« December 2008 | Main | February 2009 »

(国際)教養風の社会科学教材マニュアル草稿

 (国際)教養風の社会科学教材マニュアル草稿を見るには「090131English.pdf」をダウンロード 。新3年生が自分で作れるように、マニュアルを書いてみました。こういう教材を自分で作るのが社会科学、ロジカル・シンキング、英語の上達の近道だと思います。野暮ったくてすみません。

| | Comments (2)

NHK: 『失職外国人の子ども 支援強化』

 NHK: 『失職外国人の子ども 支援強化』。読むには「NHK0901030foreigners.txt」をダウンロード 。日本語版および英語版はここ(access restricted)。

| | Comments (0)

NHK: 『政府 米の保護主義をけん制へ』

 NHK: 『政府 米の保護主義をけん制へ』。読むには「090131NHKprotectionism.txt」をダウンロード 。英語版および日本語版はここ(restricted)。

| | Comments (0)

Vado HD videocamera

三脚をつけるネジ穴が無いあるVado HD videocamera

| | Comments (0)

ビデオカメラ付き腕時計

 まぁ不恰好なビデオカメラ付き腕時計

| | Comments (0)

iClicker

Brad de Long finds iClicker.

| | Comments (0)

ジェフリー・サックスとウィリアム・イースタリーの意見の一致

  Bill Easterly supported the fiscal conservative call of Jeffrey Sachs, saying that in the time of crisis economists go back to basics.
  I have to think it through.  But, it seems to me that in the current situation two of the most sacred principles of economists depend on international economic coordination.  Free trade, which is one of the principles, could diminish the impact of massive fiscal stimulus.  So, government might call for "Buy National", otherwise, the stimulus should be bigger impairing fiscal sustainability, another sacred principle.  What is required is simultaneous and coordinated international fiscal expansion, which ensures both free trade and long-term fiscal sustainability.  This should be the G20 agenda, and that is what should be discussed both in Davos and Belem right now.

| | Comments (0)

損傷もしくは自損行為(Damnification)

   In this post of damnification, PK is worried about deflation in the US, focused on employment cost index.  This reminds me that my teacher KI observed that in Japan nominal wage did decline in those days (90s).  Leaving aside the real/nominal wage issues in the labor market, the impact of declining employment cost might affect more deflation expectation.

| | Comments (0)

『アメリカ製を買う』、つまり米国の保護主義について

Brad de Long is worried about "Buy American" clause in the economic stimulus package.  This reminds me of insightful Dani Rodrik's post a while ago.  Worrisome.

| | Comments (0)

アンガス・ディートンの開発経済学レビュー

Angus Deaton reviewed the current state of development economics here (Pointer to Steven Levitt at Freakonomics site).

| | Comments (3)

今日は金曜日。

 10時半到着。仕事。昼は定食。仕事。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。補講。Kさんと学食で定食。雑務。Tさん訪問。健康お大事に。帰宅は鉄道事故による迂回でヤレヤレ。

| | Comments (0)

The G20 agenda formulation by Dani Rodrik

The G20 agenda formulation by Dani Rodrik.

| | Comments (0)

S&P/Case-Shiller report

WSJ RTE on S&P/Case-Shiller report.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。研究室訪問。昼はサンドウィッチなど。ゼミ選考会。OB/OG訪問。質問。帰宅は偶々学生と一緒。

| | Comments (0)

ウィリアム・イースタリーのブログ

 ウィリアム・イースタリーがブログを始めたとのこと。その名もAid Watch。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。全日、研究室訪問日、来てくれた方々に感謝。帰宅。

| | Comments (0)

ダニ・ロドリックの経済刺激策へのブログ・ポスト

 ダニ・ロドリックの経済刺激策へのブログ・ポストJohn Cochraneは必読だそうだ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼はおにぎり。研究室訪問。3時限はミクロ最終講、お疲れ様。4時限に1年生4名訪問。Best wishes。5時限はthe last class of Japanese Economy。You guys did a great job. 研究室訪問。帰宅。

| | Comments (0)

ケビン・マーフィーによる最良の反財政刺激論

 Brad de Long commented on the post made by Yglesias regarding the Murphy's 5 page slides.  I have to read it carefully.

【後記】Arnold Kling explains here.

| | Comments (0)

Asakusa Kabuki, Evening Show

Ippon Gatana Dohyo Iri (The Entrance into the Sumo Wrestling Ring, with Sword)
KYOKANOKO MUSUME DOJOJI (The Maiden at Dojoji Temple)

| | Comments (0)

経済刺激策の法案

 米国での経済刺激策の法案はこことのこと(pointer to Jake Tapper)。さて、当地日本の第二次補正案の法案はどこにあるかと、衆議院や参議院サイトを探してもまだ出てこない。探し方が悪いのだろう、ヤレヤレ。じゃぁ、どう探せばいいのか、ジャーナリストでweb logをやっている人を探せば、真面目な人なら法案へのリンクを載せてくれているだろう。

【後記】Iさんが教えてくれました。

予算関連法案のリンクは以下のとおりです(1/5提出分。財務省HP)。
http://www.mof.go.jp/houan/171/houan.htm
閣議決定後に各省のウェブにのり、国会提出後に院のサイトに載るのだと思います。

感謝感激。もつべきものは友人とWeb Log?Thanks a million.

【再度の後記】なお、Iさんによれば、関連法案はそれぞれの担当省で管轄しているとのことです。やはり、衆議院や参議院サイトでリンクを貼るべきでしょう。省益あって、、、?ヤレヤレ。

| | Comments (0)

ウェスト・ウィングの部屋割り(WaPo)

 ウェスト・ウィングの部屋割りがWaPoに記事つきで紹介されている。Pete Rouseが従来deputy chief of staffに与えられていた部屋を占めたそうである。経済政策過程の視点からすると、サマーズの部屋は2階の18番で窓がついているだろう。そして、19番が未定というのが興味深い。サマーズのdeputyがとるのか?ボルカーではないだろうし、このサイズでは、CEA headというわけにはいかないだろう。やはり、Jason Furmanか?

| | Comments (0)

"Change!"

For Political Appointees, a Trickle-In Theory
In Awkward Phase, Newbies Are Getting Oriented Amid Still-Empty Cubicles
By Joel Achenbach and Amy Goldstein
Washington Post Staff Writers
Saturday, January 24, 2009; Page A01

At the Labor Department building on Constitution Avenue, the new administration means that the TVs in the main lobby are now tuned to CNN after years of Fox News.

| | Comments (0)

Economic Gangstersと『山口組概論』

51vnb3bwfl_bo2204203200_pisitbstick 411jf0ddybl_sl500_aa240_  Raymond Fisman, and Edward Miguel, Economic Gangsters: Corruption, Violence, and the Poverty of Nations.  猪野 健治『山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか』。
 前者は読みかけ、Nさんのお勧めの後者は速読。Nさん仰るとおり、小林信彦の唐獅子シリーズと併せて読むと非常に良い。暴力の問題は、現況の開発を考えるときに避けて通れない話なので、非常に重要。

| | Comments (0)

リカルド・カバレロ:ナイト的不確実性が危機の原因

 A global perspective on the great financial insurance run: Causes, consequences, and solutions (Part 1) (Part 2)

| | Comments (0)

Ave Maria perfomed by Jorge Aragão (ジョルジュ・アラゴンでいいのかな?)

I have never heard like this before.

| | Comments (0)

早く入って早く出る: 英誌エコノミストが見た日本経済の現状

Japan
Early in, early out
Jan 22nd 2009 | TOKYO
From The Economist print edition
An economy not hit directly by the financial storm is shrinking much faster than any other developed one

| | Comments (0)

ブラッド・セッツァーがガイトナー財務長官候補の為替レート発言にコメントしました

  Brad Setser made a blog post on Tim Geithner's remark on Chinese exchange rate "manipulation".  Geithner's remark is geithnerquestions2009.pdf.

| | Comments (0)

メキシコへの海外送金:アメリカン・ドリームの終焉

Remittances to Mexico
The end of the American dream
Dec 11th 2008 | CHINCUA
From The Economist print edition
The recession up north bites in rural Mexico

| | Comments (0)

中国CCTVはオバマ就任演説を途中で打ち切ったとのこと。

 中国CCTVはオバマ就任演説を途中で打ち切ったとのこと。ジェームス・ファローズのブログ・ポスト(これこれ)。その模様はここに。

| | Comments (0)

Janurary Grand Kabuki, Evening Show

KOTOBUKI SOGA NO TAIMEN
(The Encounter of the Soga Brothers and their Father's Killer)
This is one of the oldest and most classical of all kabuki plays. In the Edo period, every January, plays appeared about the vendetta carried out by the Soga brothers Juro and Goro after eighteen years of hardship. In Soga no Taimen the brothers confront Kudo Suketsune, the man responsible for their father's death. More ceremony than play, it features each of the important kabuki character types, including the bombastic aragoto style of Goro and the soft wagoto style of Juro. This month features Koshiro as Kudo, Kichiemon as Goro and Kikugoro as Juro.
SHUNKYO KAGAMI JISHI (Young Yayoi and the Spirit of the Lion)
Kagami Jishi is one of the most important dances for onnagata female role specialists and is an audience favorite. The maidservant Yayoi performs an auspicious lion dance for the shogun in his opulent palace, but she gradually finds herself under the control of the lion spirit. In the second half of the dance, the lion spirit itself appears and performs its crazed dance among peonies and fluttering butterflies. Starring Kanzaburo as both Yayoi and the spirit of the lion in a dance that he has made his own.
IWASHIURI KOI NO HIKIAMI (The Princess and the Sardine Seller)
A modern play by novelist Mishima Yukio, this recreates the leisurely, comic atmosphere of early 18th century kabuki. A sardine seller famous for his vigorous chanting falls in love with a beautiful courtesan and disguises himself as a wealthy patron, only to discover that she is actually a princess that ran away from her family after falling in love with the call of a sardine seller. Starring Kanzaburo as the sardine seller and Tamasaburo as the princess.

| | Comments (0)

オバマ・ホワイトハウスの経済政策過程

 オバマ・ホワイトハウスの経済政策過程の一端を想像させるブログ・ポストをWSJ RTEが載せている。

White House spokesman Robert Gibbs, speaking to reporters at his first official briefing since Obama took office, said the president’s economic team, led by National Economic Council Director Larry Summers, will walk him through the day’s economic news each morning. The president receives a similar daily intelligence briefing.

The first economic briefing occurred earlier Thursday and was attended by the president, Summers, Vice President Joe Biden, White House Chief of Staff Rahm Emanuel, Budget Director Peter Orszag, Domestic Policy Director Melody Barnes and Biden’s economic adviser Jared Bernstein.

It’s unclear if Obama’s Treasury Secretary will attend the sessions, once confirmed. The president’s nominee for the position, Tim Geithner, was approved by the Senate Finance Committee Thursday, clearing the way for full Senate confirmation.

ということで、サマーズは事実上、Economic Security Adviserとも言える立場を獲得した。しかし、National Security Adviserの役割と比べて、経済政策には時間ラグがあるので、毎日のブリーフィングが必要なのだろうか。ひょっとすると、temporary(2年間)ぐらいかもしれない。私の勝手な山勘だと、ガイスナー(修正:ガイトナー)はこのセッションには入らないだろう。

| | Comments (2)

オバマ新大統領の就任演説

 バラク・オバマ新大統領の就任演説直後の識者(例、WaPo web)の感想は興味深かった。それは、その後に発表されたいくつかのop-edにも反映されている。例えば、
 Hard Truths at the Outset, By David Ignatius, Wednesday, January 21, 2009; Page A11.

It was a plain speech, like those of early American presidents, better savored in the reading than in the listening. The new president didn't pull out the rhetorical stops; he didn't try to score points. He just told the truth -- including the hard parts -- about where the country is and where it needs to go. He could not have said it more clearly:
"What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them -- that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply." Like Aretha Franklin's, voice rich with joy and pain, like the haunting music of John Williams played by a quartet drawn from the four corners of the Earth, like nearly everything about this day, that was just right.

 ということは、2月初旬のstate of the union addressはさらに具体的なpolicy strategyが表明される可能性が高い。さて、注目のアフガニスタンはどうするのか?JFKのThe Best and Brightestたちがベトナム戦争に突っ込んでいったことを念頭に注目しよう。そして、次にイラク、さらにはFailed State候補No.1のパキスタンとNo.2のメキシコへの政策も注目される。
 なお、就任演説に戻って、PKはこういう興味深いコメントをしている。will vs. idea。これは、PKの選挙中からのオバマのbi-partisan or post partisan wayへの曖昧な嫌悪感とも対応していると思われる。そして、op-edはこれ

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 会議。昼は丼。2時到着。研究室訪問。お疲れ様。会議。帰宅。

| | Comments (0)

昨日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。研究室訪問。2時限は開発経済論。昼はYさんと面談して、2年ゼミ終わり。卒論発表会。Wさんお疲れ様。研究室訪問。4年コンパ。楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。雑務。昼は丼。Iさん訪問。Tさん、Kさん、Uさん、Nさん、Nさん訪問。Wさんとプレゼン練習。授業準備。Sさん訪問。雑務。帰宅はNさんと遭遇。英語に関心ある皆さん、オバマ・スピーチを聞いて覚えちゃいましょう。ハハハ。

| | Comments (0)

中国における外貨準備と銀行不良債権処理

January 19, 2009, 12:18 am
Did China’s Bank Bailout Create Signs Of Capital Outflow?

(WSJ RTE) 紹介されているLardyのポストは、中国経済ウォッチャーの卵には必見だろう。

| | Comments (0)

PK and Willem Buiter

Buiterのポストは長いのでスルーしてました、ヤレヤレ。

Felix Salmon seems to have arrived at the same conclusions I have. I have to admit that I was inspired to write today’s column in part by reading Willem Buiter.

スウェーデン型ですか。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。Hさん訪問。昼は定食。3時限はミクロ。Oさん、Sさん訪問。5時限はJapanese Economy。Nさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

Why Obama’s plan is still inadequate and incomplete

Why Obama’s plan is still inadequate and incomplete
By Martin Wolf (FT)
Published: January 13 2009 18:28
 読むには、「FT090113Mwolf.pdf」をダウンロード 。じゃぁ整合的な相対価格は?

| | Comments (0)

Banxico lowers interest rate.

El objetivo para la Tasa de Interés Interbancaria a 1 día(tasa objetivo) disminuye en 50 puntos base. (16 de enero de 2009)

| | Comments (0)

『アダム・スミス』と『心の脳科学』

416mosqpbil_sl500_aa240_ 31neievccl_sl500_aa240_ 堂目 卓生『アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界』(中公新書)、坂井 克之『心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる』(中公新書)。これと、下條 信輔『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代』(ちくま新書)を合わせて、2008年の「経済学教養」だろう。
 【堂目】「『道徳感情論』において、スミスは、人間本性の中に同感-他人の感情を自分の心の中に写しとり、それと同じ感情を自分の中に起こそうとする能力-があることを示し、この能力によって社会の秩序と繁栄が導かれることを示した。」(p.269)
 【坂井】「共感に際しては脳のどの領域が働くのでしょうか。恋人が痛がっている映像を見たときの被験者の脳活動を計測すると、自分が実際に痛みを感じているときと同じ脳領域が活動します。相手の体に生じていると予測される感覚情報を、視覚情報だけをもとに自分の脳内に作り上げているのです。」(p.166)

| | Comments (0)

México e Irán, los retos de Obama: CIA

México e Irán, los retos de Obama: CIA
AP
El Universal
Washington, EU Sábado 17 de enero de 2009
20:09
Declara el director nacional de Inteligencia, Mike McConnell, que entre los planes del nuevo presidente de EU será el de fortalecer el entrenamiento de agentes mexicanos para hacerlos más efectivos en el combate al narco

| | Comments (0)

Push on Immigration Crimes Is Said to Shift Focus

Push on Immigration Crimes Is Said to Shift Focus
By SOLOMON MOORE (NYT)
Published: January 11, 2009
LAREDO, Tex. — Inside a courthouse just north of the Rio Grande, federal judges mete out prison sentences to throngs of 40 to 60 illegal immigrants at a time. The accused, mostly from Central America, Brazil and Mexico, wear rough travel clothes that speak of arduous journeys: flannel shirts, sweat suits, jeans and running shoes or work boots.
中で触れられているシラキュース大学のTRACの研究はこれ。

Immigration Cases Drive Federal Prosecutions to New High in FY 2008
(12 Jan 2009)
An unusually large surge in immigration prosecutions in the last months of FY 2008 means that the annual count of such filings more than quadrupled during the Bush Administration, according the latest available data from the Justice Department. The recent sharp jump in immigration matters also resulted in the annual number of all kinds of federal criminal prosecutions reaching their all-time high.

データはこれだという。

| | Comments (0)

"GLOBAL TRENDS 2025"

GLOBAL TRENDS 2025:
THE NATIONAL INTELLIGENCE COUNCIL'S 2025 PROJECT
From the Chairman of the National Intelligence Council
"Global Trends 2025: A Transformed World" is the fourth unclassified report prepared by the National Intelligence Council (NIC) in recent years that takes a long-term view of the future. It offers a fresh look at how key global trends might develop over the next 15 years to influence world events.
 2025年を占うベンチマーク(?)として使えるんでしょう。

| | Comments (0)

PK Watch

 さぼっていたクルーグマン・ウォッチ。Mark ThomaがRolling Stone誌での公開書簡を紹介している。要は、久しぶりに財政政策を預かる大統領の真価が問われると。しかし、ブログでは、金融面での「流動性の罠」に警戒感を高めている。まずはTIPS spreadに注意し、そして、Jan Hatzius (Goldman Sachs)の「Taylor Ruleで考えるとマイナス6%の金利を必要とするGDP gapがあるだろう」という研究を引いて警告している。
 なお、It's baaack論文では、1 sectionを使って財政政策を検討しており、質的な問題と、量的な問題があると指摘している。言わば、今は財政の維持可能性を棚上げして、量的問題について積極的な発言をしていると言える。質的な問題については、複数均衡でBangを考えることはできるが、Romer (1992)を使ってやっぱり金融面だとしている。Romer, C. (1992), “What ended the Great Depression?”, Journal of Economic History 52, 757-84.とにかく、残り二人のFed governorの任命が注目である。Pro-price-level-targeting personを任命できるか、推薦するのはRomerなのかSummersなのか、、、。

| | Comments (0)

How About a Stimulus for Financial Advice? (ROBERT J. SHILLER)

Economic View
How About a Stimulus for Financial Advice?
By ROBERT J. SHILLER (NYT)
Published: January 17, 2009
IN evaluating the causes of the financial crisis, don’t forget the countless fundamental mistakes made by millions of people who were caught up in the excitement of the real estate bubble, taking on debt they could ill afford.
 基本はミクロの話だが、多少はマクロもかぶる。特に、バブルと思ったら、、、という点については大竹文雄氏が紹介する齋藤誠氏のポスト。

| | Comments (0)

平成20年中の交通事故死者数について(警察庁発表)

Traffic_accident2008  平成20年中の交通事故死者数について(警察庁発表)。最近に落ちていることは知っていたが、以前にも下がっていた時期があったとは知らなかった。

 Wikipediaによれば、シートベルトの生産義務付けが1969年以降、前席での装着義務が1986年であるという。当然ながら、ペルツマンの論議を呼ぶ古典を念頭においているのだがパッと見では、車の改良が低下に貢献し、義務化はあまり貢献していないように見える。

| | Comments (0)

Mexico's Instability Is a Real Problem

JANUARY 16, 2009
Mexico's Instability Is a Real Problem
Don't discount the possibility of a failed state next door.
By JOEL KURTZMAN (WSJ)
Mexico is now in the midst of a vicious drug war. Police officers are being bribed and, especially near the United States border, gunned down. Kidnappings and extortion are common place. And, most alarming of all, a new Pentagon study concludes that Mexico is at risk of becoming a failed state. Defense planners liken the situation to that of Pakistan, where wholesale collapse of civil government is possible.

 たぶんこれか?

| | Comments (0)

今日は土曜日。

試験。帰宅。

| | Comments (1)

デジタルに強化 (Economist)

Neuroeconomics
Digitally enhanced
Jan 15th 2009
From The Economist print edition
Successful financial traders are born as well as made
MAKING money comes naturally to some people—specifically, to men exposed to high levels of testosterone before they were born. That, at least, is the conclusion of a study published this week by John Coates of the University of Cambridge and his colleagues.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。昼はラーメンとサラダ。Tさんとお茶、懇談。学食でNさん、Oさんとゼミポスター外し。協力多謝。会議。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論。昼はカップヌードル。3時限は2年ゼミ。4時限以降は3年ゼミのフィナーレ、お疲れ様でした。帰宅。

| | Comments (0)

「量的緩和」ではなく「融資緩和」

バーナンキ議長のLSEでのスピーチ

Credit Easing versus Quantitative Easing
The Federal Reserve's approach to supporting credit markets is conceptually distinct from quantitative easing (QE), the policy approach used by the Bank of Japan from 2001 to 2006.  Our approach--which could be described as "credit easing"--resembles quantitative easing in one respect:  It involves an expansion of the central bank's balance sheet.  However, in a pure QE regime, the focus of policy is the quantity of bank reserves, which are liabilities of the central bank; the composition of loans and securities on the asset side of the central bank's balance sheet is incidental.  Indeed, although the Bank of Japan's policy approach during the QE period was quite multifaceted, the overall stance of its policy was gauged primarily in terms of its target for bank reserves.  In contrast, the Federal Reserve's credit easing approach focuses on the mix of loans and securities that it holds and on how this composition of assets affects credit conditions for households and businesses.  This difference does not reflect any doctrinal disagreement with the Japanese approach, but rather the differences in financial and economic conditions between the two episodes.  In particular, credit spreads are much wider and credit markets more dysfunctional in the United States today than was the case during the Japanese experiment with quantitative easing.  To stimulate aggregate demand in the current environment, the Federal Reserve must focus its policies on reducing those spreads and improving the functioning of private credit markets more generally.

 中銀のBSの右側じゃなくて、左側で攻めるということ。一言で言えば、銀行型金融システムであれば、銀行を利用するのが大事で、右側で攻める。市場型金融システムであれば、銀行だけを救っても効果が低いので直接に左側で攻めるということか。よく読まないと。

【後記】信用緩和のほうがいいかも。質的緩和はたぶん曲訳。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。仕事。雑務。授業準備。ゼミポスター貼り出し、お手伝いしてくれた方々、ありがとう。昼はNさんと定食。授業準備。学食に行って、Oさんと補正。授業準備。遭遇のS先生と帰宅。

| | Comments (0)

Politico: Meet the (new) press

  Politico: Meet the (new) press.  新しいホワイト・ハウス担当の記者たちの横顔。彼らの多くは、TVのインターネット・サイトでBLOGを行なっている。そういえば、先週のMTPを見ていて気づいたのだが、Web Logが引用として使われていた。こういう報道スタイルになったのだ。もちろん、日本の政治番組では、ほとんど引用は少ないので、Web Logの引用が行なわれても珍しいだけだろう。
 なお、磯崎哲也事務所代表 磯崎哲也氏の産経新聞インタビューによれば、

日本のブログの特徴や業界の現状をどうみているか

 「日本のブログの特徴は、実名で書いているものが少ないという点にある。日記のようなものを書き、コミュニケーションを楽しむ要素が強い。中国では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでも平気で実名を出している。アメリカのブログは、自分の主張や政治的な意見を語るブログが多い。国ごとにいろいろな文化があるのだと思う」

 「日本では、専門知識などの情報発信の場としてのブログは発展していかないのではないかと感じる。情報を出すことによって損をする、あるいはライバルが増えるなど、情報発信が自分の得になると考える人が少ないのではないか。ブログの数自体は今後も増えていくだろうが、重要な情報を持っている人が情報発信してくれるようなものは増えていかないだろう」

ということだそうです。なお、磯崎哲也氏によれば、

各国の大学の取り組みとしては、

    イギリス:オープン・ユニバーシティ
    フランス:国立遠隔教育センター
    アメリカ:メリーランド大学カレッジ
        :フェニックス大学
    南アフリカ:南アフリカ大学
    タンザニア:タンザニア公開大学
    中国:中央広播電視大学+各省ごとに数十の公開大学
    タイ:スコタイ・タマチラート大学
    インド:国立インディラ・ガンジー公開大学
    韓国:韓国放送通信大学校

などがあって、岡部副学長によると、世界の遠隔教育のキーワードは、やはり「英語」である、と。

ということなのだそうです。つまり、英語で教えたJapanese Economyはビデオで録画しておけばよかったわけですね。後悔先に立たずとはこのことです。ヤレヤレ。

| | Comments (0)

PK: Ideas for Obama

Ideas for Obama
By PAUL KRUGMAN (NYT)
Published: January 11, 2009

And I’m with Lawrence Summers, another member of the Obama economic team, who recently declared, “In this crisis, doing too little poses a greater threat than doing too much.” Unfortunately, that principle isn’t reflected in the current plan.

当然ながら、この引用は、サマーズの12月28日WaPoからである。しかし、たぶんクルーグマン一流の皮肉かもしれない。おそらく、ローマー=バーンスタインではなく、サマーズ自身がAARP作成に中心となって関わったであろうことを予期しているのだろう。それをわかっていて、自分の宣言した原則でやってねと言っているのだ。きっとサマーズは苦虫を噛み潰していることだろう。
 ただし、皮肉だけでは終わらない。specificは出さないにしても、代案を出しているからだ。それは、二年じゃなくて長期(四年?)で考えなさいということである。だからこそ、jump-startという比喩に文句をつけている。

O.K., I’ll bite — although as I’ll explain shortly, the “jump-start” metaphor is part of the problem.

So how can Mr. Obama do more? By including a lot more public investment in his plan — which will be possible if he takes a longer view.

さて、政治家としてはここは辛いだろう。なぜなら、コミットしてしまえば、選挙前の天与のオプション(フリー・ハンド)が制限されるからだ。さて、四年はまだ考えないというのが、MTPでのアクセルロッドの発言だったが、四年を今から考え出すと、ディーンを冷遇した形にして、DNCにケインを入れたのは大丈夫だったのだろうか。
 なお、Politicoによれば、Larry SummersとJason Furmanが議員と会って、経済刺激をやや大きくするように修正するらしい。ここまで予想して考えていたとすれば、非常にcleverだ。前面に出てこないローム・エマニュエルがちらつく。

| | Comments (0)

In praise of an explicit number for inflation

In praise of an explicit number for inflation
By Frederic Mishkin (Pointer to Mark Thoma)
Published: January 11 2009 19:2

| | Comments (0)

アフガニスタンの汚職(WaPo)

   アフガニスタンの汚職(WaPo)、具体的な証拠はつかんでないので、Inexplicable Wealth of Afghan Elite Sows Bitterness: In One of the World's Poorest Nations, Myriad Tales of Official Corruptionというtalk of the townのような記事。

| | Comments (0)

【「小さく産んで・・・」は正解か】

 日経2009年1月12日朝刊、大竹文雄【「小さく産んで・・・」は正解か】、関連ポスト

| | Comments (0)

【雪解けの兆候】

 TED spreadとリスク・プレミアムが縮まっているとのHamiltonのポスト。これは、バランス・シートの左側(資産側)を積極的に使った、つまり、金融システムに積極的に介入したFedの効果と言っている。そして、FedはBSの収縮を始めているという。今後はインフレ/デフレ期待が大事だ。当面、5年もの国債比較でみても、一応、デフレ予想は出てないのだが、ここでまた自動車会社とか金融機関の破綻が起きると新たな局面になってしまう。1月20日以降は、全面的に支えに来るだろうが、油断は許さない。ターゲッティングと中長期的な金利上昇と財政収支の維持可能性で、ターゲッティングをしてくるかどうか。

【後記】ゲーリー・ベッカーが経済刺激策についてコメントしてます。tax cutの一時性と恒久性について指摘してます。そのほかは、インパクトが小さいだろうと。

As Posner and others have indicated, there appears to have been a huge conversion of economists toward Keynesian deficit spenders, but the evidence that produced such a "conversion" is not apparent (although maybe most economists were closet Keynesians all along). This is a serious recession, but Romer and Bernstein project a peak unemployment rate without the stimulus of about 9%. The 1981-82 recession had a peak unemployment rate of about 10.5%, but there was no apparent major "conversion" of economists at that time. What is so different about the present recession compared to that one, and to other recessions since then, that would greatly raise the estimated stimulating effects of government spending on various types of goods and services?

1981-2は、いわゆるボルカー利上げの不況ですよね。あれは、シカゴ(フリードマン)の意見が通り、そして、それが正しかったので、conversionは逆側に起きたのでしょう。もちろん、そのこととparameterは関係ないのですが、一流の皮肉ですね。

| | Comments (0)

AARPから憶測できるオバマ政権の経済政策形成スタイル

 AARPについてKrugmanが再度コメント。deflation の可能性を心配してます。これだけのGDP gapを抱えたままでdeflationにならないのかということですね。
 なお、私の勝手な関心は、オバマ政権の経済政策のpolicy makingのスタイルが、今回の経済刺激策で見えるのではないかということです。形式上は、Romer/Bernsteinはできあがった経済政策につ いて雇用効果を調べ、お墨付きを与えるという形式になっているような気がします。とすると、経済政策を立てるほうがサマーズ部隊、それをやや離れて見てい て、客観的に調査するのがRomer/Bernsteinなのかもしれません(企業の監査役みたいな距離感)。傍証は二つあります。第一に、以前のサマー ズの12月28日のWaPoのop-edで、90%が民間での雇用創出だと書いてあったので、サマーズは12月後半の段階で、すでに今回のAARPのよう にに計画を立てていたのだと想像します。第二に、AARPの議会指導者への説明は、1月9日のNYTによればAxelrod, Summers, and Philip Schiliroの三人で行なったといいます。つまり、サマーズが経済政策立案チームの代表と想像できます。第三に、ローマーのインタビューがYouTubeにアップされているが(pointer to Mark Thoma)、計画はできたがどんな効果を持つのかと次期大統領から調査を依頼されたと言っている。

 もちろん、TreasuryもOMBも新政権で発足してないので、こういう「臨時」のスタイルになったのかもしれませんが、こういうhistoryが意外と政権スタイルに影響してしまうような気がします。逆に言えば、策士なら、こうなることを予想して人事をするでしょう。

| | Comments (1)

『テクストと人文学』

Im917 齋藤晃編『テクストと人文学』(人文書院)。Nさんから頂戴する。本書が出版されてしまった以上、国際協力、国際開発、経済開発で教育に一つの焦点をおく人々は、この程度の人文の素養が無いといけないということになってしまった。
 例えば、中村雄祐『リテラシー・スタディーズの展開』を読んで、大分水嶺論争を押えておかないいけないし、日本の経済発展を他国に「輸出」なり「応用」したいと思う人々は、八鍬友広『目安往来物というテクスト』には最低目を通しておかないといけないだろう。仲真紀子『テクスト学と認知心理学』では、漢字や単語が書くことと結びついているのは日本人に特有であることを知るし、行政文書は「思考・記憶」と「伝達・情緒」の間に存在するという「地方開発」にとって極めて興味深い研究結果を知ることができる。もちろん、中村雄祐『発展途上国における文書と生存』は、まさに国際協力、国際開発、経済開発と大きく関わる一章である。

| | Comments (0)

下條 信輔 『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代』

41x4uphlsl_sl500_aa240_下條 信輔『サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代』(ちくま新書)。Nさんのお勧め。ナノ、ミクロでは非常に示唆的。メソからマクロになってくると、もうちょっと複雑じゃないの???と突っ込みたくなる。例えば、ヒット曲のリバイバル・ヒットとか(p.84)
 「単純接触効果」(p.159):単純にただ繰り返し感覚的に経験するだけで、その対象をますます好きになってしまう現象。選挙では、政策を詳しく説明するよりは名前を連呼し、メディアに露出して「顔を売る」のが得策とされる理由。
 「感覚すること自体の内部的報酬」(p.80):伝統的な心理学では、外部報酬のみを取り扱ってきた。

| | Comments (0)

Shinshun Asakusa Kabuki (Matinee)

ICHIJO OKURA MONOGATARI (The Mad Aristocrat) and TSUJIGUMO.  I liked Kusemai session of Ichijo Okura Monogatari.  I'd love to see the complete sequence of Higaki, Kusemai, and Okuden.  Kamejiro's Okura-kyo was an a little bit more intellectual aristocrat.  In Tsujigumo, Kantaro was great.  He was dark and scary as monk.

| | Comments (0)

カバレロ=ハマー『創造的破壊と開発:制度、危機、そして再建』

Ricardo J. Caballero and Mohamad L. Hammour, 2000, "Creative Destruction And Development: Institutions, Crises, And Restructuring". 世銀のABCD用の論文。

At the origin of the above-mentioned misconception is a stark fact. Sharp liquidations constitute the most noted impact of contractions on restructuring. Figure 3 illustrates this point for the case of Chile’s debt crisis in the early eighties. The job destruction rate exceeded 22 percent of manufacturing employment in 1981-82. Sharp employment liquidations during recessions are also documented for other countries.15 What is fallacious is the unwarranted inference that the concentration of liquidations during crises implies that crises accelerate the restructuring process. This view was highly influential among pre-Keynesian “liquidationists” – such as Hayek, Pigou, Robbins, Schumpeter – who saw liquidations in a positive light as the main function of recessions (see De Long 1990). Although few economists today would take such an extreme position, many see in increased factor reallocation a silver lining of recessions. Observed liquidations are seen as a prelude to much-needed restructuring. Under the presumption of technological sclerosis due to poor institutions, increased restructuring can be beneficial. A variety of liquidationist arguments were advanced, for example, during the Asian crisis in connections with the reorganization of Korean chaebols. (p.24)

ということで、彼らは簡単に実証しました。

Surprisingly, recessions seem to reduce the amount of restructuring in the economy. (中略) But, if there is any evidence, it does not support prevailing views that recessions are the occasion for increased restructuring. (pp.25-26)

ということで、カバレロ=ハマー (2000)はliquidationistではありません。理由は金融制約だとのことです。不況時は、貸し出しが引き締まっており、銀行家も資本市場も、新しい技術を持った新興企業家に金を出さないということです。金融制約が無ければ、それは金融危機ではないでしょうね。以後のカバレロがどうなのかは未検討です。

| | Comments (1)

N. GREGORY MANKIW: "Is Government Spending Too Easy an Answer? "

N. GREGORY MANKIW: "Is Government Spending Too Easy an Answer?" (NYT)

| | Comments (0)

経済刺激の算術についての比較

Aarp_job  Krugmanはこのポストおよびこのポストで経済刺激の算術を行なっていたが、このほどクリスティーナ・ローマーet. alで文書がオバマ次期政権から発表された(via Bloomberg)。基本的に同じ結論だと思う。back of the envelope calculationの凄さ。5%はNAIRUらしいので、2010年第4四半期以降に5%にどうやって下がっていくのかが知りたい。(追加:乗数効果の余波が多少はありました。)たぶん、金融政策では、このままだと金利は0%に貼りついたままの可能性が高い。物価レベル・ターゲッティングをやると、長期金利が上がって財政の維持可能性が問題になるかもしれない。しかし、貿易財方向に資源再配分されて、為替レートは切り下がらないといけないのだが、、、。これと、ロゴフ=ラインハートのstylized factsと比べるとどうなのか、、、。

【後記】Krugmanがコメントしてます。"But here’s the thing: the estimates appear to be very close to what I’ve been getting.."とも"Bottom line: even if I use the Romer-Bernstein estimates instead of my own — there really isn’t much difference — this plan looks too weak."とも言ってます。要は、AARPが終わったときに、どうやってNAIRUの5%まで失業率を下げるのか、ということですね。

| | Comments (0)

米国大統領の文学 (WSJ)

JANUARY 10, 2009
Essay (WSJ)
All the Presidents' Literature
Rare is the leader who can actually write well, but those who do offer a window into their governing style. Jonathan Raban on the best presidential writers, and what Barack Obama's memoirs say about how he'll lead.
 こういう記事が掲載されるから、WSJの購読はやめられない。友達がくれたDreams From My Fatherは確かに面白かった。こんなに内省に満ち満ちた人が大統領になれるのかと思った。

| | Comments (0)

アンケートメールのソフトウェア

1.D2 アンケートメールや注文メールといった定型メールを、簡単・高速にデータベース(CSVファイル)化する<15日有効のシェアウェア>
2. Mail Distributor メールの同報配信ソフト

3.J-MailAdressPicker メールボックスに届いたメールの送信者名とメールアドレスをCSV形式のファイルとして出力

| | Comments (0)

Bancos reducen otorgamiento de créditos a las empresas y personas (el Periodico)

Bancos reducen otorgamiento de créditos a las empresas y personas (el Periodico)
Tras crecer 26 por ciento en 2007, el crédito bancario al sector privado registró un crecimiento del 11 por ciento en 2008.  La banca se ha vuelto más cautelosa.

| | Comments (0)

Hacienda reconsidera: crecimiento cero en 2009 (El Universal)

Hacienda reconsidera: crecimiento cero en 2009 (El Universal)
La Secretaría de Hacienda y Crédito Público tuvo que reconsiderar el índice de crecimiento económico que tenía previsto este año para el país, que era de 1.8%

| | Comments (0)

ギジェルモ・オルティスはオバマ経済プランを批判しました。

 ギジェルモ・オルティスはオバマ経済プランを批判しました。Banxico critica plan económico de Obama (Expansion)。なんか、切れてます。

| | Comments (0)

米国の雇用とメキシコの海外送金

Wsj_employment_08dec  労働省の2008年12月雇用統計(WSJ)。WSJ RTEでは、労働時間の低下にも注意があたっている。気になるのは部門別である(左はWSJ interactiveを取り込んだもの)。

Banxico_bop_3s2008 というのは、米国の建設業部門の雇用とメキシコから米国への海外送金が相関していることはよく知られた事実だからだ。左の図はBanxico(メキシコ中銀)のBOPレポート(2008年第3四半期)だが、非常にきれいな相関が出ている。第4四半期の米国建設業における雇用の低下率はy-o-yで8.5%ぐらいなので、方向は変わっていない。とすると、海外送金は12月時点で14%ぐらいまでy-o-yで下がっている可能性がある。すると、2008年の海外送金は2007年に比べて6%ぐらいの減少かな。完全なmenokometricsでした。信用してはいけません。

| | Comments (0)

『アステカの世界』と『情報氾濫した脳』 (from MR)

アステカの世界』と『情報氾濫した脳』は、MRの読んでいる本の中で、面白そうだ。

| | Comments (0)

Drastic times

Economics focus
Drastic times
Jan 8th 2009
From The Economist print edition
Past crises inspire little confidence about the outcome of this one for America

| | Comments (0)

アセモグル論文抜書き

Daron Acemoglu, The Crisis of 2008: Structural Lessons for and from Economics 日本語

The same economic and …financial changes that have made our economy
more diversifi…ed and individuals …firms better insured have also increased the
interconnections among them. Since the only way diversi…fication of idiosyn-
cratic risks can happen is by sharing these risks among many companies and
individuals, better diversi…fication also creates a multitude of counter-party
relationships. Such interconnections make the economic system more robust
against small shocks because new …nancial products successfully diversify a
wide range of idiosyncratic risks and reduce business failures
. But they also
make the economy more vulnerable to certain low-probability, "tail" events
precisely because the interconnections that are an inevitable precipitate of
the greater diversi…fication create potential domino effects among …financial in-stitutions, companies and households. (p.3)

江戸時代とかどうだったのだろうか。米国経済史ではどうだったのだろうか。国内の経済統合が進み、volatilityが小さくなるが、突発的な大きなショックには耐えられないのか。

A more in-depth study of aggregate volatility also necessitates con-
ceptual and theoretical investigations of how the increasingly interconnected
nature of our economic and …financial system affects the allocation of resources
and the allocation and sharing of risks of both companies and individuals. (p.4)

そうなんだ、リカルド・ハウスマンが90年代末にvolatility, volatilityと言っていたときに、ただの「どマクロ」でさえなかったので興味が持てなかった。しかし、こちらの度量も格別に小さかったということなんだろうな。ヤレヤレ。

A deep and important contribution of the discipline of economics is the insight that greed is neither good nor bad in the abstract. When channeled into pro…t-maximizing, competitive and innovative behavior under the auspices of sound laws and regulations, greed can act as the engine of innovation and economic growth. But when unchecked by the appropriate institutions and regulations, it will degenerate into rent-seeking, corruption and crime. (p.5)

強欲と訳されるgreedです。

Our faith in long-lived large organizations was shaken but still standing after
the accounting scandals in Enron and other giants of the early 2000s. It may
now have suffered the death blow. (p.6)

reputational capitalつまりブランドのことです。

Whenever the incentives to compromise integrity, to sacri…fice the quality, and to take unnecessary risks are there, most companies will do so in tandem. And because the ex post vacuum of speci…fic skills, capital and knowledge that their punishment will create make such a course of action too costly for the society, all kinds of punishments lose their effectiveness and credibility. (p.6)

日本の政治家が適当にやれるのも、誰も政治家になりたくないから?specific capitalの欠如?

The lessons for our thinking from this chain of reasoning are twofold.
First, we need to rethink the role of the reputations of …firms in market trans-actions taking the general equilibrium--- the scarcity value of their skills and expertise when reputations of several of them fail simultaneously--- into ac-count. (p.6)

すいません、不勉強です。唯一知っていて、表面上一応関係しうるのは、国際貿易に経営資源を入れたモデルだけです。

Second, we need to revisit the key questions of the economics of orga-
nization so that …firm reputations should be derived from the behavior--- and
interactions--- of directors, managers and employees, rather than from that
of the hypothetical principal maximizing the net present discounted value of
the …firm. (p.7)

そういえば、一昔前にソ連崩壊を説明したdisorganizationのモデル(マイケル・クレーマーのセミナーを聞きました)が日本経済の停滞を説明できるかという本がありましたね。こういう風に使うんでしょうか。

Such volatility, perhaps strengthened now more than ever
because of the greater global interconnections, is not a curse against which
we should defend ourselves, but for the most part an opportunity for the market economy. By reallocating resources to where productivity and demand are, the capitalist system can exploit volatility. (p.9)

これはrelative price changeのことでしょうか。

Market signals suggest that labor and capital should be reallocated away from the Detroit Big Three and highly skilled labor should be reallocated away from the …financial industry towards more innovative sectors. The latter reallocation is critically important in view of the fact that the Wall Street attracted many of the best (and most ambitious) minds over the past two decades and we now realize that though these bright young minds have contributed to …financial innovation, they also used their talents for devising new methods of taking large risks, the downside of which they would not bear. Halted reallocation will also mean halted innovation. (p.11)

たとえば、Wall Streetの若いのが、Dellに入る。DellはManufacturingだけど、ほとんど米国内では作ってない。ただし、所得収支が増加するので貿易収支ではなく、経常収支で見れば大丈夫、そういう話かな。

The risk that we face is one of an "expectational trap"--- consumers and policymakers becoming pessimistic about future growth and the promise of markets. (p.11)

PKのDiminished Expectationを考えればいいのかな。

A comprehensive stimulus plan, even with all of its imperfections, is prob-
ably the best way of …fighting off these dangers, and on balance, there are
sufficient reasons for academic economists as well as concerned citizens to
support current e¤orts as insurance against the worst outcomes we may face.
Nevertheless, the details of the stimulus plan should be designed so as to
cause minimal disruption to the process of reallocation and innovation. Sac-
ri…cing growth out of our fear of the present would be as severe a mistake as
inaction. (p.12)

Both devils and angels live in details.というところでしょうか。長期的な成長を考えろ、ということですね。

| | Comments (6)

Simon Johnson: The Economic Crisis and the Crisis in Economicsとアセモグルのペーパー

Simon Johnson: The Economic Crisis and the Crisis in Economics

An alternative interpretation is that mainstream macroeconomics is in big trouble.  You can think about this in terms of whether standard thinking provides plausible answers to four current policy issues. (Daron Acemoglu of MIT has an important essay in preparation, arguing that there are deeper problems for economics, including for the most fundamental microeconomics - such as how we think about firms and reputations - in the light of the crisis.)

そうこなくちゃね。しかし、このポストは読みがいがある。そりゃそうだPresidential Address to the Association for Comparative Economics, San Francisco, January 4, 2009だっていうんだから。とにもかくにも、このサイトを探してみると、このポストにAcemogluのペーパーが出てきました。


| | Comments (0)

Nouriel Roubini: Warning: More Doom Ahead

  Nouriel Roubini: Warning: More Doom Ahead (Foreign Policy)

| | Comments (0)

Return to Forever Returns

61zw7kjivl_sl500_aa240_  Return to Forever Returns という洒落のようなタイトルの二枚組みCD。Nさんのお勧め。パンズ・ラビリンスを思わせるジャケット。1枚目3曲目は当代勘三郎が合わせて踊っても全く不思議はないだろうヴァルカン・ワールズ。

| | Comments (0)

Paul Krugman: The Obama Gap

The Obama Gap
By PAUL KRUGMAN
Published: January 8, 2009
 私の勝手な予想では、ラリー・サマーズ部隊の計算では、収益率が良いプロジェクトが積みあがらなかったのではないかという要因もあったのではないか。なお、NYTのこの記事では、このような会合が行なわれていたことが報じられている。

Mr. Axelrod’s comments came after a spirited meeting at the Capitol where he and two other Obama aides, Lawrence H. Summers, the incoming national economic adviser, and Philip Schiliro, tapped to be the chief White House lobbyist, heard lots of frustration from Democratic senators.

ということで、経済学者からは予想通りサマーズが出席しているから、根拠となる計算の責任はサマーズにあると考えてよいだろう(つまり、クリスティーナ・ローマーではないらしい)。グールズビーは税の計算で協力したのだろうか。

| | Comments (0)

Joseph Stiglitz: Drink-driving on the US's road to recovery

Joseph Stiglitz: Drink-driving on the US's road to recovery.

Indeed, many developing countries, fearful of losing their economic sovereignty to the IMF – as occurred during the 1997 Asian financial crisis – accumulated hundreds of billions of dollars in reserves. Money put into reserves is income not spent.
Moreover, growing inequality in most countries of the world has meant that money has gone from those who would spend it to those who are so well off that, try as they might, they can't spend it all.
The world's unending appetite for oil, beyond its ability or willingness to produce, has contributed a third factor. Rising oil prices transferred money to oil-rich countries, again contributing to the flood of liquidity. Though oil prices have been dampened for now, a robust recovery could send them soaring again.
For a while, people spoke almost approvingly of the flood of liquidity. But this was just the flip side of what Keynes had worried about – insufficient global aggregate demand. The search for return contributed to the reckless leverage and risk-taking that underlay this crisis.

ワルラスの法則?さて、スティグリッツの処方箋は三つ。

First, we need to reverse the worrying trends of growing inequality. More progressive income taxation will also help stabilise the economy, through what economists call "automatic stabilisers". It would also help if the advanced developed countries fulfilled their commitments to helping the world's poorest by increasing their foreign-aid budgets to 0.7% of GDP.
Second, the world needs enormous investments if it is to respond to the challenges of global warming. Transportation systems and living patterns must be changed dramatically.
Third, a global reserve system is needed. It makes little sense for the world's poorest countries to lend money to the richest at low interest rates. The system is unstable. The dollar reserve system is fraying, but is likely to be replaced with a dollar/euro or dollar/euro/yen system that is even more unstable. Annual emissions of a global reserve currency (what Keynes called Bancor, the IMF calls SDRs) could help fuel global aggregate demand and be used to promote development and address the problems of global warming.

| | Comments (0)

【グアテマラ経済】為替レート減価と海外送金の伸び減少

 ちょっとラグはあったが、予想通り、為替レート減価海外送金の伸び減少が起きている。この二つは整合的。海外送金額はGDPの11%、覚えやすい。

| | Comments (0)

世界の投票率図

 National Geographic, Nov. 2008, Culture "Electoral Collage: Which countries have high- and low-turnouts?"

| | Comments (0)

良い仕事・悪い仕事

The Best and Worst Jobs (WSJ) 数学者が一位、消防士が最後尾。日本でもこういうのをやってみたら面白いかもね。どなたか労働経済学からHuman Resource Management Specialist(人事専門家)の間での卒論ぐらいでいかがでござんしょ。知らないところで行なわれていたりして、ハハハ。

Of 200 Jobs studied, these came out on top -- and at the bottom:
The Best        The Worst
1. Mathematician     200. Lumberjack
2. Actuary         199. Dairy Farmer
3. Statistician     198. Taxi Driver
4. Biologist         197. Seaman
5. Software Engineer     196. EMT
6. Computer Systems Analyst     195. Roofer
7. Historian         194. Garbage Collector
8. Sociologist         193. Welder
9. Industrial Designer     192. Roustabout
10. Accountant         191. Ironworker
11. Economist         190. Construction Worker
12. Philosopher     189. Mail Carrier
13. Physicist         188. Sheet Metal Worker
14. Parole Officer     187. Auto Mechanic
15. Meteorologist     186. Butcher
16. Medical Laboratory Technician     185. Nuclear Decontamination Tech
17. Paralegal Assistant 184. Nurse (LN)
18. Computer Programmer 183. Painter
19. Motion Picture Editor     182. Child Care Worker
20. Astronomer         181. Firefighter

More on the Methodology
    * For methodology info and detailed job descriptions, go to http://careercast.com/jobs/content/JobsRated_Methodology
    * See the complete list of job rankings

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 10時半到着。雑務。昼は定食。雑務。授業準備。雑務。会議。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

Image0591rev  9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論、「選挙」前半でした。昼はおにぎり×2。3時限は2年ゼミ、7章フィナーレ、お疲れ。4時限~4年卒論発表、良い出来栄えでした。Good surprise。Thanks a million.  4年生有志とお茶して、帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備、雑務。昼はオムライス。Uさん訪問。仕事。学食で懇談。Kさんと遭遇。Kさん訪問。S先生と懇談、帰宅。

| | Comments (0)

Fighting Off Depression (Paul Krugman)

Fighting Off Depression
Article Tools Sponsored By
By PAUL KRUGMAN
Published: January 4, 2009
“If we don’t act swiftly and boldly,” declared President-elect Barack Obama in his latest weekly address, “we could see a much deeper economic downturn that could lead to double-digit unemployment.” If you ask me, he was understating the case.

Here’s my nightmare scenario: It takes Congress months to pass a stimulus plan, and the legislation that actually emerges is too cautious. As a result, the economy plunges for most of 2009, and when the plan finally starts to kick in, it’s only enough to slow the descent, not stop it. Meanwhile, deflation is setting in, while businesses and consumers start to base their spending plans on the expectation of a permanently depressed economy — well, you can see where this is going.

So, PK clearly thinks that deflation has not set in, yet.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼は鶏定食。3時限はミクロ、あけましておめでとう。授業準備。5時限はJapanese Economy。帰宅。

| | Comments (0)

Zohiki Tokaeri no Matsu Ikiji Kurabe Hade na Nakacho

  Zohiki, Tokaeri no Matsu, and Ikiji Kurabe Hade na Nakacho.  Yamatoya (Mitsugoro) was superb.  Naritaya (Danjuro) was great.

| | Comments (0)

"It takes two nominals to make a real"

 経済学者のお行儀のよさ(ひいてはintegrity)を問うクルーグマンのブログ・ポスト。話題に上がっているのは『資本主義は嫌いですか―それでもマネーは世界を動かす』で特筆されているラジャンのペーパーとそれに対する経済学者の反応である。The Return of Depression Economicsの最終部で、ガイトナー講演の広範な引用がなされていることが目を引いたが、ほぼラリー・サマーズへの引用が無いことにも注意することができる。以前(というより大昔)、クルーグマンは師匠ドーンブッシュによるラリー・サマーズ評を紹介していたが、ラリー・サマーズかvisionaryかどうかは次の職でもやや(おそらくは2年後)試されるであろうので、興味深い。
 なお、検索をしていたら、デフレ・ポストに次の興味深い表現が出てきた。昔読んだはずなのに全く覚えていない、ヤレヤレ。

While Milton Friedman's dictum that "inflation is always and everywhere a monetary phenomenon" may be the most famous tag line in monetary economics, I have always preferred a dictum I first heard from Rudi Dornbusch: "It takes two nominals to make a real". A change in a nominal variable, like the money supply, can affect the real economy only if some other nominal variable, like wages, is "sticky" enough to give it some traction.

| | Comments (0)

対談:篠田正浩さんと松井今朝子さん

 対談:篠田正浩さんと松井今朝子さん(日本経済新聞2009年1月1日、第三部B2-3。「江戸という時代とそのとき花開いた文化の魅力」。これに関する松井氏のポストはこれ。指名できる日経新聞に眼力を感じた。

| | Comments (0)

The Return of Depression Economics and the Crisis of 2008

51twwvmcsvl_sl500_aa240_  Paul Krugman, The Return of Depression Economics and the Crisis of 2008 (Norton: 2008).  国際マクロ経済学におけるクルーグマンのnarrativeを知ることができる。子守co-opの話を活用した貨幣経済学(Monetary Economics)もあるし、ラテン・アメリカ債務危機(debt overhangやdebt Laffer curveは明示的には出てこない)、アジア金融危機についてSelffulffiling prophecyによる第二世代貨幣危機モデルや、バランス・シート効果がより重要になる第三世代貨幣危機モデル、日本の流動性の罠話も紹介されている。ケインジアン・コンパクトに比べたIMF処方箋の評価の話が非常に興味深かった。要は市場の心理だとまとめている。このほか、電気の例で名高い発明と生産性向上までのラグについて話(Paul David)もあるし、話は盛り沢山である。
 Introductionが3頁から始まり、191頁まで。実質189頁。2で割って見開き95枚。これを13で割ると7.3、つまり8枚で足りる(実際は8枚×12=96である)。作業過程は以下のとおり:第一に、見開きでコピーをとる。第三に、CDを聴いて文面を確認して、時間を確認する。第四に、キーワードでfill-in用のブランクを作る。第五に、12回分の予想問題をつくる。第六に、Reordering exerciseをつくる。第七に、13回分のPPT30分ぶん、つまり6枚1セットをつくる。第八に、受講者の保存用のエクセサイズ・シート(①チェック項目のあるreordering exercise、②今回のfill-in spaceと次回のkeywords(ランダム)、③予想問題)を作るの三部門になっている。第九に、印刷してから二穴を横に開ける、第十、ルーズリーフを買うことを示す。第十一、fill-in用の用語帳(ランダムで番号付き、エクセルで管理)は次回のReordering exerciseの裏面に印刷する。第十二、受講者は最初の30分は(予想問題と関連した)講義を聞き、質問をする。次にリスニングをしてから、最初の行列パート(30分)が始まる。このパートでは、Reordering exerciseのチェックを行い、間違えれば再度チャレンジ。正解であればfill-in用の用語帳付きの次回のプリントがもらえる。最初の行列が終わるか、残り30分になったところで再度のリスニング。そして第二回の行列は、Reordering exerciseもしくはfill-in exerciseのチェック。番号でチェックするから効率的なはず。残り5分で次回のプリントを全体に配布して、fill-in exerciseの正解を示して終了。第十三、creditは出席で36点、中間レポート(予想問題の最初の三、四問を解く)で24点、fill-in exerciseで一回1点(最大で総計12点)、期末テスト40点(12問の予想問題からランダムに出題)。最大で112点。第十四、受講生のbest scenarioは自宅でReordering exerciseとfill-in exerciseを予習、質問を持つ。授業においては最初の30分講義を聞いて、その後行列して、Reordering exerciseを解答して出席チェックを受け、次回プリントを受け取り、fill-in exerciseを確認し、再度並んで正解して終了。もう一度リスニングして確認して終了しても良い。第十五、cunning scenarioとして、(ケース1)教科書を買う⇒36点は確実なだけ。(ケース2)出席しないで中間レポートと期末テストのみで64点。以下続く、、、のかしら?

[後記090416]講義記録はこちら

| | Comments (0)

Gibrat's Law and Zipf’s Law are wrong. (VoxEU)

人口パターン、都市化、実証。
Guy Michaels, Ferdinand Rauch, Stephen Redding, 3 January 2009
This column says that the two central stylised facts of population growth – Gibrat's Law and Zipf’s Law – are wrong. Analysis using new data that describe population patterns in both urban and rural areas suggests that populations experience a divide, as the dense grow and the sparse depopulate.
Full Article: Rethinking urbanisation

| | Comments (0)

東洋大復路もV、初の総合優勝…箱根駅伝 (Yomiuri Online)

 第85回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間109・9キロで復路のレースが行われ、往路を制した東洋大が、11時間9分14秒で初の総合優勝を果たした。早大が41秒差で、2年連続の2位。日体大が3位に入った。
 東洋大は、復路も5時間35分50秒で1位となり、2004年の駒大以来となる完全優勝を達成。レースでは、6区の富永(2年)が早大・加藤(3年)にトップを譲ったものの、8区の千葉(2年)で首位を奪還した。9区の大津は序盤、早大・朝日(4年)に詰め寄られたが、落ちついてペースを乱さず、大きく差を広げてアンカーの高見(2年)にリレー。高見もねばり強い走りで、早大・三戸(4年)の猛追をかわした。
 4位以下は大東大、中央学院大、山梨学院大、日大、明大、関東学連選抜、中大と続き、10位以内の9大学が来年大会のシード権を獲得。総合連覇を目指した駒大は13位、過去11度優勝の順大は19位と力を出し切れず、予選会へ回ることになった。
 城西大は8区で棄権し、記録なしに終わった。
 総合順位は次の通り。
 <1>東洋大<2>早大<3>日体大<4>大東大<5>中央学院大<6>山梨学院大<7>日大<8>明大<9>学連選抜<10>中大<11>国士大<12>東農大<13>駒大<14>専大<15>神奈川大<16>亜大<17>拓大<18>東海大<19>順大<20>帝京大<21>上武大<22>青学大
(2009年1月3日14時10分  読売新聞)

| | Comments (0)

ダニ・ロドリックはニール・ファーガソンのAscent of Moneyを読んでいるらしい

 ダニ・ロドリックはニール・ファーガソンのAscent of Moneyを読んでいるらしい(ポスト)。なお、Observerでの書評はこれ

| | Comments (0)

東洋大が初の往路優勝、早大は2位…箱根駅伝 (Yomiuri Online)

 第85回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は2日、東京・大手町の読売新聞社前から神奈川県箱根町までの5区間108キロのコースで往路レースが行われ、東洋大が5時間33分24秒で初の往路優勝を果たした。
 東洋大は、1区の若松(4年)で8位スタート。2区で14位に後退したものの、3区の大西(4年)が区間3位の力走で、9位まで押し上げた。
 圧巻は、1年生ながら山上りの5区を任された柏原。9位でたすきを受け取ると、首位の早大・三輪(4年)との4分58秒差を20キロ付近で覆し、1時間17分18秒の区間新でゴールした。
 早大は2年連続の往路Vを逃したが、トップに22秒差の2位。北京五輪代表でエースの竹沢(4年)が、3区で区間新の快走を披露した。
 3位以下は東洋大、早大、日体大、中央学院大、山梨学院大と続き、総合連覇を目指す駒大は7分55秒差の15位と大きく出遅れた。
 往路順位は以下の通り。
 <1>東洋大<2>早大<3>日体大<4>中央学院大<5>山梨学院大<6>国士大<7>明大<8>日大<9>大東大<10>帝京大<11>中大<12>東農大<13>関東学連選抜<14>専大<15>駒大<16>神奈川大<17>拓大<18>順大<19>亜大<20>上武大<21>東海大<22>青学大<23>城西大
(2009年1月2日14時14分  読売新聞)

| | Comments (0)

キューバ革命50周年。(NPR)

Cuba Marks 50 Years Since 'Triumphant Revolution'.  All Things Considered, January 1, 2009 · Fifty years ago Thursday, the dictator Fulgencio Batista fled Cuba, clearing the way for Fidel Castro and his guerilla movement to assume power. NPR's Jason Beaubien is in Santiago for the anniversary of the "Triumphant Revolution" and talks with Guy Raz about Cubans' perceptions of their country and their role in the 21st century.

| | Comments (0)

中国経済・金融市場ブログ

Everyone is working hard to increase global trade imbalances (Michael Pettis)

| | Comments (0)

The IMF on fiscal policy in the crisis (Richard Baldwin)

The IMF on fiscal policy in the crisis (Richard Baldwin)  Easy to read.  Highly recommendable.

| | Comments (0)

ダニ・ロドリックの新年の願い

Looking forward to 2009? (Dani Rodrik)

| | Comments (2)

Happy New Year.

Happy New Year, Feliz nuevo ano, あけましておめでとうございます。

| | Comments (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »