« モルガン・スタンレー社はThe Baseline Scenarioをブロックしているらしい | Main | リクルーター面談もしくはリクルーター面接もしくはリク面 »

(3/18)国債買い取り額「かなり限界に近い」 日銀総裁会見

Nikkei Netより。普通、組織の長は、やれることが限界にきているとは外に向かって言わないものだが、、、。

更新:03月19日 00:39
(3/18)国債買い取り額「かなり限界に近い」 日銀総裁会見

 日銀の白川方明総裁は18日、長期国債の買い取り増額を決めた金融政策決定会合の後に記者会見し、「(買い取り額は)かなり限界に近い」と述べて日銀券発行残高の範囲内に収めるルールの枠内でぎりぎりまで拡大したという認識を明らかにした。長期資金の供給増を通じて市場の安定確保に全力を挙げ、景気の落ち込みを防ぐ姿勢を強調した。

 会合では政策委員の全員一致で増額を決めた。日銀はコマーシャルペーパー(CP)買い取りなど企業の資金繰り支援策を相次ぎ実施。総裁は「年度末の資金繰りにはおおむねメドがついた」とする一方、「年度明け後も厳しい経済金融情勢が続くとみられ、引き続き積極的な資金供給を行っていくことが重要と判断した」と語った。

 市場では政府の財政支出拡大に伴う国債増発で長期金利が上昇するのを抑える狙いがあるとの見方がある。総裁は「今後の国債増発への対応を念頭に置いて実施するわけではない」とし、財政の穴埋めや長期金利を低下させることが目的ではないと強調した。

|

« モルガン・スタンレー社はThe Baseline Scenarioをブロックしているらしい | Main | リクルーター面談もしくはリクルーター面接もしくはリク面 »

【日本経済論】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モルガン・スタンレー社はThe Baseline Scenarioをブロックしているらしい | Main | リクルーター面談もしくはリクルーター面接もしくはリク面 »