« 中国がはまったドルの罠 | Main | 北京の足の無い刺激策 »

不良債権はどのくらい?

A task fit for Herculean policymakers
By Gillian Tett in London
Published: April 1 2009 22:49
 この記者は、日本の不良債権問題をきっちり取材したから、見方が非常にしっかりしている。どうもこういう本を書いたらしい。

|

« 中国がはまったドルの罠 | Main | 北京の足の無い刺激策 »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中国がはまったドルの罠 | Main | 北京の足の無い刺激策 »