« November 2008 | Main | January 2009 »

Paul Krugman on Rachel Maddow Show

Paul Krugman on Rachel Maddow Show (about in 3 minutes).

| | Comments (0)

経済を子守りしてみると (Baby-Sitting The Economy)

  経済を子守りしてみると (Baby-Sitting The Economy).  Probablemente, voy a distribuir este articulo en la primera clase.  Los elementos esenciales del curso son los siguientes: 1) reordenamiento de las paginas; 2) el uso de libro-CD, los ejercicios de escuchar el texto y la insercion de las palabras claves; 3) el ambiente de estudiar por si mismo; 4) el cambio dentro del curso desde el trabajo de pareja al trabajo de trio; 5) la lectura de treinta minutos sobre los puntos claves; 6) el examen al fin del curso en base de las preguntas distribuidas previas.  El proposito principal del curso es que los estudiantes traten de leer un libro.  El texto seria "el retorno de la teoria economica de depresion" escrito por Paul Krugman.  Ojala que los estudiantes vengan y yo pueda hacer este curso.  Es un plan, no mas.

| | Comments (0)

「輝く若い経済学者たち」

Emerging economists
International bright young things
Dec 30th 2008
From The Economist print edition
The next generation of economists do their best work somewhere between the field clinic and the dissection room

| | Comments (0)

「中国での銀行業:戦略が必要」

Banking in China
Needed: a strategy
Dec 30th 2008 | HONG KONG
From The Economist print edition
With Western finance in disrepute and local markets moribund, international banks are groping for a role in China

China’s bankers and their regulators may also be facing disasters of their own, as the limitations inherent in a state-driven system become clearer. It is striking that the widespread closure of factories in southern China, the country’s principal manufacturing region, has led to no significant reports of credit deterioration. The only sign of apparent financial distress has been a largely unexplained capital infusion of $2.5 billion by the Bank of China into its Hong Kong-listed affiliate. The suspicion is that some, and maybe quite a lot, of the relative strength of the Chinese system reflects opacity rather than a more effective approach to allocating credit.

If so, then China may be due for its own round of financial restructuring and recapitalisation. It would once have been easy to argue that a market-driven system served up by big Western banks could do a better job of this than the government. When virtually every such institution has been given state support to stay in business, that case is much harder to make.

| | Comments (0)

「不況診断」

Economics focus
Diagnosing depression
Dec 30th 2008 (Economist)
From The Economist print edition
What is the difference between a recession and a depression?

| | Comments (0)

The Global Credit Crisis as History (RTE)

The Global Credit Crisis as History (RTE)

| | Comments (0)

OPTIMAL FISCAL POLICY IN A LIQUIDITY TRAP (Paul Krugman)

The must-read short note from Paul Krugman: OPTIMAL FISCAL POLICY IN A LIQUIDITY TRAP.  The next step would be to explore the international dimension.  My prior hunch is that the depreciation is inevitable irrespective of massive fiscal stimulus, given the premise that the zero interest rate won't change.  We should work it out, though.

Memo to self: Speaking of international dimension, I would say that Joseph Nye's old sensitivity vs. vulnerability distinction could be worth revisiting.  That is what I thought, when I read Katsuhito Iwai's viewpoint at 2009/01 issue Bungei-Shunju, which talks about "the transition" to a new phase of global currency.

| | Comments (0)

Meet the Press: Barack Obama's senior adviser David Axelrod (Dec. 28)

Meet the Press: Barack Obama's senior adviser David Axelrod (Dec. 28).  As I expected, MTP brings up Larry Summers' op-ed piece of WaPo. As for the health care, all he mentioned was the use of advanced technology.  Hmmm.

| | Comments (0)

Obama's Down Payment (Larry Summers)

Obama's Down Payment
A Stimulus Must Aim for Long-Term Results
By Lawrence Summers (WaPo)
Sunday, December 28, 2008; Page B07

読むには、「lawrence_summers_mr. Obama.pdf」をダウンロード

【後記】世間で丁寧に解説・論評をつけるが解説を早速アップされるだろうと予想していたが、おそらく年末進行で漏れているらしい(081230後記:失礼しました。参照、081231後記:さらに参照)。私の身勝手な読みだと、このop-edはここ3週間で、特にワシントンの経済官僚候補たちにとって、極めて重要なものだと思う。タイミング、そして、venue(出版先)もこの上ない。タイミングとしては、クリスマスのあと、アメリカはget back to the businessという雰囲気になりかかっている。出版先としては、Larry Summersは、FTにop-ed枠を持っていたし、望めばNYTにも簡単に書けたであろうが、WaPoを選んでいる。これは、ワシントンの経済官僚(and候補)たちへのメッセージであることが明白である。君たち、これを読んでよく頭をtuningしておきなさいよ、と言わんばかりのop-edである。ということで、精密な解説・論評は識者に任せて、段落ごとに自分の理解のためだけの勝手なコメントをつけてみようと思う。

Obama's Down Payment
A Stimulus Must Aim for Long-Term Results
By Lawrence Summers
Sunday, December 28, 2008; B07

当然ながら、Down Paymentとは、頭金のことである。投資ではなく、頭金だというところが面白い。キャッシュ・フローとリターンを見ると、頭金がある場合には、普通、最初に頭金で支払が多く、その後は、リターンの経済価値がキャッシュ・フローを上回るのが通常である。そういう支払が今回の経済刺激策なのだというメッセージなのか。

When President-elect Barack Obama takes office, he will face what may well be the bleakest economic outlook since World War II. Economic forecasts have been revised significantly downward over the past several months; today, many experts believe that unemployment could reach 10 percent by the end of next year and our economy could fall $1 trillion short of its full capacity -- which translates into more than $12,000 in lost income for a family of four.

下線部(筆者)はGDP gapを読みやすく言い換えている。要は、総需要不足だと。

As difficult as these conditions are, however, the Obama administration also inherits an economy with great potential for the medium and long terms. Investments in an array of areas -- including energy, education, infrastructure and health care -- offer the potential of extraordinarily high social returns while allowing our country to address some long-standing national challenges and put our economy on a solid footing for years to come.

経済学者の言葉では、socialとはせいぜい「経済全体」と言った意味で考えておいたほうがよい。もちろん、social return vs. private returnを意識しないわけにはいかない(知らない方はミクロ入門の該当項目を自習のこと、ゴメンネ)。エネルギー、教育、インフラ、そして健康保険医療だと。公共財、もしくは正の外部性がある事業である。ここでは、健康保険を挙げていることが重要。(081230訂正)health careといえばmedicare, medicadに直感的に帰結してしまう私の短絡的思考に反省。ここは医療です。(優れた翻訳を読むことの便益はここにもあります。素晴らしい公共財にただ感謝、感謝、感激。)

In this crisis, doing too little poses a greater threat than doing too much. Any sound economic strategy in the current context must be directed at both creating the jobs that Americans need and doing the work that our economy requires. Any plan geared toward only one of these objectives would be dangerously deficient. Failure to create enough jobs in the short term would put the prospect of recovery at risk. Failure to start undertaking necessary long-term investments would endanger the foundation of our recovery and, ultimately, our children's prosperity.

下線部は、普通のケインジアンの理解。一石二鳥をするぜ、という基準だと明言している。仕事を創出し、将来に生かせる投資なんだと。

Our president-elect understands both the peril and the promise of the situation and the importance of responding to changing conditions. That is why his economic team is crafting a broad proposal, the American Recovery and Reinvestment Plan, to support the jobs and incomes essential for recovery while also making a down payment on our nation's long-term financial health.

題名は「American Recovery and Reinvestment Plan」となりました。アメリカの経済回復と再投資の計画、だそうです。極めて地味な名称。国の長期的な「金融健全性」と言っているのは、金融部門と政府の財政とを両方とも念頭に置いた用語法だと思う。

A key pillar of the Obama plan is job creation. In the face of deteriorating economic forecasts, Obama has revised his goal upward, to 3 million. For one thing, significantly fewer positions would be created in the absence of any recovery plan. Second, more than 80 percent of these 3 million jobs will be in the private sector, including emerging sectors such as environmental technology. This is a bold goal. But economists across the political spectrum recognize that it is far less risky to stand firmly against the forces propelling our economy downward than to be timid in the face of a mounting crisis.

三百万のうち、8割が民間での雇用創出、つまり、60万人が政府の雇用、このサイズについては、New Dealと比べてサイズおよび定義を含めて検討されることだろう。

The Obama plan represents not new public works but, rather, investments that will work for the American public. Investments to build the classrooms, laboratories and libraries our children need to meet 21st-century educational challenges. Investments to help reduce U.S. dependence on foreign oil by spurring renewable energy initiatives (many of which are on hold because of the credit crunch). Investments to put millions of Americans back to work rebuilding our roads, bridges and public transit systems. Investments to modernize our health-care system, which is necessary to improve care in the short term and key to driving down costs across the board.

公共事業じゃなくて、投資なのよと再確認。ここでも、健康保険医療が取り上げられている。ここで、オバマ政権は最初の百日に、小出しではなく、包括的な政策体系を出してくるだろうことが見えてきた。

Laying the groundwork for recovery and future prosperity will require shedding Washington habits. We must measure progress not by the agendas of interest groups but by whether the American people experience results. We must focus not on ideology but on drawing the best ideas from all quarters. That is why, for example, in key sectors such as energy, Obama is pushing for both public investments and the removal of barriers to private investment. It is also why his plan relies on both government spending and tax cuts to raise incomes and promote recovery.

ワシントンの習慣は駄目よ、と苦言。万機公論で行くと。

The president-elect has insisted that investments proposed in the recovery plan meet standards much higher than has been traditional. There will be no earmarks. Investments will be chosen strategically based on what yields the highest rate of return for the economy and monitored closely not just by officials but also by the public as government becomes more transparent. We expect to evaluate and to be evaluated rigorously to ensure that Washington is held accountable for how tax dollars are spent.

returnで見ていくと宣言。つまり、弁護士の代わりに、ミクロ実証経済学者を雇う必要がありますね。テクノクラティックな政権になることが予想される。ハルバースタムのThe Best and the Brightestを再読したほうがいいかも。AEI、Cato Institute、さらにはBrookingsもかかってらっしゃい、という感じ。

Some argue that instead of attempting to both create jobs and invest in our long-run growth, we should focus exclusively on short-term policies that generate consumer spending. But that approach led to some of the challenges we face today -- and it is that approach that we must reject if we are going to strengthen our middle class and our economy over the long run. Far from being an excuse for inaction or delay, the magnitude of the work ahead is all the more reason to begin that work.

予想される反論として、IやGじゃなくて、なぜCを刺激しないというものを挙げている。答えは、これが今までの道だったじゃないのと言っている。そして、IとGをやることで、中間層にもプラスになるんだと言っている。直感的には想像つくが、これが実証でどこまで言えるか楽しみ。

The writer served as Treasury secretary in the Clinton administration and will head the White House National Economic Council in the Obama administration.

言わなかったこと。第一、対外部門、ドル、国際協調、輸出、輸入である。当然だが、国内経済立て直しに躍起になっている。為替レートについては、切り下げ容認と思われても仕方がないだろう。このあたりはFedともoverlapしているので、第二、金融政策についても「独立性」におもんばかってか、何も言わない。しかし、あと二人の空席理事について任命権を持っているから、credible threatになっているだろう。第三、不動産市場、とくにモラトリアムなどについて言っていない。これは、不動産価格の様子を見て、何がしかの判断がなされているのだろう。

【後記081231】さて、社会的投資収益率の推計をするのに、どういうパラメーターを使うのだろうか。たとえば、最終財の相対価格をどうおくかで、社会的投資収益率は変わってくるのではないだろうか。為替レートの仮定は?I-O表でも、クライン風の多部門マクロでも、GEでもなんでもいいのだが、ここが微妙だと思う。どの年のパラメーターを使うのだろうか。シミュレーション、カリブレーションするんでしょうね。2005はすでに住宅バブル?2000はITバブル?1995?2007年までの最近は金融業が儲かっていただけに、最近のパラメーターを使うと、金融インフラに投資するのが収益率が高い、なんて推計結果が出かねない、そうなったらお笑いだし、じゃぁ、いつのパラメーターを使うんだと議論になるだろう。必死に計算をしているんじゃないだろうか。

| | Comments (6)

Samuel P. Huntington died

  Samuel P. Huntington died, according to NYT and HarvardPolitical
Order in Changing Societies
(1968) is a classic for scholars on developing countries, even for economists, I think.

| | Comments (1)

Paul Krugman on the yield curve

  Paul Krugman on the positively-sloping yield curve
  Memo to self: yes, but it still has some information: whether Fed has some chance to raise interest rate.  As long as the market expects the Fed is determined at the zero interest rate, the yield curve will be more flat.  Therefore, the form of the slope is irrelevant, but still the form gives us some information.

| | Comments (0)

唖然。

NYRB
Volume 56, Number 1 · January 15, 2009
On V.S. Naipaul: An Exchange
By Margaret Murray, Paul Theroux, Reply by Ian Buruma
In response to The Lessons of the Master (November 20, 2008)
 memo to self: men of wordsというのは凄いものだ。これだけ文章中に感情(憎しみ?)を盛り込めるということがわかった。時間があったら、Paul TherouxのSir Vidia's Shadowを読んでみよう。英語の勉強には良さそうだ。

| | Comments (0)

Mitsugoro's Dojoji

  It was the must-see performance.  You could refer to this and that blog posts.

| | Comments (0)

ウクライナ経済危機

 A post from Edward Hugh via Paul Krugman.  Edward Hugh writes at his own blog and he writes about Japan, too.

| | Comments (0)

広尾 一会

 懐石 「広尾 一会」、美味。

| | Comments (27)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。会議。昼はおにぎり×2個。授業準備。帰宅へ。

| | Comments (0)

「JBICとIFC、3000億円規模の途上国銀行資本増強ファンド設立へ」(ロイター)

JBICとIFC、3000億円規模の途上国銀行資本増強ファンド設立へ
2008年 11月 15日 08:58 JST
 [ワシントン 14日 ロイター] 国際協力銀行(JBIC)と世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は、途上国の銀行に対して資本支援を行うことを目的に、30億ドル(約3000億円)規模の「途上国銀行資本増強ファンド」(仮称)を設立する。
 今週末に中川昭一財務相兼金融担当相と世銀側がワシントンで合意する予定。日本の政府関係者が14日、ロイターに対して明らかにした。
 資本増強ファンドは、途上国の銀行に対して、必要があれば資本増強のための資本注入を行う。政府が14日に発表した麻生太郎首相の金融危機克服に向けた提案においても、中期的な金融危機防止策として国際開発機関が積極的に役割を果たすべきと表明している。
 IFCは世界銀行グループの機関で、途上国の経済開発の促進に重点を置き、企業や金融機関を対象とした民間セクターに対する投融資活動などを行っている。

 Memo to self: Needless to say, I wonder who in Japan can evaluate banks in developing countries.  政治的にコネクションのある「変な銀行」をつかまされると怖いな。more on this later.

| | Comments (0)

外貨需要

BANCO DE GUATEMALA
INFORMACION DEL MERCADO INSTITUCIONAL DE DIVISAS

| | Comments (0)

「知識社会の今後」

 「知識社会の今後」。まず、ロバート・ライシュ(Robert B. Reich)のThe Future of Success(勝者の代償―ニューエコノミーの深淵と未来)の紹介記事。

From his dual perspective as former Clinton administration secretary of labor and academic social scientist, Reich (bestselling author of Locked in the Cabinet) offers a knowledgeable overview of the pros and cons of today's economy for the average worker. New ways of doing business spurred by digital technology, he states, have led to "eye-popping deals and bargains, opportunities never dreamed of; exactly what you want, from anywhere, at the best price and value" for consumers. At the same time, the ease with which potential buyers can switch to any better new deal puts all producers under intense competitive pressure. Reich argues that the choice between innovation or death that producers now face has filtered down to workers in the form of reduced loyalty from employers and sharply curtailed retirement and fringe benefits. Those who suspect that they are working harder over longer hours will find confirmation here that they are in good company, as well as a keen analysis of the impact of our new working arrangements on marriages, children and how we enjoy our lives. Then Reich pops the $1 million question: Would we willingly accede to the new demands of the workplace if we fully appreciated the consequences for our family lives? Sensing a growing dissatisfaction across the nation, Reich offers tantalizing proposals for moderating the more disruptive influences that have arrived along with the blessings of the emerging economy.

 さて、財ではなく、知識についてはどうか。無料で読める知識は世の中に格段に高まった。しかし、正しい知識は、ときどき英語だったり、知的構築物で難しかったり、センセーショナルじゃなかったりする。正しい知識って、会計みたいにしばしばみもふたもなかったりするのだ。すると、知的な悪貨が良貨を駆逐したりするかもしれない(もちろん、英語が良貨で日本語が悪貨だなんて言ってないので要注意)。
 次の仮定。世界中の中間層は、基本的に自分の実体験でものを考えている人だと思う。「私は30年○○をやってきましたが、これまでに体験したことがないことが起こっている」などという人が良いだ。もちろん、自分の実体験でものを考えられる能力だって獲得するのは難しい。他人と出会わないといつまでたっても実体験は深まらないからだ。テクノロジーは両刃の剣で、他人と出会うツールにもなったり(例:メールを介して、会うべき二人をmatchingすること)、非他人とkill timeするための格好のツールにもなったりする。
 やっぱり、IQも愛嬌も、か。正しい知識はIQで手に入れる。実体験の深まりは愛嬌で手に入れる。あんまり新しいことは言えないな。残念。インターネットでの悪貨に時間を使いすぎて、実体験を貧相にするのが悪いというのはさんざん言い尽くされてきたことだ。ヤレヤレ。

| | Comments (2)

グアテマラに関わる国際援助機関には見逃せない情報

グアテマラに関わる国際援助機関には見逃せない情報。Prensa Libre 三面。

Programa Mi Familia Progresa erogó Q37.8 millones en estudios durante este año.  Gastarán Q15 millones para otro censo en 2009.

 政府が金出して、家計調査をしてくれるという記事。これは「鴨がねぎをしょってくる」タイプのニュースだ。つまり、自前で調査ができない弱小(?)援助機関も、貧困市の地方自治体(例:市長)に食い込んでおけばこのデータを使って一緒に調査できる。すでに時間と金をかけて地方自治体に食い込んでいたはずの援助機関は、これで自前で調査をしなくていい。くだらないお手盛りの既成のfeasibility studyは不要になるはずだ。これまでに、Basic Human Needsの地域別実情とか、所得データが無いときのPoverty Lineの測り方とかを真面目に勉強して議論しておいたならば、これで鴨(貧困家計)がねぎ(baseline data)をしょってくるので、各自治体ベースで何が問題かを自前で突き止められる。
 この風をつかめるかつかめないかで、職業人かどうかを試される、つまり、給料に見合った仕事をしているかいないかを試されるだろう。

 えぇと、では、これが本当の偶然か議論しておきます。援助の「流行」、とくに隣国メキシコのSolidaridad-PROGRESA-Oportunidades、の政治経済の流れ、そして、PROGRESA-OportunidadesのRandomized Experimentが起こした流行、そして国際金融機関へのインパクトを考えると、この流れには何の不思議もない。つまり、かのパストゥールが言ったという、Fortune favors the prepared mind.の実例だと思う。

| | Comments (0)

グアテマラ衣料輸出部門の記事

グアテマラ衣料輸出部門の記事。textil, Guatemala, maquila。Prensa Libre

Koramsa, la principal fábrica de ropa de Guatemala anunció hoy que despedirá a unos cuatro mil empleados en los próximos meses, debido a los efectos de la crisis financiera internacional.

| | Comments (0)

グアテマラの為替介入ルール

グアテマラの為替介入ルール、Guatemala, Banco de Guatemala, foreign exchange, intervention。Prensa Libre

En la actualidad, el Banguat interviene cuando el tipo de cambio varía 0.5 por ciento respecto del promedio de los últimos cinco días.

| | Comments (0)

Latvia is the new Argentina (Paul Krugman)

Latvia is the new Argentina (Paul Krugman).  Thanks to the Internet, we can get this kind of important information which Japanese press generally doesn't cover.
 大学中級の経済学、つまり、会計、統計に加えて、ミクロ・マクロの初級⇒初中級⇒中級、そして何かの専門、たとえば、国際経済学なら、国際貿易論(きちんとリカード理論からヘックシャー=オーリン理論を勉強する中身のもの)と国際金融論(国際収支とオーバーシューティングを勉強するもの)を勉強していることの(潜在)価値がひしひしと高まっているように思う。日本語の新聞メディアは視点が定まっておらず、第四の権力の実行者としての状況分析としての割合を増して新聞は読むべき。
 では、どうやって経済情報を補うか、それにはPaul KrugmanやGreg Mankiewなどのブログを読むのがとっても重要。というよりも、これらが存在してしまったthe brave new worldに我々は立っている。もちろん、読んで考えればいい。しかし、知的な制約条件がある。つまり、この方々たちは、時間が無いので細かくは書いてくれない。wonkishになる。つまり、読む側の事前準備(=大学中級の経済学)が必要とされる。おそらく、たぶん、事前準備をしている人々の現状把握の程度が、事前準備をしていない人に比べて高まっているはずだ。これが本当の中間層(自分の体験から理解できる人)の危機なんだと思う。ほんとうかな?たぶん、若い人、20代前半の人ではそうだと思う。世界のトップ1%が大学院に行く数年後、その成果は現れると思う。ほぼ全員が同じメディアを見て、それぞれに考えた「富士山トレーニング」を経た世代が集団で競って研究しだす、たぶん。By definition, it's hidden right now. たぶん、他の社会科学でも同じことが起きているのだろう。ある種、PKやGMにはそういう若い世代を導いているといった倫理があるのかもしれない。もしくは、あったとしても不思議はない。

| | Comments (0)

北坂真一『事後のバブル対策は限界』(日経2008年12月24日朝刊経済教室)

 北坂真一『事後のバブル対策は限界』(日経2008年12月24日朝刊経済教室)。末尾で、政策協調を問題にして、国際通貨体制の話で締めている。
 ???

| | Comments (0)

アフガニスタンのあへんを取り締まるのは大変だ

Obstacle in Bid to Curb Afghan Trade in Narcotics (NYT

| | Comments (0)

空耳

055:「Can I Jingle Your Bell?」  Da Problem Solvas 『チンドン屋baby』

| | Comments (0)

Self-discovery in practice (Dani Rodrik)

Self-discovery in practice (Dani Rodrik).  I remember last summer K. Otsuka said he recommended Justin Lin to go to Ethiopia to see the development out there. 

| | Comments (0)

Lucas: Monetary Policy Can Still be Effective

  Economist's View: Lucas: Monetary Policy Can Still be Effective.

| | Comments (0)

December Grand Kabuki, Matinee

Mitsugoro's Dojoji was a must-see performance.

TAKATOKI
The last Hojo regent in the Kamakura Period was arrogant and given to pleasure and in this play we see him mocked by a band of flying tengu goblins. First performed in 1884, this is one of the most famous of the 'Living History' plays that replaced the fantasies of Edo Period history plays with a new attention to historical accuracy. Starring Baigyoku as Takatoki.
KYOKANOKO MUSUME DOJOJI (The Maiden at Dojoji Temple)
A beautiful young woman dances under cherry blossoms at a dedication ceremony for a temple bell. She dances the many aspects of a woman in love, but is actually the spirit of a serpent, driven to destroy the bell out of jealousy. This is the most famous of all kabuki dances and considered to be the pinnacle of the art of the onnagata female role specialist. This month's production is very remarkable, because it stars Bando Mitsugoro as the maiden who is not onnagata but has an established reputation in dance.
SAKURA GIMINDEN
This play is rare among classics in having a political theme. It depicts a country landlord Kiuchi Sogo (Koshiro) who cannot stand the suffering of the farmers around him. A series of bad harvests has made things very hard, but corrupt officials refuse to lower taxes or relent in any way. Finally, Sogo decides to bring the case directly to the shogun, a move punishable by death. The play shows Sogo as he persuades the old keeper of the river crossing (Danshiro) to let him pass and says a final farewell to his wife (Fukusuke) and children. Meanwhile, he is watched by a villainous informer, Maboroshi no Chokichi (Mitsugoro). Finally, Sogo brings his case directly to the shogun (Somegoro), knowing that whether he is successful or not, he will be executed.

| | Comments (1)

ZIRP and the exchange rate...and other macro variables

Econbrowser: ZIRP and the exchange rate...and other macro variables.  A must-read.

| | Comments (0)

Federal Reserve balance sheet

Econbrowser: Federal Reserve balance sheet.  A must-read.

| | Comments (0)

渡辺努『低インフレ回避 姿勢示せ』

 日本経済新聞2008年12月23日(火)経済教室、渡辺努『低インフレ回避 姿勢示せ』。「物価水準目標」検討を。市場の期待変え、危機脱出。
 memo to self: 目配りが良く、バランスがとれたop-ed。「市場の期待」に訴えるためには、新政策を信じる人物を政策担当者に送り込むのが手っ取り早い手だが、BoJは、折角、空席にしていた副総裁を埋めてしまっている。ここに、デフレ・ファイターを送り込めば、かなりの「市場の期待」効果が想定されただけに、おそらくは現政権の最大のopportunity lost。この点が米国次期政権についても興味深い。すなわち、法律家のタルーロ氏をFed governorに入れているが、あと二人の任命がまだできるのだ。私の勝手な予想では、タルーロ氏は、金融制度改革担当とオバマ政権とバーナンキFedの連絡役となるのかと思っている。そして、サマーズ=C.ローマーで、この二人のFed governorの人事をright timingで決めてくるだろう。「物価水準目標」主義者を、つまりミシュキン氏よりもターゲティング派と目される人物を入れてくるのではないか。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務。昼は定食。Mさん、Mさんと遭遇。研究室でお茶。3時限はミクロ、お疲れ様。戻って、Tさんと1時間懇談、Good luck。Sさん訪問。5時限はJapanese Economy、ReviewとPolitics。BBCだからhearingは面倒。Kさんと1時間50分お話、快眠帰宅。皆さん、

| | Comments (0)

今日は日曜日@白山キャンパス

 第二キャンパス・ツアーとインターゼミ。10時半第一回ツアー、Nさん。快晴。6B11教室。12時第二回ツアー、10人弱。6号館に西門から入る。12時45分集合、45人ぐらい。第一部、いい感じでウォーミング・アップ。Iさん入場。第二部、皆さんよくやりました。5時全体解散。第三回ナイト・ツアー(臨時)、6人ほど。解散。お疲れ様。

| | Comments (0)

12月19日にニューヨーク・タイムズのホームページ閲覧が中国でブロックされたらしいとのこと。

 12月19日にニューヨーク・タイムズのホームページ閲覧が中国全土でブロックされたらしいとのこと(James Fallows)。こういうことはかなり大事だ。

| | Comments (0)

What Are Non-Depression Economics?

  Brad de Long, "What Are Non-Depression Economics?"

| | Comments (0)

来年度予算の財務省原案 提出 (NHK)

「NHK081220Budget.txt」をダウンロード「NHK081219BoJ.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

Japan Offers a Possible Roadmap for U.S. Economy (NYT)

News Analysis
Japan Offers a Possible Roadmap for U.S. Economy
By MARTIN FACKLER
Published: December 19, 2008 

“The United States needs to do it like Takenaka did,” said Anil Kashyap, a professor of business at the University of Chicago, referring to Heizo Takenaka, the former banking minister who started the 2003 audits. “We need someone to come in and give a good housekeeping seal to banks.”

| | Comments (0)

アーン・ダンカンは次期教育省長官

 教育省長官に任命されたアーン・ダンカン(Arne Duncan)は、『ヤバい経済学』第1章に出てきたアーン・ダンカンその人である。ということで、レヴィットのブログ・ポスト。NYTの記事はこれWSJは、オバマの任命には「古い顔(経済・安全保障チーム)」と「新しい顔(環境・エネルギー・教育」)があり、アーン・ダンカンはオバマ任命を象徴していると書いている。

The real prototype of Obama appointees, though, may be Mr. Duncan, the Chicago schools chief who is to become education secretary. A Harvard graduate, onetime professional basketball player in Australia, and friend of the president-to-be, Mr. Duncan has managed to build a reputation as a school reformer without winning the enmity of the teachers unions that often resist school reforms.

How did he do that? "He's a little bit of a Rorschach figure; you can read into him what you want," says Chester Finn, a conservative education expert who served in the Reagan education department yet praises the Duncan selection. He calls Mr. Duncan a "rounded-edges kind of guy" who has "closed some schools but hasn't had mass layoffs" among teachers. "He's a pragmatist, I guess," Mr. Finn concludes. At this point, at least, that seems an apt description of much of the emerging Team Obama.

 なお、USTRにはダラス市長のRon Kirkが任命されたとのこと。彼と労働長官に任命されたヒルダ・ソリスについてはNYTの記事が参考になる。テキサス州ダラス市の市長だから、NAFTAの再交渉の可能性はやや低くなったことが予想される。

| | Comments (0)

Development Economics through the Decades

Development Economics through the Decades: A Critical Look at Thirty Years of the World Development Report by Shahid Yusuf

| | Comments (0)

A Debate on Labor Markets in Developing Countries

A Debate on Labor Markets in Developing Countries, where Gary Fields talked about his World Bank Reserch Paper.  The paper is this.

| | Comments (0)

Daniel Kaufmann’s Farewell Lecture: Governance, Crisis, and the Longer View: Unorthodox Reflections on the New Reality

Daniel Kaufmann’s Farewell Lecture: Governance, Crisis, and the Longer View: Unorthodox Reflections on the New Reality

| | Comments (0)

Fed Nominee Daniel Tarullo (WSJ)

Fed Nominee Daniel Tarullo Has Reform Recommendations.
New Fed Nominee to Replace Kroszner. (both from WSJ Econ Blog)

My feeling is that this appointment is a conduit from Obama to Fed.  Then, two more nominations will be highly important and interesting.  If Obama nominates price-level targeting persons, ...  We will see.

| | Comments (0)

NHK: パナソニック 三洋買収決着へ

NHK: パナソニック 三洋買収決着へ。「NHK081218Panasonic.txt」をダウンロードなるほど

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 10時半到着。授業準備。昼は弁当。Kさんと打ち合わせ。会議。Oさんを激励。会議。忘年会。帰宅。

| | Comments (0)

Paul Krugman's "The Return of Depression Economics"

  TPM Book Cafe devotes its space to Paul Krugman's "The Return of Depression Economics", a must-read book for would-be macroeconomists.

| | Comments (0)

ふと思ったこと。

 テレビの解説委員の言を聞いていると、『30年ジャーナリストをやってきましたが、経験したことのない事態で、Fedは禁じ手を行なっています、、、。』と喋っていた。自分の経験でしか喋れないジャーナリストはこの80年ぶりの事態について喋らないほうがいいと思う。もしくは百歳のジャーナリストを出しますか。これが日本の職業言論人の弱点なのかも。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論、Nations Zero後半。昼はカップ・ヌードル、研究室訪問2年生二人、Tさんともう一人。3時限は2年ゼミ、途中「卒アル写真」撮影。3年ゼミ、こちらも途中「卒アル写真」撮影。戻って、発表終わり、お疲れ様でした。研究室でちょいとお茶。皆さん帰って、H先生と遭遇。なぜかH先生のコンパへ、楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

US in the ZIRP

Usyieldcurve081217_2  米国はゼロ金利政策。Fedウォッチャー伊藤洋一のコメント。Paul Krugmanのコメント。長期金利が3%を割り込んで、イールド・カーブにかなりのフラット化が見られることが重要。次は量的緩和+Price-level targetingか。オバマのFed governorの任命がさらにsignal効果を持つことになってきた。More on this will come.

【後記】マンキューのprice level targetingを薦めるポスト。クルーグマンの十年前に俺も日本に同じことを言ってたよポスト。ハミルトンのポスト。Across the Curveのポスト

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。Nさんと打ち合わせ。授業準備。面談。昼食は定食。昼はゼミ説明会、Tさん有難う。卒論学生と最終チェック。2年生Uさん、Aさんの訪問。Oさん、Sさんの訪問。4年Oさんと打ち合わせ。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

クルーグマン、ドイツの財政不出動を分析する

 クルーグマン、ドイツの財政不出動を分析するポスト

| | Comments (0)

Fed's Rate Cuts Threaten to Chill Japanese Investment (WSJ)

Fed's Rate Cuts Threaten to Chill Japanese Investment (WSJ)

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。Aさん、Tさんと卒論懇談。昼はうどんとサラダ。3時限はミクロ、中間テスト結果配布、お疲れ様。4時限はSさんと卒論懇談、授業準備。5時限はJapanese Economy、お疲れ様。帰宅は駅でKさんと遭遇。

| | Comments (0)

ROBERT J. SHILLER: To Build Confidence, Aim for Full Employment

Economic View
To Build Confidence, Aim for Full Employment
By ROBERT J. SHILLER
Published: December 13, 2008 (NYT)

IN the current crisis, discussions of economic policy have often centered on uninspiring, short-term goals. To restore confidence in our economic future, we need appropriate, firm targets that will clearly put us where we want to be.

| | Comments (0)

政治と貧しい英語

政治と貧しい英語
Politics and poor English
By Christopher Caldwell (FT)
Published: December 12 2008 19:39 | Last updated: December 12 2008 19:39

The Harvard English department announced plans this week to restructure its curriculum for undergraduates. “We are diminishing the role of chronology as the absolute, as the only organising rubric,” the professor Daniel Donoghue told the website Inside Higher Ed, “to combine it with genres and with geography as equally viable ways of thinking about literature and studying literature.” The standard survey course on the literature of the British Isles, English 10, must go. The new system will allow more focus.

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 9時半到着。Kさんと遭遇。採点。昼はおにぎり。採点。突然訪問のTさんと懇談。Iさん訪問。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

In Mexico, Assassins of Increasing Skill

In Mexico, Assassins of Increasing Skill
Well-Coordinated Cartel Hits Show Greater Sophistication
By William Booth
Washington Post Foreign Service
Friday, December 12, 2008; A16

| | Comments (0)

Movie Review: Gran Torino (2008)

Movie Review
Gran Torino (2008)
Hope for a Racist, and Maybe a Country
By MANOHLA DARGIS (NYT)
Published: December 12, 2008

| | Comments (0)

ジンバブエのコレラ

 ジンバブエのコレラを伝える記事(WSJ)。ハイパー・インフレ、選挙不正と脅迫、そしてコレラである。う~む。NPRは、保健システムは完全に崩壊したとの米国大使の発言を伝えている。そして、NPRによれば、南アフリカにコレラ難民が起きているという。WHO発のニュースはこちら

| | Comments (0)

米国の師匠からのSeason's Greetings

"...  The Republicans in opposition might return to their senses." I totally agree.

| | Comments (0)

観てみたいテレビ番組

DECEMBER 12, 2008
A Nerdy Comedy's Winning Formula
As sitcoms wane, 'The Big Bang Theory' has become an unlikely ratings hit (WSJ)

| | Comments (0)

A nice op-ed by Robert Z. Lawrence on autos

Will Americans demand the cars that Congress wants the big three to build?
December 11, 2008 by FT
By Robert Z. Lawrence

| | Comments (0)

Joseph Stiglitz: Chapter 11 is the right road for US carmakers

Joseph Stiglitz: Chapter 11 is the right road for US carmakers (FT)

| | Comments (0)

ポール・コリアーのop-ed

 ポール・コリアーのop-ed: A bonus culture that ruined the City is also ruining Africa.

| | Comments (0)

クルーグマンのノーベル講義

 “New trade”, “new geography”, and the troubles of manufacturingと題されたクルーグマンのノーベル講義はここで見られます。スライドはここで見れます。講義ビデオは人気なためかかなり遅いので、OrbitのGrab++などでファイル自体を入手(1時間弱)してから、改めて見たほうがいいかもしれません。

| | Comments (0)

中国の貿易収支

 中国の貿易収支についてBrad Setserの優れたポスト。輸入の落ち込みが大きかったので、貿易黒字は積みあがっている。ただし、輸出産業の部品輸入の落ち込みが大きかったとすれば、ラグがあって、輸出の落ち込みもついていくのかもしれない。要注目。とにもかくにも、国際収支へのまとめをSetserはしている。

The global flow of funds right now is actually quite simple: China runs a large surplus and the US runs a fairly large deficit — and, assuming hot money flows are (still) modest, China’s large surplus leads to rapid growth in China’s reserves and large Chinese purchases of US Treasuries. That is the dominant global flow right now — together with the “deleveraging” of the private sector.

 関連するエコノミスト誌のポストはこれ

| | Comments (1)

財政刺激は発展途上国でも可能か?

 英エコノミスト誌によるA stimulating questionダニ・ロドリックも発展途上国で財政赤字に支えられた財政拡張が可能かを議論していた。現下の国際金融危機で資本移動が不自由になったとすると、変動為替相場制度でも財政政策は有効であろう。10年前と現況の違いは、いわゆる金融センター(ニューヨークやロンドン)が困難に直面しているかいないかであろう。一方で、金融支援は入りにくいかもしれない。他方で、財政政策の余地は高いかもしれない。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。授業準備。昼は定食。授業準備。会議。会議。駅でYさん、Nさんと遭遇して帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論、Nations Zero。昼に菓子パンを二つ。3時限は2年ゼミ、国際金融。3年ゼミ、ミキモトと関あじ・関さば。帰宅。

| | Comments (0)

New Meet the Press Host: David Gregory (38)

| | Comments (1)

今日は火曜日。

 9時半到着。雑務。Sさん、Wさんと卒論会合。昼休みはゼミ説明会、15名の2年生に対して8名の3・4年生がコメントしてくれました。Thank you for your coming, and thank you very much for your moral support.  戻って、授業準備。Nさんとお茶懇談、Career Pathを考える。4時限前にSさん、Yさん、そして、Oさんと面談。Kさんと面談。別のKさんと面談。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

Happy Holidays!

51ehadccrkl_sl500_aa240_  Happy Holidays!  A friend of mine from senior high school days sent me a happy holiday card to me from Germany, saying that he sometimes looks at this web log.  Amazing!  I, for the first time, felt it was great to do the blog.  Happy Holidays!

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼食はマーボー定食。3時限はミクロ、中間試験、お疲れ様。授業準備。Oさん、Sさん訪問。Thanks。5時限はJapanese Economy。図書館に行ったらKさん。授業準備。NLを印刷して帰宅。Sさんと遭遇。

| | Comments (0)

Youssou N'Dour & Neneh Cherry "7 Seconds"

Nさんからお勧め。背筋が伸びます。下は女性歌手がオリジナルと違うかな?

| | Comments (0)

World Economic Outlook Update (November 6, 2008)

IMF, World Economic Outlook Update (November 6, 2008)

| | Comments (0)

Quincy Jones: Smackwater Jack

21r7lnve80l_sl500_aa170_  Quincy Jones, Smackwater Jack.  名盤。3曲目のIronsideは、この曲かぁというもの、なるほどね。4曲目のWhat's Going On?はQuincy自ら歌っている。

| | Comments (0)

乗数効果、保護主義、そしてダニ・ロドリック

 「乗数効果、保護主義、そしてダニ・ロドリック」についてまとめているのはFree Exchange。そして、ダニ・ロドリックからもう一本。浜田の枠組みで、Depression状態のIS-LMにして、Nash均衡で導けるかな。

| | Comments (0)

Mankiw calls for inflation targeting, and better yet, price-level targeting

Mankiw calls for inflation targeting, and better yet, price-level targeting in this post.  This is the issue that governors will discuss at the next two-day meeting, I hope.

| | Comments (0)

Broader Unemployment Rate Hits 12.5% (WSJ)

Broader Unemployment Rate Hits 12.5% (WSJ)
1982年に14%まで行ったということだ。

| | Comments (0)

中国と米国

 中国と米国。Brad Setser and Calculated Risk.  In 1980s, it was Japan and United States.  No Japanese, interestingly, state that way, at least explicitly.  Do Japanese think this way implicitly?  Or, do they think differently?  Or, don't they think at all?
 ヨーロッパに対しては、たしか「シャーデンフロイデ」 (Schadenfreude)、つまり他人の不幸を喜ぶ、という風潮がdecouplingを信じていたために、あったのかもしれない。ヨーロッパ人は、どうもそう感じたらしい。しかし、現状の輸出減退に端を発する景気後退により、笑っていられなくなったということか。

| | Comments (0)

ジョー・スティグリッツはどこに?

 ジョー・スティグリッツはどこに?(Newsweek)

| | Comments (0)

上手に題をつけるEconomist誌。

 英語がうまいというのはこういうレベルなんだろうな。Economics focus: The teetotallers' hangover、つまり、絶対禁酒主義者の二日酔い。海外から借金もせず(つまり、海外に財・サービスを売って経常黒字にして)に節制をしていたことが「絶対禁酒主義」であり、ところが、景気後退に陥ってしまったことが「二日酔い」なのだ。原因は、まさに外国需要の減退と、更なる節制だという。

| | Comments (0)

オリバー・ハートとルイジ・ジンガルス

 原則は大事です。
DECEMBER 3, 2008 (WSJ)
Economists Have Abandoned Principle
Twelve months ago nobody could have imagined government interventions we now take for granted.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は、Yゼミ学生プレゼン見学、お疲れ様。昼は定食。英語模擬講義、S先生、面白かった。会議、A先生お疲れ様。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

クルーグマンとマンキュー

 最初にクルーグマンが大恐慌下での名目賃金についてのモデルを書き、マンキューがコメントしました。これはちゃんとちゃんと読まないと。

【後記】関連して、クルーグマンはexcess capacityの事実確認と、ピグー効果についてコメントをつけました。論争の中で、エガートソンのペーパーが二本(これこれ)がリファーされています。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。雑務。2時限は開発経済論、次回はNations Zero。昼はカロリーメイトのみ。3時限は2年ゼミ、国際貿易。3年ゼミ、GDも。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限、卒論会合、魂はある、あとは形式とお化粧。昼はおにぎり。ちょっと、Oさん、Sさん、Nさん、Yさんと会って、授業準備、仕事。Aさん、Tさん、訪問。Tさんのラッキー話、へぇぇ。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

石渡嶺司・大沢仁『就活のバカヤロー』

31hw2wxfypl__sl500_aa240_  石渡嶺司・大沢仁『就活のバカヤロー』(光文社新書)。同意する点を三点。第一、『卒業生や外部との接点が多いことが「無意識下の就活」である。』(p.115) 第二、『企業の採(用)活(動)を理解するためには、学生諸君にはぜひ、各企業の現在取っている戦略や業界内でのポジション、経営上の課題などに興味を持っていただきたい。』(p.140) 第三、人事以外の社員に面接を担当させる理由は、「会社に入って活躍できるイメージがあるか?」「自分の部下、後輩にいてもいいか?」を判断するためである。』(p.178)

 以上よりわかる就活戦略とは、①日頃から外部の人(小・中・高の友人以外の人)と知り合えるよう心がけること、②企業のホームページ(採用ではなく、投資家の皆様へのコーナー、つまりIR)や有価証券取引報告書を読んで、企業の戦略を読み取り、そういう戦略であればこういう人を取りたいだろうとイメージする、できること、③面接において「後輩として一緒に働ける人」と自ずと見られるように、日頃から他人が自分にしてもらいたいことについてイメージを持って行動できるよう自分を訓練しておくこと、だろう。

 教員としての個人的自戒は、最低限、①インターゼミをやること、②「企業の経済学」をやること、③ゼミなどの発表においては、audience-friendlyな発表を行うように教員自身の物理的な居場所を移動して、audienceの視線を意識させることだろう。以上。

| | Comments (2)

今日は月曜日。

 9時半到着。会議。授業準備。昼食は定食。3時限はミクロ、4章までなんとか。授業準備。5時限はJapanese Economy、7/11。会議。快眠帰宅。

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »