« 対談:篠田正浩さんと松井今朝子さん | Main | Zohiki Tokaeri no Matsu Ikiji Kurabe Hade na Nakacho »

"It takes two nominals to make a real"

 経済学者のお行儀のよさ(ひいてはintegrity)を問うクルーグマンのブログ・ポスト。話題に上がっているのは『資本主義は嫌いですか―それでもマネーは世界を動かす』で特筆されているラジャンのペーパーとそれに対する経済学者の反応である。The Return of Depression Economicsの最終部で、ガイトナー講演の広範な引用がなされていることが目を引いたが、ほぼラリー・サマーズへの引用が無いことにも注意することができる。以前(というより大昔)、クルーグマンは師匠ドーンブッシュによるラリー・サマーズ評を紹介していたが、ラリー・サマーズかvisionaryかどうかは次の職でもやや(おそらくは2年後)試されるであろうので、興味深い。
 なお、検索をしていたら、デフレ・ポストに次の興味深い表現が出てきた。昔読んだはずなのに全く覚えていない、ヤレヤレ。

While Milton Friedman's dictum that "inflation is always and everywhere a monetary phenomenon" may be the most famous tag line in monetary economics, I have always preferred a dictum I first heard from Rudi Dornbusch: "It takes two nominals to make a real". A change in a nominal variable, like the money supply, can affect the real economy only if some other nominal variable, like wages, is "sticky" enough to give it some traction.

|

« 対談:篠田正浩さんと松井今朝子さん | Main | Zohiki Tokaeri no Matsu Ikiji Kurabe Hade na Nakacho »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 対談:篠田正浩さんと松井今朝子さん | Main | Zohiki Tokaeri no Matsu Ikiji Kurabe Hade na Nakacho »