« Economist: まだ最後の貸し手じゃない:連邦準備は独自の量的緩和を試みている | Main | A little follow-up on Barry Eichengreen and Richard Baldwin (2008) »

IMF、新興国に新融資 日中などの外貨準備活用(Nikkei Net)

 本日の日経朝刊。財務省も一応、案を出してみた。同時に、IMF強化(最低、増資)でしょう。なぜかというと、IMFって連結365兆円程度の金融機関です。日本の外貨準備は約100兆円。ドルで出して、SDRで貸すとすると、IMFは為替リスクを負うのか。それとも、日本政府が為替リスクを負うのか。米国財務省証券を売ると、証券価格にはどのように影響が出るでしょうか。たぶん、米国財務省証券をトラスト・ファンドに預託して、財務省証券を対象国に貸し出すのでしょう。

IMF、新興国に新融資 日中などの外貨準備活用
 政府は、国内の金融危機への対応で財政難に陥った新興国などに対し、日本などの外貨準備を使って支援する緊急融資制度を国際通貨基金(IMF)につくるよう提案する。銀行への公的資金注入などで多額の財政資金が必要になる国への国際支援の枠組みを整備し、世界的な金融危機の封じ込めをねらう。10 日にワシントンで開く7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で中川昭一財務・金融担当相が提案、外貨準備が豊富な中国や中東産油国にも参加を促す。
 米国発の金融危機が欧州や新興国にも飛び火し、小国では国家規模を上回るような金融機関への公的資金投入を迫られる例が出ている。 (Nikkei Net 08/10/10 07:00)

 これを見ると、日本の政策共同体も動いていたことがわかる。

|

« Economist: まだ最後の貸し手じゃない:連邦準備は独自の量的緩和を試みている | Main | A little follow-up on Barry Eichengreen and Richard Baldwin (2008) »

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Economist: まだ最後の貸し手じゃない:連邦準備は独自の量的緩和を試みている | Main | A little follow-up on Barry Eichengreen and Richard Baldwin (2008) »