« グアテマラに関わる国際援助機関には見逃せない情報 | Main | 外貨需要 »

「知識社会の今後」

 「知識社会の今後」。まず、ロバート・ライシュ(Robert B. Reich)のThe Future of Success(勝者の代償―ニューエコノミーの深淵と未来)の紹介記事。

From his dual perspective as former Clinton administration secretary of labor and academic social scientist, Reich (bestselling author of Locked in the Cabinet) offers a knowledgeable overview of the pros and cons of today's economy for the average worker. New ways of doing business spurred by digital technology, he states, have led to "eye-popping deals and bargains, opportunities never dreamed of; exactly what you want, from anywhere, at the best price and value" for consumers. At the same time, the ease with which potential buyers can switch to any better new deal puts all producers under intense competitive pressure. Reich argues that the choice between innovation or death that producers now face has filtered down to workers in the form of reduced loyalty from employers and sharply curtailed retirement and fringe benefits. Those who suspect that they are working harder over longer hours will find confirmation here that they are in good company, as well as a keen analysis of the impact of our new working arrangements on marriages, children and how we enjoy our lives. Then Reich pops the $1 million question: Would we willingly accede to the new demands of the workplace if we fully appreciated the consequences for our family lives? Sensing a growing dissatisfaction across the nation, Reich offers tantalizing proposals for moderating the more disruptive influences that have arrived along with the blessings of the emerging economy.

 さて、財ではなく、知識についてはどうか。無料で読める知識は世の中に格段に高まった。しかし、正しい知識は、ときどき英語だったり、知的構築物で難しかったり、センセーショナルじゃなかったりする。正しい知識って、会計みたいにしばしばみもふたもなかったりするのだ。すると、知的な悪貨が良貨を駆逐したりするかもしれない(もちろん、英語が良貨で日本語が悪貨だなんて言ってないので要注意)。
 次の仮定。世界中の中間層は、基本的に自分の実体験でものを考えている人だと思う。「私は30年○○をやってきましたが、これまでに体験したことがないことが起こっている」などという人が良いだ。もちろん、自分の実体験でものを考えられる能力だって獲得するのは難しい。他人と出会わないといつまでたっても実体験は深まらないからだ。テクノロジーは両刃の剣で、他人と出会うツールにもなったり(例:メールを介して、会うべき二人をmatchingすること)、非他人とkill timeするための格好のツールにもなったりする。
 やっぱり、IQも愛嬌も、か。正しい知識はIQで手に入れる。実体験の深まりは愛嬌で手に入れる。あんまり新しいことは言えないな。残念。インターネットでの悪貨に時間を使いすぎて、実体験を貧相にするのが悪いというのはさんざん言い尽くされてきたことだ。ヤレヤレ。

|

« グアテマラに関わる国際援助機関には見逃せない情報 | Main | 外貨需要 »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

心身一如というか,Body and Soulというか,人工環境の変化へ適応してるだけと,IQと愛嬌の土台である心身が持たなくなるのではないか,という悪い予感がします.

といっても,素朴に「降りる」のでは,コストもリスク高すぎますからね.間を行く「文武両道」が万人向けではないとなると,残るは「ほんと,体だけは大事にしてください」@三平なのかな.ということは,やはり愛嬌か.

こちらもいつも言ってることですが,ちょっと気になるのでコメントしておきます.

Posted by: YN | 2008.12.26 at 09:12 AM

 コメントいつもながらありがとうございます。仰るとおり、文武両道もしくはBody and Soulの上に、IQと愛嬌が成り立つんでしょうね。たしかに、ここが基本常識にならない限り、言っていかなきゃいけないんでしょうね。

Posted by: ひさまつ | 2008.12.29 at 08:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グアテマラに関わる国際援助機関には見逃せない情報 | Main | 外貨需要 »