« ヌリエル・ルービニ:元が基軸通貨になる日 | Main | 産業革命はどうしてイギリスで起こったのか? »

Gillian Tett, Fool's Gold

51yz1nnq5ol_sl500_aa240_  Gillian Tett, Fool's Gold, (Little, Brown).  Hayek (p.36), merit of clearing house and counterparty risk (p.40, 186), effect of Asian crisis on J. P. Morgan (p.59), exchange vs. securitization (p.60), dollar's role (p.220), commercial paper run (p.205).
 J. P. Morganのcredit derivative teamの道のりを追いながら、今回のシャドウ・バンキング・危機を辿る本。一つの焦点はsuper-senior riskの取り扱い方。corporate debtはdefaultについての詳細なデータがあったが、mortgage debtにはデータが無かったというのが面白かった。Hayekを信じるときに、government regulationを信じないのはわかるが、market (exchange)やclearing houseではなく、in-houseのsecuritization with mathematical modelに行ってしまうところが興味深い。Hayekは、organization vs. marketについては何を言っているのだろうか。

|

« ヌリエル・ルービニ:元が基軸通貨になる日 | Main | 産業革命はどうしてイギリスで起こったのか? »

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヌリエル・ルービニ:元が基軸通貨になる日 | Main | 産業革命はどうしてイギリスで起こったのか? »