« AARPから憶測できるオバマ政権の経済政策形成スタイル | Main | 【「小さく産んで・・・」は正解か】 »

【雪解けの兆候】

 TED spreadとリスク・プレミアムが縮まっているとのHamiltonのポスト。これは、バランス・シートの左側(資産側)を積極的に使った、つまり、金融システムに積極的に介入したFedの効果と言っている。そして、FedはBSの収縮を始めているという。今後はインフレ/デフレ期待が大事だ。当面、5年もの国債比較でみても、一応、デフレ予想は出てないのだが、ここでまた自動車会社とか金融機関の破綻が起きると新たな局面になってしまう。1月20日以降は、全面的に支えに来るだろうが、油断は許さない。ターゲッティングと中長期的な金利上昇と財政収支の維持可能性で、ターゲッティングをしてくるかどうか。

【後記】ゲーリー・ベッカーが経済刺激策についてコメントしてます。tax cutの一時性と恒久性について指摘してます。そのほかは、インパクトが小さいだろうと。

As Posner and others have indicated, there appears to have been a huge conversion of economists toward Keynesian deficit spenders, but the evidence that produced such a "conversion" is not apparent (although maybe most economists were closet Keynesians all along). This is a serious recession, but Romer and Bernstein project a peak unemployment rate without the stimulus of about 9%. The 1981-82 recession had a peak unemployment rate of about 10.5%, but there was no apparent major "conversion" of economists at that time. What is so different about the present recession compared to that one, and to other recessions since then, that would greatly raise the estimated stimulating effects of government spending on various types of goods and services?

1981-2は、いわゆるボルカー利上げの不況ですよね。あれは、シカゴ(フリードマン)の意見が通り、そして、それが正しかったので、conversionは逆側に起きたのでしょう。もちろん、そのこととparameterは関係ないのですが、一流の皮肉ですね。

|

« AARPから憶測できるオバマ政権の経済政策形成スタイル | Main | 【「小さく産んで・・・」は正解か】 »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AARPから憶測できるオバマ政権の経済政策形成スタイル | Main | 【「小さく産んで・・・」は正解か】 »