« February 2009 | Main | April 2009 »

静かな国盗り

Simon Johnson, The Quiet Coup (The Atlantic).  Pointer to Dani Rodrik and Paul Krugman.

[後記]コメントを受けて、タイトルを「静かな争い」から「静かな国盗り」に変えました。

[後記]memo to self.  The article reminds me of Jagdish Bhagwati. In Defense of Globalization. (Oxford: 2004)  Chap. 13: "The Perils of Gung-ho International Financial Capitalism"  He coined "Wall Street-Treasury complex".

| | Comments (4)

今日は火曜日。

 仕事。昼はI先生とSさんと。仕事。N先生とお茶。帰宅。

| | Comments (0)

アンデスのムガベ?

LATIN AMERICA (The Atlantic)
The Mugabe of the Andes?
Why President Evo Morales’s racial politics in Bolivia may backfire
by Eliza Barclay

| | Comments (0)

メキシコの恐竜政治家は経済危機を利用している

OPINION: THE AMERICAS MARCH 30, 2009
Mexico's Dinosaurs Exploit the Crisis
A cautionary tale for those who see an opportunity to take over key elements of the economy.
By MARY ANASTASIA O'GRADY

 関連したEl Universalのop-edは下記。

Jesús Silva Herzog y Francisco Suárez Dávila
Hacienda: reprobada en derecho… y en nacionalismo
23 de marzo de 2009

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 雑務。I先生と懇談。昼はおにぎり。懇談会。楽しかった。

| | Comments (0)

みんなが計算したガイトナー・プット

みんなが計算したガイトナー・プットの計算式について、himaginary氏のまとめ。ビジネスマンとして常識なので必読文献。

| | Comments (0)

千鳥ヶ淵の桜ライブカメラ

千鳥ヶ淵の桜ライブカメラ

| | Comments (0)

市場の奥義

Paul Krugman, The Market Mystique (NYT), Additional inputs from Mr. himaginary, a great post for Japanese.  To me, this is what resource allocation is all about.

| | Comments (0)

大恐慌に関するフリードマン=アイケングリーン理論

THE FRIEDMAN-EICHENGREEN THEORY OF THE GREAT DEPRESSION, by Paul Krugman

| | Comments (0)

山県有朋、公的年金と財源の経済学、ロスコ:芸術家のリアリティ

 日経2009年3月29日書評欄、岡義武『山県有朋』、松本清張『象徴の設計』

| | Comments (0)

バービカン劇場「十二夜」評 (The Times)

The Times
March 26, 2009
Twelfth Night at the Barbican
Donald Hutera
 四つ星は上出来じゃないでしょうか。好評。
The Independent
Twelfth Night, Barbican Theatre, London
(Rated 3/ 5 )
A classic, lost in translation
Reviewed by Rhoda Koenig
 こちらは三つ星、かなり辛い評。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 半日合宿。東証、日本科学未来館、月島もんじゃ。あぁ楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

経済学を教えるためのアイデア

Ideas for teaching economics, by Arnold Kling. 北朝鮮のGDPに占める軍事支出の割合を調べよう。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

仕事。昼はNさんと。Nさん訪問。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

LA経済、長くなる下降

Lengthening the Downturn
March 17, 2009
By Gray Newman & team | New York

No Oil, No Problem?
February 24, 2009
By Luis Arcentales & Daniel Volberg | New York

Stress-Testing the Balance of Payments
March 11, 2009
By Luis Arcentales & Daniel Volberg | New York   

| | Comments (0)

フェイスブック世代 vs. フォーチュン500企業

 Gary Hamel’s Management 2.0, The Facebook Generation vs. the Fortune 500.  こういうことは自発的に自分では考えないので、よく聞くような話だが面白い。実際は、環境経営を実行するために椅子と机を激減させた企業のように、どう形に入れ込めるかが電気やITの歴史的経験からすると重要なのだろう。

| | Comments (0)

オバマの第二回記者会見

 24分40秒ごろがメキシコと国境問題。

| | Comments (0)

「文京区歩行喫煙等の禁止に関する条例」

「文京区歩行喫煙等の禁止に関する条例」

○ 施行期日     平成21年4月1日

サイトはここ

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。Kさんと昼食。面談。片付け二箱。帰宅。

| | Comments (0)

成功する銀行救済はまだまだ先

Successful bank rescue still far away
By Martin Wolf, FT
Published: March 24 2009 19:24
 一つの疑問は下記下線部。

The congressional response is a disaster. If enacted these ideas would lead to an exodus of qualified employees from US banks, undermine willingness to expand credit, destroy confidence in deals struck with the government and threaten the rule of law.

どこへ?欧州の銀行?日本の銀行?タックス・ヘブンのヘッジファンド?製造業?それとも休暇?当面、消費に専念してもらうのもありではないの?Resource reallocationに得意だとはあまり思えないのだけど、、、。

| | Comments (0)

NAFTAの約束果たされず

Nafta’s Promise, Unfulfilled
By ELISABETH MALKIN (NYT)
Published: March 23, 2009

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。Nさん、Aさん、Kさんを出迎え、慰労会ランチ。戻ってデザート、桜ロール超美味。仕事。ちょいと散歩して送って帰宅。

| | Comments (0)

弾力性楽観主義:海外財と国内財は実はもっと代替的

Elasticity optimism: Foreign and domestic goods are more substitutable than you think (VoxEU) これは国際マクロにとって非常に重要な実証研究。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 風で電車遅延。迂回して到着。卒業証書授与式。おめでとう。卒業パーティ。重ねておめでとう。楽しかった。

| | Comments (0)

メキシコは金利を大きく引き下げて景気浮揚を狙います

MARCH 20, 2009, 9:47 P.M. ET
Mexico Tries Bigger Cut in Key Rate
(WSJ)
By ANTHONY HARRUP and DAVID LUHNOW

| | Comments (0)

赤字が汚れた言葉でない時

Economic View
When ‘Deficit’ Isn’t a Dirty Word
By ROBERT H. FRANK (NYT)
Published: March 21, 2009

| | Comments (0)

スポーツ愛好者はサスペンスを求めるから、競技者の賞金支払方法が決まる

Sports fans’ demand for “suspense” drives design of reward schemes for players (VoxEU)

| | Comments (0)

金融システム改善策に絶望して(PK)

 そうですか、スウェーデン方式には行けませんでしたか。(PK's post) 後に書いたこちらは銀行危機論のABC、初学者にはmust-read。

| | Comments (0)

世界同時不況

419uekon0l_sl500_aa240_ 岩田 規久男『世界同時不況』(ちくま新書)。ここ2ヶ月で読むべきマクロ経済の新書と言えば、これでしょう。スタンダード。

| | Comments (0)

(質・)量的緩和で高く国債を買ってしまうと、、、。(PK戦線復帰)

 PKが欧州旅行を終え(国際マクロop-edは大事)、戦線に復帰した。このポストでは信用緩和で高い価格で国債を買ってしまうと、後の正常時に安く売らなければならなくなるのでかなりの損失が発生すると封筒の裏で計算をしている。資産1兆ドルに対する負債側の預金準備に対する貨幣需要は、インフレ率が上がれば実質で考えることになるので1兆ドル全てを買い取る必要はないだろう。しかし、その分は一桁小さいので、この分を考慮してもやはり中銀はそれなりの損失は発生してしまうことになるはずだ。組織の独立性や中銀バランスシートからの損失に敏感な組織人からすると耐えられないかもしれない。結局、政府の一部分と言えばそれまでで、このポイント自体を予防的に出しているポストなのだ。コメントの質が総じて高い。勉強になる。

[後記]関連してde Longのポスト

| | Comments (0)

銀行屋と手を切れ。

Op-Ed Contributors
Off With the Bankers
By SIMON JOHNSON and JAMES KWAK
Published: March 19, 2009

| | Comments (0)

中銀の非伝統的政策おさらい (Economist)

Economics focus
Money's muddled message
Mar 19th 2009
From The Economist print edition

Econbrowserのハミルトンのポストも押えよう。

| | Comments (0)

キューバWBCチームの医者はフィデル・カストロの息子。

 キューバWBCチームの医者はフィデル・カストロの息子だとのこと。詳しくはこの記事

| | Comments (1)

ロバート・マンデルはハバナに行って講演したとのこと。

 ロバート・マンデルはハバナに行って講演したとのこと。Pointer to Norman Girvan via Dani Rodrik.

| | Comments (0)

H.G. Wells、ロンドン、サミットの失敗

 Dani Rodrik, H.G. Wells, London, and the failure of summits. H.G. Wells氏は国際ペンクラブの二代目会長だったのだ。とにもかくにも1933年との比較。なお、himaginary氏のこのポストを見ていたら、サマーズのこのshort essayのことを思い出した。

| | Comments (0)

今週学んだ英語表現

half again as fast as

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 仕事。昼はオムライス。仕事。バス。

| | Comments (0)

We have magneto trouble.

Title: The Great Slump of 1930
Author: Keynes, John Maynard (1883-1946)
Date of first publication: 1930

| | Comments (0)

リクルーター面談もしくはリクルーター面接もしくはリク面

 Yahoo知恵袋より。「リクルーター面談についてお尋ねします。リク面における学生選定の基準とは何なのでしょうか?
 ESから面接へと続く、「オフィシャル」な流れと同時並行に流れる半オフィシャルな流れ。会社によっていろんな使い方(例えば、選び方にも前向きや後ろ向き)があろうし、なかなか消耗戦だろう。無意識(受動的)⇒意識化⇒視覚化(見える化)の中でどう押えるか、かしら、選ぶほうも選ばれるほうも。

| | Comments (27)

(3/18)国債買い取り額「かなり限界に近い」 日銀総裁会見

Nikkei Netより。普通、組織の長は、やれることが限界にきているとは外に向かって言わないものだが、、、。

更新:03月19日 00:39
(3/18)国債買い取り額「かなり限界に近い」 日銀総裁会見

 日銀の白川方明総裁は18日、長期国債の買い取り増額を決めた金融政策決定会合の後に記者会見し、「(買い取り額は)かなり限界に近い」と述べて日銀券発行残高の範囲内に収めるルールの枠内でぎりぎりまで拡大したという認識を明らかにした。長期資金の供給増を通じて市場の安定確保に全力を挙げ、景気の落ち込みを防ぐ姿勢を強調した。

 会合では政策委員の全員一致で増額を決めた。日銀はコマーシャルペーパー(CP)買い取りなど企業の資金繰り支援策を相次ぎ実施。総裁は「年度末の資金繰りにはおおむねメドがついた」とする一方、「年度明け後も厳しい経済金融情勢が続くとみられ、引き続き積極的な資金供給を行っていくことが重要と判断した」と語った。

 市場では政府の財政支出拡大に伴う国債増発で長期金利が上昇するのを抑える狙いがあるとの見方がある。総裁は「今後の国債増発への対応を念頭に置いて実施するわけではない」とし、財政の穴埋めや長期金利を低下させることが目的ではないと強調した。

| | Comments (0)

モルガン・スタンレー社はThe Baseline Scenarioをブロックしているらしい

The Baseline Scenario, Baseline Blocking. アハハ。いや笑い事ではない。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼はにぎり飯。仕事中、ミスに気がつくが取り戻す。ヤレヤレ。帰宅。

| | Comments (0)

米国議会はNAFTAを尊重してません

MARCH 18, 2009
Congress Doesn't Respect Nafta
By ARTURO SARUKHAN (WSJ)
Mr. Sarukhan is Mexico's ambassador to the United States.

| | Comments (0)

保護主義の誘惑 (Mark Thoma)

The Temptation for Protectionism: Lessons from the Great Depression (pointer to Mark Thoma).

| | Comments (0)

AIGでボーナスは支払うべきだという賛成意見

Dealbook
The Case for Paying Out Bonuses at A.I.G.
By ANDREW ROSS SORKIN (NYT)
Published: March 16, 2009

I think the case is weak.

| | Comments (0)

メキシコの貿易口論での反攻

MARCH 17, 2009
Mexico Strikes Back in Trade Spat
By GREG HITT, CHRISTOPHER CONKEY and JOSE DE CORDOBA

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。昼はラーメン。仕事。会議。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

世界の果てで出会うもの

 今頃のポストで恐縮だが、毎年アカデミー賞で楽しみにしているのはドキュメンタリー部門だ。今年の候補作で最も観たいのはENCOUNTERS AT THE END OF THE WORLDだ。これを大スクリーンで見たらとっても楽しいだろう。なんと作成者の一人がヴェルナー・ヘルツォーク(「フィツカラルド」「アギーレ/神の怒り」)なのだ。

| | Comments (0)

米国財務省はスウェーデン専門家を招請したとのこと

Insight: US is ready for Swedish lesson on banks
By Gillian Tett
Published: March 12 2009 19:13

| | Comments (0)

マーティン・ウルフ:なぜG20は需要下支えに集中すべきなのか

Why the G20 must focus on sustaining demand
By Martin Wolf (FT)
Published: March 10 2009 20:3

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 電話開通。仕事。昼は丼。仕事。生産性低い。帰宅。

| | Comments (0)

マンキュー:予算案にメッセージを見つける

Economic View (NYT)
Finding Messages in a Blueprint
By N. GREGORY MANKIW
Published: March 14, 2009

| | Comments (0)

スケジュール調整サービス:伝助

スケジュール調整サービス:伝助

| | Comments (0)

サマーズ:珍しい類の不景気への対応法

March 13, 2009, 10:47 AM ET (WSJ RTE)
Summers on How to Deal With a ‘Rarer Kind of Recession’
 輸出、保健、エネルギー、教育で進むというのだが、貿易財/非貿易財の相対価格とは整合的だろうか。

| | Comments (0)

G20 Wishlist

G20 Wishlist at FT.  Excellent.

| | Comments (0)

ダニ・ロドリック:世界金融についてのBプラン

Economics focus
A Plan B for global finance
Mar 12th 2009
From The Economist print edition
 需要刺激策の国際協調と、世界金融の規制は全く違うもの。Mark Thomaがその後のRoundtableをまとめている。

| | Comments (0)

アマルティア・セン: 危機の向こうにある資本主義

Capitalism Beyond the Crisis
By Amartya Sen (NYRoB)
 関連してBill Easteryのブログ・ポスト

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 朝昼食は丼、卵、味噌汁、野菜サラダでパワーブランチ。仕事。低い生産性。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 10時半到着。仕事。昼飯はパスタ。Kさんと懇談。会議。帰宅。Hさん、Sさん、Mさん、Y?さんと夕飯。

| | Comments (0)

Coldplay: Viva La Vida or Death And All His Friends

611o6extubl_sl500_aa240_ Coldplay: Viva La Vida or Death And All His Friends.  60 Minutesだったかボーカルのインタビューをやっていて面白かったので聴く。三味線で聴いても合うような音楽だ。

| | Comments (0)

2009年の経済回復にとっての大恐慌からの教訓

 Christina Romer: Lessons from the Great Depression for Economic Recovery in 2009.  私の知る限り、オバマ政権の経済刺激策についてのもっともわかりやすい論説。(Pointer to Mankiw)。いわゆる経済学部三年生で簡単に読める内容。なお、マンキューが紹介しているということで、こちらのEconomistのブログ・ポスもmemo to self。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 仕事。昼はおにぎり。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

IMFはどうすれば世界経済を救えるか

Ted Truman, How the Fund can help save the world economy (FT)

| | Comments (0)

1980年代にYes, MinisterというBBCのテレビ・シリーズがあった

 今日知ったこと。1980年代にYes, MinisterというBBCのテレビ・シリーズがあったとのこと。Wikipediaによれば、サッチャー首相のお気に入り番組であったらしい。PK, The Return of DE and the C of 2008, p.36.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 仕事。昼は弁当。仕事、整理整頓。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 片付け。昼は刺身定食。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

Jake Adelstein on the Yakuza

Jake Adelstein on the Yakuza
A creeping sickness
For the 84,000 known members of the Yakuza in Japan, organised crime is almost too easy. They even have a fan magazine

| | Comments (0)

ダウ3万6千を待ちながら

Waiting for 'Dow 36,000'
Interview by Carlos Lozada
Sunday, March 8, 2009; Page B02
 しばしばPKが茶化していたDow 36,000という本があった。その著者の一人であるJames Glassmanへのインタビュー。もっとも分裂症気味のコメントはここだろう。

No, and I think if there was a mistake in "Dow 36,000," it was that we in that one sentence did hazard a guess. We sort of said two different things: It's impossible to predict when this is going to happen, and then we said, well, we'll predict it anyway.

ヤレヤレ。

| | Comments (0)

ちょっと待て、国有化

Economic View
Nationalize? Hey, Not So Fast
By ALAN S. BLINDER
Published: March 7, 2009

| | Comments (0)

今日学んだ英語表現

 non-sequitur (ノン・セクワーター):前提と連絡の無い不合理な推論(結論)、(今までの話題とは)関係の無い話 [L=it does not follow.]
 つまり、スペイン語で言えば、No sigue.ということか。Dani Rodrikのこれ。元はこれ

| | Comments (0)

東欧銀行の資産

Economist, Eastern European banks: The ties that bind.

| | Comments (2)

【「コント:ポール君とグレッグ君」の2009年第3弾】はmust-read

「コント:ポール君とグレッグ君」の2009年第3弾】is a must-read post.  David Altig is very insightful, I think, from policy maker's point of view.  Japanese experience could be re-evaluated in this sense.  While Irregular Economist made a nice post, Hideomi Tanaka showed us a brilliant insight.

| | Comments (547)

トルーマン主義

PK, The Truman doctrine.  WSJ-RTE, Will Truman Policies Prevail at Treasury?  とにもかくにも、トルーマンはG20の指揮を執るのでしょう。London G20よりも、その次へのステップが気になる。アルゼンチンは外されるか?

Mr. Truman will be working on international issues in advance of the G-20 summit in London on April 2, which will take up financial regulation, fiscal stimulus and reform of the International Monetary Fund.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

9時半到着。引越し。A先生と移動、昼飯。一応、体裁を整え、帰宅。

| | Comments (0)

富裕と倫理

BOOKS
MARCH 5, 2009
Bookshelf
Affluence and Ethics
By WILLIAM EASTERLY
Helping the poor: What can be done must be done. So what truly can be done?

| | Comments (0)

野党リーダー・リンボー

Minority Leader Limbaugh
By David Plouffe (WaPo)
Wednesday, March 4, 2009; Page A15
 昔は、ラッシュ・リンボーのラジオを英語ヒアリング練習としてよく聴いたものだった。call-in番組はいろんなアクセントや訛りが出てくるから勉強になりました。面白い表現はこれ。キキキーッというあれである。

(T)his sounded like fingernails on a chalkboard.

DemのLimbaugh strategyについてはこれ。米国政治ジャンキーには必読。

| | Comments (0)

『ジャパンはメージャーで勝てるの?』

SPORTS
MARCH 4, 2009, 9:59 P.M. ET
The Count (WSJ)
Could Japan's Team Compete in the Majors?

| | Comments (0)

ツンドラ上のウォール・ストリート

Wall Street on the Tundra
by Michael Lewis April 2009 (Vanity Fair)
Iceland’s de facto bankruptcy—its currency (the krona) is kaput, its debt is 850 percent of G.D.P., its people are hoarding food and cash and blowing up their new Range Rovers for the insurance—resulted from a stunning collective madness. What led a tiny fishing nation, population 300,000, to decide, around 2003, to re-invent itself as a global financial power? In Reykjavík, where men are men, and the women seem to have completely given up on them, the author follows the peculiarly Icelandic logic behind the meltdown.

| | Comments (0)

バローによれば弱恐慌の確率は20%

OPINION
MARCH 4, 2009, 10:05 A.M. ET
ROBERT J. BARRO
(WSJ)
What Are the Odds of a Depression?
International evidence suggests there is a 20% chance our stock-market crash will lead to much worse.  (Pointer to Mark Thoma)
元論文はこれ。 

| | Comments (0)

Cash-in-Advanceモデル制約と流動性の罠のモデル化

Cash-in-advance constraints and modeling liquidity traps
Nick Rowe

| | Comments (8)

DSGEはチャールズ・グッドハートが関心をもつ全てを除外している。

 マクロ経済学の現状についてのWillem Buiterの見立て

Charles Goodhart, ... , once said of the Dynamic Stochastic General Equilibrium approach which for a while was the staple of central banks’ internal modelling: “It excludes everything I am interested in”. He was right.  It excludes everything relevant to the pursuit of financial stability.

| | Comments (0)

『国有化するかしないか、それが問題だ』

To nationalise or not – that is the question
By Martin Wolf (FT)
Published: March 3 2009 19:52

| | Comments (0)

『個人の自由を尊重すると繁栄に繋がる』

Bill Easterly's blog post at Aid Watch:

So the bottom line (again drastically oversimplified) could be something like “the value of individual liberty promotes prosperity.”

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。整理整頓。会議。昼はI先生、S先生と。整理。Tさん訪問、成長に驚く。帰宅。Vinorio、ビーチ最高、Nさんの慰労会。ありがとう。I owe you a lot.  BTW, "For the Love of You"が好きだなんて、、、伊藤さん、素晴らしい。

| | Comments (0)

『ダメなものは、タメになる』

スティーブン・ジョンソン『ダメなものは、タメになる:テレビやゲームは頭を良くしている』SHOEISHA。快著。勉強になりました。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 10時半到着。片付け。Kさん、Sさん、N先生と懇談・昼食。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

【マクロ経済の安定と金融規制:G20への重要課題】

Macroeconomic Stability and Financial Regulation: Key Issues for the G20 (VoxEU).  I must read this.

| | Comments (0)

満腹の復讐

Op-Ed Columnist
Revenge of the Glut
By Paul Krugman
Published: March 1, 2009 (Pointer to Mark Thoma)

| | Comments (0)

G20、世界統治、まだ見つかっていない「ビジョン」

The G20, global governance, and the missing “vision” by Barry Eichengreen at VoxEU

| | Comments (0)

若田部昌澄『守れるか自由貿易体制』

日本経済新聞2009年3月2日(月)17面経済教室。ドーハ・ラウンドの代わりに、そして、マクロ経済政策の協調のフォーラムとしての、G20の重要性。フリーデンらのIPEの貢献はG20設計にどう生かせるか。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。Aさん、Tさんの助けを借りて梱包。昼はカレー。梱包。Thanks。帰宅。

| | Comments (0)

監督者へのメッセージ:銀行を早急に直しなさい (NYT, Tyler Cowen)

Economic View
Message to Regulators: Bank Fix Needed Quickly
By TYLER COWEN
Published: February 28, 2009

A NEW bank rescue plan may be more crucial right now than the fiscal stimulus package enacted last month. Yet we don’t seem capable of finding a clear path toward cleaning up our major financial institutions.

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »