« ドバイ経済に変調。We, for sure, this will happen, only we don't know when. | Main | I didn't know that the inspiration of Josh Lyman was Rahm Emanuel. »

US yield curve watch and other stuff to consider

081106usyieldcurve  US yield curveは、ややsteep化している。三種類の可能性があろう。一つは、fiscal deficit concernから長期的なインフレの可能性。もう一つは、ドル資産からの逃避である。同時には為替レート急落のリスク上昇の可能性。三つ目は、米国の経常赤字が減少し、外国の資本流入が小さくなるだろうことの影響が国債価格に表れているのかもしれない。つまり、外国投資家と国内投資家がいて、前者がよりrisk averseであるとすると、前者の割合が少なくなれば、国債価格は低く(金利は高く)なるのであろう。
 クルーグマンは、財政政策をコラム"Obama Agenda"で押している。失業率が6.5%になり、8%台も見えている状況では、処方箋としてorthodoxである。オバマが言うように、インフラを立て直すというのが正しい。employment reportはeconbrowserブログでは、クルーグマンはゼロ金利政策も見えてきたと言っている。ゼロ金利政策から量的緩和では、yield curveは短期でべたっとゼロに近いところで張り付くので、そこまでの予兆はyield curveには表れていない。そもそも、それが起きるかをチェックしようと思って始めたUS yield curve watchでした。
 なお国債価格からわかるbreak even rateはbloombergによれば、5年物で0.09%まで来てしまったので、次はデフレの可能性もある。デフレ期待が蔓延すると消費も投資にも大影響があるので(Summers and de Long route)、ここはデフレ心理をミシガン調査などで見ながら、公式のインフレ・ターゲッティングもしくは、物価レベル・ターゲッティングもあるかもしれない。2008年年初から高エネルギー価格が続いたので、y-to-yでいうと、来年年初からデフレ方向のデータが出てきて、それと共にデフレ心理へ急展開するかもしれない。そのあたりは、数字を見ればあたりはつけられることなので、forward lookingな対策は可能だろう。Fed governorとして、ひょっとするとターゲッティング信奉者を指名したら、これは大きなオバマ政権のpolitical moveかもしれない。Woodfordはdemocratなのだろうか。ここは難しい選択で、あまりにbig nameを選ぶと、Bernankeの権威が落ちてまずいことになることを回避しなければならない。オバマのeconomic advisersたちにmacro guysがSummers以外に少ないのが気になる。「SeatingChart20081107.jpg」が、会議の座席配置だったそうだ(WSJ)。この席順を見る限り、オバマの対面、首席補佐官エマニュアルの横に座らされたサマーズの財務長官試験であったことがわかる。サマーズとしては、ここで挽回しないと駄目だろうから、かなりの覚悟で臨んだことだろう。う~ん、サマーズ財務長官かぁ、大丈夫かなぁ。

|

« ドバイ経済に変調。We, for sure, this will happen, only we don't know when. | Main | I didn't know that the inspiration of Josh Lyman was Rahm Emanuel. »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドバイ経済に変調。We, for sure, this will happen, only we don't know when. | Main | I didn't know that the inspiration of Josh Lyman was Rahm Emanuel. »