baraj, y Lucho Gonzalez.

Starting in 1980, Vitale launched a series of collaborations with several Argentine musicians. He performed and recorded with Dino Saluzzi and then with Bernardo Baraj (sax) and Lucho González (guitar) in what became known as "the Trio". This formation adapted many classic tango and folklore numbers, and became popular with college students, jazz audiences, and radio DJs. It was often compared to ECM acts such as the Pat Metheny quartet and the Keith Jarrett European quartet.

| | Comments (0)

jonathan by Jonathan Butler

51wjwd3tijl_sl500_aa240_jonathan by Jonathan Butler.  "Baby Love" is a good tune.  Smoothly flowing songs.

| | Comments (0)

Vicky Cristina Barcelona

Vcb Movie: Vicky Cristina Barcelona.  邦題:『それでも恋するバルセロナ』。Just in case you need a laugh, and at the same time you happen to understand both English and Spanish more or less, this is a must-see movie.  I had lots of laughs, which probably annoyed others in the theater.  I am so sorry.  This movie has a very good and superficial script.  I'd love to memorize all the parts Javier Bardem said in English just for fun.

| | Comments (0)

Movie: Imelda

  Documentary Movie: Imelda.  I may see this.

| | Comments (0)

Friendship Match: Japan vs. Netherland

  Japan 0 - Netherlands 3.  Well, my feeling is the coach Okada should resign not because the team lost the game, but because of his lack of consistency or rather integrity during the game.  Friendship match is not a real, official game.  So, there are two ways, or two strategies, to do the friendship game.  One is to test players and tactics of the team.  The other is to simulate the official game.  Both strategies have merits.  The crucial thing is that the coach must determine  before the game which strategy he should implement.  It appears that the Dutch resorted to the first strategy from the start till the end.  But, how the Japanese behaved was totally unclear.  This decision should be done by none other than the coach. 

  Let me elaborate on it.  Okada started the game without Honda, and the team did what it was supposed to do in the first half: good defensive actions and lack of decisive offensive actions.  It is typical of the Japanese team.  So, if the coach wanted to simulate the game, he should have maximized his move in personnel changes.  In this perspective, the insertion of Honda from the beginning of the second half is lack of surprise and ineffective.  And it turned out to be ineffective.  Many people thought, then, his strategy to the game was as the same as the Dutch's: test players and tactics of the team.  However, the reality was that he did not have his own strategy.  While in the Dutch side new players came out and played well, the Japanese players were getting tired not only from the game but also from the lack of new inputs from the coach.  Then, it was obvious that after the Dutch scored one goal, the coach would insert one player to make up his own lack of strategy.  That was what he did.  After that, he did not change the personnel while he could.  He let the Dutch bully the Japanese.  That was his mistake.  There is no merit in doing that.

  So, what should have he done?  If he would have wanted to simulate the official game, he should have withheld Honda for first 10 to 20 minutes of the second half of the game, keeping Tamada in the forward position for a while.  Then, the insertion of Honda and the position change (Okazaki in the forward position) could have some surprise in the field.  And, the team could have held a few more minutes against the Dutch.  It would have been a frustrating game, but we could have expected a better outcome.  Instead, if the coach would have wanted to test the players, he should have changed more players.

  Lamentably, he could not choose between two strategies.  Those who did not choose strategy don't deserve to be called leaders.  His lack of consistency is totally clear.  His comment after the game did not reflect his own sense of responsibility.  Those who don't take responsibility don't deserve to be called leaders either.  His lack of integrity is remarkable.

| | Comments (0)

『岩本論文へのコメント』・『ケインズ政策再考』

 八田ミクロを読んだので、『岩本論文へのコメント』・『ケインズ政策再考』。

| | Comments (0)

コンゴにおけるカガメの隠れた戦争

Kagame's Hidden War in the Congo (NYRB)

| | Comments (0)

ブラジルのスフィンクス

The Brazilian Sphinx (NYRB)

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 仕事。昼はうどんでN先生と。仕事。ゼミ生たちと瞬間遭遇。Nさん、お土産Thanks。帰宅。

| | Comments (0)

八田達夫『ミクロ経済学Ⅰ』・『ミクロ経済学Ⅱ』

3215208032287658  八田達夫『ミクロ経済学Ⅰ』・『ミクロ経済学Ⅱ』 (東洋経済新報社)。洛陽の紙価を高める圧倒的な名著。The new classic。著者がはしがきで語るように、ミクロ経済学への入門のための独学書であり、大学や公共政策系大学院におけるミクロ経済学の入門科目の教科書として用いることもできる。Ⅰ巻が3500円、Ⅱ巻が3800円で計7300円であることを考えると、米国のミクロ経済学の教科書に比べると安いにも関わらず、大学ではなかなか指定しにくいかもしれない。例えば、マンキュー・ミクロ一冊は4000円である。

 公共政策系大学院において、実際の1年目でIntermediate VarianもしくはNicholsonをやることを前提として、事前に本書を熟読しておくことを未修者に強く薦めるのはとてもよいことだと思う。「らせん型勉強法」も公共政策系を目指す人々にはとても重要なことだろうし、Ⅱ巻のリーディング・リストはとても素晴らしい。また、民主党のマニフェストを横に置きながら、本書をめくっていくのも一つの勉強法であろう。

 特徴は、著者が言うように『本書は、現実の経済政策問題を数多く分析することを通じて、経済学を初めて学ぶ人が、日本が直面している広範な経済政策問題に関する対応策を自分自身で考えられるようになる』ためのテキスト・ブックであるということ。政策には規範的な判断がかかせないために、かなり早くから余剰分析が全面に出てくるが、その取り扱いは繊細かつ美しい。もちろん、Ⅱ巻では、エレガントとしか言いようのない18章3・4節が、筆者によって『本書のⅠ巻Ⅱ巻を通じて、最も重要な節です。これが経済学のエッセンスだと言える内容』と書かれている。余剰や死重の損失(死荷重)をこれまでふんだんに使っていながら、それをsurviveするこの展開は美しい。ミクロの専門家による合評会などの雑誌記事を読んでみたいものだ。

| | Comments (6)

『どうして経済学者はこんなに間違っちゃったの?』 by Paul Krugman

How Did Economists Get It So Wrong?
By PAUL KRUGMAN
Published: September 2, 2009
  A long review on the state of the art.

[postscript] Krugman's note and Justin Fox's comment (Brad de Long).

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。Sさん訪問。会議。昼は定食。会議。Sさん、Tさんを訪問。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼は麺、Kさんと遭遇。仕事、帰宅。

| | Comments (0)

宇宙から経済成長を測る[VoxEU]

Measuring economic growth from outer space
VoxEU
J. Vernon Henderson   Adam Storeygard   David N. Weil
2 September 2009

| | Comments (0)

アヘン価格が急落して、アフガニスタン農民はケシ栽培を少なくした。

SEPTEMBER 2, 2009
U.N. Reports a Decline in Afghanistan's Opium Trade
By MATTHEW ROSENBERG

KABUL -- Farmers in Afghanistan are growing less opium than last year and prices for the illicit crop have fallen to levels not seen in a decade, according to a new report from the United Nations.

U.N. Office on Drugs and Crime

興味深いのは下記のような技術進歩。

This year, Afghan poppies yielded 56 kg of opium per hectare, which is a 15 per cent increase over 2008 and five times more than farmers yield in the opium poppy growing countries in South-East Asia (who yield 10 kg/ha).

アヘン需要の停滞か、この技術進歩がケシ価格を抑えたか?もしくは、農家によって生産性のばらつきがあり、低生産性の農家が退出したか?

| | Comments (0)

おとぎ話の経済学

September 1, 2009, 7:56 AM
The Economics of Fairy Tales
By EDWARD L. GLAESER

なぜシンデレラが、他の姉妹に比べて疎まれたかを説明している。

| | Comments (0)

「友愛」らしく【こども手当て】に対応する

松井今朝子さんのホームページより。

民主党が断固これをマニフェスト通りに実施するならするで、こっちも覚悟を決めて、この政策を利用しない手はないと考えている。といって私は今から子ども を産もうとしてるわけではありません(笑)。1人あたり月額2万6千円というのはかなりの額で、それが税金でまかなわれるのだとしたら、直接的な恩恵を受 けない納税者としては、たとえ他人の子でも、税金を使われた分、これからはビシビシ叱ってもいいのではないか。子育てのなってない親には、税金ドロボーと 文句をいう権利があるし、この際モンスターペアレンツなんてのも徹底的に退治できるのではないか。てなことを言ったら、なるほど!と感心されたのでした。(太字は引用者)

これこそ、友愛らしく子供手当てを使う方法だろう。私も、歩き煙草人間たちに一喝しなければならない。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。昼はN先生と。仕事。帰宅・水泳。

| | Comments (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »