« 恐慌を話すと恐慌になるの? | Main | 今日は月曜日。 »

【経済学者とブログ】について雑感

 【経済学者とブログ】と題されたhimaginary氏のブログ・ポスト。傾聴に値する。以前、フリードマンが言っていたと伝えられる「世の中に影響を与えたかったら政府で短期間(2年)働くより、op-edを書け」という発言を前置きにすると、ブログ・ポストとop-edと研究を比べるのが良いだろうと思う。私にとっては、優れたブログ・ポストはop-edより速く、優るとも劣らない内容を持っているように思う。特に、この夏以降の金融危機⇒世界経済危機では色んなお教えを諸処のブログより受けたと思う。私は自分が読む邦ブログの諸氏がしばしば眉を顰める某アルファブロガーのブログは全く読まないのだが、himaginary氏が引用されたサイトのこの指摘は強すぎる印象はあるが、そういう部分もあるかもしれないなぁと想像するところもある。

ある意味、勝○和○のバ△本に騙される新入社員と同じだ。30代の現状に不満を持つ優秀な組織の中堅を洗脳するのがi____n____ブログなのだ。<注:○や△や____で伏字にしてます、オリジナルをご参照のこと>

「30代の現状に不満を持つ優秀な組織の中堅」の頭の中に関心がある学者(経営学者と一部の社会学者と経済学者だろうか)は、そういうアンケートをしてもいいかもしれない。リーダーシップ論を専攻されている人々はこういうことに自ずと学問的関心を持つのではないだろうか?あと、勝○和○氏の本も一冊も読んでいないので、バ△本かどうかは全く判断しかねる。ここも新卒労働市場に関心がある学者は研究したほうがよいのだろう。

【後記】himaginary氏はBuiterも紹介している。

|

« 恐慌を話すと恐慌になるの? | Main | 今日は月曜日。 »

Economics」カテゴリの記事

Comments

うーむ,G.ParlatoのギターがL.Luekeだったとは.ソロアルバムよりもずっといいような気が...

Posted by: YN | 2009.02.23 at 03:10 PM

YNさん、やはりG.Parlatoを発見しましたね。ひょっとしたら、来るかなぁと思いました。ハハハ。ではでは。

Posted by: ひさまつ | 2009.02.24 at 12:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 恐慌を話すと恐慌になるの? | Main | 今日は月曜日。 »