« ブラッド・セッツァーは中国と国際金融システムについて考える | Main | ジェフリー・サックス:世界マネーサプライの再考 »

米国の経常収支の動向

 2008年までの米国の経常収支の動向。予想通り、かなり縮んでいる。対GDP比率にすればかなり縮んでいるだろう。とすると、フローの意味では、中国はあまりレバレッジを持たないことになる。しかし、ストックの意味では?PKは、ドルがユーロに対して減価して、米国が欧州の犠牲の元に利益を得ると言っている。
2008uscurrentaccount

|

« ブラッド・セッツァーは中国と国際金融システムについて考える | Main | ジェフリー・サックス:世界マネーサプライの再考 »

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブラッド・セッツァーは中国と国際金融システムについて考える | Main | ジェフリー・サックス:世界マネーサプライの再考 »