« Shinshun Asakusa Kabuki (Matinee) | Main | 『テクストと人文学』 »

下條 信輔 『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代』

41x4uphlsl_sl500_aa240_下條 信輔『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代』(ちくま新書)。Nさんのお勧め。ナノ、ミクロでは非常に示唆的。メソからマクロになってくると、もうちょっと複雑じゃないの???と突っ込みたくなる。例えば、ヒット曲のリバイバル・ヒットとか(p.84)
 「単純接触効果」(p.159):単純にただ繰り返し感覚的に経験するだけで、その対象をますます好きになってしまう現象。選挙では、政策を詳しく説明するよりは名前を連呼し、メディアに露出して「顔を売る」のが得策とされる理由。
 「感覚すること自体の内部的報酬」(p.80):伝統的な心理学では、外部報酬のみを取り扱ってきた。

|

« Shinshun Asakusa Kabuki (Matinee) | Main | 『テクストと人文学』 »

Memo to myself」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Shinshun Asakusa Kabuki (Matinee) | Main | 『テクストと人文学』 »