« March 2009 | Main | May 2009 »

豚インフルエンザ3週間はメキシコGDPに0.1%マイナスの影響との調査

CNNExpansión.com, Influenza pegará en una décima al PIB.

"Una perturbación de tres semanas probablemente tendrá un impacto negativo de 0.1% sobre el PIB (Producto Interno Bruto)", dijo en un reporte Banamex.

シティバンク傘下のメキシコ大手銀行バナメックスによれば、三週間の混乱はGDPにマイナス0.3%の影響を与えるだろう、とのこと。オリジナルはこちらのサイトからダウンロードできるが、一応、「Mexico_Reporte_Eco_No559_280409.pdf」。アジアのSARSと比較して、これよりは上手くいくだろうと楽観的なトーンである。

 しかし、同じCNNExpansión.comの別の記事(La influenza daña la economía del DF)によれば、80%売り上げが下がった店もDFにあったという。INEGIのサーベイなどを見ながら、もう少し見極めよう。

| | Comments (0)

宮台真司『日本の難点』評

 宮台真司『日本の難点』。なるほど。「大衆/エリート」の踏み絵に使える本とのこと。もしそれが本当なら、その点だけでも価値のわりに安価な本だ。

| | Comments (0)

リスクに関する最後の誘惑

The Last Temptation of Risk
by Barry Eichengreen
04.28.2009

In contrast, the twenty-first century will be the age of inductive economics, when empiricists hold sway and advice is grounded in concrete observation of markets and their inhabitants. Work in economics, including the abstract model building in which theorists engage, will be guided more powerfully by this real-world observation. It is about time.

Pointer to Dani Rodrik.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 1時限は開発経済論。授業準備。昼はおにぎり、Nさん、Nさん、Kさん訪問。3時限はミクロ。Tさん訪問。会議。帰宅。

| | Comments (0)

ラリー・サマーズの新しいモデル

Larry Summers' New Model reported by Simon Johnson at The Baseline Scenario.

| | Comments (0)

メキシコ紙エル・ウニベルサルに見る豚インフルエンザ報道

 当然のことだが、メキシコの新聞では豚インフルエンザ報道が大量に行なわれている。たとえば、メキシコ紙エル・ウニベルサルに報道されたこの地図では州別の発生数と死亡者数が報道されている(「mapa-influenza.pdf」をダウンロード )。やはり人が動いているところで発生しているようです。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 授業準備。2時限は4年ゼミ、良い発表でした。昼はおにぎり。Cさんと面談。Nさんと面談。Hさんいらして、4時限は外部講師講義。Kさん、Nさんと話して、Hさんと反省・懇談会。帰宅。

| | Comments (0)

April Grand Kabuki, Matinee and Evening Show

MEIBOKU SENDAI HAGI (The Troubles in the Date Clan)
This play is about the attempt to take over one of the most famous samurai households in the Edo period, a scandal that caused a sensation in its day. After the pleasure loving lord is deposed, his young son is nominally in charge, but the villains try to get at him any way they can.
The highlight of the play shows the efforts of the boy's nurse Masaoka to protect him, even sacrificing the life of her own son and features onnagata superstar Tamasaburo in this difficult role. She must confront Nizaemon as a villainous woman from the shogun. Kichiemon appears as larger-than-life villain Nikki Danjo, evil and clever, a master of magic. He appears disguised as a rat and confronts the heroic Otokonosuke, performed by Mitsugoro as a bombastic aragoto character, then escapes, walking calmly through the clouds.
The final scene is a realistic trial in which the elderly loyal retainer Geki (Karoku) confronts Nikki Danjo, but all is saved by the wise judge Katsumoto (Nizaemon) who seems to encourage Nikki Danjo, suddenly using his testimony in the end to punish him for his crimes.

The evening program begins with KEYAMURA, a play from the puppet theatre, that shows a master swordsman named Rokusuke (Kichiemon) living humbly in the countryside only to meet his fianc'e, a powerful woman named Osono (Fukusuke) and goes to avenge the death of her father, his fighting teacher. The highlight of the play is the contrast between the two highly contrasting sides of Osono's character. She is a fierce fighter on the one hand and delicately feminine when she learns that Rokusuke is her future husband.

The evening program ends with two of the greatest examples of the Kansai style of kabuki. This style is relatively realistic and features the lives of commoners in the Osaka-Kyoto region. KURUWA BUNSHO is one of the oldest classics in the repertory and shows a wealthy playboy who has been disowned by his family, but sneaks into the pleasure quarters to see his lover, the top courtesan in the quarter. The play is light-hearted and is full of word plays and comic routines. Starring the most famous couple in kabuki today, Nizaemon, representing one of the foremost families of Kansai acting and onnagata superstar Tamasaburo.
The program ends with SONEZAKI SHINJU (The Love Suicides at Sonezaki), one of the most famous plays in kabuki. Based on a real incident and first performed in the Bunraku puppet theatre in 1703, this play by Chikamatsu Monzaemon transformed the theater by showing that the lives of commoners could have as much dramatic weight as the lives of the upper classes. In recent times, its sensuous realism made it seem very modern and it has become the specialty of Sakata Tojuro, who has played the role of Ohatsu over 1,200 times and this month, performs this signature piece once more.

| | Comments (0)

あの日は何曜日?10000年カレンダー

あの日は何曜日?10000年カレンダー

| | Comments (9)

エマニュエル・サエスがジョン・クラーク・ベイツ賞受賞

Emmanueal Saez has won the John Bates Clark Award. (Pointer to Mankiw and de Long)

| | Comments (0)

正統マクロ経済学が役に立つ時

 アンドレ・ベラスコの運命。Dani Rodrik, When textbook macro pays off.

| | Comments (0)

Finger of blame points to shadow banking’s implosion

Finger of blame points to shadow banking’s implosion
By Gillian Tett
Published: April 23 2009 19:59

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 健康診断。雑務。昼はラーメン。仕事。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

Tatsuro on Air Database

Tatsuro on Air Database is here.

| | Comments (0)

Excerpt from Hicks, Trade Cycle (Part 2)

Excerpt from Hicks, Trade Cycle (p.162):

It is almost inevitable that at the top of the boom, trade credits (as distinguished from banking credit) will be overextended; but the collapse of trade credit need do no more than limited harm, if the reserves of more widely acceptable money, in the hands of the banking system, or creatable by the banking system, are unimpaired.  ... Really catastropic depression is most unlikely to occur as a result of the simpleoperation of the real accelerator mechanism; it is likely to occur when there is profound monetary instability - when the rot in the monetary system goes very deep.1 (Go to Note 1 of the previous post)

| | Comments (0)

Excerpt from Hicks, Trade Cycle (Part 1)

Excerpt from Hicks, Trade Cycle (p.163):

Note 1. My interpretation of the Great Depression of the twentieth century (that of 1930-4) is therefore, in broad terms, the following.  I do not see that there is any adquate reason to suppose that the real boom of 1927-9 was at all an exceptional boom; if the accelerator mechanism, and nothing else, had been at work, it should not have been followed by an exceptional slump.  But the slump impinged upon a monetary situation which was quite exceptionally unstable.  The main cause of this instability was not the purely superficial speculative over-expansion which had occured in New York in 1928-9; its roots went much farther back.  The monetary system of the world had never adjusted itself at all fully to the change in the level of money incomes which took place during and after the war of 1914-18; it was trying to manage with a gold supply, which was in terms of wage-units extremely inadequate.  Difficulties in the post-war adjustment of exchange rates (combined with the vast changes which the war had produced in the creditor-debtor position of important countries) had caused the consequential weakness to be particularly concentrated in certain places; particular central banks, as for instance the Bank of England and theReichsbank, were therefore particularly incapable of performing their usual function as 'lenders of last resort'.  The weakness of the Bank of England, in view of the extent of the sterling exchange standard, was especially damaging.  Even in the early phases of the depression (in 1930 and early 1931) this monetary weakness was not doubt an aggravating factor; but the full dimensions of the catastrophe were only revealed when a deep monetary crisis developed, not in its 'proper' place, shortly after the downturn, but in full depression, in the summer of 1931.  The real cycle was then at a point which should have been its bottom; but the new monetary disaster caused it to plunge to yet lower depths.  From these depths, in view of the lagged effects of so vast a crisis, recovery was inevitably slow and difficult.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。Hさんと懇談、昼食。授業準備。会議。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。演習Ⅰ、まぁこんな感じ。昼は、Nさん、Kさん、Oさん、Kさん、Hさんと定食。授業準備。入門Ⅰ。Oさんと面談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 1時限、開発経済論。Sさんと懇談。昼はS先生と弁当。ミクロⅡ。Hさんと遭遇。Tさんと面談。授業準備。雨中帰宅。

| | Comments (0)

翁邦雄『主要国の非伝統的金融政策』

翁邦雄『主要国の非伝統的金融政策』日経09年4月21日(火曜日)25面。新論争起きるかな。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。Kさんと面談。Cさんと面談。昼は丼。Mさんと面談。4時限は経済学基礎、ほぼ満員。Nさんと面談。帰宅。皆さんお疲れ様。

| | Comments (0)

オリンピック効果

 う~ん。『オリンピック効果』。オリンピックをするときには輸出が増えるのと同時。しかし、オリンピック招致をして落選しても同じ。オリンピック招致と貿易自由化が同時に起こるとのこと。ふ~ん、メキシコ68年は例外ということかな。東京へのオリンピック招致には、世界に東京を更に開こうという街の熱気は欠けているように思える。J. Siegfried and A. Zimbalist (2000). “The Economics of Sports Facilities and Their Communities” Journal of Economic Perspectives," 14(3): 95-114.を読まなきゃ。

| | Comments (0)

世界大不況をグラフにすると

Econbrowser, How Bad Is This Recession? And Why? -- Illustrated Version.  Very educational.

| | Comments (0)

コーンとボルカーがインフレーション目標で丁々発止。

 WSJ-RTE, Kohn, Volcker Go Toe-to-Toe on Inflation Target.  もしコーン副議長が内心はインレーション目標にそれほど気が進まないとしたら皮肉なものだ。なお、同ブログの"What Deflation? Consumers See Inflation Rising"において消費者のインフレ期待がミシガン・サーベイによれば2%から3%に上がったとリポート。流動性の罠は回避できそうだが、経済回復には時間がかかるだけにこんどはstagflation riskを見なければならないかも。次のミニッツが楽しみ。中東で戦争でも起きて石油価格が跳ね上がるなんてことは避けたいだろう。そんな間に、マンキューはNYT op-edでインフレーション目標を提唱している。

 バーナンケが下記のように言ったのはこの講演。要チェック。

In their latest quarterly projections of the economy, most members of the FOMC indicated that they would like to see an annual inflation rate of about 2 percent in the longer term.

この講演では四つの質問に答えている。

How Did We Get Here?
What Is the Fed Doing to Address the Situation?
Does the Fed's Aggressive Response Risk Inflation Down the Road?
Why Did the Fed and the Treasury Act to Prevent the Bankruptcy of Some Major Financial Firms?

| | Comments (0)

CASSETTE to DIGITAL

NOVAC, CASSETTE to DIGITAL.

| | Comments (0)

土岐麻子『Touch』

51cyltti0ml_sl500_aa240_  土岐麻子『Touch』。遅ればせながらチェック。アレンジとしては、4曲目。10曲目は新境地。

| | Comments (0)

アナログ音源再生計画

アナログ音源再生計画サイトはこちら

| | Comments (18)

マクロ経済学の分裂

Macroeconomic schism by Econbrowser.

| | Comments (0)

IMF, World Economic Outlook

IMF's World Economic Outlook is out (Econbrowser).  Dani Rodrik made a comment.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 雑務。昼は定食。雑務。Kさん、Yさん訪問。会議。懇親会。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 雑務。Nさんと面談。昼はスパゲッティ。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 1時限は開発経済論。テキストはこちら。まぁこんなものでしょうか。授業準備。昼は遭遇したG先生と。3時限はミクロⅡ、ちょっと寒かったかな。勉強。Kさんと懇談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 交通整理。4年ゼミ。昼は弁当。雑務。経済学基礎初回。雑務。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

米国の電力網はスパイに潜入されている

TECHNOLOGY
APRIL 8, 2009
Electricity Grid in U.S. Penetrated By Spies
By SIOBHAN GORMAN

| | Comments (0)

カイピリーニャの作り方

■      カシャーサ51
(CACHACA51)     45ml
■      ライム     1/4個
■      砂糖     1~2tsp

カイピリーニャの作り方
1) ロック・グラスにぶつ切りにしたライムを入れ、砂糖を加えてつぶす。
2) クラッシュド・アイスを加え、カシャーサ51を注ぎ、ステアする。

クラッシュド・アイスの作り方
家庭での作りかたは、案外簡単。
冷蔵庫の製氷機で作った氷をビニール袋に入れて、上にタオルをかぶせ、すりこ木、麺棒状のもので、思い切り叩きます。

「ステアする」とは
材料と氷をミキシング・グラスに入れ、バー・スプーンで手早くかき混ぜる技法。混ぜ合わせる酒の比重があまり違わないとき、また、シェ-クするとカクテルが濁ったり、味がまるくなってドライな風味が得られない場合に用いる。

ステアの手順
※右利きの場合(左利きの場合は左右の手を逆にする)

(1)バー・スプーンでステアする時は、もう一方の手の指先でミキシング・グラスの下部を押える。一杯分のカクテルをつくるときなど材料の量が少ないときは、ミキシング・グラスの下に小指を入れて、混ざりやすくすることもある。グラスの注ぎ口は、ステアが終わってスピーディに注げるように、あらかじめ左側にむけておく。
(2)ミキシング・グラスに氷と材料を注ぎ入れ、バー・スプーンをミキシング・グラスの内側に沿って滑らせるような感じで、スピーディーに回 転させる。目安として、15~20回くらいバー・スプーンを回転させるが、あまり時間をかけると氷が溶けてカクテルが水っぽくなってしまうので、加減が大切。
(3)ステアが終わったらバー・スプーンを所定の場所に置き、ストレーナーをミキシング・グラスにはめ、グラスに注ぐ。注ぐときは、ミキシング・グラスの爪状の突起を人差し指でしっかりと押え、ストレーナーがグラスからはずれないようにする。
(4)グラスの下部に左手を添えてグラスを支えながら注ぐ。

| | Comments (0)

秩序を取り戻し金融戦争を戦おう

Economic View
Restore Order and Win a Financial War
By ALAN S. BLINDER
Published: April 11, 2009
 流動性ないし、資本のクッションないし、預金保険もなく、規制も無いオークション・レート証券など復活するのかしら。

| | Comments (10)

社債の重要性

 WSJ, Giving Corporate Credit Its Due.

It would be better for everyone if it doesn't hold in the future. With the massive widening in corporate-bond spreads last fall, the economists' model predicts industrial production will fall another 17% by the end of the year, and the economy will lose another 7.8 million jobs on top of the 5.1 million it has shed since the recession began. Ouch.

Ouch.

| | Comments (0)

NPR: Planet Money

NPR: Planet Money.  Now I know why Twitter is popular in US.

| | Comments (0)

Historia Real de Jehanne Darc por ALOTF

Historia Real de Jehanne Darc por ALOTF-equipo blanco (11 de abril, 7:30 PM, Ikebukuro).  Piesnso que un tema muy propio del teatro es lo religioso.  Me parece que ALOTF, por el guion y la direccion del Sr. Matsugae, demostro un intento muy noble en la representacion de lo religioso.  Por lo tanto, yo pase un tiempo muy estimulante.  En verdad, la actriz, Srta. Yuka Yasukawa, represento lo religioso.  Es posible vaya hacerse una actriz de estrella.  Las actrices femeninas, Nakayama y Katoh especialmente fueron buenas.  Los actores masculinos, excepto Kanno, demostraron esfuerzos pero insatisfechos.  Ellos no tuvieron sus mundos representativos.  Tal vez, falten esfuerzos filosoficos.  Sr. Kanno tenga posiblidad en este aspecto, posiblemente, pero falta esfuerzos gimnasticos.  Cuatro estrellas.

| | Comments (0)

カフェ・ラントマン、William Morris、うな鉄

 テラスでIさんとゼリー寄せ、ザワークラウト、白ワイン。夕暮れが美しい。WMでKさんに挨拶して、うな鉄串焼きコース。美味。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 雑務というか授業準備。昼はカレー。雑務。Nさんと面談。Tさん、Tさんそれぞれ挨拶。帰宅へ。

| | Comments (0)

『志望動機』の作り方

 就職活動/採用活動における面接の三大トピックは、相変わらず『自己アピール』、『大学在学中に頑張ったこと』、『志望動機』であるとのこと。いわゆるセミナーにおいてコンサルがレクチャーする『志望動機』の作り方は、定義上、出席者ほぼ全員につくれる気にさせるやり方を話さなければならない。しかし、選考活動の定義上、全員が同じ(ような)ことを言っていれば、ある人を選ぶ選抜要素にはならない。ということで、大教室において公的な性格が強いレクチャーになればなるほど、実際には使えない内容になっていく。例えば、企業理念を調べ、その中で自分にフィットする言葉を捜すという方法はその一例であろう。もちろん、これを使って面接を通過している人もいるのであろうが、それは別の点が評価されているのか、それとも幸運だったのかもしれない。まっとうな『志望動機の作り方』の第一条件は、あまり他人が真似できないものである必要がある。

 次に、服が好きだから服を扱っている○○、お菓子が好きだから菓子メーカー、という「好きだから」志望動機がある。言うまでもなく、嫌いでは困るが、好きだからといって動機としてはあまりたいしたことはない。服を作れるから服メーカー、ガムが自分で作れるから菓子メーカーというのなら別だが(いわゆる理系就活)、好き過ぎては弊害が出る場合さえあるだろう。○○を作れない○○マニアを○○会社は採用するだろうか。製品・サービスが好きだということはあまり志望動機としてはパッとしないということになる。

 ではどうしたらよいのか。三点で1セットあげてみよう。まず『私の志望動機は三つあります』と言おう。

 第一、他企業に真似のできない「当該企業の核」を具体的に指摘し、そこに関心があり、好きだと言おう。企業は経済学上の利益を出すことが期待されている。その根源は、他企業には真似のできない何か(企業の核、core competenceと昔は言った)であろう。特許で守られた技術でも良いし、人脈ネットワークでも良いし、規制・特権でもよい。先見の明でもよいし、なんでもよい。もし正社員として10年15年勤めるつもりであれば、その企業の中心が自分で見つからない限り、自分を託す気にはなれないだろう。それを探して、それが好きだ、それが自分と合っている、それを更に伸ばすことに関心があると言ってみたらどうだろう。最初に言ったようにこれを探すのはわかりやすくない。誰でもできることではないかもしれない。だからこそ選んでもらえる選抜要素になるのだ。

 第二は、会社の総体の中で自分の関心のある事業とその位置づけを語ってみよう。その会社は色んな事業をもっているかもしれない。なぜそうなのか考えてみよう。特に、その会社のもっているややマイナーな事業に自分の関心がある場合だ。その事業が当該会社の総体の中でどんな役割を果たしているか考え、その繋がりの中で私はこの事業に関心があると言ってみよう。この事業に自分が関わったときに他の事業への繋がり(シナジーと昔は言った)がこんな風に考えるかもしれないと具体的に言ってみよう。

 第三は、なんでもよい。ロゴが好き、社長が刺激することを言ってくれる(具体的に)、制服が素敵、会社の名前が良い、なんでもよい。ブランド力があるなんて言葉よりはよっぽど響くかもしれない。貴方の会社には体力が必要で私には体力があるというのも、上記二つを言ったあとではやや新鮮に響くかもしれない。これで終わり。

 最後にあまり言わなくてもよいこと。「当該会社の核」にならないこと。多くの企業にとって、福利厚生はエッセンシャルな部分を除いて会社の核ではない。もちろん、内定をとった後に企業を選ぶ上での条件にするのは当然OKである。ただし、企業は業績が悪化すると最初にカットするのが福利厚生であることが多い。10年・15年、その福利厚生が続くのか見極めておいてもよいかもしれない。

| | Comments (56)

今日は木曜日。

 雑務。Tさんと面談。ゼミOB/OGのWさん、Oさん、Aさん訪問、ランチ。Kさんと打ち合わせ。Nさんと面談。会議。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 授業準備。3年ゼミ。図書館。卒業生Aさんと遭遇、嬉しい。戻って昼は弁当、KさんNさんと一緒。授業準備。オムニバス講義初回に顔を出して、S先生と懇談。Surprise訪問で卒業生Kさん、とても嬉しい。1年ゼミ、みなさん元気で嬉しい。片付け、帰宅。

| | Comments (0)

Paul Krugman on Rachel Maddow Show (Apr.7, 2009)

Paul Krugman on Rachel Maddow Show (Apr.7, 2009).  At about 4 minutes after the beginning of the show.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 雑務。昼飯食べて図書館に行ったらYさんと遭遇。戻って授業準備。Tさんと遭遇。Iさんと遭遇、懇談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 在校生オリ。昼は弁当。皆さんと播磨坂で花見。美しい。帰宅。

| | Comments (0)

桜、桜、桜。

090405sakura 夜にライトアップもしていますが日曜日朝8時までがお勧めです。超メジャーですが、早起きする価値はあると思います。

| | Comments (0)

さて、ここはどこでしょうか?

090405landtmann 090405landtmann2 久しぶりに発見したのでアップ。『ウィーンで最もエレガントなカフェ』の海外一号店の入っているビルのテラス(左)です。意外と眺めが悪くありません(右)。テラスでシュニッツェルを食べながらホイリゲ飲みましょう。絶景かな、絶景かな、とまでは言えないにしても、、、。

| | Comments (2)

『大学の人文学に未来はあるか?』

ハンス・ウルリッヒ・グンブレヒト『大学の人文学に未来はあるか?』。リスクフル・シンキング、遠隔教育、問題解決。

| | Comments (0)

米国失業率は8.5%

米国失業率は8.5%(WSJ)。さらに、

A broader gauge of unemployment -- which counts Americans who want work but quit searching and people who want full-time jobs but settled for part-time work -- climbed to 15.6%.

サマーズは擁護しているが、金曜午後に出た報告では、メリル・リンチから11月12日の出演で4万5千ドルをもらって慈善事業に寄付したらしい。サマーズの価格は450万円/日だということがわかりました(WSJ)。8.5%は1月初旬にでたローマー et.alと比べると、すでに1%上回っている。同じ動き方をしても、Q3に10%を超えるかが政治的に重要。たしか、オバマはこの刺激策をやることで10%の失業率を防ぐと何回も言っていたような気がする。
 我が邦は、このポストが指摘したように、7%リスクがあるが、まずはその議論の資料として「経済危機克服の道筋について(有識者議員提出資料)」が重要である。この資料と議論を丁寧に読むことが重要である。以前、このポストではオークン係数の計測結果をメモしたが、経済財政諮問会議はより単純な「成長率▲3%で失業率は1%悪化」を使っている。2009年に失業率はほぼ6%に行く可能性が高く、7%もありうるということなのだ。ほぼ確実に、2009年秋から始まる次の就活は今回並もしくはそれ以上にきつい。そしてその次の年も予断は許さない。

 さて、議事要旨にもあり、有識者議員も述べた「GDPギャップをすべて財政で埋める考え方については、弊害が大きいのではないか」という意見の理由はなんだろうか。以前にレビューしたマーフィーが参考になるかもしれない。一つの考え方は、α=0, d=0, f=1を仮定しても、resource reallocationが想定されている場合には(外需から内需へに呼応して製造業から非製造業へなど)、GDPギャップをすべて財政で埋めようとするとλは1を超えるのだろう。するとα=0, d=0かつf=1という極端な仮定のもとでも、net gainはマイナスになってしまう。もう一つの考え方はfが小さくなる、つまりクラウディング・アウトが起きるということだろう。なお、wise spendingの裏にはλを小さいままにするという考えがあるに違いない。もちろん、なにがwiseがわかるのか?それはpicking the winnerだという反論もあるはずだ。

| | Comments (0)

OECDのタックス・ヘブン表

 G20でOECDに加盟していない中国が、フランスが推進したOECDによるタックス・ヘブン追跡に香港・マカオが含まれることを警戒して交渉がストップしたのをオバマが仲介したとの報道があった。G20を受けて、OECDはタックス・ヘブン表を公開した。中国はどう取り扱われているかというと、、、自分で見てみましょう。

| | Comments (0)

オバマは次の案を持っているのか?

Does Obama Have a Plan B?
by Adam S. Posen at Daily Beast
(Pointer to Economist's Free Exchange)

| | Comments (0)

BPEAのドラフトはこちら。

BPEAのドラフトはこちら。どれも面白そう。

| | Comments (0)

IMF専務理事はブラジル人かインド人、世銀総裁は中国人

 Simon Johonsonは、G20で重要だったのは、IMF専務理事を欧州人から切り離し、世銀総裁を米国人から切り離すことを暗黙に決定したことだと言っています。こちらこちら

| | Comments (1)

ポール・コリアーの新著プロモーション

 ポール・コリアーの新著(Wars, Guns, and Votes: Democracy in Dangerous Places)を出したので、プロモーションをFreakonomicsサイトでかけています。読むときには、Robert Batesの名著Prosperity and Violence: The Political Economy of Developmentと読み比べることにいたしましょう。

| | Comments (0)

フィリップスカーブの二つの形

FRBSF, The Risk of Deflation. (Pointer to Mark Thoma).  Very educational.

| | Comments (0)

北京の足の無い刺激策

APRIL 2, 2009, 12:27 P.M. ET
Beijing's 'Legless' Stimulus
It's not going to help China much, let alone the rest of the world.
By VICTOR SHIH
 結局、地方政府と非効率な国営企業にお金は行くだけで、結局は非効率的にお金が使われるとの意見。いわゆる内陸でたくさんのお金を使うには、こういう方法しかないのかも。この筆者は、こういう本を書いたようだ。目次を見る限りは、一国コンパラのMacro-political Economyだ。中国ウォッチャーは読んだほうがいいのだろう。素人考えでは、日本の「1970年代の公害対策から美濃部都政」のようなものが中国に起きるかが注目。筆者はこのブログも持っている。

| | Comments (0)

不良債権はどのくらい?

A task fit for Herculean policymakers
By Gillian Tett in London
Published: April 1 2009 22:49
 この記者は、日本の不良債権問題をきっちり取材したから、見方が非常にしっかりしている。どうもこういう本を書いたらしい。

| | Comments (0)

中国がはまったドルの罠

China’s Dollar Trap
By PAUL KRUGMAN
Published: April 2, 2009
 たぶん、PK as International Finance expertとして、ここ数年で一番のop-ed pieceではなかろうか。たぶん、Martin Wolfは「俺はこういうop-edを書きたかったのに、書けなかった」と切歯扼腕してくやしがっているだろう。凄い。

| | Comments (0)

『ワシントン・コンセンサスの時代が終わった』

 『ワシントン・コンセンサスの時代が終わった』とゴードン・ブラウンが言ったらしい。そして、記者会見でオバマはそのことについてコメントを求められたとのこと(Jake Tapper)。簡単に言うと、ゴードン・ブラウンはいわゆる「ワシントン・コンセンサスとして信じられているもの」について終わったと言い、オバマは正しいワシントン・コンセンサスの理解のもとでコメントを避けたのだと思う。それがわかるのは、comprehensive capital account liberalizationについての検討である。ワシントン・コンセンサスという言葉を最初に創ったジョン・ウィリアムソンによれば、意図的にcomprehensive capital account liberalizationは避け、対内直接投資の自由化に限定したのだという。もちろん、90年代にIMFがUS Treasuryと共にcomprehensive capital account liberalizationを提唱したと言ってよい。今回の危機では、欧州辺境(アイスランド、エストニアなど)を中心に典型的な通貨危機が起きており、その点ではcomprehensive capital account liberalizationを非難することもできよう。しかし、本当のワシントン・コンセンサスには入っていないのである。ワシントン・コンセンサスを正しく使えるか使えないかで、学部上級の国際開発をきちんと消化したかがよくわかる。もちろん、ゴードン・ブラウンはロンドンのデモ隊に何かを言わなければいけないので、「ワシントン・コンセンサス(として信じられているもの)」は終わったと言わざるをえないだろう。
 興味深いのは、今回、資金増となったIMFは、US Treasuryのくびきを離れ(?)、FSBを持ち(?)、これまで掲げてきたcomprehensive capital account liberalizationを促進するのではなく、何をマンデートとするかどうかだ。その試金石は、ロドリックがいみじくも指摘したように、人事にあらわれるはずである。なぜなら、

"the heads and senior leadership of the international financial institutions should be appointed through an open, transparent, and merit-based selection process"

だからである。誰?どういうmeritで選ぶ?経済学?国際金融実務?それとも政治?彼(女)は何を模範とする?アジャスタブル・ペッグ+資本移動規制のブレトン・ウッズⅠ?洞察力の高いロドリックは、すでにグローバリゼーションは簡単に終わらないと看破しているので、そういう意味では、選択肢は結構あるということになるはずだ。これまで考えられてきたnew international financial architectureの真の価値が測られるだろう。

| | Comments (0)

G20サイト

G20サイトはこちらロドリックの評価は「欧州の勝ち」。クルーグマンの評価は「予想より良し」。

| | Comments (0)

理念と利権

 Dani Rodrik, Ideas and interests.  いわゆるコンパラ、つまりComparative Politicsの中のPolitical Economyをやっている人には、大きな関心を持って危機以降の収拾劇、またG20を見ている人が多いだろう。昔、アジア経済危機のときにはHaggardがモノグラフを書いたが、今回は先進国をやっている学者の腕の見せ所だろう。そういう専門家たちは、Dani Rodrikの切れ味鋭いブログ・ポストを読んでどう思うだろうか。Rodrikはご丁寧に自分はEconomistだと再確認しているので、コンパラの細かい議論にはつきあわないだろうが、Peter Hallの論文をつけているのでコンパラに関心がある初学者(学部3年生?)には啓蒙になっている。なお、今回の危機はコンパラでもIR(特にIPE)でもアプローチできるだろうが、どちらが切れ味があるのか傍観者には興味深いところだ。
 興味深いのは、G20に際して、オーソドックスな金融政策の兵站が切れた米国・英国は財政拡大の強調を唱え、金融政策をECBに差し出した独・仏は社会保障があるがゆえに、財政拡大に慎重で国際的な金融規制に積極的だというところである。日本は前者に組しているだろうが、よりIMFなどの国際金融機関の強化を唱えているというところが特徴である。IMF強化は東欧の救済に自分の手をあまり汚さずにIMFを使いたい欧州に都合が良いということらしい。日本のこの行動は国際主義というideaに因るものだろうか?(この方は、首相の利権で解釈している)。そのIMFには米国の影響を大きく受けるメキシコが一番にcredit lineをもらおうと並んでいる。このあたりの様相を福祉国家をコンパラで分析してきた論者とIPEの専門家に、それぞれclearcutに説明してもらいたいものだ。その際には、理念(ideas)と利権(interests)だけでなく制度(institutions)も使って分析してもらいたい。その昔、G.アリソンが国益とSOPと利権のそれぞれを使ってキューバ危機を説明してみせたことを思い出す。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 ちょい仕事。昼はカップ麺。1年オリ、皆さん元気に学びましょう。会議。Tさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

住宅抵当権の実行での通訳の苦悩

APRIL 1, 2009
Separated by a Common Tongue: Foreclosures Trap Translators in Middle
Credit Crisis Brings Them More Business -- And Stress; Guilt Trips in Mandarin
By MIRIAM JORDAN
 こういう記事があるからWSJの購読はやめられない。

| | Comments (0)

極付歌舞伎謎解

51kohusul_sl500_aa240_松井今朝子『極付歌舞伎謎解』(NHK)。この内容で690円は超安。

時代々々の最先端を取り入れ、そのときに流行したものが、時代の波に洗われながらぽつんぽつんと残っていき、今に一つの断面をなしているというふうに考えられるわけです。

なんというか保守という概念の一つの定義のような「はじめに」です。

| | Comments (0)

Charlie Haden, Nocturne

41zn0rb8x6l_sl500_aa240_  Charlie Haden, Nocturne.  Nさん推奨。ゆったりとしていて素晴らしい。ウィスキー水割りでも飲みましょう。
1. En La Orilla Del Mundo (At The Edge Of The World)
2. Noche De Ronda (Night Of Wandering)
3. Nocturnal
4. Moonlight (Claro De Luna)
5. Yo Sin Ti (Me Without You)
6. No Te Empenes Mas (Don't Try Anymore)
7. Transparence
8. El Ciego (The Blind)
9. Nightfall
10. Tres Palabras (Three Words)
11. Contigo En La Distancia/En Nosotros (With You In The Distance/In Us)

| | Comments (16)

今日は水曜日。

 仕事。昼はA先生とランチ。仕事。帰宅。寒い。

| | Comments (0)

日本:個人株主の回帰

Japanese stocks
Wide girls
Mar 26th 2009 | TOKYO
From The Economist print edition
Mrs Watanabe is tiptoeing back into Japan’s stockmarket

| | Comments (0)

Great Depressions of the Twentieth Century

Kehoe and Prescott (eds.), Great Depressions of the Twentieth Century, Federal Reserve Bank of Minneapolis.

| | Comments (0)

OECD Interim Economic Outlook, March 2009

Oecd_trade_2 OECD Interim Economic Outlook, March 2009.
p.19の衝撃的なグラフ。

| | Comments (0)

G20の指導者は大きな挑戦に立ち向かえないだろう。

Why G20 leaders will fail to deal with the big challenge
By Martin Wolf
Published: March 31 2009 19:10
  ドイツ批判。ただし恒等式だけ見ていても駄目よね。関連して
Reform the International Monetary System
Zhou Xiaochuan

 こちらは「国際金融論」の試験に使える。『国際金融論の知見を使って、評せよ。』 なお、Googleが世界中の全てのネット文書をエスペラントに訳して、世界に供給し、世界エスペラント委員会が立ち上がったら、皆さん英語からエスペラントに移るかしら。

| | Comments (0)

ODAの終了:世界公共政策の死と再生

The End of ODA: Death and Rebirth of a Global Public Policy - Working Paper 167
Jean-Michel Severino and Olivier Ray
03/25/2009

 まぁなんというか行動国際金融というのか、リフレーミングというのか。

| | Comments (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »