« 景気の現状指数 過去最低に(NHK) | Main | The Experimental Approach to Development Economics »

景気ウォッチャー調査

Graph_03  内閣府景気ウォッチャー調査。

 10月の現状判断DIは、前月比5.4ポイント低下の22.6となり、7か月連続で低下した。
 家計動向関連DIは、ガソリン価格は低下したものの、株価の大幅な下落等により消費マインドが悪化し、高額商品の販売が不振となったこと等から、小売関連や住宅関連を中心に低下した。企業動向関連DIは、欧米における金融危機の深刻化や世界的な景気減速、急速な円高により、欧米向け受注が減少したこと等から、製造業を中心に低下した。雇用関連DIは、新規求人数の減少や派遣社員の再契約停止の増加等から、低下した。
 10月の先行き判断DIは、前月比6.9ポイント低下の25.2となった。
 家計動向関連DIは、景気や株価に対する先行き不安やボーナスの減少見込みにより、消費マインドがさらに悪化するとみられること等から、低下した。企業動向関連DIは、石油製品価格の低下が見込まれるものの、世界的な景気減速や円高により、海外向け受注の減少や資金繰りの悪化が続くとみられること等から、低下した。雇用動向関連DIは、事業縮小による企業の雇用調整や倒産が懸念されていること等から、低下した。
 景気ウォッチャーによる判断を総合すると、景気の現状は急速に厳しさを増しているとのことであった。

|

« 景気の現状指数 過去最低に(NHK) | Main | The Experimental Approach to Development Economics »

【日本経済論】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 景気の現状指数 過去最低に(NHK) | Main | The Experimental Approach to Development Economics »