« 今日は月曜日。 | Main | Federal Reserve balance sheet »

渡辺努『低インフレ回避 姿勢示せ』

 日本経済新聞2008年12月23日(火)経済教室、渡辺努『低インフレ回避 姿勢示せ』。「物価水準目標」検討を。市場の期待変え、危機脱出。
 memo to self: 目配りが良く、バランスがとれたop-ed。「市場の期待」に訴えるためには、新政策を信じる人物を政策担当者に送り込むのが手っ取り早い手だが、BoJは、折角、空席にしていた副総裁を埋めてしまっている。ここに、デフレ・ファイターを送り込めば、かなりの「市場の期待」効果が想定されただけに、おそらくは現政権の最大のopportunity lost。この点が米国次期政権についても興味深い。すなわち、法律家のタルーロ氏をFed governorに入れているが、あと二人の任命がまだできるのだ。私の勝手な予想では、タルーロ氏は、金融制度改革担当とオバマ政権とバーナンキFedの連絡役となるのかと思っている。そして、サマーズ=C.ローマーで、この二人のFed governorの人事をright timingで決めてくるだろう。「物価水準目標」主義者を、つまりミシュキン氏よりもターゲティング派と目される人物を入れてくるのではないか。

|

« 今日は月曜日。 | Main | Federal Reserve balance sheet »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は月曜日。 | Main | Federal Reserve balance sheet »